タルップル。 【ポケモン剣盾】タルップル入りでマスターボール級【ランクバトル】

タルップル|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

タルップル

タルップル りんごじるポケモン ガラルNo. 207 ぜんこくNo. 842 高さ 0. 4m 重さ• 0kg• けたぐり威力40 タイプ• 英語名• Appletun タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 通常より早く、HPが最大HPの半分以下になると『きのみ』を使う。 道具を持っている場合は失敗する。 天気が『ひざしがつよい』の時は、2段階ずつ上がる。 相手の回避率を2段階下げる。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 第6世代では群れバトル発生 Lv. それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 道具を持っている場合は失敗する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 自分と味方の状態異常を回復する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

【ポケモン剣盾】タルップル入りでマスターボール級【ランクバトル】

タルップル

で ポケモンずかんの説明文 あまい りんごを たべて しんか。 からだから あまい においを だして エサの むしポケモンを ひきよせる。 漢字 甘い りんごを 食べて 進化。 体から 甘い においを だして 餌の 虫ポケモンを 引き寄せる。 キョダイマックス たいないの みつを たいりょうに ふんしゃして あびせかけ べたべたの ねんえきの なかで ちっそくさせる。 漢字 体内の 蜜を 大量に 噴射して 浴びせかけ べたべたの 粘液の 中で 窒息させる。 あまい みつで からだが おおわれ せなかの かわは とくに あまく むかしは こどもの おやつだった。 漢字 甘い 蜜で 体が おおわれ 背中の 皮は とくに 甘く 昔は 子どもの おやつだった。 キョダイマックス キョダイマックスの パワーによって みつの ねんどは さらに たかくなり ダメージを きゅうしゅうする。 漢字 キョダイマックスの パワーによって 蜜の 粘度は さらに 高くなり ダメージを 吸収する。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 ソード・シールド - - 備考• とキョダイマックスのすがたが共通である。 シールドのの説明では ソード・シールドの時間軸から見て かつて食用であったことが明記されている。 アニメにおけるタルップル マンガにおけるタルップル ポケモンカードにおけるタルップル• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

