ご 指導 ご 鞭撻。 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」の使い方や敬語での例文を解説

「ご指導いただき」の意味!ビジネス敬語を目上の人に使えてる?【例文】

ご 指導 ご 鞭撻

「ご指導ご鞭撻のほど」の意味 まず「ご指導ご鞭撻」の意味を調べてみましょう。 「指導」は、もちろん「ある目的に向かって教え導くこと」。 「鞭撻」は、あまり馴染みのない言葉ですね。 「鞭」はムチのこと、「撻」はうちのめす、鞭打って励ますことを意味します。 ちょっと怖い字ですが(笑)、そこから「鞭撻」とは「強く励ますこと。 いましめ励ますこと」という意味になります。 「ご指導ご鞭撻」とは、尊敬を表す「ご」がついているので、相手の自分に対する指導、教育などを敬っていう表現なんです。 ちなみに「ほど」というのは敬語的に、断定的な表現をさけるために用いられる表現です。 「~のほど」は「~する(である)ことを」というような意味になります。 「~くださいますよう」「~賜りますよう」などと言い換えることもできますね。 「ご指導ご鞭撻のほど」の使い方 「ご指導ご鞭撻のほど」は、一般的に目上の人に教えを請う時に使います。 ですので、「ご指導ご鞭撻のほど」の後には「お願いいたします」などと続けます。 あるいは、指導、鞭撻していただいた感謝を述べる時にも使えます。 その際は「ご指導ご鞭撻を賜り、まことにありがとうございました」などとしましょう。 【例文】• ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 今後ともご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。 ご指導ご鞭撻賜り、心より感謝申し上げます。 「ご指導ご鞭撻のほど」の類語 「ご指導ご鞭撻のほど」を別の表現で言い換えるとどうなるでしょうか。 まずは、「ご指導」「ご鞭撻」は単独で使うこともできます。 また、「目上の人に教えを受ける」という意味で、「」「」「」なども考えられます。 ただし、それぞれの語には少しずつ意味の違いはあります。 学問を教授していただくのか、武芸や芸事を指南していただくのか、などなど、何を教えてもらうのかによって適切な語を選ぶのがよいということになります。 一般的に「ご指導ご鞭撻のほど」か、話し言葉であれば「ご指導ください」などを使うのが無難かもしれませんね。 【例文】• よろしくご指導くださいますようお願いいたします。 何とぞご指南を賜りますようお願い申し上げます。 ご教授のほどよろしくお願いいたします。 ぜひご教示くださいませ。 結婚式での使い方 ビジネスシーン以外でも「ご指導ご鞭撻のほど」を使うことがあります。 まず、よく使われるのは結婚式においてです。 結婚式で、新郎が列席者に向けてスピーチや挨拶をすることがよくありますよね。 そうした時の決まり文句といってもいいほど、最後の締めくくりに「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」と言っていると思います。 また、結婚報告の葉書なども、やはり締めくくりに「ご指導ご鞭撻のほど」がよく使われています。 若い二人が周りの人々に人生についての教えを請うという、謙虚な姿勢を表していますね。

