ラウル ヒメネス。 ラウール・ヒメネスってどんな選手?生い立ちやプレースタイルを徹底解説【ウルヴァーハンプトン】|yasublog

ラウル・ヒメネス

ラウル ヒメネス

名前:ラウル・アロンソ・ヒメネス・ロドリゲス 生年月日:1991年5月5日 国籍:メキシコ チーム:ウルヴァーハンプトン・ワンダーランズ(背番号9) 身長:190cm 体重:76kg 利き足:右 ポジション:フォワード ラウール ヒメネスはメキシコのイダルゴ州テぺジという都市で生まれ育ちました。 サッカーは地元のサッカースクールで始め、その後メキシコの強豪クラブ・アメリカの下部組織に加入します。 クラブ・アメリカではアンダーカテゴリーを順調に駆け上がり、 2011年10月(当時20歳)にはトップチームデビューを果たしました。 それからクラブ・アメリカでは公式戦で2シーズンにわたり2桁得点をマークするなど印象的な活躍を見せ、2014年8月にはスペインの強豪アトレティコ・マドリードへの移籍が決まります。 しかし、アトレティコ・マドリードやその後加入したFCポルトでは印象的な活躍は見せられず、 2018年6月にプレミアリーグに昇格したばかりのウルヴァーハンプトン・ワンダーランズへ移籍します。 ウルヴァーハンプトンでは加入初年度から13得点を記録するなど素晴らしい成績を収め、クラブの年間最優勝選手賞も受賞。 2019-20シーズンは記事執筆時点で公式戦44試合に出場し22ゴール10アシストをマークしており、ウルヴァーハンプトンのエースと言える存在に成長しました。 ちなみに2019-20シーズンは記事執筆時点(2020年3月中旬)でキャリアハイとなる素晴らしい成績を収めています(公式戦44試合22ゴール10アシスト)。 ウイイレアプリ2021では黒玉昇格も十分あり得る選手です。 【ウイイレアプリ2020】ラウール ヒメネスの能力値 レベル1 レベル28(MAX) 総合値 83 89 オフェンスセンス 84 88 ボールコントロール 78 83 ドリブル 77 81 ボールキープ 75 80 グラウダーパス 74 79 フライパス 70 75 決定力 83 88 ヘッダー 83 87 プレースキック 60 64 カーブ 75 79 スピード 79 83 瞬発力 75 79 キック力 80 85 ジャンプ 78 83 フィジカルコンタクト 80 85 ボディコントロール 69 73 スタミナ 84 89 ディフェンスセンス 57 62 ボール奪取 55 59 アグレッシブネス 80 85 GKセンス 40 40 キャッチング 40 40 クリアリング 40 40 コラプシング 40 40 ディフレクティング 40 40 逆足頻度 2 2 逆足精度 3 3 コンディション安定度 6 6 怪我耐性 2 2 【ウイイレアプリ2020】ラウール ヒメネスのポジション ウイイレアプリ2020でのラウール ヒメネスはメインポジションがCFとなってなっていますが、ST、OMF、LWGのサブポジション適性もついています。 ウイイレアプリ2021では黒玉昇格の可能性がある選手ですので、まだ持っていない方は今のうちに獲得しておくことをおすすめします。 まとめ 今回はウイイレアプリ2020のラウール ヒメネスを紹介しましたがいかがでしたか。 ラウール ヒメネスはメキシコの強豪クラブ・アメリカでプロキャリアをスタートさせ、その後スペイン、ポルトガルの強豪クラブを渡り歩いてきました。 アトレティコ・マドリードやFCポルトでは印象的な活躍を見せられなかったものの、現在はウルヴァーハンプトン・ワンダーランズで素晴らしい活躍を見せています。 2019-20シーズンも非常に素晴らしい成績を残していますので、ウイイレアプリ2021では黒玉昇格も十分あり得る選手です。 ウイイレアプリ2020でラウール ヒメネスをまだ持っていない方は今のうちに獲得しておくことをおすすめします。

