あゆ な ゆい な ママスタ。 YouTuber、トモくんママについて調べてみた!!

ララクラッシュ(蒟蒻畑)CMの双子あゆな、ゆいなが可愛い!母親や姉も美人?年齢やプロフィール!

あゆ な ゆい な ママスタ

では、そんな人気上昇中の YouTuberトモくんママさんを 解説していきたいと思います! トモくんママ、ブログとは? トモくんママさんは YouTubeを始める前から、 ブログの方もやっていたようです。 それがこちら、 「君のおかげです〜自閉症障害児ママ幸せの法則〜」 というブログです。 ブログの内容も、 息子のトモくんのことや日常を書いた ブログになっています。 ただ、2019年3月25日を最後に、 更新をされていないようです。 今は、YouTubeの方に 力を入れているのでしょう。 そして、トモくんママさんのご主人 トモくんパパさんも、 ブログをされているようです。 それがこちら、 「自分らしく生きよう〜自閉症ともくんとパパ徒然日記〜」 というブログです。 こちらの内容は、 トモくんと日常や障害者福祉についての ブログになっています。 二人のブログをみて思うのが、 とても前向きに生きているんだなあと 思いました。 興味のある方は、 ぜひ読んでみてください。

次の

スタジオ紹介

あゆ な ゆい な ママスタ

れい 「ふうぇ、れいのパパとママは?どこいっちゃっの〜」 呆然としてる5人をよそに渡部が、れいちゃんと同じ目線で問いかける 渡部 「お嬢さん、泣かないでお兄さんにお名前教えてくれるかな?」 れい 「ヒック、いじゅみれい4しゃい」 渡部 「れいちゃんか、可愛い名前だね 今ね、れいちゃんのパパとママお仕事なんだって だからお迎えが来るまでお兄さんたちと待ってくれるかな?」 れい 「ヒック、グズッほんと?」 渡部 「うん、それまでお兄さんたちと遊んでパパとママ待ってくれるとお兄さん嬉しいな〜」 れい 「わかったの、れいここでパパとママまってゆの」 渡部 「うん、偉いね。 さすがだ」 そう言って、れいちゃんの頭を優しく撫でると れい 「えへへ〜」 青山 「さすがですね、渡部さん」 今大路 「ええ、僕には到底出来ないです」 夏目 「流石、女の扱いは慣れてますね」 関 「まー、とにかく泣き止んでくれて良かった。 」 青山 「そうですね、でもまだ解決してないことが 泉の服をどうにかしないといけません」 みんなの視線がれいちゃんの方へ向くその姿は スカートはずり落ち、もちろん中のパンツも脱げてしまっている、今は、何とかブラとシャツが乗っかっているという状況だ 今大路 「でしたら、僕が今買ってきますよ」 夏目 「峻さん俺も一緒に行きますよ」 バタンっと、ドアの閉まる音がした後 関 「さてと、由井説明してもらおうか? どうして、こうなったんだ?」 由井 「今回は、泉から直接頼まれたんです! 腸内菌を、若返らせる薬の成分を強くできるかと 報酬で、髪の毛も貰えたんです!それで、浮かれて少し成分を強くしすぎたのかもしれませんが」 青山 「関さん、今回は孝太郎だけが悪いわけでは無いようです」 関 「確かに、泉は薬を飲む時私の責任と言っていたな。 はぁ、由井今回は注意だけで済ませるが今度やったら、当分泉には近づけさせないからな」 そう言って、由井に注意をしていると れい 「こらっ、ふたりともけんかはだめなのー!」 関・由井 「わっ」 れいちゃんが大きな声で、まるてんハリセンボンのようにプクッと膨らませた頬のまま叫んでいた れい 「なかなおりするの!おててだして」 おずおずとれいに手を差し出す2人 その手をおもむろに引っ張り れい 「はい!あくしゅ!これで、なかなおりなの」 そういって、ふにゃっと笑う 4人 これは、適わないな可愛すぎる それから、数分後 今大路 ・夏目 「ただいま戻りました」 由井 「ん?