歯茎 の 腫れ を ひく 方法。 噛み合わせと歯肉の腫れについて!

歯茎の腫れの原因はストレスや疲れ!簡単にできる治療法とは!

歯茎 の 腫れ を ひく 方法

歯ぐきに現れる様々な症状• 歯ぐきの腫れ 歯ぐきのトラブルの中で最もよく見られる症状は、歯ぐきの赤み、腫れ、そしてブラッシング中の出血です。 症状が進むと、歯ぐきの後退、膿性分泌物、歯ぐきの緩み、そしてひどい場合には、歯が抜けてしまうこともあります。 大人になってから歯が抜けてしまう原因のひとつは、歯ぐきの問題なのです。 歯ぐきが腫れる原因と対応 歯ぐきは病気や外傷、腫瘍や歯肉炎など、さまざまな理由で腫れの症状を起こします。 歯周病などでは、初期段階では目に見える症状が無い場合もあります。 それゆえ、定期的な歯科医での検診と初期段階での診断で予防や早めの治療をすることがとても重要です。 歯ぐきに白い腫れがある場合 歯ぐきが腫れるの経験をされたことがあるかもしれませんが、腫 れの色が白いとあまり見慣れない感じがして気になるかもしれません。 白い腫れの原因は多岐にわたり、経過観察でよいものから、一刻も早く治療が必要なものまで幅広くあります。 それぞれ対策とともにご紹介しましょう。 アフタ性口内炎 多くのケースは、アフタ性口内炎です。 物理的刺激や食べたものによる刺激で痛みが増すようであれば、特に可能性が高いでしょう。 アフタ性口内炎が起こる原因ははっきりしていませんが、ビタミンB群の不足が原因の一つと考えられているので、ビタミン剤や、炎症を緩和するステロイド剤を投与するのが一般的です。 歯の根に膿が溜まったことによるできもの 深く入りこんだ虫歯の治療や外傷により、歯の神経が死んで歯の根の部分に膿が溜まり、白いできものになる場合があります。 この場合、根管治療を専門とする歯医者さんでの治療が必要になります。 歯医者さんを選ぶ際には、拡大鏡・マイクロスコープ・ラバーダムといった専門機器を備えているかなどもチェックしましょう。 良性腫瘍 歯に合ってない詰め物などで慢性的に刺激を受けて丸いできものができる場合、良性腫瘍が考えられます。 良性ではありますが、歯並びに影響を及ぼすこともあります。 根本的治療は外科的切除となりますが、必要性については歯科医師と相談して行いましょう。 妊婦の場合、ホルモンバランスの変化でも一時的に生じることがあるので、経過観察となります。 歯肉ガン 白っぽくて不定形のできものが次第に大きくなる場合は、歯肉ガンの可能性があります。 あごなどに達する前に早期に治療する必要があります。 あご骨に達してしまうと、放射線や抗がん剤が効きにくくなります。 少しでも疑わしいと思ったら、歯科口腔外科のある総合病院に行くとよいでしょう。 このような場合、近くの歯医者さんというよりは、口腔ガンを専門に扱う経験豊富な医療機関がおすすめです。 歯ぐきに赤い腫れがある場合 歯ぐきが赤くなったり、腫れたりする場合、大抵は歯肉炎が原因と考えられます。 歯肉炎は、歯垢が歯に蓄積してそこに細菌が住みつき、歯のエナメル質を溶かす酸を作って歯ぐきにダメージを与えることで生じます。 歯を定期的に磨かない、磨き方がよくない、ホルモン濃度の変化、病気、喫煙などが原因になります。 歯肉炎になった場合、どうしたら改善できるのでしょうか。 主な方法は以下の通りです。 症状が悪化しないうちに歯医者さんに行ってすぐに治療を受けます。 1日2回ブラッシングをします。 毛先を歯と歯ぐきに直角に当て、歯ぐきのキワを中心に小刻みに動かします。 ブラウンオーラルB 電動歯ブラシならとても簡単に細かい振動で磨くことが可能です。 フッ素を配合した歯肉炎予防の歯磨き粉や、歯垢を落とす歯磨き粉を使用します。 歯磨き後に抗菌マウスウォッシュで口をよくすすぎます。 細菌が住みつきやすいところをすみずみまでケアします。 1日1回はフロスをして、歯間の食べかすを取り除きます。 歯ぐきからの出血がしばらく続いたとしても、以上のケアを続けていきましょう。 痛みが強まった、出血が止まらない、という場合は歯医者さんに相談するとよいでしょう。 歯ぐきの問題は予防することができます。 定期的に歯磨きとフロスを行い、歯科医で歯と歯ぐきのチェックをしてもらうことで、生涯にわたって自分の歯を使い続けられる可能性が高まります。 一番重要なことは、歯垢(プラーク)を蓄積させず、それが歯や歯ぐきの脅威となるのを未然に防ぐことです。