次の

「ご指導ご鞭撻のほど」の【意味・使い方・例文・類語】結婚式や年賀状に使う時は?|語彙力.com

ご 指導 ご 鞭撻

「ご指導のほどよろしくお願いいたします」というフレーズを、耳にしたり、実際に使ったりしたことはありますか。 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」というフレーズは、ビジネスシーンで多く使われる言葉です。 ビジネスシーンでは、適切な言葉遣いをしたり、言葉の意味を正しく理解していたりすることは、とても大切です。 「ご指導のほどよろしくお願いします」という言葉の意味と使い方や例文について、くわしくご説明します。 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」の意味 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」という言葉は、指導してもらうことをお願いしているという意味があります。 指導してくれるように、お願いいたしますという意味です。 「のほど」の意味とは 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」という言葉に使われている「のほど」という言葉は、柔らかい表現のために使われています。 「の程」と漢字で書く場合もあります。 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」という言葉の場合には、「のほど」という言葉を使わずに「ご指導よろしくお願いいたします。 」ということで、必ず指導して欲しいと強く表現していると受け取られてしまう可能性があります。 指導する側の気持ちに配慮しながら、指導して欲しいというお願いの気持ちや、指導してもらいたいことに対して、申し訳ないという気持ちをこめて、「ご指導のほどよろしくお願いいたします。 」という表現を使います。 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」の使い方 メールで「ご指導のほどよろしくお願いいたします」という言葉は、文末に使うことが多いでしょう。 結びの言葉や締めのあいさつの言葉として「ご指導のほどよろしくお願いいたします」を使います。 例文 ・今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。 ・これからもご指導のほどよろしくお願いいたします。 ・引き続きご指導のほどよろしくお願いいたします。 ビジネス ビジネスシーンでは「ご指導のほどよろしくお願いいたします」というフレーズを使うことが多いでしょう。 目上の人や上司に対して使います。 新入社員があいさつの際に締めの言葉として「ご指導のほどよろしくお願いいたします」と使う場合もあります。 新入社員にとって、社員は先輩という存在のため、直属の上司ではなくても指導してもらうことがあるでしょう。 そこで新入社員が「ご指導のほどよろしくお願いいたします」とあいさつすることは、適切な使い方です。 注意点 ビジネスシーンで「ご指導のほどよろしくお願いいたします」と使う場合には、注意しなければならないポイントがあります。 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」というフレーズは、今度もつきあいが続く関係を前提としている場合に使います。 今後つきあいがなくなったり、取引が終わったりする場合には使わないように注意しましょう。 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」というフレーズをビジネスシーンで使う場合には、社外の相手に使うのは適切ではないという考え方もあります。 指導する必要のない関係の場合には、「ご指導のほどよろしくお願いいたします」という言葉ではなく、別の言葉に言い換えることをおすすめします。 言い換えの例文 ビジネスシーンで「ご指導のほどよろしくお願いいたします」という言葉を言い換える、締めの言葉の例文をご紹介します。 ・お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 ・ご高配のほどお願い申し上げます。 ・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。 ・ご厚誼のほどお願いいたします。 手紙 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」というフレーズは、さまざまな場面で使うことができます。 年賀状や結婚式の挨拶でも「ご指導のほどよろしくお願いいたします」というフレーズを使います。 年賀状 年賀状で「ご指導のほどよろしくお願いいたします」という言葉を使う場合にも、結びの言葉として使いましょう。 目上の人や上司、先生などに対して「ご指導のほどよろしくお願いいたします」と使って、これからも教えを受けたいという気持ちを伝えることができます。 普段改まってあいさつをする機会がなくても、年賀状で感謝の気持ちを伝えたり、これからも教えを受けたいという気持ちを伝えたりすることで、よい関係を築くことができるでしょう。 教授 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」という言葉は、先生や教授など指導してもらっている人に感謝を込めて使うことができます。 教授とは、学問を教えたり、教育や研究を行っている人の中で最高の位についていることを示していたりします。 さまざまな教えを受けていることを感謝して、今後も教えを受けたい気持ちを伝えることができます。 挨拶 「ご指導のほどよろしくお願いいたします」という言葉は、結婚式などの挨拶でも使われます。 結婚して新たなスタートを切る夫婦にとって、世の中のすべての夫婦は先輩であるといえるでしょう。 そのため、「ご指導のほどよろしくお願いいたします」という言葉を使って挨拶をする場合があります。 「まだまだ未熟な2人ですが、今度ともご指導のほどよろしくお願いいたします。 」と使います。 また、「私たちは夫婦として温かい家庭を築いていきたいと思っております。 これからもご指導のほどよろしくお願いいたします。 」と使ってもよいでしょう。

