どさくさ に 紛れ て 類語。 どさくさに紛れての「どさくさ」とは何?その由来とは

新型コロナのどさくさに紛れて「公務員優遇法」が成立?

どさくさ に 紛れ て 類語

(この記事は、発売の『週刊12号』に掲載されたものです) * * * いつになったら、の騒動は収束するのか、多くの国民が固唾(かたず)をのんで見守っている。 ただ、こういうときは注意が必要だ。 どさくさ紛れに政府が都合のよい法案を成立させようと動くことがあるからだ。 そのひとつが現在、通常国会で成立を目指している法の改正である。 の定年を60歳から65歳へ引き上げるというもので、すでにの内閣、国防、法務合同部会が了承、安倍政権もまでには閣議決定を行なう予定だ。 改正法には60歳になれば管理職から外す「役職定年制」の導入や、60歳からの給与をそれまでの7割水準などに抑えるなど、一見、"前向きな"文言が並ぶ。 「役職定年制」は若手官僚を権限のあるに登用しやすくして役所人事の停滞を防ぐだろうし、給与を7割水準にとどめれば、総人件費の抑制につながり、も防げる。 そう評価して法改正は「問題はない」と反応する有権者も少なくないはずだ。 だが、「役職定年制」はすでに多くの民間企業でも導入されているが、その時期は50歳代前半がほとんどだ。 一方で、この法改正ではは60歳まで役職定年はなく、昇給も続くことになる。 民間と比べると、やはりは優遇されていると言わざるをえない。 61歳の給与を7割水準にとどめるという法改正にも優遇の仕掛けが潜んでいる。 なぜなら、民間で働く人は50代で役職定年で給与が下がり、60歳の定年後の再雇用で給与水準はさらに半分以下になるのが普通だからだ。 つまり、「役職定年後」のは民間企業で定年となって再雇用された労働者に比べ、少なくとも2、3割高い給与をもらえる可能性が高いのだ。 こうしたことを整理すると、以下のようになる。 は60歳までは降格なしに、給与が上昇し続け、それ以降の5年間も役職から外れるものの、どんなに能力のない者でも60歳でピークとなる給料の7割をもらって、民間水準をに上回る年収が保証される。 キャリア官僚の給与は部長や審議官でも年収0万円は下らないから、給与3割でも、その支給額は万円を超える。 民間企業ではありえない好待遇を保証するのが、法改正の正体なのだ。 こんな優遇の法改正がほとんど国会でも議論らしい議論が行なわれないまま、騒動に乗じて実現されようとしている。 本来なら、官民で処遇に格差が出ないよう、50代での役職定年制度や無能な職員の降格・降給などを導入すべきなのだが、安倍政権はやなど、自身の関心の深い法律は官僚を言いなりにさせて成立させる一方で、興味のない分野では官僚任せだ。 改革に関心のないは、役人優遇の法改正に邁進(まいしん)する官僚たちを抑える気などまったくない。 むしろ官僚にやりたい放題にさせることで恩を売っている疑いさえある。 定年延長が実施されるのは22年度からの予定だから、まだ十分な時間的余裕がある。 法案を慌てて成立させる必要はないはずだ。 騒動を収束させた後、今秋の臨時国会あたりで与野党が論議し、その内容をじっくりと吟味すべきだろう。 の元官僚。 の改革派のだったが、政権と対立して11年に退官。 『日本中枢の狂謀』()など著書多数。 サイト『』にて動画「の時事・政策向上ゼミ」を配信中 国家公務員法の改正について「コロナ騒動を収束させた後、今秋の臨時国会あたりで与野党が論議し、その内容をじっくりと吟味すべき」と語る古賀茂明氏 関連ニュース•

次の

「どさくさに紛れて」は英語で何て言うの?

どさくさ に 紛れ て 類語

安倍政権の「国家の緊急事態宣言」発令でメデイア報道は かつての「」宜しく、コロナ感染拡大報道を 連日連夜繰り返し「国民に保障なしの我慢」を要求する内容で 埋め尽くされて国民の関心を騒動に向けさせて います。 その「どさくさ」に紛れて、国民の注意. が向かないのをいいことに 安倍政府は国民生活に影響の大きい改正法案を成立させようとしています。 「種子法廃止」を「もりかけ問題」で国会が紛糾してるのを幸いにして 衆参で合計たった12時間の審議で農家も農協も消費者もほとんど 知らない間に可決してしまったのと同じ手法ですから「野党側」と 「メデイア」が厳しくチェックし. 国民に知らせる必要があります。 つまり政権の覚えめでたい人を要職に残すことが可能に なる。 これは解釈変更により黒川弘務東京高検の定年延長を 可能にする規定を盛り込むもので、これは時の政権の腐敗にメスを 入れる役割を担う検察の独立性を揺るがしかねない改悪です。 AIで分析し、高度に効率化したまちづくりを目指す. ものとしています。 反面「政府による国民監視社会」がウラに 隠れている「におい」がぬぐいきれません。 日本農業を「」に売る内容で 日本農業のため必要がない改悪です。 16日の本会議での議員が質問に登壇しこの「どさくさ 紛れ」の法案成立を図ることに「まるで火事場泥棒のようだ」と非難しました。 その通り!だと思います。

次の

「どさくさに紛れて」は英語で何て言うの?

