小室 圭 コロナ。 小室圭さんで話題の米ロースクール、コロナ禍の夏休みと学生生活のリアル!(オトナンサー)

小室圭さんが「消えた」理由……世間「それどころじゃない」それでも眞子さまと5月結婚説?

小室 圭 コロナ

画像は、GettyImagesより引用 新型コロナウイルスの世界的蔓延を受け、すっかり後回しにされてしまったのが、秋篠宮家の長女・とさんの結婚問題だ。 宮内庁関係者は「あれは秋篠宮殿下のフライング。 何かしらの声明を出すのは眞子さまで、その眞子さまが(声明を)出すことに同意していなかった。 2月を過ぎてもいまだに音沙汰ないのは、事態が難航しているためです」と話す。 仮に結婚でもコロナ禍が日本に暗い影を落としている以上、祝福の声は限定的。 ともすれば「自粛期間に発表するな」という声も上がりそう。 秋篠宮殿下の言う〝何らかの発表〟は、したくてもできない状況にある。 そんななか、秋篠宮夫妻が結婚を認める代わりに、小室さんに〝ある条件〟を付きつけたと言われている。 その条件とは、小室さんの経済的自立と日本を拠点に生活すること。 皇室担当記者が明かす。 「小室さんの母・佳代さんの借金問題は一旦棚上げし、小室さんが正業についてから返済することにする。 弁護士資格取得のため米フォーダム大に留学中の小室さんは、資格取得後も米国にとどまり、向こうで『小室法律事務所』を開業。 そこに眞子さまを呼び寄せる計画もあると一部で報じられたが、秋篠宮殿下としては娘を自分たちの目の届くところに置いておきたい。 結婚するならば、日本国内で生活することを条件に挙げているそうだ」 そうなると、2人の結婚時期はさらに伸びることなる。 小室さんの留学修了は2021年5月。 その後7月に司法試験があり、秋頃に合格発表が予定されている。 ここで受かれば、2022年1月に米国で弁護士登録ができるが、日本で弁護士として働くには、ここからさらに3年、特例を使っても2年間は米国での実務経験が必要だ。 「日本で弁護士として働くには最短で2025年。 場合によってはさらに伸びる可能性もある。 2025年なら小室さんと眞子さまは34歳。 そこまで待てるかどうか…」(週刊誌記者) 小室さんの代理人は常々「弁護士資格取得は目指しているが、弁護士になるとは言っていない」と繰り返してきた。 当時はこれにブーイングも巻き起こったが、それによって婚期が伸びるのならば「大企業の法務担当社員を目指しても良いと思う。 小室さんならば複数の企業が獲得に乗り出すはずだ」(スポーツ紙記者)。 眞子さまは現在も米国の小室さんとビデオ通話などで近況を報告し合っているという。 最近の心配事は米国でも感染拡大する新型コロナ。 前出記者は「向こうでもトイレットペーパーの買い占めや、アジア人差別が横行している。 眞子さまが気に掛けるのも無理はない」(同)。 眞子さまの憂鬱はまだまだ続きそうだ——。

