エゴサーチ アプリ。 [神アプリ]Twitterでエゴサーチする方法?アプリで解決、答えはegobird!

IFTTTとLINEを連携させてtwitterのエゴサーチ結果を自動化に通知する方法 [iPhone/Android]

エゴサーチ アプリ

自分の本名やハンドルネーム インターネット上での活動に使う名前 などをインターネット上で検索して、その評価や評判を調べること。 「自己」を意味するラテン語「」と、「調べる、検索する」という意味の英語「search」との合成語で、「エゴサーフィン」、略して「エゴサ」ともいう。 自分が運営するブログ・ウェブサイト名やドメイン名、会社・ブランド名、自分が制作した作品名などを同様の目的で検索することもエゴサーチという。 また、企業などの法人が、広報やマーケティングなどの目的で自社のサービスや商品名を検索することもエゴサーチに含まれる。 インターネットの検索エンジンやSNSの検索ボックスに、対象の情報を入力して行う。 自分自身や自分の作品などが、社会でどのように受け止められているのかを調べる手法の一つだが、対象への中傷や公開したくない情報などが検索結果として出てくることもある。 また、自分で自分の評判を調べるという行為に対して「自意識過剰である」と否定的なイメージで受け取られることもある。 日本では、ネット上で広まり、株式会社はてなのウェブ辞書サービス「はてなダイアリーキーワード」に掲載されたことから、2006年に出版された現代用語辞典『現代用語の基礎知識2006』 自由国民社 の掲載語に採用された。 エゴサーチのである「エゴサ」は16年、辞書出版の三省堂の編集者がその年を代表する言葉を選ぶ「今年の新語2016」で9位に入っている。 近年は、エゴサーチを効率的に行えるスマートフォンアプリが出てきている。 南 文枝 ライター/2018年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 自分自身や自分に直接関係するがどのように受け取られているかをインターネット上で調べること。 略名「エゴサ」、「エゴサーフィン」。 検索サイトやSNSなどを用いて、自分の名前やハンドル名、運営するブログ・ウェブサイトの名称やそのURL、自分の作品の名称などを検索することにより行われる。 自分のことを気にしすぎる 自意識過剰 行為として、否定的に用いられることが多い。 日本では2005年に、株式会社はてなによる「はてなダイアリーキーワード」の中から採用され『現代用語の基礎知識2006』 自由国民社 に掲載された。 2016-5-12 出典 知恵蔵miniについて.

次の

Twitterのエゴサーチ専用アプリ『エゴサッター』の使い方

エゴサーチ アプリ

「エゴサーチ」または「エゴサ」の意味とやり方、メリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。 「エゴサーチ」「エゴサ」とは「エゴサーチ」をご存知でしょうか。 エゴサーチとは、インターネット上の自分の評判について検索エンジンやSNSなどを使って調べることです。 自己を意味する「ego」と、調べるという意味の「search」から生まれた言葉です。 「エゴサ」などと略されることもあり、英語では「egosurfing(エゴサーフィン)」といいます。 たまにエゴサーチ=検索全般のことを指すような使われ方をしているのを見かけますが、それは誤りです。 ここでは、エゴサーチの意味とやり方、メリットとデメリット、問題ある書き込みに対する対処法についてご紹介します。 様々なキーワードでのエゴサーチがおすすめまず、具体的なエゴサーチの方法についてみていきましょう。 Googleなどの検索サービスで検索する他、リアルタイム検索サービスで検索すれば、掲示板やTwitter、Facebookなどでの評判が調べられます。 検索するのは、本名だけではありません。 ニックネームやハンドルネーム、運営するサイト名やブログ名なども対象となります。 会社なら、商品やサービス名、店名、ブランド名、担当者名などでも調べてみましょう。 漢字、平仮名、カタカナだけでなく、イニシャルや略称なども利用して検索しましょう。 自分が投稿した写真や会社のロゴなども、画像検索すれば見つけられます。 画像のURLを貼り付けるか、画像をアップロードすると、似た画像が検索できます。 Twitterでのエゴサーチ方法Twitterで検索するには、いくつかのテクニックを使えば可能です。 jp」と検索してみてください。 ひっかかる投稿が多くなります。 Twitterアカウントでも検索できます。 自分へのリプライなどが表示されます。 いじめ発見や風評被害防止のメリットもエゴサーチには様々なメリットがあります。 たとえば、いじめの発見やなりすましなどによる風評被害防止につながるでしょう。 掲示板などの書き込みから、いじめなどに気づける可能性があり、実際にいじめに気づいて対処できた事例は多数あります。 就職活動に苦労していた人が、原因が自分のネット上の同姓同名の人の悪評と知った話を聞いたことがあります。 書き込みを検索サービス側に削除してもらったところ、無事に就職できたそうです。 最近は採用前に候補者を検索することが一般的です。 このような時、ネット上に悪評があると思わぬ風評被害につながる可能性があるというわけです。 同様に、特にTwitterでの投稿によって、企業が大ダメージをこうむる炎上につながることがあります。 企業側に問題があってもなくても、このような投稿には素早い対処が必要です。 このような投稿を見つけたら、問題の究明と対処をすばやく行うことで、大炎上を未然に防げるというわけです。 問題ある書き込みを見つけたときの対処法エゴサーチのデメリットは、思わぬ他人の悪意や不満などに直接接することになるため、傷つく可能性があることでしょう。 しかし、そのような中に思わぬヒントが隠されているものです。 自分の行動の問題点や誤解を受けやすいところなどが分かり、今後どうすればいいのかが分かるかもしれません。 問題ある書き込みを見つけた場合は、どうすればいいのでしょうか。 まず、書いた相手が分かっていたら、直接削除を依頼しましょう。 相手が対応してくれなかったり、誰が書いたのか分からない場合は、サイトの管理者に削除依頼をしてください。 それでも対応してもらえない場合は、プロバイダに削除依頼をしましょう。 ただし、自分の人権が侵害されていることが認められる必要があるので注意してください。 東京都総務局人権部のサイトなどを参考に依頼をしてみてください。

