バッファロー 大隊。 法廷ミステリーの西部劇!「バファロー大隊」 [映画] All About

<1960年>映画「バッファロー大隊」

バッファロー 大隊

合衆国第24連隊での任務で名誉勲章を受けた バッファロー・ソルジャー Buffalo Soldier とは、もともとアメリカ合衆国陸軍第10騎馬連隊の会員に適用されたニックネームで、1866年9月21日にで戦ったインディアンによって名付けられた。 最終的にこの用語は、合衆国第9騎馬連隊、合衆国第10騎馬連隊、第24歩兵連隊、第25歩兵連隊のユニットを包括するようになった。 南北戦争の間、いくつかのの連隊 有名な第54マサチューセッツ志願兵部隊と多くの黒人部隊 が北軍と並んで戦うために立ち上がったが、「バッファロー・ソルジャー」は正規のアメリカ陸軍の最初の平時の黒人だけの連隊として、議会によって創設された。 2005年9月6日、最も長生きしたバッファロー・ソルジャーのマーク・マシューズが111歳で死亡した。 彼はアーリントン国立墓地に埋葬された。 名前の由来 [ ] ソースによると、「バッファロー・ソルジャー」というあだ名がどのように始まったという点でいくつかの不一致が見られる。 バッファロー・ソルジャーズ国立博物館によると、名前は1867年にの戦士に由来し、実際のシャイアン語の翻訳では「ワイルド・バッファロー」であった。 しかしながら、作家のウォルター・ヒルは、第10騎馬連隊を設立した大佐の、1871年のコマンチェ族に対する戦役を思い出した口述を記録した。 ヒルは、グリアソンの主張によると、名前の起源はコマンチェ族にあると考えている。 言うまでもなく、名前の由来については何らかの論争がある。 ソースの中には、あだ名が第10騎馬連隊への敬意と、その激しい戦闘能力から与えられたと断言するものもある。 他のソースでは、インディアンが、黒人の縮れ毛がバッファローのコートに類似していたために「バッファロー・ソルジャー」と呼んだと断言している。 また他の情報源では、両方の伝説の組み合わせを示している。 名前がどのように由来したかにかかわらず、バッファロー・ソルジャーという用語は、すべてのアフリカ系アメリカ人の軍人の総称になった。 それは現在、アメリカ史に燦然と輝く勇気を持つ、第9および第10騎馬兵ユニットの直系の、のユニットに関して使用されている。 彼らの任務 [ ] の間、合衆国政府は、白人士官の率いる黒人兵士で構成された、アメリカ合衆国黒人部隊として知られる連隊を形成した。 戦争の後、議会は軍を再編成し、第9および第10合衆国騎馬隊として黒人騎馬隊の2連隊と、第38、39、40、41歩兵連隊 有色 として黒人歩兵隊の4連隊の構成を認可した。 第38および第41連隊は第25歩兵連隊として再編成され、1869年11月に、本部をのジャクソン・バラックスに置いた。 第39および第40連隊は第24歩兵連隊として再編成され、1869年4月にクラーク砦に本部を置いた。 これらのユニットのすべては、、などの白人士官、臨時でヘンリー・O・フリッパー などの黒人士官の指揮の下、黒人下士官兵で構成された。 1866年から1890年代初頭まで、これらの連隊は()と地域でのさまざまな戦役を務めた。 彼らは、これらの領域での軍事行動の大部分に参加して、顕著な実績を残した。 の間、これらの4つの連隊から、13人の下士官兵と6人の士官がを手に入れた。 軍事行動に加えて、「バッファロー・ソルジャー」は道路の建設からの護衛まで、辺境地でさまざまな役割を果たした。 インディアン戦争が1890年代に終わった後も、連隊は任務を継続し、サンフアンヒルの戦い を含むに参加し、ここでさらに5つの名誉勲章を受けた。 彼らは1916年、メキシコへのパンチョ・ヴィラ遠征 やにも参加した。 バッファロー・ソルジャーの物語において忘れられている貢献は、最初のレンジャーのいくつかとしてカリフォルニア州ので務めた、第9騎馬連隊の8部隊と第24歩兵連隊の1中隊である。 