どさくさ に 紛れ て 類語

漫画家や芸能人の に〝素人が口を出すな〟といっていた連中に、逆に〝素人が口を出すな〟とばかりに声を上げたこの道の究極の「専門家」たち。 — DJ MASTERKEY realdjmasterkey 検察官の定年延長を可能にする法案の審議がヤマ場を迎えている。 与党側は15日午後、委員会での採決に踏み切る構え。 15日午前の参議院本会議で、野党が新型コロナウイルス対応が続く中、採決を強行しないよう求めたのに対し、安倍首相は、法案の正当性を強調した。 野党会派・芳賀道也参院議員「三権分立と法の支配を揺るがすものだ。 コロナの混乱のどさくさにまぎれて、急ぐ必要はない」 安倍首相「内閣の恣意(しい)的な人事が行われることはなく、審議スケジュール等は、政府としてコメントすることは差し控える」 午後の衆議院内閣委員会での審議では、定年の特例を認める基準や理由について、森法相が、どう説明するかが焦点となる。 森法相「三権分立に反せず、適切なものであると、真摯(しんし)に説明して答弁に臨んでいきたい」 与党は、質疑の終了後に採決に踏み切る構えだが、野党は応じない姿勢で、全面対決となるとみられる。 立憲民主党・安住国対委員長「ありとあらゆることは、すべてやって抵抗したい」 一方、この問題では、与党内にも、反対意見や慎重論が相次いでいる。 自民党・石破元幹事長「きちんと国民に納得がいくような、ご理解いただける、今そんな状況だとまったく思っていない」 自民党では、石破元幹事長のほか、船田元経済企画庁長官も、「強行的に議事を進めることは、国民世論をないがしろにする所業」と批判していて、与野党ともに、世論を意識しながらの攻防となっている。 一方、15日午後には、松尾邦弘元検事総長ら検察OBが、検察庁法の改正案について反対する意見書を法務省に提出する予定。 意見書には、法務省事務次官や東京高検検事長などを歴任した松尾氏をはじめとする、田中角栄元首相が逮捕されたロッキード事件の捜査に携わった検察OBらを中心に、十数人が賛同しているという。 これまで、SNSで著名人による改正案への抗議が相次いでいたが、元検察トップが、法務省提出の法案に対して公然と反対を表明するのは異例。 yahoo. 【ネトサポさんへ。 このアカウントでの安倍さんへの意見を書くとマイナスが付きますが、意見はやめませんので。 】 本当に、本当に泣いているんです。 だれか一人のためにみんなが涙を流す、苦しい思いをする。 そんなこと許せますか。 小学校の時に、【みんなはひとりのために。 ひとりはみんなのために】と習いました。 みんなのために頑張りたい。 自分の頑張りで社会が豊になる貢献をしたい。 それなのに、国の最高トップが不正をし、自分の不正を隠すために自分の都合のようように周囲を利用する。 本当に許せない。 私達の祖父祖母ががんばって戦後復興し、世界一の製造技術を確立し、技術でも努力でも世界で戦える基盤を作ってくれたんです。 努力と勤勉さと。 そんな日本がダメになっていく。 崩れていくのとだまってみていられません。 日本は、公僕の大リストラが必須。 今、与野党揃って、主権者国民に害でしかない公務員延長で同調する異常。 安倍自民党、公明党、維新は、都合よい検察延長を通したい。 野党は、支持者の公務員を利する延長だけやりたい、主権者国民並みにリストラできるような公僕に損な改正は阻みたい。 与党の、またかの友達人事は、大臣の後期高齢化や破綻議員乱造よりマシだが、モリカケ政権では却下。 野党は、最早、自民と同類。 今、少子高齢化、グローバル化、災害大国化の日本に必須な、統治は、即ち主権者国民の権利且つ責務は、国の大リストラ。 即ち、国地方の全ての公共の制度仕組を高度に機械化・高性能化し、公僕と総人件費を9割以上削減し、財政健全化、現場職公務員の強化、福祉教育の拡充、起業等民間の拡大。 今の与野党全体が、無駄で邪悪。 社会経験豊かな主権者国民だけの新人だけの2期限定の国の大リストラを目指す新党の大勝利が必須。 かな?.

次の