血液 クレンジング ビタミン。 血液クレンジングと人工透析の違い!事例付きで現役医師が解説

オゾン療法

血液 クレンジング ビタミン

血液クレンジング(自己血オゾン療法) 自己血オゾン療法は、イギリス、ドイツ、スイス、イタリア、オーストリア、ロシア等のヨーロッパ諸国では、既に確立、認知された治療法で、エイジング、動脈硬化疾患、関節、筋肉などの運動器疾患、そして癌治療にまで応用されています。 オゾン治療は、オゾン治療の専門病院が存在するほど、スタンダードな治療法なのです。 自己血オゾン療法は、まず、左右どちらかの腕から、100~150mlの血液を専用のオゾン耐性ボトルを用いて採血します。 採取した血液に代謝と免疫系を活性化するためにもっとも効果のある量のオゾンを正確に投与します。 血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。 そして、オゾンで活性化された血液をボトルから再び、体内に戻します。 これだけでも脳と目にも酸素がいきわたり、視界が明るくなり、また、冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを実感していただけます。 実は、自己血オゾン療法 は、エイジングの効果ももちろんの事、保険診療の治療では改善しない更年期等の症状や冷え性、肩こり、頭痛、腰痛等に大きな効果が期待できる治療法です。 血液クレンジングの働き、期待できる効果 血管内が拡張し、赤血球(ヘモグロビン)がより多くの酸素を運ぶようになるよう、血管と血液に働きかけます。 また、活性酸素を分解する酵素を増加させます。 それにより、抗酸化力の向上・血液の流れの改善・免疫力のアップなどの効果が期待できます。 体内の酸素化 血液クレンジング後の赤血球は、末梢で酸素を離しやすくなり、体の各部位に酸素が供給されます。 特に普段、酸素が行き渡らない虚血部位での酸素化がとても良くなります。 そのため全身の疲れ、筋肉の疲れが改善され、ダメージを受けた筋肉の修復を促します。 また乳酸の蓄積を減少させ筋肉の老化を防ぎます。 血液流動性の改善による末梢循環の改善 手足の血液の循環を改善します。 治療の最中から脳と目にも酸素が行き渡り、視界が明るくなり、また冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを実感する方が多いです。 免疫機能の向上 オゾンが白血球の単球や顆粒球などに反応し、インターフェロンなどのサイトカインの産生を促し免疫機能を活性化する。 体内の免疫機能、デトックス機能が活性化され病気にかかりにくい体質に改善します。 アンチエイジング効果 細胞の若返りを促進します。 細胞の呼吸を正常化する。 活性酸素を減少させ細胞の老化を防ぐ。 各臓器と内分泌機能の代謝を亢進する。 また細胞活性化、細胞内ATP上昇、抗酸化力上昇などの効果もあり、アンチエイジングとして使用されています。 しかし、細胞の新陳代謝に合わせて点滴を行うことで、元気で強い健康的な細胞が増えていきます。 そのため、回数を重ねるとより高い効果が期待できるところが、この点滴の特長です。 当院では、症状にもよりますが、月に1~2回程度の点滴を定期的に続けることをおすすめしています。 血液クレンジングの流れ 1. 医師の診察 現在の身体の状態・病歴など、医師がじっくりと診察いたします。 検査 点滴を安全に行うために『G6PDスクリーニング検査』を行います。 専用ボトルに採血 点滴を安全に行うために『G6PDスクリーニング検査』を行います。 100~150ccの血液を採血します。 静脈血のため、血液は暗い色をしています。 医療用オゾンを注入 医療用オゾンを血液と混ぜ合わせます。 すると血液は酸素濃度が上がり、鮮やかな赤色に変化します。 血液を体内に戻す 医療用オゾンを混ぜて酸素を含んだ血液を、点滴で体内に戻します。 この段階で、指先がポカポカしたり、視界がクリアになるのを体感する方もいらっしゃいます。 点滴の所要時間は、約30分です 6. 継続 月に1~2回程度の点滴を定期的に続けることをおすすめしています。 最適な頻度は症状によって異なるため、医師とご相談ください。 患者様の安全のために (治療のリスクと副作用について) オゾンによる副作用 治療を始めたばかりの段階では、血流が改善されることで 温泉に長く入った時のように 体全体がだるく感じる場合があります。 時間とともに回復していきます。 オゾン療法 自己血オゾン療法 では、現在まで大きな副作用が報告されておりません。 しかしながら、基礎代謝が亢進しますので、コントロールされていない甲状腺機能亢進症の方は治療を受けることはできません。 また、高濃度ビタミンC点滴と同様にG6PD欠損症の方は溶血性貧血を起こす可能性がありますので、禁忌です。 そのため、治療前にG6PD検査を初回に行ないます。 本治療に使用する同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。 この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。 日本では未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。 使用する以下の抗凝固剤による副作用 添付文書によると下記以外にも副作用が指摘されています。 添付文書をご確認をお願いいたします。 自己血オゾン療法について 自己血オゾン療法についての詳細は、をご参照ください。

次の

血液クレンジング療法(オゾン療法)