1899年、第24歩兵連隊のH中隊のバッファロー・ソルジャーは、とと同様に、で短期間務めた。 アメリカ陸軍連隊はこれらの国立公園に1891年から務めていたが、1899年までは兵士は白人であった。 1899年に始まって、1903年と1904年と続いて、黒人連隊は夏期の間、アメリカで2番目 セコイヤ と3番目(ヨセミテ)に古い国立公園で務めた。 1916年にができる前にこれらの兵士が務めたために、「パーク・レンジャーズ」(公園管理者)という言葉が生まれた。 一人の特定のバッファロー・ソルジャーは歴史に残っている。 1903年の夏にセコイヤ国立公園で第9騎馬連隊「I」部隊に務めていたチャールズ・ヤング 大尉である。 チャールズ・ヤングはウエストポイントのを卒業した3人目のアフリカ系アメリカ人で、彼の死の時点では、彼はアメリカ軍で最も高い地位にいたアフリカ系アメリカ人だった。 彼は1903年、セコイヤとキングズ・キャニオンの国立公園の軍事最高責任者になることで、セコイヤ国立公園の歴史に名を残した。 公園でのヤングの在職中、彼は巨大なセコイヤの木をブッカー・T・ワシントンと名付けた。 最近になって、広大な森林の中の他のセコイヤの巨木がキャプテン・チャールズ・ヤングにちなんで名付けられた。 チャールズ・ヤングの子孫の中には、その儀式に出席した人もいた。 チャールズ・ヤングは、国立公園の最初のアフリカ系アメリカ人の最高責任者でもある。 その他の公園の貢献 [ ] 1903年、セコイヤの第9騎馬兵は、当時アメリカ合衆国の最高峰であったの頂上までの最初の道を切り開き、セコイヤ国立公園で最も有名なセコイヤの巨木の森林、ジャイアント・フォレストに最初の使用可能な馬車道を作った。 1904年、ヨセミテの第9騎馬兵は、ヨセミテ国立公園の南セクションのマーセッドのサウス・フォークに植物園を建設した。 この植物園には、小道、ベンチがあり、いくつかの植物が英語とラテン語の両方で特定された。 ヨセミテの植物園は国立公園制度における最初の博物館であると考えられる。 シエラネバダでは、バッファロー・ソルジャーは、鞍の上で、少ない食糧と人種差別、家族と友人と疎遠な状態で長期間を耐えた。 軍事管理者として、アフリカ系アメリカ人の騎兵と歩兵連隊は非合法な牧草の採取、密猟、材木泥棒、および山火事から国立公園を保護した。 さらにもうひとつの「忘れられた物語」としては、かなり最近まで、ヨセミテの公園管理者のシェルトン・ジョンソンは、シエラネバダのバッファロー・ソルジャーの貢献を回復して祝賀しようとして、これらの歴史を研究して解釈した。 合計して、20名以上のバッファロー・ソルジャーが名誉勲章を受けた。 これはどのアメリカ合衆国の軍事ユニットで最も高い数である。 制度の偏見 [ ] 「バッファロー・ソルジャー」はしばしば米国陸軍の他のメンバーからの人種的偏見に直面し、軍人が時折配置された領域の民間人は暴力で応じた。 「バッファロー・ソルジャー」は、1899年テキサス州リオグランデシティ、1906年テキサス州ブラウンスヴィル、1917年テキサス州ヒューストンで、人種的な騒動に見舞われた。 組織化されたユニットの「バッファロー・ソルジャー」は、中参加しなかったが、経験豊富な下士官が、第317工兵大隊のような他の人種隔離された黒人ユニットを軍事作戦に起用した。 20世紀初頭、「バッファロー・ソルジャー」は、活動的な戦闘部隊よりむしろ労務および戦務部隊としてさらに使用されることで活路を見出した。 中に第9および第10騎馬連隊は解体され、軍人はより兵務的なユニットに動かされた。 歩兵連隊のひとつの第24歩兵連隊は、太平洋戦線で戦闘に役立った。 他の者は別名バッファロー・ソルジャー師団の第92歩兵師団で、地中海戦線ので戦闘についた。 また他の者は合衆国第93歩兵師団 第25歩兵連隊を含む で、太平洋戦線に務めた。 