アナ雪 英語タイトル。 アナと雪の女王をヒットさせた深い理由は??異常な人気は日本だけなのか!?

ディズニー作品の日本語/英語タイトルの違いで驚いたものまとめ

アナ雪 英語タイトル

原題は Frozen Frozen は freeze(凍らせる)の過去分詞なので「凍らされた」という意味です。 そのまま「フローズン」と邦題をつけても分かりにくいと思い、「アナと雪の女王」なんてタイトルが付いたのでしょうね。 そもそもこのお話、アンデルセンの「雪の女王」が原作だったのですから。 「雪の女王」と全然違う話になっていますよね。 (笑) 昔からディズニーでは「雪の女王」を何とか映画化しようと苦労してきたのですが、毎回出来が悪く、途中で中止になることが多かったらしいのです。 元の話は暗いですからねぇ~。 そこで今回も挑戦してたのですが、当初の話ではアナが主人公で、エルサは悪い魔法使いの設定だったそうです。 ところが、エルサの歌う歌を作ってもらったところ、 Let it go という素晴らしい歌が出来上がってしまい、制作陣がみな感動し、エルサを悪者から主人公に格上げしてしまたのです。 というわけで、ディズニー初の主人公が二人の話になってしまいました。 実はもう一つディズニーの掟破りがあります。 主人公は20才未満でなければならないのですが、エルサは21歳なのです。 😅 というように、紆余曲折があって出来た作品です。 そして出来た作品のタイトルが Frozen って非常に意味深ですよね。 凍ってしまった(Frozen)のは、国だけでなく、エルサの心もなのかな、と個人的には思ってしまいました。 非常に上手いタイトルだなぁ、と感心しました。 アナと雪の女王は英語学習教材に最適! さて、今までトトロやワンピースなどをお勧めしてきました。 今でもそれらは英語学習に最適なのですが、問題が幾つかあります。 海外版DVDを購入しなければならないこと、また再生には海外用DVDプレーヤーが必要なことです。 その点では敷居が高いのが難点でした。 ところがこの「アナと雪の女王」は、もちろん普通にレンタルショップで借りれて日本語版DVDプレーヤーで見れるのですが、英語が驚くほどやさしいのです。 ところが驚くべきことにこの「アナと雪の女王」の英単語は、他のジブリ作品を抜いて、トトロに次いで英単語がやさしいのです。 近年の映画は世界中をマーケットにするために、より分かりやすいストーリーを志向しているようで、英語そのものも易しくなってきています。 特にディズニー作品は子供向けなので更に英語がやさしいのでしょう。 この「アナと雪の女王」は典型的なのです。 例えば以下をみて下さい。 映画の一部がYoutubeに公式に載っていました。 (本当はもっと簡単なシーンが良いのですが公開されていないので仕方ありません。 ) アナ達がエルサの氷の城にやってくる場面です。 クリストフ:So how exactly are you planning to stop this weather? アナ:Oh, I am gonna talk to my sister. My ice business is riding on you talking to your sister? アナ:Yup. ちなみに gonna は going to の短縮形ですし、ride on は「~に掛かっている」という意味、 yup は yes の口語形の一つです。 英文を見ると高校入試より少し難しいレベルでしょうか。 以下に和訳を書いてみます。 リスニング練習に向いている教材は、スクリプト(または字幕)を読めば理解できるのに、耳で聞くとイマイチ理解できないものです。 そもそも読んでも理解できないものは、リスニング以前の問題なのでリスニング練習用に向いていません。 自分が興味を持って何度も聞けるものなら更に良いです。 だから「アナと雪の女王」は大方の日本人のリスニング練習に向いているのです。 では勉強の仕方です。 まず、英語音声&日本語字幕で一度は通して見て話を理解します。 (もちろん数回見ても構いませんし、日本語音声版を事前に別途見ても構いません) 次は英語音声&英語字幕で見ます。 もちろん聞き取れないので字幕を読んじゃって下さい。 大体意味が分かるのではないでしょうか。 これを繰り返すと、字幕を読まなくても意味が分かるようになってきます。 さてこの映画、日本語の吹き替えや字幕の出来も良いのですが、英語字幕を読むとさらにこの映画の良さがにじみ出てきます。 例えばこのシーンの直後に氷の城が出てくるのですが、以下のやりとりが出てきます。 人気ランキング• 5,662件のビュー 投稿者:• 4,175件のビュー 投稿者:• 1,577件のビュー 投稿者:• 1,526件のビュー 投稿者:• 1,260件のビュー 投稿者:• 1,013件のビュー 投稿者:• 891件のビュー 投稿者:• 678件のビュー 投稿者:• 569件のビュー 投稿者:• 472件のビュー 投稿者:• 379件のビュー 投稿者:• 197件のビュー 投稿者:• 181件のビュー 投稿者:• 170件のビュー 投稿者:• 158件のビュー 投稿者:• 125件のビュー 投稿者:• 123件のビュー 投稿者:• 115件のビュー 投稿者:• 113件のビュー 投稿者:• 99件のビュー 投稿者:.