血液 クレンジング ビタミン

血液クレンジングというものをご存知ですか? 私たちが健康に生きていくうえで血液の質を保つことはとても大切です。 しかし、食生活や生活習慣により血液は劣化してしまいます。 そこで最近行われているのが、『血液クレンジングをして、血液を綺麗にしよう!』という方法なのです。 しかし、注意したい点もありメリットをデメリットをよく理解しておく必要があります。 血液クレンジングが気になっている方は、要チェックです。 血液クレンジングとは何? 血液クレンジングは、「血液オゾンバイタル療法」と呼ばれドロドロになった血液をオゾンで綺麗にしてサラサラにして体に戻す療法です。 血液クレンジングを行うと 血液がサラサラになり免疫力が高まる、血行改善、抗酸化力が高くなる、疲労回復などの効果があるといわれています。 始まったのは約50年ほど前、ドイツで開発された療法で加齢による血液の老化を予防し、体のいたるところの機能を回復する効果があるといわれています。 体内の血液を取り出しで洗浄するものといえば、人工透析がありますよね。 血液クレンジングと透析の違いは、透析は全部の血液を浄化するのに対して、血液クレンジングは100㏄の少量の血液だけを取り出して浄化します。 血液クレンジングのメリットについて 血液クレンジングの所要時間は 約30分程度で大変簡単にできる為、日ごろ疲れやすい人や生活習慣が不規則な方に大変注目されています。 メリットとしてはオゾンを使用するので、血液内の酸化ストレスが刺激され抗酸化力がアップする点があります。 抗酸化力が高まると体の細胞の老化が遅くなり、疲労回復、病気予防、美容などあらゆる面で効果を感じることができます。 高血圧の改善、脳梗塞の予防、肥満改善などなかなか自分ではできない健康管理も、血液クレンジングをすると体本来の働きが活性されるため、健康メリットを感じやすくなります。 女性に多い肩こりや腰痛なども改善され、しかも効き目が早く出る点も魅力と言われています。 血液クレンジングの危険なデメリットとは? 血液クレンジングは悪性リンパ腫やガン、また自己免疫疾患のHIVやB型肝炎の治療として行われ、医療保険も適用されています。 しかし、なかにはアンチエイジングで美容目的で行う方もいますが、その場合は保険適用外になります。 注意したい危険性ですが、施術で使用する注射のハリやボトルなどに万が一細菌が付着してしまうと、菌が入った血液が体内に戻ってしまうため、病気を招く可能性があります。 あくまでも病気の治療の一環として行うものなので、美容目的で気軽な気持ちで行うのは大変危険です。 血液クレンジングを行うクリニックも少なく、この施術を推奨する医師はあまり多くないともいわれています。 まとめ 『最近これが流行っているから・・・』というような安易な気持ちで行うのはオススメ出来ません。 実際に血液クレンジングを行おうと思っている場合は様々な情報をチェックし、その後『それでもやりたい』と感じてから実際にやる方が良いでしょう。 参考にして下さい。

次の

高濃度ビタミンC点滴療法

血液 クレンジング ビタミン

私も、40歳を越えたあたりから、 夜しっかり寝ているのにもかかわらず朝から、倦怠感、疲労感を感じることがありました。 また、逆に体がとても軽い日もあり、この違いはなんなんだろうと思っていました。 特に私は、2年前から、かなり激しく身体を鍛えていましたので、たまに、疲労が蓄積して、翌日、長い手術があったりすると、なんとか、この状態を早く改善して、仕事に集中できる状態に戻したいと常、日頃から思っておりました。 血液クレンジングは、私自身を含め、疲労を感じるすべての方が対象となります。 血液クレンジングとは? 血液クレンジング(オゾン療法)は、100ccの血液を採取し、医療用オゾンと反応させることで抗酸化物質を大量に含んだ血液を再び体内に戻すという施術です。 ヨーロッパでは、自然治癒力を高める治療法として昔から確立、認知された治療法で、老化防止、動脈硬化疾患、関節、筋肉などの運動器疾患、そして癌治療やHIV治療にまで応用されています。 専門のクリニックが存在するほど一般的かつ安全な治療法です。 この療法によって体の代謝が上がり、疲労回復、冷え症改善、肌ツヤ改善の効果を発揮します。 また、強化された自然治癒力が老化や病気で傷んだ身体を修復してくれます。 効果は、個人差がありますが、施術直後から末梢がポカポカするのを実感できます。 慢性疲労を感じている方はぜひお試しください。 血液クレンジングの手順 step 1血液採取 血液を約100ml採取します。 step 2医療用オゾン発生機でオゾンを作る 代謝系、免疫系が最も活性化される量のオゾンを血液に加える。 血液とオゾンが反応すると、一瞬で鮮やかな赤に変化します。 step 3オゾンで浄化された血液をボトルから体内に戻す 滅菌操作下で行うため、感染の危険性もなく、副作用も報告されていません。 1回の治療でも十分に効果がでることもあります。 最初は1週間に1〜2回で10回を1クールとして行い、その後、月1〜2回治療が目安です。 施術時間は30分程度です。 写真は、採血が終わり、シリンジでオゾンと混ぜる時のものです。 ご注意:妊娠中の方、または甲状腺機能亢進症、G6PD欠損症の方は血液クレンジングを受けることができません、ご了承ください。 ケラシアクリニックは日本酸化療法医学会に所属し、ヨーロッパで確立されたオゾン療法を提供しております。 血液クレンジングの施術について紹介 施術の所要時間 30分程度 施術回数の目安 健康維持、老化予防:最初の1ヶ月は1週間に1~2回、以降は月1回程度 慢性疾患、膠原病、アトピー性皮膚炎:週2回程度 がん予防や治療:週1~2回程度 痛み 注射針を刺す時にちくっとした痛みがあります。 施術直後 体の中からぽかぽかと暖まってくる感覚になることがあります。 料金 10回コース(1回あたり¥ 9,800) ¥ 98,000(税抜) 5回コース(1回あたり¥ 9,800) ¥ 49,000(税抜) 1回 ¥ 19,800(税抜).

次の