何らかの公式な抵抗と行政上の障害にもかかわらず、タスキーギ・エアメン などの黒人のパイロットは訓練されて、ヨーロッパでの空中戦を戦い、技能と勇気に関する評判を増した。 1945年前半、の後に、ヨーロッパのアメリカ軍部隊は戦闘部隊の不足を経験した。 このときに黒人兵を起用し、優秀な成績を確立したことで、黒人雇用に関する戦後の変化の前兆となった。 朝鮮戦争と統合 [ ] 第24歩兵連隊はの間、戦闘に参加した最後の隔離された連隊だった。 朝鮮半島に進出する直前に、この連隊の兵士のうち約200名が、完全武装のまま小倉キャンプ(北九州市小倉南区城野)から集団脱走し、キャンプ周辺において暴行、傷害、強盗、窃盗など70数件の事件()を起こしている。 第24連隊は1951年に解散し、兵士は韓国で他のユニットと統合された。 1951年12月12日、最期のバッファロー・ソルジャー部隊、第27および第28騎馬兵部隊も解散した。 バッファロー・ソルジャーの2個の記念碑が、カンザス州のとジャンクションシティーにある。 当時のは1992年7月のレブンワース砦記念碑の除幕のための招待演説者だった。 文化的な影響 [ ] 音楽 [ ] とキング・スポーティが共同制作した楽曲「バッファロー・ソルジャー」は、の1983年のアルバム『』に収録されている。 特にマーリーのようなを含む多くのジャマイカ人は、「バッファロー・ソルジャー」を、長い間白人に支配されてきた分野で勇気と名誉を持って働き、人種差別と偏見に負けずに戦った黒人男性の一例として同一視した。 映画 [ ] バッファロー・ソルジャー部隊は度々映画にも取り上げられている。 1960年、『』(監督) 2001年、『』(原題:" Buffalo Soldiers") 2008年、『』(監督) 関連項目 [ ]• 注釈 [ ]• , 2007 , 2007年4月24日閲覧。 National Park Service, , 2007年5月1日閲覧。 The Smithsonian Institution, , 2007年5月1日閲覧。 Johnson, Shelton 2006年10月10日, at the. Park Histories: Sequoia NP and Kings Canyon NP , National Parks Service. Retrieved: 2007-05-18. Leckie, William H. 1967. The Buffalo Soldiers: A Narrative of the Negro Cavalry in the West. Norman, OK: University of Oklahoma Press. LCCN 67-15571• Johnson, Shelton, , の2007年5月12日時点におけるアーカイブ。 , 2007年4月24日閲覧。

次の

バファロー大隊

バッファロー 大隊

合衆国第24連隊での任務で名誉勲章を受けた バッファロー・ソルジャー Buffalo Soldier とは、もともとアメリカ合衆国陸軍第10騎馬連隊の会員に適用されたニックネームで、1866年9月21日にで戦ったインディアンによって名付けられた。 最終的にこの用語は、合衆国第9騎馬連隊、合衆国第10騎馬連隊、第24歩兵連隊、第25歩兵連隊のユニットを包括するようになった。 南北戦争の間、いくつかのの連隊 有名な第54マサチューセッツ志願兵部隊と多くの黒人部隊 が北軍と並んで戦うために立ち上がったが、「バッファロー・ソルジャー」は正規のアメリカ陸軍の最初の平時の黒人だけの連隊として、議会によって創設された。 2005年9月6日、最も長生きしたバッファロー・ソルジャーのマーク・マシューズが111歳で死亡した。 彼はアーリントン国立墓地に埋葬された。 名前の由来 [ ] ソースによると、「バッファロー・ソルジャー」というあだ名がどのように始まったという点でいくつかの不一致が見られる。 