神戸 市バス 定期。 バス連絡定期券のご案内(磁気定期券のみ)|乗車券のご案内|阪急電鉄

神戸北町から三宮駅前 バス時刻表(64〔神戸北町

神戸 市バス 定期

学生、社会人の方に向けたJR・電車・バスの定期代検索・計算の専門サイトです。 学生、社会人の方は通学・通勤に定期券を使っておられることが多いと思います。 通勤ルートによっても、定期代がかなり変わってくることがあります。 少しでも安い定期代が分かればいいことでしょう。 学生の方は学割も利用するのがお得な方法です。 定期代の検索は、その交通の公式サイトでも紹介していますが、 専門サイトではいろんなルートを紹介しているので、使用路線によってはかなり金額が変わってくるでしょう。 上手に使ってみて下さい。 今は定期券よりも主流なのが「ICカード定期券」です。 関東では「Suica」や「PASMO」、JR西日本の「ICOCA」、スルッとKANSAIが発行している多機能IC決済サービス「PiTaPa」 など、便利なICカードに定期券機能がついたものがより便利でお得です。 乗る回数によって運賃の割引があったり、場合によっては定期券より安くなる場合もあります。 毎日の通学・通勤には神戸市バスの定期を購入されていることと思います。 神戸市バスでもICカード「PiTaPa」がご利用できます。 「PiTaPa」は、カード1枚で鉄道・バスやショッピング、グルメ等のお支払いに使える簡単・ 便利な多機能IC決済サービスです。 カード1枚で色々な社局の運賃割引サービスを受けることができるので、大変お得なカードです。 定期代の簡単な計算・検索には京阪バスのホームページからも出来ますが、その他にも定期代を検索するサイトがいくつかあります。 時刻・路線等が掲載されています。 ・ こちらのサイトで市バス普通料金・定期料金が掲載されています。 ・ PiTaPaなら神戸市バス・神戸市営地下鉄の運賃がおトクに! ・ 「KOBE PiTaPa」はいろいろなサービスをご用意しており、この1枚で神戸を中心とするエリアをご満喫いただけます。 もちろんPiTaPaサービスを実施している電車やバスでご利用いただけます。 ・ ジョルダンの乗換案内。 定期代、青春18きっぷも検索できます。 ・ 全国の鉄道や航空路線を対象とした乗り換え案内サービスです。 また、路線検索をするとその結果に普通運賃と定期代が併記されます(通勤定期のみ)。 当サイト厳選!楽天市場のお役立ち定期代検索&計算アイテム情報 今、 楽天市場で人気お役立ちの定期代検索&計算グッズのご紹介です。 人気の定期代検索&計算グッズは よく売り切れになっているようですので、気になる方は早めにチェックしてくださいね。 ユーザー登録後年間サポート 年6回、改訂版CD-ROMを送付 が受けられます。 目的地までの最適経路、所要時間、運賃、定期代を素早く探索。 鉄道、航空、路線バス、コミュニティバス、高速バス、空港連絡バス、船情報を収録。 新線計画も網羅して将来性を占う。 マニアには必見の内容です!.

