カントン 包茎 治し 方。 【ズルむけ】包茎の治し方と対策をまとめてみた

カントン包茎とは|上野クリニック

カントン 包茎 治し 方

包茎とは? 男性の亀頭が包皮で覆われている状態 包皮は亀頭を保護する目的であるため、男性のほとんどは生まれつき被った状態です。 成長の過程で、生殖機能を高めるため、徐々に亀頭が露出するようになります。 しかし、このときの亀頭の成長によって、自然に剝けていく力が弱いと亀頭が出てこない状態で成長が終わってしまいます。 これを 包茎といいます。 なんと、日本人の60%が包茎と言われています。 包茎の種類 包茎の種類は一般的に3種類あります。 3種類の中でも軽度~重度に分けられます。 自身の包茎の種類を理解し自分の状態を判断してみましょう。 適した治療や手術の方法を選ぶにはしっかり自分がどういった包茎なのかを知ることが大切です。 真性包茎 真性包茎とは 正常時も勃起時にも亀頭部分に皮が被っている状態をいいます。 また、勃起時に皮を剥こうとしても、包皮と亀頭がくっついてしまっていて剝けず、剥こうとすると痛みが伴います。 加えて、包皮が常に被っているため、垢やカスが溜まりやすくなり、炎症を起こしたり、感染症になったりするリスクが高まります。 他にも、勃起時に激しい痛みが伴うため、上手く性行為に及べなくなってしまうケースもあります。 このように真性包茎は、日常生活のみならず性生活にまで影響を及ぼす為、手術が必要な場合もあります。 仮性包茎 仮性包茎とは 正常時は、亀頭に皮が被っているものの、勃起時には皮が剥ける状態を言います。 勃起時に手で皮を剥いて剝けるもの、勃起時に自然に皮が剥けるものも含まれます。 また、正常時に自分で手を使って、剥く事が出来るのも特徴です。 もし勃起時に剥いてしまってから、戻らなくなり、痛みを伴う場合は、次の【カントン包茎】となります。 カントン包茎 カントン包茎とは、普段は亀頭を露出することができるが、勃起時に露出しようとすると、痛みを伴ったり、亀頭が締め付けられる違和感があったりします。 軽度のカントン包茎の場合、若干の違和感がある程度で済みますが、重度の場合、締め付けがきつく感じ、無理に剥いてしまうと包皮が戻らなくなり、亀頭下の皮膚の部分が腫れることがあります。 また、その状態が続くと亀頭が鬱血して壊死してしまうこともあります。 雑菌が溜まりやすいため、性行為を通して女性に菌が移ってしまう可能性もあります。 また、激しい痛みが伴うため、快感よりも痛みがましてしまい性行為どころではなくなります。 包茎治療のメリット 衛生面が良くなる 包茎治療で亀頭が露出することにより、垢やカスが溜まりづらくなるので、雑菌の繁殖を防ぎ、においも減らすことができます。 簡単に亀頭が洗えるようになるので、清潔な状態が維持できます。 見た目が良くなる 亀頭が露出する分、長く大きく見せることができます。 また、正常時も陰茎が縮みにくくなるので、大きく見えますし、実際に真性包茎やカントン包茎の方は、サイズが大きくなる方もいる様です。 詳しくはをご覧ください。 性行為が強化される 包茎だと、勃起時に痛みが伴ってしまい性行為どころではなくなってしまう場合もありますが、そんな心配もなくなるのでパワーアップが期待できます。 また、性行為時、痛みや皮に邪魔されないので、大きくなりやすく、女性器にしっかりと刺激を与えることができます。 早漏が解消される 亀頭が露出され、日常生活で下着などに直接擦れることにより亀頭が強くなり、早漏防止の効果があるようです。 早漏が解消されて自信が持てるようになります。 