バッファロー・ソルジャーズ国立博物館によると、名前は1867年にの戦士に由来し、実際のシャイアン語の翻訳では「ワイルド・バッファロー」であった。 しかしながら、作家のウォルター・ヒルは、第10騎馬連隊を設立した大佐の、1871年のコマンチェ族に対する戦役を思い出した口述を記録した。 ヒルは、グリアソンの主張によると、名前の起源はコマンチェ族にあると考えている。 言うまでもなく、名前の由来については何らかの論争がある。 ソースの中には、あだ名が第10騎馬連隊への敬意と、その激しい戦闘能力から与えられたと断言するものもある。 他のソースでは、インディアンが、黒人の縮れ毛がバッファローのコートに類似していたために「バッファロー・ソルジャー」と呼んだと断言している。 また他の情報源では、両方の伝説の組み合わせを示している。 名前がどのように由来したかにかかわらず、バッファロー・ソルジャーという用語は、すべてのアフリカ系アメリカ人の軍人の総称になった。 それは現在、アメリカ史に燦然と輝く勇気を持つ、第9および第10騎馬兵ユニットの直系の、のユニットに関して使用されている。 彼らの任務 [ ] の間、合衆国政府は、白人士官の率いる黒人兵士で構成された、アメリカ合衆国黒人部隊として知られる連隊を形成した。 戦争の後、議会は軍を再編成し、第9および第10合衆国騎馬隊として黒人騎馬隊の2連隊と、第38、39、40、41歩兵連隊 有色 として黒人歩兵隊の4連隊の構成を認可した。 第38および第41連隊は第25歩兵連隊として再編成され、1869年11月に、本部をのジャクソン・バラックスに置いた。 第39および第40連隊は第24歩兵連隊として再編成され、1869年4月にクラーク砦に本部を置いた。 これらのユニットのすべては、、などの白人士官、臨時でヘンリー・O・フリッパー などの黒人士官の指揮の下、黒人下士官兵で構成された。 1866年から1890年代初頭まで、これらの連隊は()と地域でのさまざまな戦役を務めた。 彼らは、これらの領域での軍事行動の大部分に参加して、顕著な実績を残した。 の間、これらの4つの連隊から、13人の下士官兵と6人の士官がを手に入れた。 軍事行動に加えて、「バッファロー・ソルジャー」は道路の建設からの護衛まで、辺境地でさまざまな役割を果たした。 インディアン戦争が1890年代に終わった後も、連隊は任務を継続し、サンフアンヒルの戦い を含むに参加し、ここでさらに5つの名誉勲章を受けた。 彼らは1916年、メキシコへのパンチョ・ヴィラ遠征 やにも参加した。 バッファロー・ソルジャーの物語において忘れられている貢献は、最初のレンジャーのいくつかとしてカリフォルニア州ので務めた、第9騎馬連隊の8部隊と第24歩兵連隊の1中隊である。 1899年、第24歩兵連隊のH中隊のバッファロー・ソルジャーは、とと同様に、で短期間務めた。 アメリカ陸軍連隊はこれらの国立公園に1891年から務めていたが、1899年までは兵士は白人であった。 1899年に始まって、1903年と1904年と続いて、黒人連隊は夏期の間、アメリカで2番目 セコイヤ と3番目(ヨセミテ)に古い国立公園で務めた。 1916年にができる前にこれらの兵士が務めたために、「パーク・レンジャーズ」(公園管理者)という言葉が生まれた。 一人の特定のバッファロー・ソルジャーは歴史に残っている。 1903年の夏にセコイヤ国立公園で第9騎馬連隊「I」部隊に務めていたチャールズ・ヤング 大尉である。 チャールズ・ヤングはウエストポイントのを卒業した3人目のアフリカ系アメリカ人で、彼の死の時点では、彼はアメリカ軍で最も高い地位にいたアフリカ系アメリカ人だった。 彼は1903年、セコイヤとキングズ・キャニオンの国立公園の軍事最高責任者になることで、セコイヤ国立公園の歴史に名を残した。 公園でのヤングの在職中、彼は巨大なセコイヤの木をブッカー・T・ワシントンと名付けた。 