次の

『ターミネーター』の意味は?【映画タイトルから学ぶ英語】

アナ雪 英語タイトル

こわいわ。 もしあなたについていったら。 ) Into the unknown Into the unknown Into the unknown Ooh Ooh (未知の旅へ) What do you want? (それともどこかにいるだれかなの、少しだけ私のような。 ) Into the unknown? Into the unknown Into the unknown Ooh Ooh, ah Oh Are you out there? Do you know me? Can you feel me? Can you show me? (外にいるの? わたしを知ってるの? わたしを感じるの? わたしに見せられるの?) Ah, ah Ah, ah Ah, ah Ah, ah Oh, oh Oh, oh Oh, oh Oh, oh Where are you going? アナ雪シリーズは、とくに小さな子にも理解しやすい作品を目指しているか、会話のスピードは速くありません。 リスニング初心者の人でも、リモコン片手に観ていれば、基本的の音を聞き取ることはできると思います。 会話の中での1文1文が短いので、英文の理解もしやすいです。 使われている単語も日常会話では最低限使われるレベルの内容で、この作品で出てくる単語や熟語、表現は全部覚えても問題ないほど、使いやすく、分かりやすい英語が使われています。 全時間を通した内容を自分でもリピートできるようになる頃には、カンタンな日常会話はできるようになっていると思います。 カンタンな英語表現をたくさん学びたい人におすすめの映画です。 【ディズニー英語勉強】映画『アナと雪の女王2』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ! 映画『アナと雪の女王2』の中で使われる英語表現のうち、日常英会話で使える、覚えておきたい英語フレーズを紹介します。