次の

ラウール・ヒメネスってどんな選手?生い立ちやプレースタイルを徹底解説【ウルヴァーハンプトン】|yasublog

ラウル ヒメネス

マンチェスター・ユナイテッドは、 1月に上海申花からローンで獲得したオディオン・イガロの契約延長を成立させられなかったようです。 プレミアリーグではノーゴールながらも、ELとFAカップで4発をゲットしたストライカーは、5月31日までの貸し出しとなっていました。 プレミアリーグの再開が6月となり、今季で契約が満了となる多くの選手はシーズン終了までの引き延ばしが認められたのですが、7月に開幕を迎える中国のクラブは、 「移籍金1800万ポンド(約23億8000万円)で買い取らないなら、返してもらう」という姿勢を崩しません。 マンチェスター・ユナイテッドが、残り5日のうちに腹を決めればイガロ獲得は可能ですが、 先行きが見えないタイミングでのジャッジは難しいでしょう。 クラブを愛してくれた選手ゆえ、非常に残念ですが、スールシャール監督はイガロ抜きでCL出場権獲得をめざすことになりそうです。 5月上旬には、 「オリンピック・リヨンのムサ・デンベレを狙っており、6180万ポンドでクラブ間合意」と報じられていたマンチェスター・ユナイテッドですが、ジェイドン・サンチョ、ジャック・グリーリッシュ、カリドゥ・クリバリ、ムサ・デンベレをすべて手に入れるのは無理でしょう。 1億ポンドといわれるジェイドン・サンチョを諦めた際は、点取り屋タイプに向かうともいわれていますが、今季の公式戦で42試合22ゴール7アシストという素晴らしいスタッツを残したデンベレではなく、 「44試合22ゴール10アシスト、プレミアリーグ経験あり」を獲得する話もあるようです。 ただし…。 「 Man Utd and Juventus among 11 clubs seeking transfer for Wolves star Raul Jimenez(マン・ユナイテッドやユヴェントスなど11のクラブが、ウルヴスのスターであるラウル・ヒメネスを移籍させたがっている)」。 今季プレミアリーグで29試合13ゴール6アシスト、ELでは13戦9発のラウル・ヒメネスが、トランスファーマーケットの話題にならないわけがありません。 大げさな見出しを掲げた「デイリー・スター」の記事には、ルカクの後釜を獲りたいクラブとマンジュキッチの代役を探しているクラブの名前しか書かれておらず、11クラブが手を挙げているとは思えないのですが、 多くのクラブがリストアップしている人気案件という紹介に異論はありません。 ラウル・ヒメネスの父親は、ビッグクラブの注目が息子に集まっている状況について聞かれると、「 とてもクールな話だけど、彼は今のクラブでハッピーだ。 現在はチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場権獲得をめざしている最中で、リーグの再開以外には興味がない」と語っているとのこと。 シュートの精度とカウンターの切れ味が評価されているストライカーの争奪戦が盛り上がるのは、2019-20シーズンを終えてからになりそうです。 2019年4月に、ウルヴスがベンフィカに支払った移籍金は3000万ポンド(約40億円)。 29歳のゴールゲッターのお値段は、 多くのクラブの参入で吊り上がるのか、コロナウイルス蔓延の余波で据え置かれるのか。 しばらくは、メキシコ人の親子が誇らしく感じるクールな噂が流れ続けるものと思われます。 プレミアリーグやセリエAのビッグクラブの新たなアクションに注目しましょう。 おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。 所要時間は5秒です。 何とぞよろしくお願いいたします!.

次の

ウルブスのFWヒメネスがチチャリート超えのメキシコ人最多得点記録を更新(unab.a-dedo.cl スポルト)

ラウル ヒメネス

マンチェスター・ユナイテッドは、 1月に上海申花からローンで獲得したオディオン・イガロの契約延長を成立させられなかったようです。 プレミアリーグではノーゴールながらも、ELとFAカップで4発をゲットしたストライカーは、5月31日までの貸し出しとなっていました。 プレミアリーグの再開が6月となり、今季で契約が満了となる多くの選手はシーズン終了までの引き延ばしが認められたのですが、7月に開幕を迎える中国のクラブは、 「移籍金1800万ポンド(約23億8000万円)で買い取らないなら、返してもらう」という姿勢を崩しません。 マンチェスター・ユナイテッドが、残り5日のうちに腹を決めればイガロ獲得は可能ですが、 先行きが見えないタイミングでのジャッジは難しいでしょう。 クラブを愛してくれた選手ゆえ、非常に残念ですが、スールシャール監督はイガロ抜きでCL出場権獲得をめざすことになりそうです。 5月上旬には、 「オリンピック・リヨンのムサ・デンベレを狙っており、6180万ポンドでクラブ間合意」と報じられていたマンチェスター・ユナイテッドですが、ジェイドン・サンチョ、ジャック・グリーリッシュ、カリドゥ・クリバリ、ムサ・デンベレをすべて手に入れるのは無理でしょう。 1億ポンドといわれるジェイドン・サンチョを諦めた際は、点取り屋タイプに向かうともいわれていますが、今季の公式戦で42試合22ゴール7アシストという素晴らしいスタッツを残したデンベレではなく、 「44試合22ゴール10アシスト、プレミアリーグ経験あり」を獲得する話もあるようです。 ただし…。 「 Man Utd and Juventus among 11 clubs seeking transfer for Wolves star Raul Jimenez(マン・ユナイテッドやユヴェントスなど11のクラブが、ウルヴスのスターであるラウル・ヒメネスを移籍させたがっている)」。 今季プレミアリーグで29試合13ゴール6アシスト、ELでは13戦9発のラウル・ヒメネスが、トランスファーマーケットの話題にならないわけがありません。 大げさな見出しを掲げた「デイリー・スター」の記事には、ルカクの後釜を獲りたいクラブとマンジュキッチの代役を探しているクラブの名前しか書かれておらず、11クラブが手を挙げているとは思えないのですが、 多くのクラブがリストアップしている人気案件という紹介に異論はありません。 ラウル・ヒメネスの父親は、ビッグクラブの注目が息子に集まっている状況について聞かれると、「 とてもクールな話だけど、彼は今のクラブでハッピーだ。 現在はチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場権獲得をめざしている最中で、リーグの再開以外には興味がない」と語っているとのこと。 シュートの精度とカウンターの切れ味が評価されているストライカーの争奪戦が盛り上がるのは、2019-20シーズンを終えてからになりそうです。 2019年4月に、ウルヴスがベンフィカに支払った移籍金は3000万ポンド(約40億円)。 29歳のゴールゲッターのお値段は、 多くのクラブの参入で吊り上がるのか、コロナウイルス蔓延の余波で据え置かれるのか。 しばらくは、メキシコ人の親子が誇らしく感じるクールな噂が流れ続けるものと思われます。 プレミアリーグやセリエAのビッグクラブの新たなアクションに注目しましょう。 おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。 所要時間は5秒です。 何とぞよろしくお願いいたします!.

次の