最近になって、広大な森林の中の他のセコイヤの巨木がキャプテン・チャールズ・ヤングにちなんで名付けられた。 チャールズ・ヤングの子孫の中には、その儀式に出席した人もいた。 チャールズ・ヤングは、国立公園の最初のアフリカ系アメリカ人の最高責任者でもある。 その他の公園の貢献 [ ] 1903年、セコイヤの第9騎馬兵は、当時アメリカ合衆国の最高峰であったの頂上までの最初の道を切り開き、セコイヤ国立公園で最も有名なセコイヤの巨木の森林、ジャイアント・フォレストに最初の使用可能な馬車道を作った。 1904年、ヨセミテの第9騎馬兵は、ヨセミテ国立公園の南セクションのマーセッドのサウス・フォークに植物園を建設した。 この植物園には、小道、ベンチがあり、いくつかの植物が英語とラテン語の両方で特定された。 ヨセミテの植物園は国立公園制度における最初の博物館であると考えられる。 シエラネバダでは、バッファロー・ソルジャーは、鞍の上で、少ない食糧と人種差別、家族と友人と疎遠な状態で長期間を耐えた。 軍事管理者として、アフリカ系アメリカ人の騎兵と歩兵連隊は非合法な牧草の採取、密猟、材木泥棒、および山火事から国立公園を保護した。 さらにもうひとつの「忘れられた物語」としては、かなり最近まで、ヨセミテの公園管理者のシェルトン・ジョンソンは、シエラネバダのバッファロー・ソルジャーの貢献を回復して祝賀しようとして、これらの歴史を研究して解釈した。 合計して、20名以上のバッファロー・ソルジャーが名誉勲章を受けた。 これはどのアメリカ合衆国の軍事ユニットで最も高い数である。 制度の偏見 [ ] 「バッファロー・ソルジャー」はしばしば米国陸軍の他のメンバーからの人種的偏見に直面し、軍人が時折配置された領域の民間人は暴力で応じた。 「バッファロー・ソルジャー」は、1899年テキサス州リオグランデシティ、1906年テキサス州ブラウンスヴィル、1917年テキサス州ヒューストンで、人種的な騒動に見舞われた。 組織化されたユニットの「バッファロー・ソルジャー」は、中参加しなかったが、経験豊富な下士官が、第317工兵大隊のような他の人種隔離された黒人ユニットを軍事作戦に起用した。 20世紀初頭、「バッファロー・ソルジャー」は、活動的な戦闘部隊よりむしろ労務および戦務部隊としてさらに使用されることで活路を見出した。 中に第9および第10騎馬連隊は解体され、軍人はより兵務的なユニットに動かされた。 歩兵連隊のひとつの第24歩兵連隊は、太平洋戦線で戦闘に役立った。 他の者は別名バッファロー・ソルジャー師団の第92歩兵師団で、地中海戦線ので戦闘についた。 また他の者は合衆国第93歩兵師団 第25歩兵連隊を含む で、太平洋戦線に務めた。 何らかの公式な抵抗と行政上の障害にもかかわらず、タスキーギ・エアメン などの黒人のパイロットは訓練されて、ヨーロッパでの空中戦を戦い、技能と勇気に関する評判を増した。 1945年前半、の後に、ヨーロッパのアメリカ軍部隊は戦闘部隊の不足を経験した。 このときに黒人兵を起用し、優秀な成績を確立したことで、黒人雇用に関する戦後の変化の前兆となった。 朝鮮戦争と統合 [ ] 第24歩兵連隊はの間、戦闘に参加した最後の隔離された連隊だった。 朝鮮半島に進出する直前に、この連隊の兵士のうち約200名が、完全武装のまま小倉キャンプ(北九州市小倉南区城野)から集団脱走し、キャンプ周辺において暴行、傷害、強盗、窃盗など70数件の事件()を起こしている。 第24連隊は1951年に解散し、兵士は韓国で他のユニットと統合された。 1951年12月12日、最期のバッファロー・ソルジャー部隊、第27および第28騎馬兵部隊も解散した。 バッファロー・ソルジャーの2個の記念碑が、カンザス州のとジャンクションシティーにある。 当時のは1992年7月のレブンワース砦記念碑の除幕のための招待演説者だった。 文化的な影響 [ ] 音楽 [ ] とキング・スポーティが共同制作した楽曲「バッファロー・ソルジャー」は、の1983年のアルバム『』に収録されている。 