次の

ご指導ご鞭撻とはどういう意味?正しい用法と類似な使い方、使い所を紹介します

ご 指導 ご 鞭撻

ご指導ご鞭撻の意味・読み方とは? 相手の自分に対する指導を敬っていう表現 「ご指導ご鞭撻」を分解すると「ご指導」と「ご鞭撻」になります。 「ご」は接頭辞であり、「指導」と「鞭撻」を敬語表現している言葉となります。 「指導」とは、目的に向かって教え導くという意味であり、「鞭撻」は強い励ましを込めて厳しく指導するという意味があります。 ですので「ご指導ご鞭撻」は相手に対し、謙虚な姿勢で指導・教育を請う表現として使われています。 引き続き変わらないお付き合いを望む時の文言 指導・教育を請う意味を持っていますが、一方で今後の付き合いを依頼する挨拶的な意味合いで使用される言葉でもあります。 「今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます」と言った際は具体的な事柄を指導して欲しいという意味ではなく、「今度ともお世話になります。 宜しくお願いします」といった意味合いで使用されているのです。 ご指導ご鞭撻の使い方・例文 それでは、具体的な例文を見ていきましょう。 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します 入社の挨拶に良く使われる言葉です。 至らぬ点もあるかと思いますが、少しでも早く皆様のお力になれるよう精進してまいります。 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 」 ご指導ご鞭撻を賜りますよう 取引先などへの挨拶としても良く使用されます。 「自分のこれまでの経験を活かし、売り上げに貢献できるよう尽力してまいります。 今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 」 「平素はご愛顧頂きまして誠に有難う御座います。 これからもお客様にご満足いただけるよう精進してまいる所存でございます。 今後とも倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 ご指導ご鞭撻の類語・言い換えは? 「ご指導ご鞭撻」の類語について例文を含めながら、説明していきます。 ご指導 ご指南 ください 「ご指導ください」は「ご指導ご鞭撻」よりもやわらかい表現になります。 よく使用される場面は、取引先の方に部下をお願いする際などが挙げられます。 」 といった表現で使用することができます。 お導きのほど 「導く」の意味は、「案内すること」や「指導すること」です。 ですので「お導きのほど」は、相手に対して導きをお願いしている表現となります。 相手を尊重する度合が強く、より形式的な意味合いが強い言葉ですので、信仰の対象に対してや年賀状などの挨拶状に使用されることが多い表現です。 例: 「今後とも何卒一層のお導きを賜りますよう、心からお願い申し上げます」 「本年もよろしくお導きのほど、お願い申し上げます」 ご支援くださいますよう 「ご支援ください」は支援要請の意味合いで使われる一方、ビジネス文書の形式的な挨拶としても良く使用されます。 「ご指導ご鞭撻」よりはやわらかい印象を与えますが、取引先や目上の方にも使用できますので使い勝手のいい表現です。 今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます」 ご教授、ご教示 「ご教授、ご教示」はどちらも「教えてください」という意味になります。 形式的な挨拶というよりは具体的に教えて欲しい内容がある場合に使用されることが多い表現です。 取引先や目上の人に対しては、「教えてください」ではなく「ご教授」や「ご教示」を使うようにしましょう。 具体的な例文を見ながら、使用方法を確認していきましょう。 新郎、新郎新婦の親のスピーチに 「まだまだ若輩者の二人ではありますが、ご指導ご鞭撻を賜わりますよう、心よりお願い申し上げます。 」 「なにぶん若輩者の二人でございます。 今後とも皆様にはご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます」 社外、取引先、お客様への年賀状に 「あけましておめでとうございます。 今年も一層のご指導ご鞭撻を賜りたくお願い申し上げます。 」 「本年も変わらぬご指導ご鞭撻をお願いいたします。 」 「旧年中は大変お世話になりました。 本年もより一層成果を上げられるよう社員一丸となって努力する所存です。 何卒ご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます」 まとめ いかがでしたか?「ご指導ご鞭撻」の意味が正しく理解できると、これまで以上に気持ちのこもった挨拶ができるのではないでしょうか。 取引先への連絡や大切なシーンでの挨拶に是非気持ちを込めて使ってくださいね。

次の