病気の心配が減る カントン包茎の場合、亀頭の締め付けがきつく感じ、無理に剥いて、鬱血して壊死したりする場合もあります。 また、真性包茎の場合は、皮が全く剝けない状態ですので、亀頭炎や尿道炎になりやすいと言われています。 陰毛を巻き込まない 皮と亀頭の間に陰毛が巻き込まれてしまい、引っ張られる事によって、痛みや不快感があります。 これは、仮性包茎の方に多いですが、包茎が治ればこの痛みもなくなります。 上記の症状が不快な方は、MDSAの陰茎周り脱毛トライアル5950円をお勧めします。 包茎手術のデメリット 常に突っ張った感じがする 通常、勃起時に余っている皮を切除します。 この場合、正常時には皮が余ってしまいます。 正常時に合わせてカットをすると、勃起時に皮膚が突っ張ってしまいます。 見た目ばかり気にしていると、実用性が失われてしまいますので、しっかりと医師に相談しましょう。 感度が低下する 包皮の内部には、快感をつかさどる神経が集中していると言われています。 包茎手術による皮の切除によって、その神経が取り除かれることで起きると言われています。 感覚が鈍くなって遅漏気味になってしまう可能性もあるようです。 ツートーンカラーになる 特に手術を受けた直後は、皮を被っていた亀頭部分はピンク色で、皮の部分がくすんだ色になっています。 その為、明るい所で見ると手術を受けたことが解るかもしれません。 ただし、日を追うごとにピンク色の部分が、くすんだ色に近くなり、ツートーンカラーが目立ちにくくなります。 メリットばかりの包茎治療だと思われますが、包茎の治療にはデメリットもあることを知っておきましょう。 包茎は自分でも治せる! 軽度の包茎なら自力で治すことができます。 種類別の自分で治す方法をご紹介します。 真性包茎の場合 包皮に隠れてしまっている亀頭を毎日自分で剥くことで、亀頭の先だけが見える状態にまでなれることもあります。 亀頭の先だけが出るようになったら、包皮輪と呼ばれる皮の先端の穴を広げることを続けることで、数ヶ月後には剝けるようになる場合もあります。 ですので、真性包茎の方は、1.亀頭を毎日剥く、2.カントン包茎の治し方を参考に、穴の先端を広げていきましょう。 ただ、真性包茎の場合、自分で剥こうとすると痛みを伴うことが多いので、あまりに痛みが激しいようでしたら、病院での治療をオススメします。 仮性包茎の場合 陰茎に覆いかぶさっている包皮を毎日剥くことで、慣れさせることができます。 剥いた状態に慣れてくれば、余った状態で垂れている包皮も少しずつ縮んでいきます。 勃起時以外にも、剥いておきましょう。 カントン包茎 カントン包茎を治すには、まず剥いても痛くない包茎の状態にすることから始めます。 カントン包茎の人は、皮の先端の穴が狭いので、その穴を広げることに慣れさせます。 皮の先端の穴に指を入れて左右に優しく引っ張ります。 少し痛みが感じると思うので、一気に亀頭まで出そうとせずに少しずつ慣らしていきましょう。 まとめ どの治し方も、痛みは感じると思いますが、毎日続けることで痛みもなくなっていくと思います。 どの種類の包茎でも、 自力で治るまでだいたい数ヶ月から半年ほどかかると見ていてください。 焦らず毎日続けることが大切です。 また、激しい痛みが伴うようでしたら、無理やり治そうとせずに、病院で治療することをオススメします。 包茎の事が相談できる病院 包茎である事で自信が持てない、コンプレックスになっているなど悩みの種なら、一度専門の病院で受診しても良いかもしれません。 その際には、リスクやデメリットなどをしっかりと聞いて、安全な施術を行ってくださいね。

