映画 ピンク。 映画ピンクとグレー・中島裕翔初主演映画・キャスト・その他情報

映画『ピンクのカーテン』フル動画を無料視聴!兄妹の危うい関係を描いた日活ロマンポルノ|Force Cinema

映画 ピンク

青春映画というのは、描かれる登場人物たちが観客と同じ世代だった場合、観る者は特に思い入れが強くなることがある。 その映画が傑作であったり、新作として映画館に足を運んだなら尚更だ。 いずれも全米のティーンエイジャーたちに支持されてヒットした。 そこにはファッションや音楽があり、恋愛やお喋り、友情もパーティも詰まっていた。 高校という場にはチアリーダーやアメフトなどの目立っているグループだけでなく、一匹狼的な不良、真面目な優等生、ナードとかギークと呼ばれるオタクだっている。 ジョン・ヒューズの映画はそんな花形以外のタイプを主人公に設定したことが新しく、大きな共感を呼ぶことになった。 それは日本の高校や教室にもシンクロして、ちょっとオシャレな高校生なら見逃す奴なんていなかった。 上記6本の映画のうち、3本に主演したモリー・リングウォルドの人気は高く、現実離れしたハリウッド女優とは違った「こんなコどこにでもいるよね」的な普通のルックスもあってアイドル化。 アメリカの有名雑誌のカバーはもちろん、日本の映画雑誌の人気投票でも上位にランクインしたりした。 彼女の登場によって、それまでの美人すぎるブルック・シールズ、グラマーすぎるフィービー・ケイツ、可愛すぎるソフィー・マルソーらの時代は確実に終わりを告げた。 作品タイトルは「ピンクが似合うコ」の意味だが、モリーの大好きな色だったからと名付けられたという。 まさに彼女のための映画でもあった。 また、プロムに着ていくドレスが高価で買えなくて、父親と友人から貰った二着のピンクのドレスを自分で一着のドレスにカスタマイズするシーンが秀逸だった。 シカゴの金持ちの子弟が多い学校に通っている貧しい家庭環境のアンディ モリー・リングウォルド は、勉強もオシャレも抜群な女の子。 チープだけど古着や小物など自分で工夫してセンスを磨いている。 目立っているグループの女子から嫌がらせを受けつつも、放課後はレコード屋でアルバイトする日々。 そんな彼女にリッチな少年ブレーン アンドリュー・マッカーシー は密かに想いを寄せていて、デートがきっかけで二人は一緒にプロム 卒業ダンスパーティ に行くことを約束。 でも実は幼馴染みのダッキー ジョン・クレイヤー もアンディに恋していて……。 音楽的にはダッキーがレコード屋でオーティス・レディングの「Try a Little Tenderness」を口パクするシーンが印象的だが、サイケデリック・ファーズのタイトル曲 モリーがファンだった やオーケストラル・マヌヴァーズ・イン・ザ・ダークの「If You Leave」が本作のムードを作っていた。 後者は全米4位の大ヒットになった。 クライマックスのプロムシーン。 ダッキーの決断が泣かせる。