なぜ袋が2つなんだ?」 今大路 「それが、なかなか決まらなくて 夏目くんが、僕と夏目くんで1着ずつ買い玲さんに選んでもらおうと」 夏目 「だって、自分が選んだ服を着る玲ちゃんとかちょっと嬉しくないですか?」 青山 「いいから、袋を開けろ」 今大路 「では、僭越ながら僕から。 僕のはこれです。 」 そこには、黄色の下着と白いスカート黄色のリボ付きTシャツと踝までの靴下スニーカータイプの靴 夏目 「それで、俺が買ったのがこれです」 そこには、緑の下着と淡い緑で膝ぐらいまでのシャツワンピース、踝までの靴下とサンダルタイプの靴が れい 「これ、れいがきていいの?」 渡部 「うん、れいちゃんが好きな方を選んでいいんだよ?さっ、一緒に選びに行こうか?」 れい 「うん!ありがとなの!」 そう言うと、服が置いてある机に近づいてきて うーんと悩み始めたそして れい 「こっちにすゆの!」 選ばれたのは 緑のシャツワンピース 夏目 「やった!俺の勝ちですね!」 今大路 「別に、勝負では無かったですが負けるのは些か悔しいですね ちっ、なんでそっちなんだよ 」 渡部 「どっちも似合うと思うけど、どうしてそっちにしたのかな?」 れい 「あのね、れいね、このいろすきなの! だからね、こっちなの〜」 えへへと笑うれいに先程まで、いらついていた今大路も 今大路 まっ、今回は負けを認めてやるか 渡部 「じゃあ、お着替えするか!ばんざーい!」 れい 「ばんざーい!!」 5人「えっ!」 関 「ちょっと待ってくれ!」 青山 「ここで、着替えはまずいです!」 今大路 「渡部さん、今は可愛らしいですが彼女は女性です。 」 夏目 「渡部さんって、たまにビックリすること平気でしたりしますよね〜」 由井 「渡部さんだけ ずるいぞ俺も一緒にあわよくば、髪の毛を!」 青山 「ほんとに、ブレないな」 関 「泉、この服1人で着られるかな?」 れい 「あのね、れいね、まだこれにがてなの〜」 そう言って、シャツの前のボタンをいじる 関 「そうか、じゃあ着るところまでは1人で着られるかな?ボタンは着終わったら留めてあげるよ」 れい 「きれゆー!ありがとうなの!」 そう言って、服をソファーの後ろに持っていき着替え始めて 数分後 れい 「きたの〜」 関 「じゃあ、留めてあげるからこっちに来てくれるかな?」 トコトコっと、小さな体で席に近づくれい 関 まずいな、可愛すぎてニヤケてしまう 5人 うわー、娘を溺愛するお父さんの顔だよ 関 「よしっ!留まったよ!」 れい 「ありがとなの!えーと、おなまえは?」 関 「あー、そう言えば渡部以外自己紹介していないな。 俺は、関大輔なにか、困ったことがあればなんでも言ってくれて良いからね」 れい 「よろしくなの〜!」 青山 「俺は、青山樹もし何かあれば助けてやるぞ」 夏目 「で!俺は、夏目春 てかやばい可愛い写真撮っていい?」 カシャッ!カシャッ れい ビクッ 今大路 「夏目さん、彼女ビックリしてますよ。 初めまして、僕は今大路峻と言います。 仲良くしてくださいね。 」 由井 「そして、俺が由井孝太郎だ!もし良ければ 髪の毛を・・・」 そうやって、手を伸ばす由井にれいが れい 「やー!!」 と言って、渡部の足の後ろに隠れる 夏目 「なんか、渡部さんだけ凄い好かれてないですか?ずるいな」 青山 「最初に、声をかけたからだろ」 渡部 「こらこら、れいちゃんもちゃんと皆に自己紹介しなきゃ。 ダメだよ」 れい 「あっ、ごめんなさいなの!い、いじゅみれい4しゃいになりました。 れいちゃんって、よんでくだしゃい!パパとママはれいのことれいちゃんってよぶの〜」 関 「そうなんだね、よろしくね れ、れいちゃん」 れい 「よろしくなの〜、だいちゃん」 関 「だいちゃん?」 れい 「うん!