次の

定期券|路線バス|山陽バス

神戸 市バス 定期

2020年から、神戸北町~谷上駅の62系統を検討している。 (64系統から)当初2,000人程度の移行を想定している。 当初,スタート時点から極端に64を減便して多くを新路線にというふうなことは考えていない。 道路の整備状況等、皆森交差点付近の道路の車線を増やす工事の進捗も見ながら便数も考えていく。 現時点の想定では、朝7時台にある64系統25本のうち7本を減便して、62系統を6本設定する。 64系統で積残し等が発生する状況になれば臨時便を挟む。 今でも(臨時便の)対応している。 高齢者が昼間乗る形態と、通勤通学者がラッシュ時間帯に乗る形態では要求が違う。 (ので、64系統を減便するなという要望にはお答えできない) 64系統・62系統の歴史 1976年(昭和51年) 神戸市バス 64系統 三宮駅前~(新神戸トンネル経由)~箕谷駅前 開業。 箕谷駐車場を設置し、全国初のパーク・アンド・ライド方式を採用。 1988年(昭和63年)4月2日 神戸市バスと神鉄バスの共同運行で、62系統 谷上駅~神戸北町(日の峰2)開業。 (神鉄バスは23系統・24系統) 1990年(平成2年)12月1日 62系統、日の峰2から神戸北町へ路線延伸。 64系統、箕谷駅前から神戸北町へ路線延伸。 1995年(平成7年)9月1日 神戸市バスと神鉄バスの共同運行で、158系統 箕谷駅~しあわせの村(病院前)開業。 62系統休止。 参考: 北神急行の名称がなくなった頃、復活すると思われる、神戸市バス旧62系統(谷上駅~神戸北町)。 — KAZ MS513RA 神戸市営 旧62系統 桂木にて — KAZ MS513RA 当時の写真はもっていないので、KAZさんのtwitterへリンクしておきます 神戸市バス 64系統 三宮~神戸北町 現況:• 神戸市バス64系統は、三宮から新神戸を経て、新神戸トンネルを通り、箕谷、神戸北町(日の峰、桂木、大原)を結ぶ。 「急64」を名乗るのは、地下鉄三宮駅前~新神戸駅前をノンストップで運行するから。 「神戸北町」行きは「大原3」が終点。 「三宮」行きは「三宮駅前」が終点。 新神戸トンネルの箕谷料金所のすぐ先に「箕谷」バス停があるが、脇には駐車場(とスーパーマルハチ)が整備され、全国初のパークアンドライドを実施している。 近郊区路線。 三宮~箕谷駅前は450円。 三宮~神戸北町は500円。 鉄道よりも圧倒的に優位。 10%税込)• 終日にわたり乗客は非常に多い。 夕ラッシュ時の三宮駅ターミナル前には長蛇の列。 バス停に停まっている始発便が満員になった上で、さらに次の便に乗る待機列が2バス分程度の列になっているのが常態。 運行:• 昼間、1時間に1便、松が枝町2廻りあり。 夕方~終発は「直通」(箕谷駅前に寄らない)がある。 昼間、1時間に1便、松が枝町2廻りあり。 平日・土曜の朝は、神戸北町始発、日の峰2始発、箕谷駅前始発が交互に運行。 64系統のバスがしばらくはそのままで、500円。 NewUラインカードを利用すると、乗継ぎ20円割引で480円。 ただしNewUラインカードは、谷上駅では当分の間自動改札機が使用不可で有人改札での処理が必要。 昼間は64系統でもいいけど、朝夕のラッシュ時は地下鉄+62系統かな。 しかし、皆森交差点と谷上駅付近の渋滞がひどいので、本格的には、ここの車線増(あるいは左折車線を直進可能にするなり)と、谷上駅への右折車線の強化が出来てからだろうけど。 しかし、代わりに三宮までバス1本で行ける路線の本数が減ることが分かり、住民が反発。 神戸市は方針を転換し、既存路線はほぼ維持される形になった。 これにより、市営化後にバスやマイカーから北神急行に移行する利用者数を当初の2000人から800人に下方修正。 1200人も減ったが、神戸市は「収支は均衡」とする。 一体どんな収支見通しを立てているのだろうか。 神戸北町には現在、三宮直行の市バス64系統があり、約30分で到着する。 近隣移動も含め1日約9000人が利用している。 運賃は220円で、値下げ後の北神線に乗り継げば、64系統の神戸北町~三宮駅前の運賃500円と同額となる。 しかし、62系統を新設する分、64系統を減便すると分かり、住民が反発。 乗車料金に換算すると、今後40年間で約20億円の減収となる。 しかし、神戸市交通局は「同じ規格である北神急行電鉄と地下鉄西神・山手線の車両を一体的に管理運行し、全体の車両数を減らして相殺できる」と説明する。 2019秋時点では削減を1編成(6両)としていたが、その後も精査を進め、2編成まで可能と判断。 1編成につき車両購入費や部品交換費を約20億円削減できるという。 そもそも2000人や800人といった予測人数について、神戸市は意識調査などの裏付けを取っていない。 見通し通りにいくかどうかは未知数だ。 ~~~~ # 今後40年間で20億円の減収とはミスリードだな。 今後40年間ずーっと64系統が減便されないわけじゃないよ。 道路が改良されればまた湧き上がる話。 なお、運行ルートは、定期券売場で発見した「神戸市営バス&地下鉄 路線図・ご利用ガイド 2020. 1」を基にしている。 「松が枝町2」経由なので「日の峰1」は通らない。 「箕谷」は箕谷インターではなく、有馬街道(県道)のバス停。 「日の峰5」はルナ神戸北町付近に新設。 111系統の谷上駅延伸 現在、衝原~箕谷駅前間を運行する111系統のうち、7往復を谷上駅まで延伸。 # 現在、平日24往復運行。 city. kobe. html GoogleMapに落とし込んでみた 1つめの画像の「日の峰5」は「日の峰西」という名称。 その横にはバス乗場案内が。 神戸市バスの62系統「神戸北町」行きと111系統「衝原」行きが使用するんだろう。 「蔵本」始発便はあるけど、「蔵本」行きはないな。 入口の部分を結構削って2車線にして、3番乗場を直線的に新設するくらいかな。 3番乗場のすぐ後ろにも1台待機できるかな。 これで 一般車とバス・タクシーの導線が分かれる。 下は現状 by GoogleMap。 LED字幕はスマホでキレイに撮るのは私の技量では無理。 字幕は「 62 神戸北町 直通」となっている。 既存の64系統は「大原3」で運行を終えるのに「神戸北町」行きを名乗るが、新設の62系統は本当に「神戸北町」まで運行するらしい。 乗ってみないとわからない。 # 実は「日の峰2」までしか乗ったことがないので、今度行ってみよう。