次の

包皮輪狭窄症とカントン包茎の違いと治し方

カントン 包茎 治し 方

カントン包茎は誤解が多い 真性や仮性については何となくイメージできても、カントンについて正確に理解している人は多くはありません。 たとえば、以下の場合はどうでしょうか? ・包皮口が狭いが、平常時は何とかペニスの皮を剥くことができる。 勃起時に皮が剥けると亀頭が締めつけられる感覚がある(場合によっては、締めつけられて亀頭が痛い)。 この状態をカントンと考えている方もいますが、正確には「カントンになる一歩手前の仮性」だと言えます。 別の言い方をすれば、「包皮口が狭い仮性」です。 この状態で無理に皮を剥こうとすると、包皮口が亀頭の根元を締めつけて血流が滞り、亀頭が膨れて皮が元に戻らなくなることがあります。 この「皮が元に戻らない状態」がカントンです。 勃起時に締めつけられても「皮が元に戻って亀頭が覆われる」のであれば仮性です。 包皮口が狭い状態のリスク・デメリット カントン包茎になるリスクがある 包皮口が狭いのに、無理に剥こうとすると包皮が翻転してカントン包茎になるリスクがあります。 自分で剥こうとする場合だけでなく、セックスや睡眠時の勃起などによって意図せず包皮が翻転してカントン包茎に陥るケースもあります。 満足のいくセックスができないことがある 包皮口が狭い場合、勃起時にペニスが突っ張ったり痛みが生じたりします。 セックスの際に痛みがあると感度が低下し、正常に射精できないことがあります。 早漏の原因になることがある 包皮口が狭いと亀頭を全部露出させるのが難しいため、ペニスが刺激に弱い傾向にあります。 そのため、包茎でない人に比べると敏感で、早漏になりがちです。 悪臭の原因になることがある 包皮口が狭いと皮が剥けにくく、亀頭と包皮の間に汚れや細菌が溜まりやすくなります。 しっかり洗って清潔にしていないと、悪臭の原因になることがあります。 性病にかかるリスクがある 包皮口が狭いと亀頭と包皮の間に汚れや細菌が溜まりやすく、不衛生になりがちで、性感染症などの感染症にかかりやすくなります。 性感染症にかかると、セックスによってパートナーに移してしまうリスクもあります。 包皮口が狭い方に多いお悩み お悩みは様々ですが、包皮口が狭い方に多いのは、「ペニスの見た目に関するお悩み」と「セックスに関するお悩み」です。 ペニスの見た目に関するお悩み 「皮を被ったペニスを見られるのが恥ずかしい・・・」 「人に比べると、小さくて先細りな気がする・・・」 包皮口が狭いと、平常時のほとんどは皮を被った状態なので、ペニスの見た目がコンプレックスになっている方は多いようです。 何とか手で剝くことはできるものの、亀頭を全部露出させるのは難しいため、温泉や銭湯・サウナなどを避ける方もいます。 また、勃起しても亀頭が圧迫されるため、ペニスの発育が妨げられることがあります。 人によっては、いわゆる「先細り」のペニスになってしまうケースもあり、そうなるとやはり、人前で裸になることに抵抗を感じてしまうようです。 包皮口が狭くても、日常生活に問題がなければ治療をする必要はありません。 しかし、ペニスの見た目がコンプレックスになっているなら、美容目的で治療を受けるのもいいでしょう。 セックスに関するお悩み 「自慰は問題ないけど、セックスは怖い・・・」 「セックスをすると、痛くて血が出ることがある・・・」 包皮口が狭いと、セックスによって包皮が裂けて出血したり、包皮が翻転してカントンになったりすることがあります。 自慰であれば自分でコントロールできますが、セックスとなると意図せぬアクシデントも起こります。 このような恐怖感から、セックスに対して消極的になってしまう方も多いようです。 不安なくセックスをしたいのであれば、治療を検討してもいいかもしれません。 カントンになってしまうと手術が必要になるので、予防するという意味でも治療は有効です。 術後の仕上がり 術後の仕上がりは、「採用する術式」「病院・クリニックの実績」「術者の経験」などによって変わってきます。 特に大きな違いが生まれるのが、「保険か自費か」という点です。 カントン状態は病気の一種なので、一般病院で受ける場合は保険が適用されます。 ですが、保険の手術は、あくまでも状態を解消することだけを目的としており、仕上がりの美しさは考慮されません。 そのため、不自然な見た目になるケースもあります。 一方、自費の手術であれば、カントン状態を治すことだけでなく仕上がりの美しさも考慮されるので、ほとんど違和感のない自然な仕上がりが期待できます。 「手術を受けたことをバレたくない」と考えるなら、自費での治療を選択するのが賢明です。 狭い包皮口は自分で矯正できるのか 包皮口が狭い状態を、包皮輪狭窄(ほうひりんきょうさく)と言います。 包皮輪狭窄の方は、「ペニスの見た目が悪い」「セックスに不安がある」といった理由から、「矯正器具」で改善を図る人も多いようです。 矯正器具の多くは、日常的に亀頭を露出させることで包皮に「剥け癖」をつけることを目的としています。 リングタイプや下着タイプ、接着剤タイプなど様々な種類のものがありますが、効果には個人差があります。 矯正器具で包皮口が広がり、改善できるのであれば、それに越したことはありません。 ですが、なかには安全性に問題がある矯正器具もあるので、安易に使用するのはおすすめできません。 安全かつ確実に改善したいのであれば、実績豊富な病院・クリニックでの包茎手術をおすすめします。

