虚構 推理 評価。 《評価77点》アニメ「虚構推理」全話ネタバレ感想│シマヨシブログ

漫画「虚構推理」の感想!ミステリーマンガとして新しい表現と展開が面白い作品|魂を揺さぶるヨ!

虚構 推理 評価

F -3 見切り 4 oooo x. 視聴不可 0. 虚構推理 に対する評価、コメント 引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい• [A] つまらない真実より面白い嘘、無論作者は皮肉のつもりやで。 [A] 一般的な推理ものに喧嘩を売る設定の刺激の強さ…はありますが、それだけだとB止まりだったでしょう。 レビューで触れたように最終回の「終」の文字の持つ意味が素晴らしく、それが最後に評価を押し上げてくれました。 とても好みの作品だったのだと、そう思います。 当然、ベストエピソードは最終回12話。 [A] 良いミステリだった。 トリックを暴き犯人を指摘する…というタイプのミステリと違って、真実とは違う虚構の推理で誰かを納得させる、その手法が面白い。 全12話のうち大半を占める鋼人七瀬の話では、推理=ミステリの部分をしっかりさせつつも、推理を武器にしたバトルみたいな側面もでてきて大変面白かった。 原作を読んでも楽しめそうだけど、アニメとしては琴子役・鬼頭明里さんの演技が特にお気に入り。 [A] 「可憐にして苛烈」な岩永琴子がキュート。 琴子のお下劣なセリフが結構カットされていた。 得てして退屈な真実よりも、混乱した秩序を再構築するための魅力あるストーリーを優先させる、という「説得される快感」に特化したミステリ。 大蛇のエピソードをまず出して、虚構推理のルールをわかりやすく見せたのはいいけれど、それでも鋼人七瀬に 1クールほぼ終始したわけで、高校生編とかアニメ向きの短編が見られなかったのは残念。 [B] 何か事件が起きたら、真実を追い求めるのではなく、まず真実を最初に提示してその後で、言わば屁理屈を真実らしく構築してしまおう…といった具合の作品。 琴子のあれやこれやと頭を働かせた上での自信満々な物言いと態度に、もうそれでいいやとこっちまで納得させられたのは、如何なる作用によるものか。 おそらくはその自信を裏打ちするのかのような鬼頭明里さんの演技と、その提示するあとから用意された理屈が、物の怪のお姫様という設定にも関わらず、一応自然の理で賄えるものだったから…かな? まあ正直言うと、個人的には謎解き…じゃなくてこの作品においては後出しジャンケン…の方に注目したのではなく、可憐な外見に似合わず肉食系な半分人外ヒロイン岩永琴子その人の魅力と、彼女を取り巻く登場人物とのやりとり…といっても彼女と密接にやり取りしているのは九郎と元カノの二人だけだけど…の方が楽しく、登場人物が少ないことも相まって、すぐにキャラクターを把握でき、集中することが出来た。 [B] 結構面白かったのですが、鋼人七瀬編がだらだらと長かったのが少し残念でした。 もう 3話くらい縮めて次のエピソードに進んだら良かったんですけどね。 [B] 鋼人七瀬で最後まで引っ張るとは思わなかった。 しかしながら岩永琴子の魅力は感じられたのでB評価。 [C] レスバトルで言い負かし合いになるの面白かったし2期期待。 [C] 異色なストーリーは面白いけど、鋼人七瀬のエピソードちょっと長過ぎじゃ? [C] 鋼人七瀬のエピソードがやたら長いのが…。 虚構バトルって主旨自体は、うみねこの泣く頃にと同じで面白いのだけど。 [C] 設定的には面白いのだが話の大半が鋼人七瀬編だったのは何だかなあと。 2クールくらいあったら話は別だが。 [C] 流石に 1エピソードで延々引っ張るのは冗長すぎだろJK 1~2話完結の短編連作モノだったら評価は大分違っていたかと。 欠損ヒロインとか新しかったのに、実に勿体なかった。 [F] 文章で読んだら面白いのかもしれませんが、映像化したら間延びした感じがしたので切りました。 ブログ名 : アニメ調査室 仮• 記事名 : 虚構推理 の評価詳細 [P56]• seesaa. html.