次の

新型コロナが眞子さまと小室圭さんを直撃! 結婚5年先延ばしか…秋篠宮夫妻が突き付けた結婚条件とは!?(2020年3月20日)|BIGLOBEニュース

小室 圭 コロナ

コロナ禍は様々なものを狂わせている。 それは皇族方とその関係者も同様。 NYで5月の試験を目指して勉学に励む小室圭さん。 コロナ罹患? 寮生活はどうなったのか? 3月22日からロックダウンが始まったニューヨーク州。 小室圭さんが通うフォーダム大でも感染者が出たが、小室さんはそもそも新型コロナウイルスに感染していないのだろうか。 事情を知る関係者によると、 「小室さんはコロナに罹患することなく、健康そのもののようです。 ただ、基本的に外出をしていないのでストレスは相当なものになっていると思います」 キャンパスや学生寮は原則として閉鎖になったものの、 「実はまだ寮生活を続けています。 原則的にほとんどの学生は寮を退去しましたが、各国から留学してきている人たちは寮の外に頼るところもないし、母国に戻ることもなかなか難しいですよね、こんな状況ですから。 そういった事情を大学側も汲んで、寮に残ることを許された学生もいるんです。 だいたい20人とかそれくらいですかね。 小室さんの場合は奨学金を受け取るほどですから成績はとても良く 、そういったことも考慮された可能性はあります」 「授業はオンラインでやっていますから、その環境があればどこにいても受けることはできますし。 とにかく寮は勉強に集中するには一番ですから、選択肢は他になかったでしょう」 住環境は変わらず。 失業して家賃が払えない人が激増するNYにあっては、充実しているようだ。 ただ、食材の調達には四苦八苦で、 「小室さんはこれまで同様、生活費を切り詰めるために自炊をしています。 留学生のほとんどは通販サイトを通じて食材購入を済ませていて、小室さんもそのようです。 新鮮なものほど高いし、品薄になっていることもあって困るね、といった色んな声が聞こえてきますね」 そういったストレスフルな毎日の息抜きは、 「おこもり生活を続けている人たちとのネット対話を続けているようです。 交際中の眞子さまはもちろん、日本だけじゃなくて世界にいる友達とやり取りしているみたいですよ」 「5月の試験も同じくオンラインで行われる予定で、成績トップグループに入れるか入れないかくらいの小室さんですから、問題なくクリアできるでしょう。 その後から夏休みに入るわけですが、大事なのがインターン。 別の関係者は、こう話す。 「小室さんはフォーダム大に入学した2018年8月から3年間、帰国はしないと決めているようです。 たとえ友人・知人の結婚式が日本で開かれたとしても、ですね。 それくらい勉学に励むと決意してきた中でのコロナ禍は、その『3年計画』が大きく狂うことを意味します」 他方、暗礁に乗り上げている眞子さまとの結婚問題の方はどうか。 先日、この記事で、眞子さまと小室さんの心は固まっていると報じたのだった。 あくまでも、国民の理解を得られる環境を整えていくことが大事だというスタンスでいらっしゃる。 裏返せば、その状況にないのに結婚に突き進むのは芳しくないとお考えになっているということです」 差し当たって、秋篠宮さまご一家も自粛生活を続けられているわけだが、 「もちろん、宮邸でほとんどの時間をお過ごしになっています。 これまでもそうですが、結婚問題について、秋篠宮さまは眞子さまとほとんど話をされません。 その代わりと言っては変なのですが、佳子さまとはお話をされているのだとか……」 「佳子さまはその際に小室さんがどうだとかいうような話はされないようです。 実際に接点はほとんどなく、小室さんについて特段、印象をお持ちになっているわけではないということでした」 「佳子さまは眞子さまの唯一と言ってもよい理解者です。 佳子さまには、お互い結婚したら民間人になるという同じ立場で、ご自身が結婚するタイミングを迎えた時には助けてほしいというお気持ちがあって、眞子さまの自由にされたらよいという風なお考えの持ち主。 そこにコロナ禍、小室さんの就職難という影が忍び寄っているというのが現状のようだ。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

新型コロナが眞子さまと小室圭さんを直撃! 結婚5年先延ばしか…秋篠宮夫妻が突き付けた結婚条件とは!?(2020年3月20日)|BIGLOBEニュース

小室 圭 コロナ

Contents• 文/編集部 緊迫する世界情勢 WHOのパンデミック宣言後、アメリカでも新型コロナウイルスの感染拡大に危機感が高まっている。 「11日夜、トランプ大統領はイギリスを除く欧州からの入国を禁止すると発表しました。 NBAもシーズンの中断を余儀なくされました。 NY市長は非常事態宣言を発表し、一気に緊迫感が高まっています」(記者) NY市長は来週にも市内の感染者が1000人に達する可能性も指摘し、今後は市長の権限で夜間の外出禁止や公共交通機関の利用に制限が掛かる可能性もある。 話し合い困難な状況に 日本においても、政府が全国的なスポーツ、文化関連のイベント自粛要請を10日間延長するなど、引き続き緊迫感が漂っている。 多数の団体の総裁職を務める秋篠宮ご夫妻は連日かなり緩やかなスケジュールの中過ごしておられるが、家の中の状況は陰惨たるものだ。 「家族が全員ご在宅というかつてない状況です。 婚姻延期問題の解決に向けた話し合いなど、このお暇を有効活用していただきたいのですが…。 家族間の統制は全く取れていません。 紀子さまは公務が軒並み中止となったことで大変ピリピリされているようですし、殿下もまた立皇嗣に向けて 『やりたくない、逃げたい…』などとうわ言を繰り返されるばかりだそうで…。 眞子さまは部屋にこもりきり、佳子さまはダンス練習に励まれているとか。 せめて国民に向けて、結婚を認めるのか、それとも破談なのかのアナウンスができるよう、家族での意思合意だけはを進めていただきたいと願います」(宮内庁関係者) 眞子さまの発言に紀子さま絶句 そんな中、紀子さまはなんとか眞子さまとの話し合いの機会を持とうという努力はされているというのだが、先日それも頓挫してしまったというのだ。 その日の様子を秋篠宮家の職員関係者が語る。 「紀子さまは眞子さまをなんとか話し合いのテーブルに着かせようと、連日様々なご機嫌取りをされていました。 老舗高級和菓子店からどら焼きを取り寄せ、お抹茶も用意し眞子さまを茶会へお誘いしたり、嵐のメンバーを呼んでのディナーショーを宮邸で開催しようと計画を練られたりと、必死にお取り組みだったのですが…。 先日、眞子さまが『 そんなくだらない機嫌取りは要らないから、さっさとNY行きの手はずを整えろよ!圭くんコロナ騒動で学校にも行けないって泣いてるのよ!心細くて鬱になっちゃうかもしれないって!もし圭くんがコロナにかかったら看病する人がいない!あんたのせいよチキショウ!』と迫られ完全に説得を諦められたようです。 『あの子頭おかしいわ…』と嘆いておられるばかりです。

次の