お だ ち 源 幸 結果。 【業界NEWS】参院選比例区、尾立源幸氏が落選

尾立源幸(オダチ モトユキ) 在日同胞に地方参政権法案、上程する: 佐藤で御座いますのブログ

お だ ち 源 幸 結果

皆さん御機嫌よう、岡井です、今回はぱちんこ広告協議会 PAA の勉強会に参加しています。 本記事のテーマは遊技業界が直面している問題と政治。 今回はパチ7ライター内でも指折りの政治経済有識者と名高い私と一緒に勉強していきましょう。 現在度々話題になっているぱちんこ・パチスロの規制問題。 みなさんも有利区間や継続率上限なんかの話は聞いたことがあるでしょう。 「夢が無くなった」なんて言われることも多い遊技機規制ですが、ぼくらの夢を壊すような意地悪をするのは誰でしょう、ばいきんまんでしょうか。 (遊技機の規制及び認定等) 風営法第二十条 第四条第四項に規定する営業を営む風俗営業者は、その営業所に、著しく客の射幸心をそそるおそれがあるものとして同項の国家公安委員会規則で定める基準に該当する遊技機を設置してその営業を営んではならない。 はい、その正体は 『風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律』、いわゆる風営法とか風適法と言われている法律ですね。 もちろん意地悪をしているわけではなく、ばいきんまんでもありません。 この法律が無いと無限に吸い込める極悪マシーンの設置とかも可能となってしまうので、遊技者を守る法律という側面もあります。 ……まぁ、「射幸心」の解釈がけっこう厄介だったりするのですが、それは一旦置いておきます。 今回の勉強会開催にあたりPAA大島理事長は 「ファンの拡大と各種情報の正しい理解」を目的とし、続く日電協兼次理事長、回胴遊商大饗理事長が遊技人口やホール数の減少、6号機の適合率問題の現状を語られました。 こうした現状は過去に問題解決を図るために成立した自主規制を含むルールや、冒頭で説明した風営法が強く影響しているのですが、移り変わる時代のなかでそれらが現状に適しているのかは常に考えていかなければなりません。 「テレビゲームで遊ぶとバカになるからゲーム禁止!! 」みたいな感覚で、「遊技者は全員依存症だからぱちんこ規制!! 」と言われても困るのです。 ではどうすればいいのか、プラカードを持って国会前に集結すれば良いのでしょうか。 猛抗議ラッシュ!! と銘打って4号機打たせろ等の激アツカットインをキメれば遊技業界は良くなるのでしょうか。 いや、そんなことをすれば「やはりぱちんこ業界の人は……」と白い目で見られるだけ、当然ですが 正当な手段でアプローチする必要があります、つまり選挙です。 日本は法治国家なので、法律に基づいて社会が動きます、そしてそんな法律の作成・改正に携わるのが政治です。 政治は有権者によって選ばれた議員によっておこなわれる間接 代表 民主制、つまり自分で立候補する人以外は 選挙によって選んだ人に意思を託すことになります。 当然ですが自分の考えに近い人に投票する人がほとんどでしょう、言ってしまえば自分にとって最も都合のいい政治をしてくれそうな人を選ぶのが選挙です。 おだち氏が掲げる「5つの約束」 1. 遊技産業の貢献を発信します 2. 遊技産業の復興を推進します 3. 努力が報われる産業政策に取り組みます 4. 地域に根付いた大衆娯楽を守ります 5. 働く人たちに夢と希望を広げます おだち源幸氏は上記のような約束をもって遊技業界に寄り添い活動すると明言しております。 今までここまで明言した政治家がほとんどいなかったこともあり注目を集めています。 おだち氏が実際に話を聞いた人の中にはパチンコが生きがいと話す91歳のおじいちゃんもいたそうです。 そうした人からパチンコを取り上げた世界が本当に「良い世の中」なのか。 社会貢献や雇用創出という面を見ずに、負の側面ばかりが取り上げられてしまうのはおかしいのではないか。 そうした疑問に対ししっかりと取り組まなくてはならない。 いままでそうした声を上げる人 政治家 はいなかったと結びました。 ここまで読んでいただいた方の中には「ぱちんこ」と「政治」の組み合わせになんとなく、良くないイメージを持つ人もいるかもしれません。 