だいすけだから、だいちゃん!」 関 「少し、恥ずかしいけど、ありがとう。 ははっ」 夏目 「じゃあ、俺は?」 れい 「はるちゃん!!」 今大路 「じゃあ、その流れで行くと僕は峻ちゃんですか?」 れい 「うん!しゅんちゃんなの〜」 青山 「それだと、俺はいつちゃんか? 言いづらくないか?」 れい 「いちゅ、いちゅちゃん!うーん?あおちゃんにすゆ!!」 青山 「ははっ、青ちゃんか!良いな」 由井 「じゃあ俺は、由井ちゃんで頼む!」 れい 「こうちゃんじゃなくて、ゆいちゃん?」 由井 「ああ、由井ちゃんで良いだろうか?」 れい 「わかったの〜!!ゆいちゃん!」 渡部 「じゃあ俺はさとちゃんかな?」 れい 「うん!れいね、さとちゃんだいすき〜! ぎゅ〜!!えへへ〜」 渡部 何この子、昔から悪女だったの? 渡部 「うん!俺も、れいちゃん大好きだよ〜 ぎゅー!」 れい 「きゃー!へへっ!」 夏目 「うわー、このおじさんホントずるい」 青山 「よし、着替えも終わったけど これからどうする?」 今大路 「うーん、そうですね〜」 その時、ぐー れい 「あっ、おなかすいなのー」 青山 「え?あいつ休憩時間ご飯食べなかったのか?」 由井 「そういえば、先程調べたがココ最近、ご飯を抜いてる、もしくは減らしているな。 ダイエットじゃないのか?」 関 「彼女は別に太ってなかったと思うが?」 今大路 「女性は、我々男にはよわからない事だらけですからね。 」 夏目 「じゃあ、俺コンビニで何か買ってきますよ?」 れい 「はるちゃん、はるちゃん、れいもいっしょいきたいの〜」 夏目 「じゃあ、一緒に行こうか?」 れい 「わーい!ありがとなの〜」 関 「2人では危険だ。 せめて、3人での行動にしよう!」 青山 「れいに選ばせると渡部さんを選びそうだからな」 今大路 「そうですね、ここは公平にじゃんけんにしましょうか?」 由井 「それが妥当だろう」 渡部 「えー、れいちゃんに選ばせても良かったのに」 由井 「それだと公平ではない、よって却下だ」 関 「では、じゃんけんにしよう。 いくぞ!」 5人 「それじゃ、最初はグーじゃんけんぽん!」 由井 「くそっ!せっかくのれいの体液採取する機会が!」 青山 「お前ほんと!!ブレないな! でも負けは負けだ。 」 関 「ああ、諦めてくれ。 それじゃ、最初はグーじゃんけんぽん!」 青山 今大路 「っ!」 青山 「はぁ、パーを出せばよかった」 今大路 「おや、勝利の女神は微笑んでくれなかったようです 今日は、厄日か! 」 渡部 「お二人さん、お疲れ様!よし、関!勝っても負けても恨みっこ無しだぜ」 関 「ああ、望むところだ!」 関 渡部 「じゃんけぽん!!」 勝ったのは、渡部、ちょき!関、ぐー 渡部 「れいちゃんごめん、さとちゃん一緒に行けなくなっちゃった。 」 れい 「さとちゃん、いっしょいけないの〜」 渡部 「うん、ちゃんと春ちゃんと大ちゃんの言うこと聞いてね」 れい 「わかったの。 さとちゃんほしいものあゆなら、れいちゃんとおつかいしてくゆの〜」 渡部 「ほんとに可愛いな〜、じゃあれいちゃんが好きなお菓子、さとちゃんにも買ってきて」 れい 「わかったの〜、じゃあ!いってくるの!」 青山 渡部 今大路 由井 「はぁ〜」 夏目 関 「よし!行くぞ〜」 二人の間に入り、両手を繋ぎながら外へ出る れい 「おてんきいいね〜」 夏目 「そうだね〜、眠くなっちゃうね」 関 「まだ、仕事が残ってるだろう」 夏目 「こういう、時は現実逃避させてくださいよ!」 れい 「さしぇてくだしゃいよ〜。 えへへ」 夏目 関 可愛すぎるな〜 れい 「あっ!はるちゃんだいちゃん、あったの〜」 関と夏目の先には、コンビニが 関 もう着いてしまったか?早いな 夏目 「もう着いちゃった。 