新宿 駅 喫煙 所。 バスタ新宿に喫煙所はある?早朝や雨天でもタバコが吸える場所はここ!

喫煙所・喫煙室 閉鎖一覧 【首都圏版】

新宿 駅 喫煙 所

・新宿区は路上喫煙禁止 なぜ新宿駅周辺でたばこを吸うときに喫煙所を探さなければならないのか。 かつては新宿駅の構内や路上でも喫煙はできたようですが、それはもはや過去の話。 現在、新宿区は条例により路上喫煙が禁止されています。 そのため駅周辺でたばこを吸いたいという事であれば喫煙が可能なお店に入るか喫煙所で吸うしかありません。 確かに新宿駅の周辺にはたばこが吸える飲食店もあります。 ですがそれもあくまで利用する時間にもよるところがあるはずです。 30分や1時間といるつもりであればお店で飲み物を買ってゆっくりするというのも選択肢として入ってきます。 ですが喫煙できる時間が5分とか10分という程度であれば逆にお金を払ってまで吸いたい、という人は少なくなってくるかと思います。 数百円払って飲み物を買ってそれを飲み切りつつタバコも吸い終わらせるというのはかなり忙しないはずです。 そして何よりお金がもったいないです。 なので無料で利用できる喫煙スペースは愛煙家にとってはどこにあるかを知っているのといないのとでは大きく変わってくるものだと思います。 ・東口側の喫煙所 まずは東口側の喫煙所を紹介しましょう。 東口の喫煙所は新宿駅を出て線路沿いを歩いていくとあります。 この喫煙所があるアルタ前の広場は多くの人が待ち合わせ場所として使います。 少し早く着いてしまったので一服して時間を調整しようというのであればちょうどいい場所かもしれません。 ただ、こちらの喫煙所の仕切りは曇りガラスのようになっていますので、ゆっくりし過ぎて待ち合わせの時間を過ぎていたなんてことはないように注意しましょう。 東口の場合、駅ビルであるルミネ1の中にも喫煙所が設けられているようです。 買い物の付き添いで来たけど終わるまで時間がかかりそうという時はわざわざ外に出すにそちらで時間をつぶすといいでしょう。 ・西口側の喫煙所 続いて西口側の喫煙所。 西口の場合、小田急の建物から外に出てすぐのところにあります。 西口側の喫煙所と言うとここをイメージする人も多い事でしょう。 この喫煙スペースは多くの人が利用する場所ですのですぐに見つけることができるかと思います。 今回調査するうえでは気付かなかったのですが、ロータリーの横断歩道を渡ったところに灰皿が置かれているそうです。 駅から出てすぐのところに多くの人がいくからか、こちらは人が少ないらしいので混みあった中で吸いたくないという人はそちらに行ってみるといいかもしれません。 ・南口側の喫煙所 南口側はどうでしょう。 南口からすぐ行ける喫煙所としては甲州街道の高架下のところがあります。 東南口の階段を下りて高架の下に行くとこの喫煙所があります。 南口からよりは東南口から行った方が近い、というところはありますがこの喫煙所は東口や西口と違って屋根がありますので雨の時でも安心です。 こちらは利用できる時間が6時から24時までと決まっています。 そんな時間まで利用することはそうそうないかとは思いますが、利用する時は時間にも気をつけるようにしましょう。 また甲州街道の向こう側にはなりますが、新南口であればNeWomanやバスタがあります。 これらの建物の中にも喫煙所はありますので、そちらを利用するというのもありでしょう。 ・西武新宿駅前の喫煙所 そして最後に紹介するのは西武新宿駅の近くにある喫煙所です。 西武新宿駅前の場合、西武新宿駅の南口改札側にある駅ビル「PePe」の前の広場のところにあります。 以前はマクドナルド側にありましたが大ガードのほうへと移動しました。 マクドナルドの前の辺りにあった頃は工事現場に置いてあるような柵でスペースが区切られているだけでした。 道路を挟んではいますが、風向きによってはマクドナルドのほうに煙が流れる事になるので苦情か何かあったんですかね。 現在は画像のような仕切りがあるので、喫煙所の前を通ってもたばこのにおいがそこまで気にならないような状態になりました。 スポンサード リンク まとめ というわけで、今回は新宿駅周辺にある喫煙スペースを紹介しましたがいかがだったでしょうか。 今回紹介したのは2019年1月時点での情報です。 来年には東京オリンピックが控えています。 日本は海外と比べても喫煙に対する認識はかなり緩いと言われてはいますが、今後より観光客を呼び込むために規制を厳しくするかもしれません。 いずれにしても、愛煙家の人達の悩みが解決される日というのはまだまだ先になりそうです。