特定団体の支持を受けるなんてずるい、遊技業界も自分たちの都合だけで応援している、と。 いわゆる 「族議員」という見方をすれば、おだち氏が当選した場合「ぱちんこ族」と言えるかもしれません。 ただ、この族議員について勘違いされている部分が多いので補足すると、 族議員というのは特定の業界への知識やコネクションがある議員を指す言葉ですが、言い換えると その道に精通していることを意味します。 これ自体はなんら悪いことではありません。 例えばweb・ネット文化関連の法案があるとして、それらをなにも知らない、パソコンも触ったことがないという議員よりも、知識や経験がある議員に任せたいと思うのは当然のことです。 実際に多くの業種・業界に強みを持った政治家はたくさんいますし、そうした人達の集合体が国会になり、 様々な業界の代弁者として活動するわけですね。 もう少し詳しく日本の選挙について説明しましょう。 日本の国政は衆議院と参議院の二院制でおこなわれます。 そしてそれらは別々の国政選挙で衆議院議員総選挙と参議院議員通常選挙があります。 おだち氏は 参議院選挙で自民党比例代表(全国区)公認予定候補となっています。 ちなみに参議院選挙は 今年 2019年 の7月に予定されていますので、もうすぐですね。 実際に投票時に必要なのは『自分が投票する候補者の名前』と『所属政党』がわかっていれば大丈夫です。 投票所に行けば候補者一覧を確認できますし、それぞれ「政党名を書いてください」「候補者名を書いてください」と案内してくれます。 例えば上記のおだち氏を支持する場合は 「自民党のおだち源幸」とだけ覚えておけば問題なく投票できるでしょう。 ここからは私見ですが、遊技業界に強い議員が誕生したからといって、ただちにホール設置機種が様変わりするということは無いでしょう。 そもそもの目的はメーカーやホールが、好き勝手に振る舞えるようにすることではなく、 産業として適切な状況を確立することです。 もっともその一環で将来的に規制緩和の方向に動くことは十分現実的だとは思いますが。 ただ、政治の場で議論される業界になれば、その透明性というものは変化してくるように思います。 先に話題になった遊技機の試験適合率の件をとっても「なぜ適合しないのか」「どうすれば良いのか」といった部分において開示される情報が少なく、開発者の方々は頭を悩ませています。 第三者視点からも明確な基準が誕生するかもしれません。 その他、地域毎に異なる広告関連の問題や景品の市場価格相当取引等、業界内でも連携がとりにくかった問題が議論されていくことを期待したいですね。 特定業界に強い議員が誕生するということは、政治の場においてその業界を無視できないことになります。 遊技業界も今まで無視されていたわけではありませんが、軽視される、あるいは後回しにされるような場面があったかもしれません。 そうした時に 「ちょっと待って、ちゃんと考えてよ」と声を上げる人がいるのは変化の第一歩となるのではないでしょうか。 政治というものは経済問題や外交問題等様々な要素を持っており、当然ですがおだち氏を含めた候補者や議員は遊技機業界問題のみを扱うわけではありません。 しかし 自分が好きなもの、大切なものに理解がある人に代表してもらいたいという気持ちがあれば自然と政治にも関心を持てるのではないでしょうか。 関心を持っても意味が無いなんてことはありません。 我々の未来を決める重大なものです。 私は選挙権をもってから現在まで欠かさず投票に行っています。 自分の意思を示してこそ政治を語る資格があると思っているからです。 ばいきんまんならぬ皆勤マンと言えるでしょう。 今まで投票したことが無いというみなさんも、なんら難しいことはありません、投票所でも丁寧に案内してくれます。 候補者の方も様々なメディアで政治姿勢を発表しているので、事前にチェックすれば自分の考えに近い、この人にまかせてみたいという人を選んで投票できます。 それはあなたにとってよりよい未来につながる一票かもしれません。 そろそろ次回選挙もみえてきましたね、さぁみなさんもレッツ投票。