次の

『アナと雪の女王』のもともとのタイトルは「Snow Queen」だった? 意外と知らないアナ雪の原題

アナ雪 英語タイトル

\ 自宅でもう一度、英語を学んでみませんか?/ ターミネーター(terminator)の意味 ターミネーターは、英語にすると 「terminator」。 直訳は、 「終わらせる者」です。 ターミネーターと聞くと、• サイボーグ• ロボット• 殺し屋 などののイメージがあるかもしれません。 しかし、これらの言葉のイメージは映画 『ターミネーター』が大ヒットしたおかげで、アーノルド・シュワルツネッガー演じるそのキャラにちなんで広がったもの。 もともとの英語は、動詞の 「terminate」(終わらせる)から来ています。 terminate:「~を終わらせる」 劇中では 「殺人機械」という意味で使われていますが、実際にはそんな意味はありません。 「命を終わらせる者、抹消する者」的な意味合いで、 「terminator」となったわけです。 ただ、映画の反響が大きすぎて、もう最近では恐ろしい意味で使われることも普通になってきているようです(笑) 単純に 「killer」(殺し屋)や 「assassin」(暗殺者)とするよりも、機械の淡々とした雰囲気が感じ取れて、怖いですね! 余談ですが、「t」の発音が2回続くのも、個人的には金属っぽい響きがあると思います。 音としても、より機械感が出る単語かもしれません! terminateの使い方 では、現実での 「terminate」の使い方を解説します! 「terminate」は、契約や関係を終わらせるときなどによく使います。 「end」(~を終わらせる)よりもちょっと固い表現になります。 「残念ながら、彼女の病気は末期です」 せっかくなので 「ターミネーター」のついでに、 「terminal」の使い方も覚えちゃってくださいね^^ ターミネーターシリーズの英語タイトルの意味 それでは最後に、 『ターミネーター』のシリーズごとに、英語の意味をチェックしてみましょう。 『ターミネーター』の主な映画シリーズは、以下のとおりです。 Terminator 2: Judgment Day(ターミネーター2)• Terminator 3: Rise of the Machines(ターミネーター3)• Terminator Salvation(ターミネーター4)• Terminator: Dark Fate(ターミネーター:ニュー・フェイト) 日本語タイトルはけっこうシンプルですが、原題の英語タイトルのほうには副題が多いですね! それぞれ、見ていってみましょう。 Terminator 2: Judgment Day(ターミネーター2) 1991年、 『ターミネーター』の大ヒットを受けて、前作の10倍もの予算をかけて作られたという続編。 この続編も大ヒットとなりました。 日本語タイトルは単純に 『ターミネーター2』ですが、原題では 「Judgment Day」という副題がついています。 「Judgment Day」を訳すと、 「審判の日」。 劇中に出てくる、スカイネットと人間が核戦争を起こす1997年8月29日のことを指しています。 ちなみに 「judgement day」(審判の日)は、キリスト教やユダヤ教などに見られる 「last judgement」(最後の審判)が元になっています。 世界が終わったあと、人間は天国に行くのか地獄に行くのか、判断される日のことですね。 judgment:「審判」「判断」 judge(判断する)の名詞の形です。 「審判が下る」という意味での 「審判」です(レフェリーのことではありません)。 Terminator 3: Rise of the Machines(ターミネーター3) 2003年公開。 「1」「2」からの正式な続編ではなく、時系列をずらした作品として見られています。 こちらも「2」同様に、日本語タイトルはシンプルに 『ターミネーター3』ですが、英語だと 「Rise of the Machines」という副題がついています。 直訳するなら、 「機械の台頭」。 機械たちが反乱を起こそうと立ち上がったことを意味します。 rise:「起こり」「台頭」「立ち上がること」 ちなみに、2019年公開の 『スターウォーズ』9作目のサブタイトルは 「The Rise Of Skywalker」。 日本語では、 「スカイウォーカーの夜明け」と訳されています。 Terminator Salvation(ターミネーター4) 2009年公開。 主演にクリスチャン・ベールをむかえ、シュワちゃんは若い頃の映像で出演した作品です。 日本語タイトルでは完全に無視されていますが、正式なタイトルは 「salvation」。 「救済」という意味になります。 salvation:「救済」「救い」 「審判の日」とともに、キリスト教的な概念も含んでいそうなタイトルですね。 救世主イエスが「最後に審判」のときに現れるのがキリスト教ですが、映画ではスカイネットによって攻撃された世界に、ジョン・コナー(クリスチャン・ベール)が救世主として現れる設定になっています。 ターミネーターシリーズのリブート作品とされていますが、新たなシリーズが始まる前に打ち切りになってしまいました。 他の作品とは、また違った世界観がある映画です。 「Genisys」は、劇中での固有名詞で、世界をつかさどるオペレーティングシステムとされています。 なので、単語として覚えても現実には使えませんが、もともとは 「genesis」というタイトルになる予定だったそうですね。 こちらは 「物事の始まり」という、ちゃんとした意味があります。 genesis:「創世記」「起こり」 「genesis」だと 「創世記」という意味もあるので、またキリスト教っぽくなっていた感じですね。 Terminator: Dark Fate(ターミネーター:ニュー・フェイト) 2019年公開の作品。 『ターミネーター2』の正統な続編とされていて、新たなリブート作品になったものです。 日本語タイトルでは 「ニューフェイト」になってますが、英語のオリジナルは 「Dark Fate」。 新しいリブートなので、きっと 「ニュー」って付けたかったんでしょう^^ 原題の意味は 「暗い運命」。 dark:「暗い」• fate:「運命」 原題のほうが、重々しい雰囲気を醸し出しますね! どちらにしろ、 「フェイト」の部分はかぶっているので、 「fate」=「運命」だけでもタイトルから覚えておくといいのではないでしょうか。

次の