スカッ と ジャパン けん ちゃん。 痛快TV スカッとジャパン 6月1日

スカッとジャパン〜アスカちゃんの逆襲〜の最新動画|YouTubeランキング

スカッ と ジャパン けん ちゃん

5日放送の『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)の「スカッと母ちゃん篇」で、しゅはまはるみさんの娘役を演じ「あの美少女は誰?」と話題になった仲俣由菜さん。 現在、『河合塾マナビス』の広告でも注目度上昇中の17歳だ。 Girls Newsでは、『スカッとジャパン』の収録日、撮影を終えた直後の彼女にインタビュー。 初めての演技を経験した感想などを聞いた。 --今回はどんな役柄だったんですか? 「保険のブラック営業マンを母親が撃退するという内容で、私は主人公のしゅはまはるみさんの娘役、セールスマン役が小手伸也さんでした」 --演技ってまったく初めて? 「はい、実は今回が初めての経験でした」 --事務所での演技レッスンは? 「2、3回は受けたことはあるんですけど……」 --今は富山の高校に在学中で、仕事があるときだけ上京するという形なんですよね。 「はい、事務所の演技レッスンは東京だけなので、タイミングが合うときだけになるんです」 --じゃあ、ほぼ演技未経験ということで! 実際にやってみてどうでしたか?イメージしていたものと比べると。 「もちろん家で練習して臨んだんですけど、練習通りの演技はできたかなと思います。 小手さんと絡むシーンのときは緊張しましたが、でも『やりきった』という感じでした」 --その小手さんとのシーンはどんなシチュエーション? 「お母さんがリビングから出ていき、私と二人きりになった途端、小手さんが豹変するというシーンです。 さっきまでニコニコしてた小手さんが……(笑)。 私も圧倒されてしまいました」 --『スカッとジャパン』は他のドラマよりも、マンガチックにというかオーバー気味に見せますからね。 小手さんと芝居中 目が合ったときに我にかえる瞬間があったとか? 「はい。 目が合ったとき、小手さんが完全に役になりきられているので、本当に怖くてもうどうしよう、という感じでした」 --いつもテレビや映画で観ていた人と、初演技で共演ということにも驚いたのかも。 「しゅはまはるみさんが小手さんに大声で怒るシーンがあるんですけど、すごく迫力があって、その瞬間、私も芝居の中に完全に入り込んでしまいました」 --初めてのお芝居は、得られることが多かったようですね。 「迫力ある演技を間近で見ることができ、あんなふうになれたら と演技のお仕事にも意欲がわきました。 また機会があれば『スカッとジャパン』さんに呼んでいただけたら嬉しいです」 --女優の仕事への関心がかなり高まったようですね。 「一番の夢は雑誌のモデルになることで、それは今も変わらないんですけど、今回の経験で同じくらい演技の仕事にも興味を持つようになりました」 --さて、現在高校2年生の仲俣さん。 そもそもこの世界に入ったきっかけは? 「地元で『北陸ガールズミーティング』というファッションイベントがあって、その第1回大会でグランプリをいただき、今の事務所にお世話になることになりました」 --そのコンテストには自分から応募したの? 「母がテレビで告知しているのを見て、祖母も勧めてくれて、『あ、やりたい!』と思って受けました」 --それ以前もこういう世界に興味を持つ機会は? 自分からオーディションなどを受けた経験などはありました? 「小学生のときにJENNIというブランドが好きだったんですけど、その店員さんに勧められてモデルのオーディションに応募したんです。 「はい。 当時ポージングも全然できなくて、自分だけ何もわかってない状態だったんですけど、ファッションショーでランウェイを歩いたときに楽しすぎて! お客さんが『キャー』って言ってくれるのが嬉しかったんです」 --北陸のコンテストをお母さんが勧めてくれたということは、応援はしてくれているんですよね。 「心配性の母ですけど、自分がやりたいことをやりなさいと言ってくれて感謝しています」 --富山から出てくるときは新幹線で? 「はい、2時間半かけて通っています」 --富山の自慢は? 「やっぱり富山湾があるので、お魚とか水とかお米とか……。 食卓には海の幸がよく並びますね」 --今は地元の情報番組にも出てるんですよね。 「『フルサタ!』(富山テレビ)という番組で、レポーターをやったり、スタジオに生出演しています。 番組では地元のおすすめスポットやモノを紹介したり……」 --食レポもしたりするんですか? 「はい、食レポは難しいですね。 プライベートでおいしいものを食べたときって、『おいしい』くらいしか言わないので(笑)。 特徴を伝えるのが難しいです」 --いつかは富山県の観光大使とか? 「やりたいですね!」 --富山県出身の有名人ってほかにどんな人がいたっけ? 「最近だとバスケの八村塁選手とか大相撲の朝乃山関とか……」 --おお、それは旬なメンバー! 「最近になってビッグなお二人が出たことで、注目されて、観光客も増えてきたようです。 bbt. instagram. line.

次の

スカッとばあちゃんってホントにいるの?笹野高史の演技でスッキリ!

