遊戯王ブログ。 生存報告

遊戯王あんてな

遊戯王ブログ

おすすめエクシーズテーマ一覧 《ホープ》 《No. 39 希望皇ホープ》軸に関連カードによりビートを狙うエクシーズテーマです! 《ホープモンスター》をエクシーズチェンジすることで強力なモンスターを展開して戦っていくテーマです。 《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》を発動することで、エクシーズ召喚するたびにドローができ、アドを稼ぎつつ戦えます。 新規の《No. 39 希望皇ホープ・ダブル》と《ダブル・アップ・チャンス》により、ワンキル力に磨きがかかりました! ランク4が作れれば戦えるテーマなので、メインデッキのカードの自由度が高く、人によって構築が変わるデッキかもしれません。 《シャーク》 ランク3~5帯のエクシーズモンスターで戦っていく水属性・魚族で統一されたテーマです! 《ダブルフィン・シャーク》《サイレント・アングラー》などで展開し《セイバー・シャーク》でレベルを揃えてエクシーズを狙っていきます。 先攻をとっても、攻守4000の《No. 《デモンズ・チェーン》と同じ効果を持っている、《幻影霧剣》というカードをサーチすることもできるので、そういった意味でも強力です! 《RRレイド・ラプターズ》 エクシーズチェンジを重ね、相手モンスターを一気に破壊しダメージを与えていく闇属性・鳥獣族テーマです! テーマ内のエクシーズモンスターの数が多く、専用ランクアップマジックによりエクシーズチェンジを繰り返して強力なモンスターを展開していくテーマです。 バーンダメージや、戦闘に関係する効果で相手のライフを削っていく型や、効果を受けない3500打点モンスター《RR-アルティメット・ファルコン》によるビートを狙う型があります。 なので基本的には《侵略の~》とついた魔法・罠をサーチし、《オピオン》を守りつつ戦うことになります。 また、最近では専用リンクモンスターの《インヴェルズ・オリジン》と《ブラック・ガーデン》《トークンコレクター》を利用した展開コンボもあり、展開力も手に入れ更に強いテーマになりました!.

次の

遊戯王ブログを書いていて聞かれること、儲かるのか?

遊戯王ブログ

はじめに 当サイトは遊戯王OCGの最新情報を取得して発信するアンテナサイトです。 RSSから最新情報を閲覧するまとめサイトとしての機能を提供します。 当サイトに登録しているブログは管理人が厳選して決めています。 最新情報を発信する遊戯王の専門ブログであることが登録基準です。 登録している遊戯王ブログが理由もなく一ヶ月以上更新を停止した場合、閉鎖したと判断し登録を削除することがあります。 当サイトはリンクフリーですので、リンクの際に承諾を必要としません。 ですが、リンクの際はトップページにしてくださいますようお願いいたします。 また、html以外のファイルには直接リンクしないようお願いいたします。 バナーを使用する際は直接リンクせずダウンロードしてお使いください。 sakura. sakura.

次の

【遊戯王】「ヌメロンエルドリッチ」デッキでエクシーズモンスターを大量展開!?デッキの強みと相性の良いカードをまとめてみました!(デッキレシピ有) / 福岡天神店の店舗ブログ

遊戯王ブログ

みなさんこんにちは!7階スタッフの出雲です! 皆さん、 8月8日(土)発売の 「PHANTOM RAGE」に収録される新テーマ 「鉄獣戦線 トライブリゲード 」チェックしていますか? 獣族、 獣戦士族、 鳥獣族の一斉強化と言っても過言ではないこのテーマ!! そして獣戦士族と言えば出雲が愛用している 「月光」!!! 今回は 「鉄獣戦線」との組み合わせの例として 「月光」との組み合わせをご紹介いたします!! 「鉄獣戦線」ってどんなテーマ? 先述した通り、 獣族、 獣戦士族、 鳥獣族、それぞれと非常に相性がいいテーマです。 現段階で判明しているモンスター達も、効果モンスタ-、リンクモンスターそれぞれ3体が3つの種族で別れています。 また下級の効果モンスター達には 自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。 除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。 このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。 という共通効果を持っています。 リンクモンスターに至っては獣族・獣戦士族・鳥獣族のモンスターなら何でもリンク素材にできるという緩い指定と、墓地に送られた場合に発動する効果を持つという、共通項目があります。 デッキからレベル3以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送る。 除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。 このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。 と、レベル3以下のモンスターまでしか墓地に送れません。 「月光」で墓地に居てほしいレベル3以下といえば 「月光紫蝶」くらい…それも初動と直接関係のあるカードではないので、これだけならば頭を捻らせたでしょう。 ですがこのカード 「鉄獣の抗戦」が非常に相性の良さそうな効果をしていました! わかりますか? 月光の基本の動き方は 「月光彩雛」と 「月光虎」、 「月光黄鼬」の効果を活用し盤面を整えて、最後に 「月光狼」の効果で墓地融合し、切り札 「月光舞獅子姫」を出す!というのが基本的なパターンです。 「鉄獣の抗戦」を考察する時に、特にこの中で注目するべきは、 「月光彩雛」と 「月光狼」そしてエース 「月光舞獅子姫」の存在です。 「月光狼」のペンデュラム効果で、フィールド・墓地から 「月光」融合モンスターによって決められた素材を除外して、融合召喚する効果。 そして、月光デッキの屋台骨とも言える大事な初動のカード、 「月光彩雛」は除外された場合、このターンのバトルフェイズ中、相手はカードの効果を発動できない、という効果を持っているので 「月光狼」の効果で優先的に除外されます。 手札からレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。 自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。 ご存知の方も多いかと思いますが、月光はこれまた 「PHANTOM RAGE」 で強化される 「RR」や 「BF」といった闇属性・鳥獣族モンスターとも非常に相性がいいんです。 特に相性がいいのが 「BF 先鋭のゼピュロス」 このカードでペンデュラムゾーンにある、 「月光虎」を手札に戻して 「月光虎」を使い回しつつ、リンクやエクシーズに繋げる、というのが基本的な使い方でした。 ですが ゼピュロスに難点があるとすれば、それは 「自力での手札からの特殊召喚方法がない」ということでした。 何を当たり前のことを、と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、 「月光」デッキでの通常召喚権は基本的に 「月光彩雛」に使います。

次の