ワオン カード コンビニ。 ワオンカードが使える店舗やコンビニは?ポイントカードとの違いも気になる!

iTunesカードはコンビニで安く買える!2つの種類と利用方法

ワオン カード コンビニ

イオンカードはスーパーやコンビニでの支払いの際に、手軽に利用することができます。 それでは、クレジット決済する場合、WAON決済する場合、そして「iD」 アップルペイiD含む 決済する場合とに分けてご説明しますね。 クレジット決済 クレジット決済を導入しているスーパーやコンビニなら、イオングループに限らずどこでもイオンカード WAON一体型 でクレジット決済での買い物ができます。 競合店のイトーヨーカドーなどでもOKです ちょっと気が引けるかもしれませんが・笑。 もちろん、買い物代金に応じて「ときめきポイント」も通常通り200円ごとに1ポイントが付きますよ。 【サインは必要?】 これ、そのお店によって違うんですよね。 スーパーだと買い物金額が1万円以上の場合はサインが必要というお店があったり、3万円以上のお店があったり、そのお店によってサインをしなきゃいれない金額が若干違うんです。 それと、サインではなく、 4桁の暗証番号を入力する場合もあります。 コンビニだとサインが必要になるのは、5千円以上だったり1万円以上だったりします。 私が知る限りでは、ローソンとサークルKサンクスは5千円以上、その他のコンビニは1万円以上の買い物の時にはサインまたは暗証番号入力が必要になります。 WAON決済 スーパーやコンビニのレジで混んでいる時なんか、クレジット決済してサインをしないといけないと、後ろに並んでいる人が気になっちゃうことってあります。 私なんかはメチャ気になるタイプです。 そういうときなどは、WAONで支払うとサインなしで買い物ができるのでおすすめです。 WAONでの支払い方法はいたって簡単です。 レジの店員さんへ「WAONで」と言って、 レジにあるカードリーダーにWAONをタッチし、あの「ワオン!」という決済完了の鳴き声がすればOK。 ちなに、WAONが使えるコンビニは、イオングループの 「ミニストップ」、そしてイオングループではないですが 「ファミリーマート」「ローソン」でも使うことができるんです。 WAONを使ったときにはWAONポイントが貯まります。 iD決済 アップルペイiD含む 「イオン iD」 「イオン iD」とは、イオンカード会員で、NTTドコモユーザーの方でしたら、Androidスマホ・携帯電話のおサイケータイ機能で使える「iD」のことです。 「iD」はほぼ全てのコンビニで使うことができます。 「アップルペイ iD」 イオンカードはアップルペイへ登録できます。 イオンカードを登録したアップルペイで支払をすると自動的に「iD」での支払いとなります。 いずれの「iD」で支払った場合も、「iD」が使えるお店でしたら支払いに使えますし、「iD」利用代金は、クレジットカード利用分として引き落とされるので、ときめきポイントが付きます。 【おすすめ記事】 イオンカードの即日発行 イオンカードは即日発行 即時発行カード できます。 ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。 詳しくは、こちらの イオンカードはアップルペイ登録OK イオンカードはアップルペイへ登録できます。 「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。 アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。 詳しくは、こちらの WAONで税金を支払ってポイント獲得 WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。 WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。 詳しくは、こちらの イオンカードは複数枚 2枚・3枚 持ちOK! イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。 例えば、「イオンカード WAON一体型 」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。 ポイントも合算することができます。 詳しくは、こちらの.

次の

WAONカードが使えるコンビニでamazon等の通販の支払いは可能ですか?ま...