スカッ と ジャパン けん ちゃん

スカッとばあちゃんってホントにいるのか 私も「スカッとばあちゃん」は大好きなコーナーの一つです。 何しろ、この番組で取り上げられる投稿と言うのはホントに理不尽って言うか 「ホントにこんな嫌な奴いたの~?」 と疑いたくなるくらいに腹が立つお話が多いですから~。 その嫌な奴に絡まれてホトホト困り果てている投稿者に助け舟を出してくるのが スカッとばあちゃん なんです。 ばあちゃんは嫌な奴に一見肩入れしたようなセリフで近寄ってくるのですが、最終的には嫌な奴を撃退して 「あらっ!アタシ悪いことしちゃったかしら?御免あそばせ~」 と言ってさりげなく去っていくと言う、まるで現代版の水戸黄門のようなお方。 とあるやり取りを再現すると、 嫌な奴「コーヒーにミルク多めって言ってるだろー?全然足りないよ、これじゃ」 投稿者「それではカフェオレをお作りしましょうか?」 嫌な奴「それじゃ値段が高くなってしまうだろー!俺が飲みたいのはミルク多めのコーヒーなんだよ!!」 ばあちゃん「ホントに足りないわよねぇ・・・」 嫌な奴「おおっ、ばあさんもそう思うだろ?」 ばあちゃん「ええっ、ホントに!あなたももっとたくさん入れてあげなさいよ・・・マナーを!!」 嫌な奴「・・・」 投稿者「・・・」 ばあちゃん「あんたに足りないのはマナーよ!いい大人が見てて恥ずかしくなっちゃうわよ!」 (嫌な奴はいたたまれなくなって去っていく) ばあちゃん「あらっ、あたし悪いことしちゃったかしら?御免あそばせー」 とまぁ、こんな感じ。 でも、こんな素敵なばあちゃんってホントにいるんでしょうかね?あそこまで毅然と嫌な奴に立ち向かってハッキリと物を言える人って、最近なかなか見かけません。 逆に だからこそスカッとジャパンのネタになる のかもしれませんが、最近はどうも 作りっぽさ が目立つ気がします。 話自体はどれもこれもスッキリさせてくれる内容なので、別に作りでも何でもイイと言えば良いんですけど、実在するならお目にかかりたいものですね。 笹野高史の演技がキモ この「スカッとばあちゃん」を演じるのがベテラン俳優の笹野高史さん。 簡単なプロフィールを紹介すると• 本名:笹野高史• 生年月日:1948年6月22日• 出身地:兵庫県• 職業:俳優(自称ワンシーン役者) で現在68歳です。 最近では こんなCMや こんなCMにもご出演されていましたよね~。 過去の作品では、「釣りバカ日誌」でスーさん(鈴木建設社長)の運転手で長く出演されていたんですね。 自称「ワンシーン役者」と言うだけあって、出演された映画やドラマは数知れずです。 スカッとばあちゃんのテンポよく小気味よい語り口調や仕草は 笹野さんだからこそ出せる味わい なんじゃないか?と思います。 もし、あなたがスカッとばあちゃんを見かけたら、ぜひ教えてくださいね。 私も会ってみたいですから。

次の

痛快TVスカッとジャパン

スカッ と ジャパン けん ちゃん

リモートゲストには初登場のDAIGO、フワちゃん、さらにお久しぶりの尾上松也を迎えてお届け!ゲストの最近のおうち時間の画像を紹介。 ゲストの苦手な女性とは? ショートドラマも充実の内容でお届け。 「店員のピンチを救う!神解決」では四千頭身の3人が初共演を果たす。 さらにジュディ・オング、草野仁も登場する。 「言ってやったスカッと」では松下由樹、福澤朗が登場。 生徒の成績を株に例えて馬鹿にする教師に言ってやった!「逆転弁護士スカッと」には城田優、宮下草薙の2人が登場。 子どもの1000円をネコババしようとする男を成敗!「神ティーチャースカッと」では今回、ISSAがDA PUMPのメンバーと初共演!「スカッと名作劇場」では菜々緒が登場。 「こんな女は嫌われる」では泉ピン子と南果歩が共演。 口の悪い姑を黙らせたのはまさかの人物だった!「予想外の結末スカッと」には田中みな実が登場。 男を手玉に取る、苦手だと思っていた同僚の意外な行動とは?「ビンタスカッと」には佐藤勝利が登場する! バラエティーにとんだラインアップで、週の始まりをスカッとさせてくれる『痛快TV スカッとジャパン』をぜひご覧ください! 【番組MC】 内村光良(ウッチャンナンチャン) 【スタジオゲスト】 尾上松也 DAIGO フワちゃん 指原莉乃 三田寛子 ハリセンボン(近藤春菜、箕輪はるか) 陣内智則 【ショートドラマ出演者】 〈店員のピンチを救う!神解決〉 ジュディ・オング、草野仁、後藤拓実(四千頭身)、都築拓紀(四千頭身)、石橋遼大(四千頭身) 他 〈言ってやったスカッと〉 松下由樹、福澤朗 他〈逆転弁護士スカッと〉 城田優、草薙航基(宮下草薙)、宮下兼史鷹(宮下草薙) 他 〈神ティーチャースカッと〉 ISSA(DA PUMP)、U-YEAH(DA PUMP)、YORI(DA PUMP) 他 〈スカッと名作劇場「後輩をツブす上司」〉 菜々緒 他 〈こんな女は嫌われる〉 泉ピン子、南果歩 他 〈予想外の結末スカッと〉 田中みな実 他〈ビンタスカッと〉 佐藤勝利(Sexy Zone)、秋元才加 他 〈スカッとばあちゃん〉 笹野高史、小手伸也 他 〈ファミリースカッと〉 MEGUMI、酒井美紀 他.

次の