次の

【2020最新】新橋駅周辺でタバコが吸える無料喫煙所まとめ|マチしる東京

新宿 駅 喫煙 所

新宿駅新南改札・サザンテラス直結のNEWoMan(ニュウマン)は、2階のフードホールと、4階に喫煙所を設けています。 2階はフードホールの奥、トイレをさらに奥へ入ったところに8人ほどが入れる喫煙所があります。 また、NEWoManはびゅうプラザやバスタ新宿も隣接しており連絡通路も多いため、バスタから流れてくる喫煙者も見受けられます。 4階はトイレの手前に喫煙スペースがあり、キャパシティは10人ほどです。 二重扉になっていて、受動喫煙への配慮がみられます。 5階にも喫煙スペースが設けられているものの、こちらはルミネゼロの利用者のみが利用できるスペースとなっており、一般の方は利用できないため注意が必要です。 新宿南口改札から徒歩1分ほど、京王線ルミネ口からは直結しているルミネ1は、7階に喫煙所があります。 ルミネの喫煙所は、女性専用の喫煙ルームがある画期的な構成です。 喫煙所はエレベーター脇にあり、キャパシティは20人ほどで広々としています。 ガラス一面に観葉植物が植えられていて癒しの空間が演出されています。 腰掛けるタイプの椅子が設置されているので、寛ぐことができ、排煙設備のある大きな灰皿が3台設置されているので、同室の人の匂いも気になりません。 女性用はトイレ前にあり、2018年12月に授乳室設置のため規模が縮小されてキャパシティは10人ほどです。 灰皿は丸いタイプのものが3台あり、やはり腰掛タイプの椅子があるため腰を掛けてタバコを吸うことができます。

次の

都内で最も愛煙家に優しい新宿駅〜駅ナカ喫煙所・新宿編

新宿 駅 喫煙 所

禁煙・喫煙について JR東日本では、受動喫煙の防止を望まれるお客さまのご意見や社会における禁煙志向の高まりを受け、受動喫煙の防止に取り組んでまいりました。 駅につきましては、2009年4月および10月に首都圏の一定エリアの駅においてホーム上の喫煙所の撤去を行い、駅構内の全面禁煙を実施しました。 また、お客さまからの実施駅拡大の要望を受け、2011年6月1日から駅の全面禁煙を実施するエリアを拡大しました。 拡大したエリアは「首都圏の駅の全面禁煙実施エリア拡大について」(2011年4月26日)のとおりです。 列車につきましては、2007年3月のダイヤ改正からJR東日本の新幹線・特急列車の全面禁煙化を実施し、2009年6月からは会社間を直通する一部の列車についても全面禁煙を実施いたしました。 タバコを吸われるお客さまには、ご不便をおかけすることになりますが、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。 なお、電気加熱式タバコ、電子タバコについては、匂いの付いた水蒸気が発生する、タバコの火のように先端に光が灯る等の特徴により、周囲のお客さまの快適性を損なう恐れがあること、喫煙していると誤解を招きかねずお客さま同士のトラブルにつながる恐れがあることなどから、禁煙エリアでのご利用はご遠慮いただきますようお願いします。 首都圏の駅の全面禁煙化について• 喫煙号車がある列車・喫煙ルームがある駅 喫煙号車がある列車• ・定期列車 サンライズ瀬戸・出雲• ・臨時列車 カシオペア• ・ 一部の団体臨時列車など 喫煙ルームがある駅 新幹線 東京(*1)、上野(*2)、大宮、小山、宇都宮、那須塩原、新白河、郡山、福島、仙台、古川、くりこま高原、一ノ関、北上、盛岡、八戸、七戸十和田、新青森(*3)、秋田、山形、新庄、熊谷、本庄早稲田、高崎、上毛高原(*4)、越後湯沢、浦佐、長岡、燕三条、新潟、安中榛名(*4)、軽井沢、佐久平、上田、長野、飯山、上越妙高 特急 上野、土浦、水戸、勝田、日立、いわき(*5)、相馬、新宿、甲府、松本、長野 2016年6月現在• *1 新幹線ホームのほか地下総武線のりば改札外に設置• *2 新幹線改札内地下3階に設置• *3 新幹線ホームのほか新幹線改札内に設置• *4 改札外に設置• *5 改札内に設置.

次の