特にマーリーのようなを含む多くのジャマイカ人は、「バッファロー・ソルジャー」を、長い間白人に支配されてきた分野で勇気と名誉を持って働き、人種差別と偏見に負けずに戦った黒人男性の一例として同一視した。 映画 [ ] バッファロー・ソルジャー部隊は度々映画にも取り上げられている。 1960年、『』(監督) 2001年、『』(原題:" Buffalo Soldiers") 2008年、『』(監督) 関連項目 [ ]• 注釈 [ ]• , 2007 , 2007年4月24日閲覧。 National Park Service, , 2007年5月1日閲覧。 The Smithsonian Institution, , 2007年5月1日閲覧。 Johnson, Shelton 2006年10月10日, at the. Park Histories: Sequoia NP and Kings Canyon NP , National Parks Service. Retrieved: 2007-05-18. Leckie, William H. 1967. The Buffalo Soldiers: A Narrative of the Negro Cavalry in the West. Norman, OK: University of Oklahoma Press. LCCN 67-15571• Johnson, Shelton, , の2007年5月12日時点におけるアーカイブ。 , 2007年4月24日閲覧。

次の

バファロー大隊

バッファロー 大隊

出席のためだった。 議長はフォスゲート大佐。 部屋には見物客が大勢いた。 検察官はシャタック大尉。 8月8日被告人は第9騎兵隊先任のブストン・ラトレッジ。 裁判が始まる。 検察の第一証人はメアリー・ビーチャー。 東部から12年ぶりに帰る列車で、カントレルと知り合う。 駅に着き、メアリーは降りるが、父が迎えに来ていない。 しかし列車は出てしまう。 メアリーは駅舎内で駅長が死んでいるのを見つける。 駅舎を出たところで、ラトレッジと会う。 ラトレッジは3人の先住民アパッチに襲われ馬を奪われた、1人を殺したが、2人は付近にいる、と話す。 アパッチ2人組が襲って来るが、二人で応戦し倒す。 ラトレッジは駅長の死体を外に出し、死体の後を消す。 ラトレッジは駅舎周辺を調べ、駅長殺しは別のアパッチ、40頭の馬の足跡があった、サンロザリオ居留区でがあった、と話す。 メアリーはそこは父の牧場が近いと話す。 二人はアパッチの襲撃を恐れ、駅舎で一晩過ごすことに。 ラトレッジは腹に怪我をしていた。 検察の第二証人はフォスゲート夫人、議長の妻。 検察はルーシー・ダブニーの写真を見せる。 夫人は当日リントン砦で指揮官ダブニー少佐と娘のルーシーに会っていた。 ルーシーを最後に見他のは、雑貨屋。 ルーシーが男性のように馬に跨って来る。 ルーシーはラトレッジと会話していた。 夫人は彼には近づくなと忠告するが、聞き入れられなかった。 二人は一緒に帰って行った。 ラトレッジを最後に見たのは、ワラワラ砦に住む娘のバーバラに手紙を書いていたとき、銃声を2発聞いた。 窓から彼を見た。 彼は撃たれていて馬で暗闇へ消えた。 時刻は8時ちょうど。 検察の第三証人はリントン砦のエックナー医師。 事件のあったダブニー少佐の宿舎にカントレル中尉とともに行き現場を調べた。 ダブニー少佐は心臓を軍の銃で撃たれていた。 銃からは2発発射されていた。 ルーシーは首を締められて暴行されていた。 犯人は少佐を撃って逃げた。 カントレルはルーシーの遺体に布がかけてあったのを見て、なぜ遺体に布をかけて逃げたのかと疑問に思う。 ルーシーの喉に変な傷があり、それは十字架の首飾りを引きちぎられた跡だと思われた。 カントレルは当直のラトレッジを呼ぼうとするが、いなかった。 証言ではラトレッジは少佐を探していた。 そのとき集合ラッパが鳴る。 