」 関 「そうだな」 れい 「はやく、はやく、はいろ〜」 グイグイ、引っ張っていく れい 「わーい!れいね、これと、これと、あとね」 夏目 「食べれるだけにしないとダメだよ〜」 関 「欲しいなら、全部買ってあげるよ」 夏目 「ちょっ!関さんダメですよ甘やかしすぎです」 関 「うーん、そうかじゃあ、れ、れいちゃんおにぎりは2つまで、お菓子は3つまでだ」 れい 「だいちゃん、はるちゃん。 れいね、おかしろっこがいいんだけどだめ?」 無意識に上目遣いで、おねだりをするれい 関 夏目 「お菓子は6個でいいぞ!」 れい 「わーい!ありがとうなのえーとねこれとこれと」 夏目 「選び終わった?」 れい 「うん!!選んだの〜」 関 「よし、支払ってくるから2人は待っていてくれ」 夏目 「いや、俺も出しますよ!」 関 「部下に支払わせるほど、器が小さいつもりないんだけどな?」 夏目 「じゃあ、お言葉に甘えます」 数分後 関 「お待たせ、戻ろうか!」 れい 「だいちゃん!それ、れいがもちたい!」 関 「重いぞ?うーん、困ったな じゃあ、れいちゃんにはこれをお願いしようかな?」 そう言って渡したのは、小さな袋に入ったお菓子の詰め合わせだ れい 「だいちゃんも、おかしすきなの?」 関 「これはね、いい子にしてたれいちゃんにプレゼントだよ」 夏 ちゃっかり、ポイント稼いでるそういうとこ抜かりないな〜この人 それから、手を繋いで待ってる、みんなの元へ急ぐ3人 れい 「ただいまなの〜」 関 「遅くなってすまない」 夏目 「戻りました」 渡部 「れいちゃーん、おかえり〜!ぎゅー!」 れい 「さとちゃん!ただいまなの!ぎゅー」 渡部 「よし、手を洗ってご飯食べよう!」 れい 「うん!!」 今大路 「れいさん、こっちですよ。 」 れい 「しゅんちゃんは、れいのことれいちゃんっていってくれないの?なんで?なんで〜」 今大路 「おや?そう言えば、そんなこと言ってましたね。 すみません、れいちゃん」 れい 「つぎ、わすれないならゆりゅしてあげゆの!」 今大路 「ふふっ、忘れませんよ。 」 れい 「ならゆりゅすの〜、しゅんちゃんしゃがんで〜」 今大路 「これで、いいですか?」 れい 「いいこ、いいこなの〜」 れいは、今大路の頭を撫でる 今大路 今日は、ついてないと思ったがこれは、おれは結構嬉しいな 今大路 「ありがとうございます」 そこから、手を洗いご飯を食べるれいを6人は微笑ましそうに眺めていた れい 「おなかいっぱいなの〜!」 青山 「あれだけ食べればな、小さくても凄いな」 れい 「ちいさくないもん」 青山 「いや、小さいだろ」 れい 「じゃあ、もっとたべておおきくなるの!」 青山 ふっ、大きくなったらというか元に戻ったらその時は俺が腕によりをかけた料理を特別に食わせてやろう れい 「れい、みんなとあそぶの〜」 由井 「何がしたいんだ?」 れい 「あのね、かくれんぼ!」 由井 「ふっ、俺は強いぞ」 れい 「れいも、まけないもん」 由井 「よし、じゃあ 俺と樹あと夏目が鬼をやるから、今大路 関さん渡部さんれいちゃんは隠れてくれ」 青山 「おい!孝太郎何勝手に」 夏目 「孝太郎さん、勝手に決めないでください」 れい 「じゃあ!10秒かぞえて だいちゃん しゅんちゃん さとちゃん かくれるの〜!」 青山 「はぁ、仕方ないやるか」 夏目 「この子も、楽しそうですね」 3人 「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 」 由井 「さー、どこに隠れた〜」 青山 「仕方ない、付き合うか」 夏目 「やるからには全力で」 まず、見つかったのは関だった 夏目 「・・・関さん、それはないですよ カーテンの裏って、足見えてますし さすがに、ひどいです」 関 「ははっ、済まない。 こういうのは、苦手なんだ。 