次の

神戸市:乗車料金・定期料金などのご案内

神戸 市バス 定期

時間 1日5便 10:00、12:00、15:00、17:00、19:00 出発時間によりコースが異なります。 所要時間 約60分• 発着場所 神姫バス三宮バスターミナル 兵庫県神戸市中央区• 料金 大人1800円、小人900円• アクセス JR三宮駅東口から東へ徒歩約5分• 公式サイト• 情報サイト• 関連ページ• 備考 時間、料金等の情報は、2018年11月現在のものです。 今後、変更になる場合があります。 事前にご確認の上おでかけください。 「スカイバス神戸」は、神戸市内を巡る定期観光バスとして、神姫バスが2017年3月から運行を開始しました。 スカイバス神戸の最大の魅力は、「屋根のない2階建のオープンバス」で、異国情緒溢れる港町神戸の風を感じながら、視点の高い2階席からのダイナミックな風景を楽しめます。 また、港や街など、それぞれの風のにおいの違いを体感できます。 スカイバス神戸には、神戸に精通したアテンダントが乗車しており、楽しく軽快なアナウンスで神戸の街を案内します。 日没が早くなる冬季では、17:00発、または、19:00発に乗車すれば神戸の夜景を満喫できます。 港島トンネル• 神戸大橋• 神戸税関• フラワーロード• 東遊園地• 神戸旧居留地• 大丸神戸店• 南京町• フィッシュダンス• メリケンパーク• 神戸ポートタワー• 神戸ハーバーランド• 生田神社 「スカイバス神戸」2020年6月30日で運行休止 2020年6月12日、神姫バスは、神戸市内定期観光バス「スカイバス神戸」の運行を6月30日で休止すると発表しました。 「スカイバス神戸」は、新型コロナウイルスの影響により、2020年4月11日から全日運休していました。 また、スカイバス神戸窓口・予約センターでも2020年4月20日から休業し予約の新規受付を中止しています。 スカイバス神戸 ラストありがとう運行 2020年6月27日と6月28日には、「スカイバス神戸 ラストありがとう運行」を実施します。 「スカイバス神戸 ラストありがとう運行」 運行日:2020年6月27日 土 、6月28日 日 出発時刻:10:00、12:00、14:30、16:00 乗車時間:約1時間 料金:中学生以上 2,000円、小学生以下 1,000円 予約方法:電話での予約 受付期間:2020年6月22日~6月26日 受付時間:10:00~17:00(各日13:00~14:00は除く) 「スカイバス神戸」の乗車には事前の予約が必要です。 運賃の支払い方法は当日の現金払いのみとなります。 ツアー当日は、雨天でも運行しますが、新型コロナウィルス感染症拡大等の恐れがある場合、運行を中止する可能性があります。 運行中止の発表は神姫バスのHPにてお知らせいたします。 乗車特典として、オリジナルグッズセットを全員にプレゼント!.

次の