次の

【虚構推理】ネタバレあり!殴れないし倒せない!?本物の怪物『鋼人七瀬』の謎に迫る!

虚構 推理 評価

こんにちはユレオです。 世の中には様々なファンタジーを題材にした漫画や小説、映画がありますが、西洋の世界観をベースとしたドラゴンやオークといった空想上の生き物が登場し剣や魔法で戦うといった冒険ものの作品が多くを占めます。 しかしファンタジー fantasy の定義は、超自然的で幻想的であり、空想的な事象を指すもので、そうしたものが物語のテーマとなっているのであれば、ファンタジー作品に含まれ、今では広く解釈されるようになりました。 ファンタジーは元は小説等の文学のジャンルでしたが、コンテンツの広がりから現在は漫画や映画、そしてゲームなどで数多くファンタジーを題材とした作品が存在します。 タイトル:虚構推理 作者 :原作. 城平京 漫画. 怪異により引き起こされた事件の事実を知り、推理をすることで別の理屈をでっち上げて、その理屈を疑いのない形で証明することにより未来を確定させるという不思議な物語で、作中の言葉遊びを楽しむ展開をみせます。 絵が非常に見やすく、キャラクターに魅力がある作品で、それぞれのキャラクターの個性をしっかりと表現されています。 怪異による事件や問題を解決していくというスタイルで話が進んでいくのですが、原作が小説ということもあり、テンポはあまり良いとは言えず、ゆっくりと時間を掛けて読むタイプの漫画です。 くだんと人魚の肉を食べた青年と知恵の神になった少女の物語、漫画「虚構推理」のあらすじ 主人公で大学生の岩永琴子は11歳の頃に神隠しに遭い、右眼と左足の膝から下を失うことで、怪異たちの知恵の神になります。 琴子はこの神隠しがきっかけで、怪異たちのトラブルの仲裁・解決する役割を果たすようになり、人間と怪異の中間に位置する存在になります。 九郎はこの力により怪異からは規格外の混ざりもの化け物と恐れられるようになり、偶然にも「河童」と遭遇した際に、河童が九郎を見て恐れおののく姿を見た九郎の婚約者は九郎の元を去ってしまいます。 引用元:虚構推理 琴子は17歳の時に九郎に出会い一目ぼれし、2年間で片思いを続けていましたが、婚約者と別れたことを知って告白し、また自身が知恵の神であり九郎の肉体の秘密を知っていることを伝えます。 その後二人は交際するようになり、琴子は知恵の神として世間を騒がせて都市伝説として語られるアイドルの亡霊・鋼人七瀬を消滅させるために、九郎と共に鋼人七瀬が消滅する未来をつかむための欺瞞に満ちた虚構の推理を展開します。 スポンサーリンク ミステリー・サスペンス作品としても大変面白い魅力のマンガ「虚構推理」の感想 このマンガは城平京の小説が原作で片瀬茶柴がマンガを担当しており、ストーリーが大変重厚です。 「人魚」「河童」「くだん」など、様々な怪異が登場し、ファンタジー色が強いですが、しっかりとした推理と考察が行われ、鋼人七瀬と呼ばれる都市伝説が生み出した亡霊を退治する物語がベースとなり、その後はショートショートの様々な怪異にまつわる事件を解決していく物語展開となります。 絵が大変丁寧に描かれ、その都度しっかりとした説明が加わり、またキャラクターの個性を引き出す細かな描写など、漫画作品として大変完成度が高いです。 引用元:虚構推理 鋼人七瀬のお話は小説のペースで漫画を描いているのか、物語の展開がかなりゆっくりで、漫画を読んでいるのに小説を読んでいるようなペース配分で不思議な感覚になります。 キャラクター設定が魅力的で台詞では語らない描写がところどころにあり、何度も読み返すことで気が付ける点があるなど、繰り返し楽しめる漫画作品です。