【ポケモン剣盾】タルップル入りでマスターボール級【ランクバトル】

タルップル

初めまして!ミヤビと申します!以前はUSUMの時に別の名前で2本ほど育成論を書かせていただきました。 私は普段草統一でレートに潜っており、新ポケモンであるタルップルを何とか使えないかと思い、試行錯誤しました! 上で述べた通り、草統一で潜っているので出てきやすい相手なども普通にランクマに潜っている人とは違います。 そのため使用感は一般のそれとは異なっていることもありますので気になることがあればコメントをいただければと思います。 とはいえ、草統一の人は少ないと思いますので普通のパーティーにいれてもある程度活躍できるように考察していますのでご安心を! ですが、今回の育成論はガチパ仕様 草統一の中ではガチ仕様ですが… よりかは 採用理由は愛としてお読みいただければと思います。 お互いに理想個体を前提にしてます。 一度名前が出たポケモンは次からアイコン画像のみとします。 ダメージ計算はアプリの「ダメージ計算SS」を元に計算しています。 不要という声が多ければ削除いたします。 採用理由 私は草統一のため、特性込みで炎技半減が魅力なので採用しているが一般的なパーティーに組み込むとしたら、環境に多いロトムに強いことが挙げられる。 タルップルとは 剣盾からの新ポケモン。 草・ドラゴンという独特のタイプであり弱点は多いため弱保とは相性がいい。 種族値 H110 A85 B80 C100 D80 S30 鈍足で体力と特攻は高め。 素早さ種族値はカビゴンと同じ。 体力が高めなお陰でダイマックスをすればほぼ1撃で落とされることはなく、これまた弱保と相性がいい。 特性 カジッチュ系専用特性の"じゅくせい"や"くいしんぼう"、夢特性の"あついしぼう"があるが今回は耐性面を考えて"あついしぼう"を選択。 これにより草タイプにも関わらず、炎技を半減することができる。 努力値振り AとDにぶっぱ。 元々はACぶっぱで使っていたが弱保発動が前提であり、その場合C方面は振っても振らなくても仮想的相手ではそこまで確定数が変わらない。 むしろC特化モスノウの冷凍ビームを確定耐え、リザードンのC特化サンパワーダイジェット確定耐えまでDに振った方が恩恵が大きいと感じた。 〜追記〜 H252振りの方がいいのではないかと意見をいただきましたが、後述する物理被ダメージの確定数が確2から変わらなかったこと、H252振りだと一部の特殊攻撃の乱数が大きく変わる事 例. もっといい調整がありましたらコメントお願いいたします。 技構成• 技説明の次に与ダメを載せておくが、基本的にこちらはダイマックス時で弱保発動前の状態かつ相手は非ダイマックスで計算する。 理由としては相手がダイマックス時でこちらが弱保発動時はほとんどダメージ計算が変わらないからである。 相手がダイマックス時は載せているダメージの約半分、弱保発動時は載せているダメージの約2倍のダメージで計算してほしい。 りゅうせいぐん 威力130 ドラゴンタイプ特殊最強技。 うったあとはCが2段階落ちるが、ダイマックス時はそのデメリットがなくなり、威力140で相手の攻撃を1段階下げる。 8〜123. 8〜78. 5〜94. 8〜19. 0〜92. 5〜51. 1〜100. 7〜110. 8〜150. 4〜117. 2〜128. 差別化 今回広い技範囲を活かした構成になっている。 同じ技範囲の構成ができるのはタルップル以外だととフライゴン、オノノクス、ヌメルゴンなどがいるが、タルップルの方が強い点としては以下の通りである。 〜被ダメ〜• こちらはダイマックスで計算 【特殊方面】 C特化のダイジェット エアスラ 56. 7〜67. 4〜94. 0〜63. 1〜34. 3〜68. 5〜103. 1〜98. 7〜90. 8〜95. 8〜81. お互い非ダイマックス C特化の冷凍ビーム 84. 3〜99. 高耐久ポケモン全般 元々の火力が低いため、やアーマーガア、サニーゴなどは突破が難しい。 相性のいい味方 普通のパーティーに組み込む場合、は電気、水、草の耐性が高いのでやはタイプ相性的にいいだろう。 特にはの弱点を氷以外半減以下で受け切ることができる。 逆にの弱点はが半減以下に抑えることができる。 最後に ここまで読んでいただいてありがとうございました!これを読んでタルップルのことを少しでも知っていただければと思います。 例として挙げておられるリザードンのサンパワーダイジェットはH極振りでも耐えられますし、モスノウだけダイマ無しで耐える必要性も分かりませんでした。 修正致しました。 失礼ですがC特化リザードンのサンパワーダイジェットの計算を間違えていませんか?恐らくサンパワーが反映されていないのではないかと推測します。 こちらで計算したところ、タルップルがH252振りだとサンパワーダイジェットの被ダメージは89. 8〜105. やや低めの乱数とはいえ、これを耐えるのと耐えないのでは大きな違いです。 またダイマックス前提ではありますが、相手によっては切らないという選択肢もあり得ると思います。 その場合モスノウに対して有利ということです。 また、1番有利な相手がロトム系ということを考えると少しでも被ダメを抑えるため、そして一定数以上いる眼鏡サザンドラの流星群はH252振りだと87. 草統一だとリザやモスノウを確実に返り討ちにできるのは貴重ですし、その耐久差が必要な場面があったということであれば納得しました。 B252振りならまた変わると思いますが… なのでそこは論中に追記すべきと思いました。 そのため、草統一でのタルップルについて伺えたらと思います。 まず、使用しての感想ですが、1発耐えてからの弱点保険発動で確1できるのは相手の意表をつけてとても良かったです。 ですが、2体目の相手を突破出来ませんでした。 足が遅い分、すでに消耗し切ってる状態では受けきれません。 足の遅さが弱点保険の良さが活かしきれていないと感じました。 そこで、次にトリルで試してみましたが、先行するも当然弱点保険は発動していないため、火力不足で落としきれず。 相手の攻撃によって発動するとして、結局2ターンかかってようやく1体処理。 2体目の時点ではトリルもラストターン。 最悪なパターンだとターン稼がれトリル切れ。 トリル用員を1体消費の上では割に合いませんでした。 今作のトリルは難しいです… 私がうまく使いこなせていないのもありますが、弱点保険を持たせるならゴリランダーやルンパッパなど、先行しやいアタッカーに持たせた方がいいなと感じました。 もし、使用方法や戦術が違うということであれば、お手数ですがご教授いただけますでしょうか。 こいつを最後に出す前提で他がダイマックスしなくても1〜2体持っていけるパーティーを組む 例えば例出たルンパッパやゴリランダー、カットロトムなどでしょうか…上記3体はダイマックスしなくても相手と打ち合えるだけのスペックがあると思います。 1体持っていくことが出来ればトリルターンは十分に残せることができるのでそういう立ち回りもあるかと思います。 道連れはダイマックスで回避されてしまいますがそこでダイマックスを先にきらせることで別パターン 他のトリルエースを先に出す という選択肢も生まれます。 ダイマックスタルップルがダイマックス技を耐えられるということはお互い非ダイマックスでも概ね1発は耐えるということなのでこちらの運用も可能かと思います。 ダイマックスに対して固執過ぎてました。 パーティの構築から改めて考え直してみます。 また、トリル道ずれは決まれば草パで突破しずらい相手でも、問答無用で落とせるのはとても素晴らしいですね ダイマされても先に切らせたと考える切り返し 参考になりました。 色々可能性が見えてきたので試行錯誤頑張ってみます。 この度はご教授いただき、誠にありがとうございました。

次の