次の

過激ショット満載!セクシー女優が演じる、ピンク映画祭の濃厚ラブシーン29連発

映画 ピンク

解説 直木賞作家・桜庭一樹の小説を映画化したガールズアクション。 六本木の廃校で夜ごと繰り広げられる非合法の格闘技ショー「ガールズブラッド」に身を投じる4人の少女たちが、鉄製の檻の中で裸の心と体をぶつけ合う姿を描く。 「仮面ライダー555」「仮面ライダーキバ」でヒロインを務めた女優・芳賀優里亜が、大胆なフルヌードにも挑戦し、性同一性障害に悩む女嫌いの空手家・皐月を演じる。 その他、多田あさみがDV夫から逃げる人妻格闘家・千夏、水崎綾女がSMの女王様ミーコ、小池里奈がロリータフェイスのOL・まゆに扮する。 「仮面ライダー」やスーパー戦隊など特撮アクションを得意とする坂本浩一監督がメガホンをとった。 オープニングでモモミーコゼット法子エイミー天使とか活躍しそうな感じで出てきたのにストーリーには関わらない。 西野翔と周防ゆきこは泥レスした後はほぼ出番無い、セリフはあるもののガヤ役。 皐月とミーコとまゆ14歳に安藤一門から逃げてきた千夏の4人を中心に話が進む。 どうしてここで戦っているのか、女性同士のイチャイチャ、バトルという構成。 バトル以外のシーンがやたら長い。 6割くらい中だるみ。 妄想1回現実1回のレズシーンもやたら長い。 クライマックスは安藤一門とガールズブラッドの3試合。 オーナーが安藤ボスを脅して試合を組んだりとか思わぬところで活躍する、品川ヒロシは意味のない土下座をさせられるだけの役。 登場人物はみな良かったが感動はなく、薄いラスト。 SM嬢ミーコの水崎綾女の演技が良かった。

次の

映画『ピンクとグレー』監督 行定 勲さんインタビュー

映画 ピンク

あらすじ [ ] の廃小学校で夜な夜な行われる女性だけの非合法格闘技イベント「ガールズ・ブラッド」。 そこに集結した3人の女性格闘家の姿を描いていく。 登場人物 [ ] まゆ 14歳に見える幼い容姿から人気を博している21歳の元。 感情の起伏が激しい。 本名は 高山真由(たかやま まゆ)。 ミーコ 嬢であり、「女王様」としてガールズ・ブラッドでは通っている。 本気の勝負よりも、観客を喜ばせることを優先させている。 実はSM趣味はない。 本名は 山ノ辺美子(やまのべ みこ)。 皐月(さつき) ボーイッシュな外見の女性で、同性からの人気が高いが、。 はインターハイベスト4に入るほどの腕前。 本名は 天王寺皐月(てんのうじ さつき)。 既刊一覧 [ ]• 解説は。 映画 [ ] この節のが望まれています。 (劇場公開版)。 キャスト [ ]• 天王寺皐月 -• 安藤千夏(上海娘リリー) -• 山之辺美子(ミーコ女王様) -• 高山真由(まゆ14歳) -• ガールズブラッドのオーナー -• 安田友和 -• 武史 -• モモミー -• コゼット -• 後白河法子 -• 赤井天使 -• エイミー・マディガン -• キラー・プッシー -• あずみ -• 成嶋亮子 -• カオリ - YOSHI(西岡由恵)• 吾妻 -• 安藤乱丸 -• 鮫島 -• 真由の父親 - 増田俊樹 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:• 音楽:• 主題歌:「イチル」• アクション監督:• スタント協力:• スタント:人見早苗、、佐川正治• 撮影:• 照明:• 美術:、• 録音:• 編集:• 助監督:• 制作担当:• 音楽プロデューサー:• 音楽制作:• VFX:• 音響効果:野崎博樹• バイクスタント:• ラボ:• 製作プロダクション:• 配給:• エグゼクティブプロデューサー:• 製作者:、• 企画:• プロデューサー:、、• ラインプロデューサー:• 企画・制作プロダクション:、• 芳賀優里亜の撮影に密着したメイキングDVD。 映像特典• 封入特典• 芳賀優里亜 劇中生写真• 多田あさみの撮影に密着したメイキングDVD。 映像特典• 封入特典• 多田あさみ 劇中生写真• 水崎綾女の撮影に密着したメイキングDVD。 映像特典• 封入特典• 水崎綾女 劇中生写真• 映像特典• 劇場予告編• 音声特典• 封入特典• オリジナル・ポストカード(監督・キャストサイン入り)• ディスク1:ディレクターズ・ロングバージョン本編ディスク• ディスク2:劇場公開版本編DVD(通常版と共通)• ディスク3:特典DVD• 初日舞台挨拶• 封入特典• ブックレット(16P)• 特製アウターケース付き 書籍• 『シナリオ』2014年3月号(シナリオ作家協会) - シナリオおよび港岳彦インタビューを掲載 脚注 [ ].

次の