ワオン カード コンビニ

イオンカードはスーパーやコンビニでの支払いの際に、手軽に利用することができます。 それでは、クレジット決済する場合、WAON決済する場合、そして「iD」 アップルペイiD含む 決済する場合とに分けてご説明しますね。 クレジット決済 クレジット決済を導入しているスーパーやコンビニなら、イオングループに限らずどこでもイオンカード WAON一体型 でクレジット決済での買い物ができます。 競合店のイトーヨーカドーなどでもOKです ちょっと気が引けるかもしれませんが・笑。 もちろん、買い物代金に応じて「ときめきポイント」も通常通り200円ごとに1ポイントが付きますよ。 【サインは必要?】 これ、そのお店によって違うんですよね。 スーパーだと買い物金額が1万円以上の場合はサインが必要というお店があったり、3万円以上のお店があったり、そのお店によってサインをしなきゃいれない金額が若干違うんです。 それと、サインではなく、 4桁の暗証番号を入力する場合もあります。 コンビニだとサインが必要になるのは、5千円以上だったり1万円以上だったりします。 私が知る限りでは、ローソンとサークルKサンクスは5千円以上、その他のコンビニは1万円以上の買い物の時にはサインまたは暗証番号入力が必要になります。 WAON決済 スーパーやコンビニのレジで混んでいる時なんか、クレジット決済してサインをしないといけないと、後ろに並んでいる人が気になっちゃうことってあります。 私なんかはメチャ気になるタイプです。 そういうときなどは、WAONで支払うとサインなしで買い物ができるのでおすすめです。 WAONでの支払い方法はいたって簡単です。 レジの店員さんへ「WAONで」と言って、 レジにあるカードリーダーにWAONをタッチし、あの「ワオン!」という決済完了の鳴き声がすればOK。 ちなに、WAONが使えるコンビニは、イオングループの 「ミニストップ」、そしてイオングループではないですが 「ファミリーマート」「ローソン」でも使うことができるんです。 WAONを使ったときにはWAONポイントが貯まります。 iD決済 アップルペイiD含む 「イオン iD」 「イオン iD」とは、イオンカード会員で、NTTドコモユーザーの方でしたら、Androidスマホ・携帯電話のおサイケータイ機能で使える「iD」のことです。 「iD」はほぼ全てのコンビニで使うことができます。 「アップルペイ iD」 イオンカードはアップルペイへ登録できます。 イオンカードを登録したアップルペイで支払をすると自動的に「iD」での支払いとなります。 いずれの「iD」で支払った場合も、「iD」が使えるお店でしたら支払いに使えますし、「iD」利用代金は、クレジットカード利用分として引き落とされるので、ときめきポイントが付きます。 【おすすめ記事】 イオンカードの即日発行 イオンカードは即日発行 即時発行カード できます。 ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。 詳しくは、こちらの イオンカードはアップルペイ登録OK イオンカードはアップルペイへ登録できます。 「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。 アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。 詳しくは、こちらの WAONで税金を支払ってポイント獲得 WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。 WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。 詳しくは、こちらの イオンカードは複数枚 2枚・3枚 持ちOK! イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。 例えば、「イオンカード WAON一体型 」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。 ポイントも合算することができます。 詳しくは、こちらの.