次の

有名人がよくやる「エゴサーチ」とは? その意味とやり方&注意点を解説

エゴサーチ アプリ

Contents• エゴサーチとは 自分の名前を検索することです。 ブロガーなら自分のブログ名を検索すること。 これによって世間の自分に対する反応を知ることができます。 人気が出れば良い評判だけでなく、ネガティブな意見もでてきます、 諸刃の剣。 Twitterでブログ名で検索すると、主にはてブをシェアしてくれた人をおもに見つけることができます。 シェアしてくれている皆さまありがとうございます。 Twitterエゴサーチ自動化の方法 IFTTT(イフト)というアプリを利用します。 アプリではありますが、ウェブサービスなので設定後はアプリをアンインストールしても大丈夫です。 設定自体もブラウザからできますが、LINEとリンクさせるのでLINEがインストールされているスマホからアプリで設定してしまうのが手っ取り早いです。 2.IFTTTアカウントの作成 ウェブサービスなのでアカウントが必要になります。 もちろん無料。 メールアドレスが必要ですが、IFTTTから宣伝メールが来たことは一度もありません。 3.エゴサーチ自動化レシピの作成 IFTTTは If This Then That という意味です。 Thisというトリガーに対してThatというアクションを起こしてくれます。 「This」を選んで トリガーとなるサービスを選択します。 ここではTwitterですね。 IFTTTと連携できるサービスは無数にあるので窓から検索してしまうのが早いです。 Twitterを見つけたら「New tweet from search」を選びます。 そして検索する語句にブログ名を入力します。 適宜ワードは決めてください。 これでトリガー「This」の指定は完了。 IFTTTのリリース当初は対応サービスも少なく、日本でのみメジャーなLINEなんて当然ありませんでした。 それが、いつの間にか対応していたんだから驚きです。 検索窓からLINEを探します。 ここでLINE側から認証する必要があります。 承認しないと通知は受け取れません。 アクションは一つしかないので迷いませんね。 もうここからはポチポチするだけ。 基本的に何も変更しなくてOKです。 右上の「Next」で進みます。 またNext 最後に、IFTTTアプリ自体からの通知を受け取るか聞かれます。 LINEで通知を受け取る設定にしているのでIFTTTからは不要です。 もし設定後アンインストールするならどちらでもOKです。 そして「Finish」を選択すればおしまい。 「LINE Notify」というアカウントから自動的に通知が受け取れます。 設定できてしまえばIFTTTアプリはアンインストールして大丈夫です。 レシピ編集や追加・削除はブラウザからも アプリをアンインストールしたあとはブラウザから設定し直すことができます。 エゴサーチ以外にもいろんなことを自動化できて、 Facebookで自分がタグ付けされた写真は自動でDropboxに保存だとか、毎日の天気をGoogleカレンダーに記録するだとか。 いろいろレシピを作りましたが、いまも走らせているのはエゴサーチの自動化のみです。 今日のぐうの音 自動化って便利ですよね! なお、全てのツイートを拾えることを保証するわけではないのでご注意ください。 IFTTTアプリはも便利ですけど、Androidには最強のTaskerがあります。

次の