次の

歯茎の膿が痛い!ストレスや薬について

歯茎 の 腫れ を ひく 方法

奥歯の歯茎が腫れる6つの原因と対処法 奥歯の腫れる原因は、親知らずによるものもありますが、一般的な歯茎の腫れる原因とほぼ同じです。 奥歯の腫れる原因は、主に次の6つのケースが挙げられます。 細菌の繁殖• 歯肉炎や歯周炎• 親知らずの周囲の細菌• 残っている歯の根の破片• 歯茎の腫瘍 1-1 細菌の繁殖 傷口に細菌が入って膿んだりするのと同じように、歯の根に細菌が入り、膿んでくると腫れを伴います。 膿が出れば、すぐに腫れが引く場合もあれば、なかなか腫れが引かずに痛みが大きくなることもあります。 対処法 腫れが引いても、歯の根の細菌は残り、幾度も同じようなことに悩まされることがあります。 歯科医で治療をして細菌を取り除くことが望ましいでしょう。 1-2 歯周炎 歯茎が腫れている場合、歯周炎であると言えます。 歯茎の深い部分や、ときには歯骨にまで及ぶこともあります。 対処法 歯周炎により歯が腫れてしまっている場合、日頃からのケアが大切になります。 腫れや痛みが気になるときは、歯医者さんに相談してみましょう。 1-3 親知らずの周囲の細菌 親知らずが正常な方向ではなく、斜めに生えてしまうと、歪んだ歯茎の間に細菌がたまり、繁殖してしまうことがあります。 腫れてくると、痛みが強くなるケースもあります。 親知らずを放っておくと、歯並びにも悪影響を及ぼす可能性もあり、早めの抜歯が奥歯の腫れの対処法にもなります。 1-4 残っている歯の根の破片 抜歯した際に残ってしまった歯の根の破片が、そのまま残ってしまうと歯茎の腫れを引き起こす場合があります。 対処法 残った破片を歯医者さんで除去してもらえば、腫れることもなくなります。 1-5 歯肉炎 歯ブラシや歯冠ブラシ、爪楊枝などとがったもので歯茎を傷つけてしまい、腫れることがあります。 対処法 軽い場合は清潔にして様子をみていれば治ることも多いです。 腫れが続くときは歯医者さんに相談すると良いでしょう。 1-6 歯茎の腫瘍 細菌や歯周病による原因ではなく、顎の骨や歯茎の骨髄炎や癌により、歯茎が腫れる場合もあります。 対処法 歯医者さんに相談し、口腔外科などで検査や治療をすることをおすすめします。 腫れたときの応急処置 歯茎が大きく腫れた場合や、強い痛みが生じた場合には、すぐに歯科医の診察を受けるべきですが、夜間や休日など、応急処置として自分で対処する方法を知っておきましょう。 2-1 冷やす 歯茎の腫れは、たいていは炎症を起こしていて、膿がたまっていることによるもの。 鈍痛やズキズキした痛みが生じてきます。 濡れタオルや氷のうなどで、外から冷やすことで、痛みを軽減することができます。 2-2 市販の痛み止め 痛みが大きい場合には、市販の鎮痛剤などで、痛みを軽減することもできます。 痛みを我慢していると食欲なども落ちてしまいがちなので、痛みを軽減し、しっかりと栄養を取ることが大切です。 ただし、そのまま痛みが消えても、歯科医で診てもらうことが肝心です。 2-3 口の中の消毒 うがい薬はのどの炎症だけでなく、歯茎の細菌の殺菌にも有効ですので、うがい薬で消毒してみましょう。 アルコール系のマウスウォッシュでは、腫れを刺激してしまう場合もあるので、市販のうがい薬を使うようにしましょう。 2-4 体力の回復 歯茎の腫れは、疲れがたまっていたり体調が悪いときなどに、抵抗力が落ちて、細菌の繁殖を抑えられず悪化することもあります。 上記で紹介した応急処置をするとともに、体を安静にして、体力を回復することにも努めてください。 2-5 やわらかい歯ブラシを使う 歯が腫れて痛いからといって、歯磨きをしないのも、口内の細菌を増やすことにつながり、良くありません。 いつもよりもやわらかい歯ブラシを使って磨くようにしましょう。 歯茎が腫れないようにするためのケア 歯茎の腫れは、主に、歯や歯茎の隙間にたまった歯垢に繁殖する細菌などによるものです。 ですから、日頃のセルフケアを改善すべきであることを示してくれる、一つのサインだと考えましょう。 つまり、日々のセルフケアの継続と向上が、大切なのです。 3-1 歯と歯茎の境目を意識したブラッシングを 口内には、歯周病菌が住んでおり、特に歯と歯茎の境目は、細菌が繁殖して歯垢が溜まりやすい場所です。 歯茎の腫れに時折悩まされる方は、歯と歯茎の境目を意識したブラッシングを実践しましょう。 3-2 歯周病菌に作用する歯磨き粉を使用する 市販の歯磨き粉には、ホワイトニング効果を謳ったものや、口臭予防、虫歯予防など、さまざまあります。 歯磨き後の爽快感も、お気に入りのものがあれば、なかなか違う歯磨き粉には代えがたいものです。 しかし、腫れに悩むなら、歯周病菌に作用する歯磨き粉を選ぶべきです。 3-3 歯ブラシを見直そう 歯ブラシも使い慣れたものがあると、なかなか換えるチャンスがないものですが、1本1本丁寧に磨くことが重要であることを考えると、小ぶりのヘッドがおすすめです。 腫れや出血がある場合には、柔らか目で毛先の細いものを選びましょう。 3-4 電動歯ブラシも使ってみよう 歯を磨く時間が短くなってしまったり、歯磨き粉の爽快感だけが残って、実はあまり磨けていなかったりという方は、電動歯ブラシを使ってみるのも良いでしょう。 短時間で効果的にケアできるのが魅力的です。 3-5 食後に口をゆすぐ習慣を 毎食後にしっかりと歯磨きすることが望ましいですが、なかなか習慣として定着させるのは、難しいことでもあります。 食後に磨けない時は、口をゆすぐだけでも、食べかすを除去し、細菌の繁殖を軽減するために効果的です。 もちろん、磨く時間があるなら、それに越したことはありません。