アパッチが牧場3ヶ所を襲撃していた。 検察の第四証人は弁護人でもあるカントレル中尉。 ラッパの後の行動を尋ねられる。 彼はラッパの後、現場から本部へ行き報告、その後駅へ行き、ラトレッジを捕まえ、メアリーと話した。 ラトレッジに尋問も行ったが、少佐殺しについては黙秘された。 なぜ逃げたと聞くとラトレッジは唯一の手段だった、なぜなら白人が殺されていたのだから、と答える。 カントレルはラトレッジと6年一緒に戦って来た。 お前を信じると話すが、ラトレッジはが信じないと答える。 その後隊は北へ向かう。 アパッチが死体を焼いた場所へたどり着く。 焼けた服から殺されたのは雑貨屋の息子だと思われた。 検察の第五証人はスキッドモア軍曹。 北へ向かった隊のその後について尋ねられる。 しばらくしてアパッチの襲撃があり、モファット伍長がやられ、馬が暴走する。 ラトレッジが暴走した馬を食い止めに行くが、伍長は死んでしまう。 その後ラトレッジは銃を持ちアパッチを追った。 検察の第六証人は被告ラトレッジ本人。 アパッチを追った後について尋ねられる。 アパッチを追ったところ、スパニッシュウエルズ牧場を襲うのを目撃、メアリーの父であるビーチャー氏が殺害されるところを見た。 このまま逃げれば自由になると思ったが、隊をアパッチが狙っているのを目撃、隊に合流し、アパッチを迎え撃つ。 弁護側尋問の前に休憩が入る。 そして再開。 弁護側の第一証人はメアリー。 野営した夜、カントレルからラトレッジが父の死に際を見たと聞いた。 翌日カントレルは昨日襲って来たアパッチの死体から十字架のペンダント、イニシャルの入ったを見つけ、メアリーに証人になってほしいと頼む。 カントレルは十字架とを証拠として提出。 雑貨屋の息子がルーシーを襲い、その後アパッチ襲来の知らせに行ったラトレッジがルーシーが殺されているのを見て、布をかけた、そこへ少佐が来てラトレッジを撃ったため正当防衛として少佐を撃ち殺した、という推理を話す。 検察は似た十字架を多数見せて、ルーシーのものかどうかは見分けられない、と反論する。 そして無実ならば、ラトレッジはなぜ逃げたのか、白人青年に罪をなすりつけて良いのか、と話す。 しかし弁護人であるカントレルはその話をあまり聞いていなかった。 メモに、が雑貨屋の息子には大きすぎる、と書いていた。 すると傍聴席にいた雑貨の主人が十字架を見分けられると話し始める。 少佐に売った際に傷があったためだと話す。 議長は十字架に傷があることを確認する。 検察は彼は証人でもない、と言い出したため、議長は主人を証言台に座らせる。 カントレルは、砦で聞いた時には十字架は見分けられないと言ったのはなぜか、と問いただす。 主人は気が動転していたと答えるが、カントレルははあなたのものではないのか、自分に罪が及びそうになって十字架の傷のことを持ち出したのではないか、と問い詰める。 すると主人はルーシー殺しを白状し始める。 裁判劇の西部劇とも言えるし、黒人差別を扱った裁判劇とも言える。 むしろ後者か。 黒人差別を取り扱った裁判劇といえば「」が思い浮かぶが、こちらはその2年前に作られている。 裁判劇だが、ところどころに笑いが入るシーンがあり、重い雰囲気にはなっていない。 証言者の証言も、映像として回想するため非常にわかりやすい。 しかし被告であるラトレッジの黒人差別に対する思いがこもったセリフは大変重い。 前にも書いた漫画「」でも記されている通り、この頃は運動が盛んになり始めた頃だったんだろうと思う。 この役者さんも黒人俳優の父と呼ばれる人だそうだ。 一度見たら忘れられない顔をしている。 映画としてもラスト5分での大どんでん返しがあり、とても面白かった。 本格だったらタブーとされている手法だが、60年も前の映画だから、良いと思う。 しかし先日見た「」といい、この映画といい、タイトルも知らなかった映画なのになんて面白い映画なんだろう。 60年も前にこんな面白い映画が作られていたなんて。

次の