次の

【悲報】おだち源幸候補、開票特番で池上彰氏にイジメられてしまった模様

お だ ち 源 幸 結果

皆さん御機嫌よう、岡井です、今回はぱちんこ広告協議会 PAA の勉強会に参加しています。 本記事のテーマは遊技業界が直面している問題と政治。 今回はパチ7ライター内でも指折りの政治経済有識者と名高い私と一緒に勉強していきましょう。 現在度々話題になっているぱちんこ・パチスロの規制問題。 みなさんも有利区間や継続率上限なんかの話は聞いたことがあるでしょう。 「夢が無くなった」なんて言われることも多い遊技機規制ですが、ぼくらの夢を壊すような意地悪をするのは誰でしょう、ばいきんまんでしょうか。 (遊技機の規制及び認定等) 風営法第二十条 第四条第四項に規定する営業を営む風俗営業者は、その営業所に、著しく客の射幸心をそそるおそれがあるものとして同項の国家公安委員会規則で定める基準に該当する遊技機を設置してその営業を営んではならない。 はい、その正体は 『風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律』、いわゆる風営法とか風適法と言われている法律ですね。 もちろん意地悪をしているわけではなく、ばいきんまんでもありません。 この法律が無いと無限に吸い込める極悪マシーンの設置とかも可能となってしまうので、遊技者を守る法律という側面もあります。 ……まぁ、「射幸心」の解釈がけっこう厄介だったりするのですが、それは一旦置いておきます。 今回の勉強会開催にあたりPAA大島理事長は 「ファンの拡大と各種情報の正しい理解」を目的とし、続く日電協兼次理事長、回胴遊商大饗理事長が遊技人口やホール数の減少、6号機の適合率問題の現状を語られました。 こうした現状は過去に問題解決を図るために成立した自主規制を含むルールや、冒頭で説明した風営法が強く影響しているのですが、移り変わる時代のなかでそれらが現状に適しているのかは常に考えていかなければなりません。 「テレビゲームで遊ぶとバカになるからゲーム禁止!! 」みたいな感覚で、「遊技者は全員依存症だからぱちんこ規制!! 」と言われても困るのです。 ではどうすればいいのか、プラカードを持って国会前に集結すれば良いのでしょうか。 猛抗議ラッシュ!! と銘打って4号機打たせろ等の激アツカットインをキメれば遊技業界は良くなるのでしょうか。 いや、そんなことをすれば「やはりぱちんこ業界の人は……」と白い目で見られるだけ、当然ですが 正当な手段でアプローチする必要があります、つまり選挙です。 日本は法治国家なので、法律に基づいて社会が動きます、そしてそんな法律の作成・改正に携わるのが政治です。 政治は有権者によって選ばれた議員によっておこなわれる間接 代表 民主制、つまり自分で立候補する人以外は 選挙によって選んだ人に意思を託すことになります。 当然ですが自分の考えに近い人に投票する人がほとんどでしょう、言ってしまえば自分にとって最も都合のいい政治をしてくれそうな人を選ぶのが選挙です。 おだち氏が掲げる「5つの約束」 1. 遊技産業の貢献を発信します 2. 遊技産業の復興を推進します 3. 努力が報われる産業政策に取り組みます 4. 地域に根付いた大衆娯楽を守ります 5. 働く人たちに夢と希望を広げます おだち源幸氏は上記のような約束をもって遊技業界に寄り添い活動すると明言しております。 今までここまで明言した政治家がほとんどいなかったこともあり注目を集めています。 おだち氏が実際に話を聞いた人の中にはパチンコが生きがいと話す91歳のおじいちゃんもいたそうです。 そうした人からパチンコを取り上げた世界が本当に「良い世の中」なのか。 社会貢献や雇用創出という面を見ずに、負の側面ばかりが取り上げられてしまうのはおかしいのではないか。 そうした疑問に対ししっかりと取り組まなくてはならない。 いままでそうした声を上げる人 政治家 はいなかったと結びました。 ここまで読んでいただいた方の中には「ぱちんこ」と「政治」の組み合わせになんとなく、良くないイメージを持つ人もいるかもしれません。 特定団体の支持を受けるなんてずるい、遊技業界も自分たちの都合だけで応援している、と。 いわゆる 「族議員」という見方をすれば、おだち氏が当選した場合「ぱちんこ族」と言えるかもしれません。 ただ、この族議員について勘違いされている部分が多いので補足すると、 族議員というのは特定の業界への知識やコネクションがある議員を指す言葉ですが、言い換えると その道に精通していることを意味します。 これ自体はなんら悪いことではありません。 例えばweb・ネット文化関連の法案があるとして、それらをなにも知らない、パソコンも触ったことがないという議員よりも、知識や経験がある議員に任せたいと思うのは当然のことです。 実際に多くの業種・業界に強みを持った政治家はたくさんいますし、そうした人達の集合体が国会になり、 様々な業界の代弁者として活動するわけですね。 もう少し詳しく日本の選挙について説明しましょう。 日本の国政は衆議院と参議院の二院制でおこなわれます。 そしてそれらは別々の国政選挙で衆議院議員総選挙と参議院議員通常選挙があります。 おだち氏は 参議院選挙で自民党比例代表(全国区)公認予定候補となっています。 ちなみに参議院選挙は 今年 2019年 の7月に予定されていますので、もうすぐですね。 実際に投票時に必要なのは『自分が投票する候補者の名前』と『所属政党』がわかっていれば大丈夫です。 投票所に行けば候補者一覧を確認できますし、それぞれ「政党名を書いてください」「候補者名を書いてください」と案内してくれます。 例えば上記のおだち氏を支持する場合は 「自民党のおだち源幸」とだけ覚えておけば問題なく投票できるでしょう。 ここからは私見ですが、遊技業界に強い議員が誕生したからといって、ただちにホール設置機種が様変わりするということは無いでしょう。 そもそもの目的はメーカーやホールが、好き勝手に振る舞えるようにすることではなく、 産業として適切な状況を確立することです。 もっともその一環で将来的に規制緩和の方向に動くことは十分現実的だとは思いますが。 ただ、政治の場で議論される業界になれば、その透明性というものは変化してくるように思います。 先に話題になった遊技機の試験適合率の件をとっても「なぜ適合しないのか」「どうすれば良いのか」といった部分において開示される情報が少なく、開発者の方々は頭を悩ませています。 第三者視点からも明確な基準が誕生するかもしれません。 その他、地域毎に異なる広告関連の問題や景品の市場価格相当取引等、業界内でも連携がとりにくかった問題が議論されていくことを期待したいですね。 特定業界に強い議員が誕生するということは、政治の場においてその業界を無視できないことになります。 遊技業界も今まで無視されていたわけではありませんが、軽視される、あるいは後回しにされるような場面があったかもしれません。 そうした時に 「ちょっと待って、ちゃんと考えてよ」と声を上げる人がいるのは変化の第一歩となるのではないでしょうか。 政治というものは経済問題や外交問題等様々な要素を持っており、当然ですがおだち氏を含めた候補者や議員は遊技機業界問題のみを扱うわけではありません。 しかし 自分が好きなもの、大切なものに理解がある人に代表してもらいたいという気持ちがあれば自然と政治にも関心を持てるのではないでしょうか。 関心を持っても意味が無いなんてことはありません。 我々の未来を決める重大なものです。 私は選挙権をもってから現在まで欠かさず投票に行っています。 自分の意思を示してこそ政治を語る資格があると思っているからです。 ばいきんまんならぬ皆勤マンと言えるでしょう。 今まで投票したことが無いというみなさんも、なんら難しいことはありません、投票所でも丁寧に案内してくれます。 候補者の方も様々なメディアで政治姿勢を発表しているので、事前にチェックすれば自分の考えに近い、この人にまかせてみたいという人を選んで投票できます。 それはあなたにとってよりよい未来につながる一票かもしれません。 そろそろ次回選挙もみえてきましたね、さぁみなさんもレッツ投票。