次の

【白い・赤い】歯ぐきが腫れる原因と対策|歯周病【ブラウンオーラルB】

歯茎 の 腫れ を ひく 方法

こんにちは 二日前の火曜日に2本いっぺんに抜いてきました 左の上下です 左下の親知らずですが、真っ直ぐはえているがの片方が少し曲がっているので、になりました 科に行ってをした後、手術室に行き、時間は1時間程度、ほとんど下の親知らずに時間がかかった感じです 真っ二つに歯を切った後に抜くと言っていました 鏡で見ると、すごい広範囲に傷があり(縫ってあります)、顔も腫れ、痛みもあり、縫った糸でつれて口が半分しか開きません 4時間ごとにうがいするようにと言われた薬でうがいしても、まだ血が混じります は飲み続けていますが、痛み止めは相当きつい物らしく、飲むと手が振るえ、ふぁ〜んとなるのでやめました 以前日本で、右側の上下親知らずを抜いた時は簡単に抜け、術後も痛みみもせず、腫れもしませんでした 今いるのはオーストラリアです 質問させてください 歯を磨く時に、左側が怖くて磨けませんが、普通に磨いてもいいのでしょうか?(になるのが怖いです) 6番と7番の歯の間に、縫ったらしく糸が挟まっています 何でそんなところまで糸が?? 腫れを引かせるにはどうしたらいいでしょうか? 日本にはあと3週間後に里帰りしますが、元に戻るんでしょうか? つばを吐くと必ず血が混じっていますが、血を止めるにはどうしたらいいんでしょうか? 次は2週間後に来るようにといわれています よろしくお願いします puppyさん、こんにちは。 後の様子、色々とご不安なことと思います。 ですが、本日で抜歯後2日ですよね。 あくまでご質問の内容をうかがう限りの回答ですが、この期間であれば、まだ腫れたり、抜歯部位から血が滲むことは、ごく普通に見られることですので、過剰なご心配は不要です。 まずはご安心くださいね。 は、抜歯部位を避けて、できるだけ左側も行ってください。 抜歯部位はまだあまり刺激を加えたくはないでしょうから、ごく軽く磨く、という程度で構いません。 ちなみに、急激にになる、ということはありません。 6、7番の間に縫合糸が、ということですが、これは実際に見てみないことにはわかりません。 腫れは、冒頭お話したとおり、場合によっては1〜2週間程度続くこともあります。 これは時間と共に自然にひくのを待つしかないため、特に積極的に腫れを引かす方法、というものはないです。 (あまりそういうことをしてしまうと、かえって治癒を遅らせてしまいますので) 痛み止めは、特に痛みが耐えられない限りは飲まなくてもよいです。 処方されたは飲み切られてくだださいね。 それではお大事にどうぞ。

次の