」 由井 「残るは3人か!」 青山 「今大路、発見したぞ」 今大路 「ファイル棚の隙間なら見つからと思ったのですが、バレてしまいました」 由井 「よし次は渡部さんを探そう!」 数分後 由井 「よしっ!渡部さんをみつけたぞ!」 渡部 「あらら、見つかっちゃたか」 由井 「給湯室の死角に隠れるとはやりますね」 渡部 「まー、見つかったけどね」 3人 「残るは、あの子だけだ!」 探すこと数十分経つが見つからない 夏目 「まさか、ここを出たりしてないですよね?」 関 「いや、それは無い。 彼女は間違いなくこの中に居るよ」 夏目 「れいちゃーん」 れい 「なーにー!」 夏目 「孝太郎さんの、研究室の中から聞こえてきませんでしたか?」 由井 「だが、あそこはさっき確認したぞ」 青山 「もう一度念入りに探そう」 研究室を、くまなく探すが 夏目 「やっぱりいないんですかね? うわっ!いてて」 由井 「何をしてるんだ?」 夏目 「部屋が汚すぎて、転んだんですよ! ほんと最悪。 あっ」 れい 「あっ!」 夏目 「れいちゃん、みーつけたっ!」 青山 「まさか、棚と床の間とは見つからないわけだ」 由井 「俺の部屋が汚いおかげで見つけられたな!夏目!」 夏目 「いい加減片付けてください!」 青山 「そろそろ、良いだろう?こいつも、眠そうだしな」 れい 「ふぁ〜、むにゃっ」 渡部 「あれ、れいちゃんお眠?」 れい 「れい、まだねむくないの〜」 夏目 「そう言いつつ、もう瞼くっつきそうだよ」 今大路 「そうですね、もう寝た方が宜しいのでは?」 渡部 「れいちゃん、フラフラで危ないから さとちゃんと一緒に寝ようか?」 れい 「うん、いっしょねるの〜 あっ!まだなの。 」 そう言いつつ、夕方買ったコンビニの袋を持ってきた 関 「それは、れいちゃんが買ったお菓子だよね?」 夏目 「はい、可愛くおねだりされて買ったお菓子6個」 れい 「きょうは、あそんでくれてありがとなの」 そう言って、皆に手渡しでお菓子を配るれい 最後に れい 「みんな、おめめとじてしゃがんでほしいの!」 6人は、れいの前にしゃがむ れい 「ちゅっ!」 関 「えっ?!」 れい 「ちゅっ!」 青山 「どうした?!」 れい 「ちゅっ!」 今大路 「おや?ありがとうございます」 れい 「ちゅっ!」 夏目 「れいちゃん、悪女すぎ」 れい 「ちゅっ!」 由井 「まさか、君からしてくれるなんてな」 れい 「ちゅっ!」 渡部 「可愛すぎ、勘弁してよ」 れい 「れい、みんなだいすきなの! きょうは、ありがとなの」 そう言って、ソファーで横になってにこにこするれい 関 「俺らも、大好きだよ。 今は、おやすみ」 そっと、毛布をかけると れい 「うん、おやすみなの〜」 数分後 夏目 「れいちゃん、完全に寝ました」 今大路 「そうですか、良かったです」 青山 「寝てるこいつに、ちょっかい出すなよ」 由井 「さすがに、そんなことはしない」 渡部 「いや〜、それにしてもまさか彼女からのほっぺにちゅーが貰えるとはね」 関 「ああ、さすがに驚いたな」 夏目 「そうですよね!」 6人 でも、可愛かった! 関 「俺は、彼女がいるからここに泊まるが皆はどうする」 青山 「俺も、泊ります」 夏目 「ここまで来たら、最後まで責任取りますよ」 由井 「俺は、元々ここに寝泊まりだ!いつもの事だな」 今大路 「あははっ、流石ですね もちろん僕も泊まりますよ」 渡部 「ま〜、急ぎの仕事もないからな俺も泊まってくよ」 関 「明日には、戻ってると良いな」 6人 戻って欲しいけど、なんか寂しいな この後 朝起きて、元に戻った玲。 幼女の服が合うわけもなく、なんとも目のやり場に困る格好を見てしまった6人が 数日、玲に距離を取られるなんて誰も予想せずに眠りにつくのだった -END-.

