ネットワーク ドライブ に 接続 できません で した。 Windows 10, ネットワーク, 未接続, 接続していません

のリンク先ドライブまたはネットワーク接続が利用できません。の原因と対処

ネットワーク ドライブ に 接続 できません で した

ネットワークドライブに再接続できませんでした。 Windows7やVista、XPなどでSambaなどの共有ドライブをネットワークドライブとして設定している場合、 起動、再起動、ログイン時などに下記のような警告が表示される場合があります。 この問題を解決するには、Windows資格情報を設定する必要があります。 ネットワークドライブに再接続できませんでした。 の解決策 手順• コントロールパネル>ユーザーアカウントと家族のための安全設定 をクリック• ユーザーアカウントをクリック• 左メニューの資格情報の管理をクリック• 中程に、Windows資格情報というのがあります。 これを追加します。 Windows資格情報の追加をクリック• Webサイトまたはネットワークの場所のアドレスと、資格情報を入力して、OKをクリック。 インターネットまたはネットワークのアドレス• ユーザー名• パスワード• 追加したWindows資格情報をクリックします。 常設: という項目がエンタープライズになっていればOKです。 以上の設定で、起動時、ログオフ時、再起動時などに、ネットワークドライブへ自動接続されるようになります。 関連するエントリー None Found , , , , , , ,.

次の

のリンク先ドライブまたはネットワーク接続が利用できません。の原因と対処

ネットワーク ドライブ に 接続 できません で した

こんばんわ、ちま夫です。 ネットワークドライブの割り当てを行っても、PC起動時に「 ネットワークドライブに再接続できませんでした」の表示が出でしまう症状の対応を行ったので、備忘録として記載します。 その前に、Windows10 ネットワークドライブの割り当ての設定方法について書いてみましたので、よろしければ下記の記事から確認(今の設定が正しいのか)してみてください。 症状 「ネットワークドライブの割り当て」設定を行った際、「 サインイン時に再接続する」にチェックを入れて登録しても、PCを再起動すると「ネットワークドライブに再接続できませんでした」の表示が発生し再接続できない。 その割り当てたドライブをクリックすると「アカウント/パスワード入力」を求められてしまう。 と言う症状です。 原因 Windows資格情報の「常設」部分が「 ログインセッション」になってしまっていた為のようで、本来は「 エンタープライズ」でないといけないようです。 マイクロソフトサポート 回避策 この現象を回避するには、資格情報の入力時に、宛先のサーバー名を明記した形式でユーザー名を指定します。 引用元: なんか色々書いてありますが、ようは、ユーザー名は「PCNAME¥user1」では無く、「 Server1¥user1」と入力せよとのことです。 対策 資格情報マネージャーでWindows資格情報の追加を行う際に、下記のように登録する。 尚、資格情報マネージャーは「「コントロールパネル」==>「ユーザーアカウント」の「資格情報の管理」」です。 ・インターネットまたはネットワークのアドレス: Server1 ・ユーザー名: Server1 サーバーのHost名 ¥User1 ・パスワード: Server1のアクセス用パスワード 下記のように「エンタープライズ」で登録されました。 さっそく、PC再起動して確認しましたよ。

次の

ネットワークドライブに再接続できませんでした

ネットワーク ドライブ に 接続 できません で した

こんばんわ、ちま夫です。 ネットワークドライブの割り当てを行っても、PC起動時に「 ネットワークドライブに再接続できませんでした」の表示が出でしまう症状の対応を行ったので、備忘録として記載します。 その前に、Windows10 ネットワークドライブの割り当ての設定方法について書いてみましたので、よろしければ下記の記事から確認(今の設定が正しいのか)してみてください。 症状 「ネットワークドライブの割り当て」設定を行った際、「 サインイン時に再接続する」にチェックを入れて登録しても、PCを再起動すると「ネットワークドライブに再接続できませんでした」の表示が発生し再接続できない。 その割り当てたドライブをクリックすると「アカウント/パスワード入力」を求められてしまう。 と言う症状です。 原因 Windows資格情報の「常設」部分が「 ログインセッション」になってしまっていた為のようで、本来は「 エンタープライズ」でないといけないようです。 マイクロソフトサポート 回避策 この現象を回避するには、資格情報の入力時に、宛先のサーバー名を明記した形式でユーザー名を指定します。 引用元: なんか色々書いてありますが、ようは、ユーザー名は「PCNAME¥user1」では無く、「 Server1¥user1」と入力せよとのことです。 対策 資格情報マネージャーでWindows資格情報の追加を行う際に、下記のように登録する。 尚、資格情報マネージャーは「「コントロールパネル」==>「ユーザーアカウント」の「資格情報の管理」」です。 ・インターネットまたはネットワークのアドレス: Server1 ・ユーザー名: Server1 サーバーのHost名 ¥User1 ・パスワード: Server1のアクセス用パスワード 下記のように「エンタープライズ」で登録されました。 さっそく、PC再起動して確認しましたよ。

次の