次の

おだち源幸(自民党参議院議員比例区(全国区)支部長)|全日本遊技産業政治連盟 推薦

お だ ち 源 幸 結果

この辺がパチンコ業界の総括に必要。 最後、尾立氏から握手を求められ、ツイッターに書いてくれたファンの声がとても嬉しかったと、私の手を強く握られました。 おだち この数字を予想した人はいたのかな。 衝撃と言ってもいい。 いろいろは整理して明日お話しますね。 応援お疲れ様でした! どうやら業界は負け確ジャンケンに 戻ってしまうようですね さらに威圧的な 選挙はダメでしたが諦めず次の 一手を打ち出していきましょう 組合の方々 案はナシ 他力本願 むしろ打ち出さないとジャンケン どころじゃなくなりま… おだちさん、池上さんに言われたように色んな地盤作って人気取りしたけど、浅すぎてどの業界からも支持が低かった? 山田太郎さんのようにアニメを守りたいって熱さをおだちさんには感じられなかった パチンコ応援を隠してる部分も見えた … クソパチスロ業界人の皆様 おはようございます!!!!!! おだち候補の最終得票数は 84564票で良いんですかな? 大日本猟友会の約5万票を引いたら 約34000票がパチスロ業界人及び パチスロユーザーの票になるんだけど パ… イヤ、マジ、反省だわ。 オレ自身、反省だわ。 正直、もっと得票あると思ってたわ。 もっとやらにゃいかんわ。 1人1人がやらにゃいかんわ。 ウチはもっと機械開発に踏み込んで 安く良い機械ができるようにせんと 業界潰れるわ。 役… 結果をうけて客観的にお伝えします。 ・パチスロ適合率は上がりません。 下がる可能性もあります。 ・射幸性はP,Sともに上がりません。 ・来店演者は退場となります。

次の