次の

JALカードマイラーが絶対に押さえておくべきコンビニ選びの優先順位!【コンビニエンスストア編】

ワオン カード コンビニ

1.WAONはコンビニで使える?支払いできる? 1-1. WAONが使えるコンビニ イオングループ傘下のコンビニには ミニストップがあります。 その他、支払い方法にWAONが含まれている大手コンビニもありますので、以下に使える電子マネーと共に紹介していきます。 ・ローソン ローソンをではほとんどの電子マネーが使えて便利です。 お弁当やジュースなど、普段のお買い物はほとんどWAONで支払う事ができます。 使える電子マネー:WAON、交通系電子マネー、Edy、QUICPay、iD ・ファミリーマート ファミリーマートでも電子マネーのほとんどの種類が利用できます。 Tポイントも貯まり、毎日の利用に人気のコンビニのひとつです。 使える電子マネー:、WAON、Tマネー、交通系電子マネー、PiTaPa(一部地域)、Edy、QUICPay、iD ・サークルKサンクス サークルKとサンクスもありますが、どちらもWAONでの支払い可能です。 使える電子マネー:WAON、ユニコカード、交通系電子マネー、PiTaPa(一部地域)、Edy、QUICPay、iD ・ミニストップ イオングループなので、WAON支払いにするとポイントアップや割引のキャンペーンを行っています。 使える電子マネー:WAON、交通系電子マネー、Edy、QUICPay、iD ・ポプラ 楽天ポイントが貯まるポプラでも、WAONが利用できます。 同グループのスリーエイトもWAONで支払う事ができます。 使える電子マネー:WAON、交通系電子マネー、Edy、QUICPay、iD 1-2. WAONの利用方法 まずは、WAONで払いたいという事をレジで一言伝えます。 もし、店員さんから「ボタンをタッチして下さい」と言われたら、レジ画面や読み取り機に備え付けてあるWAONのボタンを押します。 その後、「カードをタッチして下さい」と言われたら、レジの横にICカード読み取り機があるので、カードをタッチします。 お買い物以外のコンビニWAON利用 ちょっとコンビニに立ち寄ってジュースを買ったり、お昼休みのお弁当を買ったり、日々の生活に定着しているコンビニでのお買い物。 他にも電気代や年金を払ったり、好きなアーティストのライブチケットを買ったり、様々なサービスが利用できますが、それらはWAONでも支払えるのでしょうか。 ここでは、サービズごとに確認してみましょう。 ・たばこ 支払い可否:〇 どんな銘柄でも、たばこはWAONで購入する事ができます。 このように、他の企業や自治体へ払う料金を、コンビニが一時的に預かるサービスを 代金収納と言います。 ミニストップは電子マネーの中でもWAONでの対応可能サービスが増え、支払いが効率的になりました。 ただし、これら代金収納では WAONポイントは付与されないので、気をつけましょう。 WAONは利用できません。 しかし、ここでもミニストップはWAONでのみ支払い可能になりました。 他のコンビニでは対応していません。 こちらもミニストップではWAONでも購入できます。 ・お酒 支払い可否:〇 お酒は、コンビニでWAON支払い可能です。 2-2. ミニストップの利便性 2016年から開始されたミニストップでのWAON利用拡大のおかげで、支払いの際とても効率的になり、小銭やお札を何枚も用意しなくて済むようになりました。 WAON対応になったサービスは、 代行収納・郵便サービス・ギフトカードです。 ちなみに、これらの支払いをWAONで行っても、WAONポイントは付与されませんので、その点は理解しておきましょう。 3.WAON支払いの時にコンビニのポイントカードを提示すれば電子マネーでもポイントカードでも両方ポイント貯まるのか? 3-1. WAON支払いで貯まるポイント 今は各社共通ポイントが競い合う ポイント戦国時代です。 皆さんも普段利用しているコンビニによって、PontaやTポイントが貯まるので、自然と持ち歩くポイントカードが決まってくると思います。 ではWAONで支払った場合、ポイントはどのように付与されるのでしょうか。 ここではコンビニごとに貯まるポイントを確認していきましょう! ・ローソン WAONポイント…200円で1ポイント Pontaポイント…100円で1ポイント dポイント…100円で1ポイント (例)ローソンで1000円の買い物をし、WAONで支払った場合 WAONポイントが5ポイントと、Pontaポイントかdポイントが10ポイント貯まる! ・ファミリーマート WAONポイント…200円で1ポイント Tポイント…200円で1ポイント (例)ファミリーマートで1000円の買い物をし、WAONで支払った場合 WAONポイントが5ポイントと、Tポイントが5ポイント貯まる! ・サークルKサンクス WAONポイント…200円で1ポイント 楽天ポイント…100円で1ポイント (例)サークルKサンクスで1000円の買い物をし、WAONで支払った場合 WAONポイントが5ポイントと、楽天ポイントが10ポイント貯まる! ・ミニストップ WAONポイント…200円で1ポイント (例)ミニストップで1000円の買い物をし、WAONで支払った場合 WAONポイントが5ポイント貯まる! ・ポプラ WAONポイント…200円で1ポイント 楽天ポイント…100円で1ポイント (例)ポプラで1000円の買い物をし、WAONで支払った場合 WAONポイントが5ポイントと、楽天ポイントが10ポイント貯まる! 3-2. WAONでお得にポイントを貯めるには? イオングループのポイントシステムは少々複雑です。 電子マネーWAONで貯まるWAONポイントと、現金・WAON・クレジットカードで貯まるWAON POINTの2種類があります。 WAONポイントは電子マネーWAONの利用で貯まりますが、WAON POINTはどんな支払い方でも貯まるものの、電子マネーで払うとどちらかのポイントしか貯められず、 ポイント2重取りができません。 こうして見てみると、イオングループのミニストップでは貯まるポイントがWAONポイントに統一されてしまう為、 一番損してしまう事になります。 お得なのは、WAONで支払ってもカード提示で100円につき1ポイントが貯まるPontaか楽天のポイントですね。 WAONポイントのみなら、200円で1ポイント(還元率0. 5%)のところ、Pontaと楽天ポイントに対応しているローソン・サークルKサンクス・ポプラに至っては、200円で2ポイント…つまり、 合計200円で3ポイント貯まり、還元率1. 5%とお得です。 WAONを利用する際は、各コンビニで貯まるポイントカードの提示も忘れないようにしましょう! 4.WAONはコンビニでチャージできるのか? 4-1. コンビニでチャージできる? WAONはコンビニのレジでもチャージができます。 その他にも、イオンにあるチャージ機や、クレジットカードからのチャージ、事前申請しておけば、 ミニストップではオートチャージにも対応しています。 【チャージ可能なコンビニ】• ローソン• ファミリーマート• サークルKサンクス• ミニストップ• ポプラ 4-2. チャージの方法 コンビニでは数種類の電子マネーが利用でき、種類によってレジで切り替えボタンを押す事もあるので、チャージの際は、WAONを提示して「チャージします」と伝えるか、「WAONチャージします」と、どちらにせよ WAONのチャージである事を伝えて下さい。 レジにボタンが表示されたら、チャージ額が1000円~10000円まで選べるので、希望金額をタッチします。 まとめ• WAONをお得に使えるコンビニは、系列のミニストップよりローソン・サークルKサンクス・ポプラ!• WAONはコンビニで支払いもチャージもできる!• たばこやお酒は買えるが、チケットや金券はWAONで買えない。 WAONはイオンが発行している電子マネーの為、グループのミニストップが一番使いやすいと思いましたが、意外にもポイント的にお得なのはローソン等でした。 ミニストップでは、支払える商品の幅広さやキャンペーンの利用にメリットがありますが、コンスタントに利用するには、 Pontaカードや楽天ポイントカードとの併用がおすすめです。

次の