次の

双子のあゆなゆいなちゃんのインスタがかわいすぎ!姉も可愛い3姉妹【行列のできる法律相談所】

あゆ な ゆい な ママスタ

動画内でも話している通り しらいしさんはオネエなので そっちに目が行きがちですが 実はこのしらいしさん ハモネプに数度出場したり アカペラの全国大会で ベストボーカル賞になるなど アカペラの界隈では めちゃめちゃ有名人の方です。 そのあたりも 調べてみたので 後ほど解説をしていきたいと思います! 目次• なので、2019年7月時点では まだYouTuberになって 半年もたっていないのですが 既に登録者が 30万人も見えてきているという とんでもないパワーを秘めています。 実はYouTuberを始める前に 休職中にボーカルトレーナーであることを 生かして 歌が上手くなるためのブログというものを 書き始めたところ それが大きな反響を呼んでいました。 元々おしゃべりが得意だったこともあるので これらがYouTubeでの活動の 後押しになったとも言えます。 しらいしさんは 実際にボーカルトレーナーの レッスンも開校しているので 今日もがある方は こちらも見てみるとよいと思います。 com しらスタの白石涼 しらいしりょう は慶應義塾大学出身の高学歴ボーカルトレーナー! しらいしさんは ボーカルトレーナーとして お仕事をされていますが 元は慶應義塾大学の 法学部に 所属していたらしいです! とても頭がよかったんですね! しかし元々歌うことが 昔から好きだったこともあり それを生かした仕事に 就きたくて 中学の時に歌を習っていた先生が すごく魅力的な人で そういった仕事に興味を持つようになったそうです。 しらスタの白石涼 しらいしりょう はオネエなの? しらいしさんは 自分でもオネエと 話していますが それらについて詳細に 言及している内容は とくにありませんでした。 しかし、しらいしさんの サブチャンネルの方では 歌の話とは関係なしに いろいろバラエティな内容で 投稿をしているので そちらを見ていただければ いろいろわかってくると 思います。 また、同時並行で 他大学のメンバーと結成した 瀬戸内ジャクソンというグループでは 現在でも活動しています。 ryyyyy スイッチ・スタイル Pervert 福音 MonicaCorona 微炭酸トニック リベラん Anytime. 微炭酸トニックもグラコロンも瀬戸内ジャクソンも落選か… 残念だなあ… 今回のハモネプはグループの名前やメンバーの名前、知名度で選考しているのではなく、厳正で公平な審査の下行われているのだと信じたい。 少なくとも本選に出るプロは落選したアマ以上であることを願うばかり。 — 達たろう。 カテゴリー• メタ情報•

次の