次の

unab.a-dedo.cl:カスタマーレビュー: 虚構推理

虚構 推理 評価

(画像:公式twitterより転載) アニメ『虚構推理』第9話を見ました。 (2020年度冬アニメ) おもしろいには理由がある。 おもしろいの裏の仕掛けをマーケティング・コピーライティングの視点で考察してみます。 「虚構推理」を面白くないと感じる方には、ただの「妖怪系」の「推理アニメ」と見られているかもしれません。 実は、私もそうでした。 ですが、『虚構推理』が マーケティングやコピーライティングのあるテクニックが使われているとわかった瞬間、アニメの魅力が10倍増しになり、鳥肌になりました。 『虚構推理』第9話の魅力を多角的に見ることで、今のあなたのお仕事やアイデアに組み合わせ、新しい集客法、アイデアに活かせるかもしれません。 [:contents] 目次• 鉄骨を片手で持つ顔面が潰れた巨乳のアイドルの亡霊、鋼人七瀬を消すための攻略はただひとつ。 鋼人七瀬の亡霊は存在しないと信じさせ、真犯人(人間)が全てやったと嘘情報をネット上の人の脳に焼き付け、記憶にインパクトを与えること。 ネットの情報を見ている人たちは、嘘であろうが本当であろうが、「鋼人七瀬は亡霊である」ことにした方が、面白いしロマンを感じる生き物。 知恵の神、 岩永 琴子は、ネットの鋼人七瀬まとめサイトに、別の真実(嘘)の推理をでっちあげ、論理的に書き込みしていきます。 書き込みに対し、 「何で?」「どうして?」「それはおかしい」など上手いタイミングでヤジが入ります。 このヤジを次々、と論破し1度は、鋼人七瀬は寺田刑事殺人の為のシナリオであったと信じ込ませることに成功した。 しかし、1度はみんな 岩永 琴子が仕掛けた嘘のシナリオを、ある人物がひっくり変えさせた。 しかし、 岩永 琴子はそれも想定の範囲であるという。 まだ、こちらも4つのうち1つしか手の内を明かしていない。 すでに1部の人は岩永 琴子が仕掛けた嘘のシナリオを信じ込ませた。 岩永 琴子がでっちあげた嘘の意外性のあるシナリオは、テレビを見ている筆者も「なぜ特別な殺し方をしたのか?」の疑問を納得、説得させられほど作り込まれており、おもしろい。 ひとつの情報で、100人中、100人に納得してもらうことは不可能。 まだ納得していない層に、残りの3つ嘘のシナリオを仕掛け、別の角度からアプローチしていく。 性格別、モチベーションアプローチ 岩永 琴子 「私は勝ちますよ。 まだ4つある解決のうち、ひとつを主張したにすぎません、1部でも信じてもらえれば十分ですう。 」 弓原紗季 「1部。 そうか。 他種多様な価値観がうずまくネット空間の中で、たったひとつの真実が受け入れられるのはたやすくない。 例えば、ダイエットサプリの販売の広告を見た時、• ミス、失敗、死にたくい。 だから目の前にある購入ボタンをクリックする人。 みんなに、異性に愛されたい、モテたい。 だから目の前にある購入ボタンをクリックする。 自分が強くなりたい、自信を持ちたい。 だから目の前にある購入ボタンをクリックする。 ダイエットに成功したい。 だから目の前にある購入ボタンをクリックする。 など、今すぐ解決したい悩み、そして欲求を満たしたなど、価値観はその時の感情、状況、立場によって決断する基準が変化するんです。 もし、 ひとつのアプローチだったら、100人中、10人しか購入してくれません。 しかし、 4通りのアプローチを仕込めば、100人中、40人も購入してくれる可能性が増加するんです。 つまり不特定多数にアプローチするには、他種多様な人に合わせたアプローチ方がある為、ひとつだけではなく、最低でも4パターンの人にアプローチするという方法です。 まず、アニメ『虚構推理』がただの怪異系推理アニメではなく、嘘、ハッタリ、でっちあげ、虚構争奪戦の戦略的アニメであったと知った。 なぜ?どうして?のツッコミ、合いの手、ヤジが入ることで、推理がどんどん明確になっていくのが気持ちいい。 筆者個人としては、虚構を論理的に組み上げ、ジワジワと説得、納得させられのが気持ちよく、ムネあつの『虚構推理』第9話でした。 映画、アニメ、ドラマの動画見放題数、日本No. 雑誌、マンガ、ラノベも見れる!• 無料でアカウントが4つ使える!• 月額料金が高い• すべてが見放題なわけではない•

次の