エミリー パーキンス。 スティーブン・キング『IT / イット』映画版のキャストまとめ

アメリカン・ピーチパイ / She’s the Man

エミリー パーキンス

シェイクスピアファンへ あらすじに「ひょんなことから」がついちゃってるあたり、くだらないコメディ感がぷんぷんする。 さて、久々にきました、 何も考えずに観る映画。 ちなみにyahoo! 映画の評価は上々の模様です。 注意して欲しいのは、決して期待して観るものではないということ。 ながら見にはうってつけかもしれません。 本気で鑑賞にいったら大惨事になると思われるのでご注意を。 ただ、 シェイクスピアファンの方々は観るべき かもしれない。 自分は全然知らないからよくわからないけど、元にしている十二夜からプロットだけでなく登場人物名やらセリフやらも拝借している模様。 この手の映画はネタバレも何もないと思うんで、全開で参ります。 でも気になる方は一応ご注意を。 ザ・アメリカン・ティーネイジャー映画 そんなにいっぱいアメリカの青春映画って見てないけど、イメージ。 イメージね。 コメディがっつり入れつつ恋で終わる。 本作もご多分に漏れずそんな感じの映画です。 冒頭シーンなんかすごいイチャついてていいなぁ、人生謳歌してるなぁ、とは思うけど、冒頭でこれだからすぐ喧嘩になる、って思ってたら案の定、速攻別れはやってきた。 その言い争いになりそうな時にフエを吹くコーチ。 こういうのをちょこちょこ入れてくるコメディ感。 悪くない。 社交界デビューとかもなんともアメリカン。 その他、タンポンを鼻につっこんでみたり、知らない人が歌いだしたり、ボールが股間にあたって痛いフリしてみたり。 なんてくだらないんだろう。。。 悪くない。 邦題:アメリカン・ピーチパイ 多分だけど、 意味はない。 アメリカン・パイ(American Pie)って映画は関係ないとは思う。 DVDのパッケージは似ているけど。 アメリカンピーチパイ アメリカンパイ なんとなく、アメリカの青春映画っぽいじゃん、ピーチパイって。 ってノリな気がしてならない。 だが、ノリは嫌いではない。 そして勝手にこれを思い出してしまう。 American Pie 元ネタ プロットの元ネタはシェイクスピアの「 十二夜」。 以下はwikipediaより引用 ふたごのきょうだいであるヴァイオラとセバスチャンが船の難波で離ればなれになってしまったことから始まる。 ヴァイオラは少年に変装するが、自分が仕えているオーシーノ公爵に恋をしてしまう。 オーシーノは伯爵家の令嬢であるオリヴィアに恋をしているが、オリヴィアはヴァイオラを男だと思い込んで思いを寄せるようになってしまう。 ストーリーとか名前とかに限らずセリフにも使っている。 偉大な人で生まれる人もあり、偉大なことを成し遂げる人もいる、そしてまた偉大な仕事を押しつけられる人も。 キャスト陣 キャスト陣を適当に紹介。 あて逃げ事件、大麻、摂食障害、整形手術、不法侵入、飲酒運転、万引き、性的暴行被害者(仮)と、話題の尽きない彼女。 今はデザイナー方面を勉強中らしい。 10年前だけど。 さすが役者。 本作のユーニスをみてこのMVを思い出した。

次の

Emily Perkins

エミリー パーキンス

Contents• Early life and career [ ] Perkins was born in ,. As a child actress she was in three made-for-television films: , , and 's. In 1998, Perkins took a supporting role in the Canadian TV crime-drama series as Carmen in the episode "The Most Dangerous Time". She returned to the series in 2001 to take a recurring, supporting role as the prostitute Sue Lewis for a further 34 episodes, a role which earned her a for Best Supporting Performance in 2003. In 2000, Perkins starred in the film as Brigitte Fitzgerald. In 2004 she starred in two back-to-back films, a sequel titled , and a prequel titled. Ginger Snaps 2: Unleashed is Perkins' largest role in a film. In 2004 the horror magazine awarded Perkins their Chainsaw Award for her work in GS2: Unleashed. Perkins had supporting roles in , , and a small role as a receptionist in. She stars in the thriller Blood: A Butcher's Tale. In 2009 and 2011, she appeared as "superfan" Becky Rosen in the CW TV series. She reprised her role in 2019 for the 15th and final season of the show. Starting March 1, 2010, Perkins played the regular role of Crystal Braywood in the Canadian TV comedy series. After two seasons the show was cancelled. She is married to Belgian Canadian academic , who has written about , including her roles in the Ginger Snaps series. ", "Atomic Monsters" 2010 Crystal Braywood Season 2 Regular 2014 Marty Crocker Episodes "Cease and Desist", "Lost and Found" Awards and nominations [ ] Year Title Awards Category Result Ref s 1990 YTV Achievement Award Best young actress Won 2001 Best Actress Won 2002 Best Actress Nominated 2003 Best supporting actress in a drama series Won 2005 Best Actress Won Fangoria Horror Hall of Fame Inducted References [ ]• Leoawards. com. Retrieved May 4, 2014. Iconsoffright. com. Retrieved May 4, 2014. Retrieved August 19, 2012. Hiccups. Retrieved May 4, 2014. CBC News. September 14, 2011. Retrieved October 20, 2017. Shaefer, Glen 2012-01-04. Retrieved 2014-06-25. in Spanish. Archived from on 2007-01-09. Retrieved 2006-12-11. July 2002. 214. Retrieved June 9, 2020 — via. External links [ ]•