次の

包皮輪を広げる方法

カントン 包茎 治し 方

カントン包茎は誤解が多い 真性や仮性については何となくイメージできても、カントンについて正確に理解している人は多くはありません。 たとえば、以下の場合はどうでしょうか? ・包皮口が狭いが、平常時は何とかペニスの皮を剥くことができる。 勃起時に皮が剥けると亀頭が締めつけられる感覚がある(場合によっては、締めつけられて亀頭が痛い)。 この状態をカントンと考えている方もいますが、正確には「カントンになる一歩手前の仮性」だと言えます。 別の言い方をすれば、「包皮口が狭い仮性」です。 この状態で無理に皮を剥こうとすると、包皮口が亀頭の根元を締めつけて血流が滞り、亀頭が膨れて皮が元に戻らなくなることがあります。 この「皮が元に戻らない状態」がカントンです。 勃起時に締めつけられても「皮が元に戻って亀頭が覆われる」のであれば仮性です。 包皮口が狭い状態のリスク・デメリット カントン包茎になるリスクがある 包皮口が狭いのに、無理に剥こうとすると包皮が翻転してカントン包茎になるリスクがあります。 自分で剥こうとする場合だけでなく、セックスや睡眠時の勃起などによって意図せず包皮が翻転してカントン包茎に陥るケースもあります。 満足のいくセックスができないことがある 包皮口が狭い場合、勃起時にペニスが突っ張ったり痛みが生じたりします。 セックスの際に痛みがあると感度が低下し、正常に射精できないことがあります。 早漏の原因になることがある 包皮口が狭いと亀頭を全部露出させるのが難しいため、ペニスが刺激に弱い傾向にあります。 そのため、包茎でない人に比べると敏感で、早漏になりがちです。 悪臭の原因になることがある 包皮口が狭いと皮が剥けにくく、亀頭と包皮の間に汚れや細菌が溜まりやすくなります。 しっかり洗って清潔にしていないと、悪臭の原因になることがあります。 性病にかかるリスクがある 包皮口が狭いと亀頭と包皮の間に汚れや細菌が溜まりやすく、不衛生になりがちで、性感染症などの感染症にかかりやすくなります。 性感染症にかかると、セックスによってパートナーに移してしまうリスクもあります。 包皮口が狭い方に多いお悩み お悩みは様々ですが、包皮口が狭い方に多いのは、「ペニスの見た目に関するお悩み」と「セックスに関するお悩み」です。 ペニスの見た目に関するお悩み 「皮を被ったペニスを見られるのが恥ずかしい・・・」 「人に比べると、小さくて先細りな気がする・・・」 包皮口が狭いと、平常時のほとんどは皮を被った状態なので、ペニスの見た目がコンプレックスになっている方は多いようです。 何とか手で剝くことはできるものの、亀頭を全部露出させるのは難しいため、温泉や銭湯・サウナなどを避ける方もいます。 また、勃起しても亀頭が圧迫されるため、ペニスの発育が妨げられることがあります。 人によっては、いわゆる「先細り」のペニスになってしまうケースもあり、そうなるとやはり、人前で裸になることに抵抗を感じてしまうようです。 包皮口が狭くても、日常生活に問題がなければ治療をする必要はありません。 しかし、ペニスの見た目がコンプレックスになっているなら、美容目的で治療を受けるのもいいでしょう。 セックスに関するお悩み 「自慰は問題ないけど、セックスは怖い・・・」 「セックスをすると、痛くて血が出ることがある・・・」 包皮口が狭いと、セックスによって包皮が裂けて出血したり、包皮が翻転してカントンになったりすることがあります。 自慰であれば自分でコントロールできますが、セックスとなると意図せぬアクシデントも起こります。 このような恐怖感から、セックスに対して消極的になってしまう方も多いようです。 不安なくセックスをしたいのであれば、治療を検討してもいいかもしれません。 カントンになってしまうと手術が必要になるので、予防するという意味でも治療は有効です。 術後の仕上がり 術後の仕上がりは、「採用する術式」「病院・クリニックの実績」「術者の経験」などによって変わってきます。 特に大きな違いが生まれるのが、「保険か自費か」という点です。 カントン状態は病気の一種なので、一般病院で受ける場合は保険が適用されます。 ですが、保険の手術は、あくまでも状態を解消することだけを目的としており、仕上がりの美しさは考慮されません。 そのため、不自然な見た目になるケースもあります。 一方、自費の手術であれば、カントン状態を治すことだけでなく仕上がりの美しさも考慮されるので、ほとんど違和感のない自然な仕上がりが期待できます。 「手術を受けたことをバレたくない」と考えるなら、自費での治療を選択するのが賢明です。 狭い包皮口は自分で矯正できるのか 包皮口が狭い状態を、包皮輪狭窄(ほうひりんきょうさく)と言います。 包皮輪狭窄の方は、「ペニスの見た目が悪い」「セックスに不安がある」といった理由から、「矯正器具」で改善を図る人も多いようです。 矯正器具の多くは、日常的に亀頭を露出させることで包皮に「剥け癖」をつけることを目的としています。 リングタイプや下着タイプ、接着剤タイプなど様々な種類のものがありますが、効果には個人差があります。 矯正器具で包皮口が広がり、改善できるのであれば、それに越したことはありません。 ですが、なかには安全性に問題がある矯正器具もあるので、安易に使用するのはおすすめできません。 安全かつ確実に改善したいのであれば、実績豊富な病院・クリニックでの包茎手術をおすすめします。

次の