次の

スティーブン・キング『IT / イット』映画版のキャストまとめ

エミリー パーキンス

ペニーワイズの顔がどうしてあんなに気持ち悪いのか?についてはここでは触れませんが、 代わりに可愛いかつての子役たちの現在に迫ります。 写真手前) 2003年、 27才にしてこの世を去ってしまいました。 自殺だったようです。 IT公開と同年の1990年には『The Neverending Story II(ネバーエンディング・ストーリー第二章)』、1992年には『Sidekicks(サイド・キックス)』で主役を演じました。 更にはスピルバーグ制作総指揮にあたったTVドラマ『SeaQuest DSV(シークエスト)』にも出演。 しかしシークエストがキャンセルとなった1996年を皮切りに、役者キャリアは下降の一途を辿ることとなります。 彼亡き現在も、ジョナサンは少年ビルを通して私たちの心の中に生き続けることでしょう。 なんとも愛嬌があり、存在感があります。 その後無事大学に進んだブランドンは、本格的にオペラのレッスンを受けたり、舞台でまた演じることの本質を学んだりと自分の道を模索していきます。 出典: 現在は親友と慕う妻と結婚し、二人の愛娘にも恵まれ幸せに暮らしているそう。 また、奥さんと一緒にウェブ関連の会社を立ち上げ、精力的に活動しています。 心気症のため、いつも携帯用のちいさな吸入器を持ち歩いている少年を好演。 7人の中でも身体が小さくて可愛いらしいですね。 現在は13年以上のサービス業界のキャリアをもって、シアトルのバーでマネージャーを務めているそうです。 ADHD(注意欠如・多動性障害)で、常にジョークを飛ばしている少年を好演しました。 セスは、ウディ・アレン脚本・監督の『Radio Days(ラジオ・デイズ)』で主人公の少年ジョンを演じていたので、 IT 出演前から有名でした。 出典: IT 出演後も、『Austin Powers(オースティン・パワーズ)』のシリーズに出演したり、1999〜2012年まではTVアニメ『Family Guy(ファミリー・ガイ)』でクリスの声を担当するなど、着実にそのキャリアを積んでいます。 7人の中でもずっと同じ業界で活躍している彼には、これからも頑張ってほしいものです。 現在はLAでウェブデザイナーの仕事をしているとかいないとか。 先ほど紹介したベンとエミリーは、どちらも カナダ・バンクーバー出身&同じ誕生日というから何か運命を感じますね。 出典: 2000年にカナダのホラー映画『Ginger Snaps(ジンジャー・スナップス)』に出演、翌年にはスペインの国際映画祭で最優秀女優賞を受賞しています。 日本でも人気を博した『Supernatural(スーパーナチュラル)』にも出演しています。 出典: 美人ですね〜!現在は大学で映画について指導している教授と結婚し、子供ももうけているようです。 出典: 2009年『Know Thy Enemy』に彼が出演しているとの情報がありましたが、これも不確か。 気になるところですね。 ま、まゆげが気になる。 そんな彼は言うまでもなく、数々の映画に出演したベテラン人気俳優。 しかし71才の現在、病気でとても身体が弱っているそうです。 個人的には、彼が健在の間に IT のリメイクが公開されてよかったなぁ〜と。 自分が演じたペニーワイズという大役、どう新しい役者ビルが演じているか気になるでしょうね。 実際ビル演じるペニーワイズが演じているシーンを、新作トレイラーで観たティム。 「 うん。 彼、すごくいいね!」とビルに高い評価を与えていました。 ティムが、新作 IT 全体ににどういった評価を与えるのかも気になるところです。

次の