初盆 香典 表書き。 初盆(新盆)だと香典はいくら?金額の相場とマナー事情まとめ

初盆(新盆)の表書きの書き方とは?香典やお布施の書き方について解説します|終活ねっとのお坊さん

初盆 香典 表書き

お葬式の知らせを受けてから用意しなければならないものの一つに「お香典」があります。 今はコンビニでも香典袋が販売されており、「表書き」が印字された紙が数種類入っているものなどもあります。 「お香典」などの冠婚葬祭においてのマナーについては宗教等によって違いがあるため、そのすべてを把握している方はそんなに多くはないと思います。 馴れていない方はお葬式に行くたびにお香典の「表書き」はどれを選ぶべきなのか迷うかもしれません。 本来は喪家の信仰されている宗教によって選ぶのが正しいのですが、事前に問い合わせる時間がなかったりで確認できないことも多いのが実情です。 今回は、喪家の宗教がわからないような時の香典袋のを選び方について書いていきます。 まずは白無地の袋を選ぶ 香典袋の種類一般的には、宗教によって違います。 蓮の花などの絵柄が入った袋は仏教のみ、十字架や百合が描かれているものはキリスト教となりますので注意が必要です。 宗教がわからない時は 白無地のものを選ぶといいでしょう。 「表書き」は共通して「御霊前」 注意有り 「御霊前」や「御香典」などの表書きは「御霊前」が一般的にどの宗教でも使えるという認識があります。 浄土真宗・真宗では「御仏前」が正しく、「御霊前」はふさわしくありませんので注意が必要ではありますが、実際はお渡しされた方はその気持ちが嬉しいので、「非常識だ!」と思われることもないでしょう。 ただ、ご遺族側で宗派について知っているはずの方が浄土真宗・真宗で「御霊前」とするとあまり良くない場合があるかもしれません。 浄土真宗では亡くなった方は即浄土に往生したのであり、「霊」は認めていない為「御霊前」は用いない。 -表現文化社「葬儀概論」より- 仏式とわかっている場合は「御香典」 宗派は詳しくわからないが、 仏教 仏式 ということだけわかっているならば、表書きは 「御香典」や 「御香料」を選びましょう。 「御香典」ならば浄土真宗であっても使用できます。 受け取る側の理解も 実際は会葬者の立場に立ってみると、必ずしも喪家の宗教・宗派を理解した上で会葬するとは限りません。 お香典を受け取る側のご遺族様のそこのところの理解も必要かと思われます。 まとめ• 宗派がわからない時は不祝儀袋は白無地のものを選ぶ• 仏式とわかっている場合は表書きは「御香典」• 宗派を知っているはずの立場の方は宗派ごとにふさわしいものを選ぶ 今後も、お葬式の都度に宗派を確認することもなかなか大変だと思われます。 そんなときに今回の記事がすこしでもお役に立てると幸いです。

次の

御香典/御霊前/御仏前/宗派がわからない時の香典袋の種類の選び方

初盆 香典 表書き

スポンサードリンク 初盆とは? 初盆と新盆は同じ意味で、その読み方は初盆が「はつぼん」だけなのに対して、新盆は「にいぼん」「しんぼん」「あらぼん」と地域によって読み方も異なります。 ちなみに全国的には初盆「はつぼん」が一般的ですが、関東甲信越地方では初盆を使わずに「にいぼん」「しんぼん」「あらぼん」が混在しています。 初盆とは、その人が亡くなって初めて迎えるお盆のことで、特に丁重に供養する風習があります。 ただし、四十九日の忌明けの前にその年のお盆を向かえる場合は、翌年のお盆が初盆となります。 お盆の時期も地域によって異なりますが、旧暦の7月15日を中心とした期間となります。 新暦では8月15日ころになるため、8月13日から8月16日までの期間に、先祖の霊を迎えて供養するのが一般的です。 しかし、東京など一部の地域では新暦の7月15日ころをお盆の時期する風習もあります。 なお、沖縄では旧暦で行事を行う風習があります。 初盆での香典の相場は? 地域によっては初盆に親族などが提灯を贈る場合もありますが、現在では香典として現金を包むケースが多くなっています。 初盆での香典の相場は、5,000円から10,000円がおおよその目安です。 もちろん、あなたが故人やご家族と、どれくらい親しくお付き合いしてきたかによっても変わります。 スポンサードリンク また、お供え物をする場合は、香典の金額が相場より少なくても大丈夫です。 初盆での香典の表書きは? お盆は仏教の行事なので、四十九日を過ぎると香典の表書きが「御霊前」から「御仏前」や「御佛前」に変わります。 香典袋の上段には「御仏前」や「御佛前」と書き、下段にはフルネームであなたの名前を書きます。 夫婦の場合は中央に夫のフルネームを書き、その左側に妻の名前のみを書きます。 のし袋は中に入れる金額に見合ったものを選び、水引は結び切りで双銀や藍銀、黄白のものを使います。 中に入れるお札が2枚以上になる場合は、向きを揃えます。 もし新札を使う場合は一度半分に折って、折り目を付けてから入れると良いでしょう。 ただし、香典のお札の入れ方には諸説あり、考え方も人それぞれなので、あくまでも参考としてください。 まとめ 初盆とは、その人が亡くなって初めて迎えるお盆のことで、特に丁重に供養する風習があります。 ただし、四十九日の忌明けの前にその年のお盆を向かえる場合は、翌年のお盆が初盆となります。 初盆での香典の相場は、5,000円から10,000円がおおよその目安です。 お盆は仏教の行事なので、四十九日を過ぎると香典の表書きが「御霊前」から「御仏前」や「御佛前」に変わります。 香典袋の上段には「御仏前」や「御佛前」と書き、下段にはフルネームであなたの名前を書きます。

次の

初盆の香典の金額や表書き!恥をかかない為のマナーとは?

初盆 香典 表書き

初盆新盆見舞いの時期はいつ?香典袋の表書きの書き方に金額相場 初盆、新盆とはそもそもどういう意味なのか? 最初に初盆、新盆ってどういう意味だっけ? という方もいるかもしれませんので そこを解説してみますと 故人が亡くなった年の 最初に迎えるお盆の事を 「初盆」と呼びまして 地域によっては 「新盆(しんぼん、にいぼん)」とも 呼びます。 初盆や新盆では通常よりも 丁寧に供養を行ったり盛大に 行うところもあるそうです。 そして 「忌明法要(きあけほうよう)を済ませた後に 最初に訪れるお盆」 の事を指します。 忌明法要は俗に言う49日の法要であり これを済ませているかどうかによって その年が初盆、新盆に なってくるか変わってきます。 初盆、新盆の時期について 上記の忌明法要を済ませているかによって その年が初盆、新盆なのか 変わってくると書きましたが 一般的なお盆の時期が 8月13~16日と考えますと 49日間を逆算していけば 6月25日までに亡くなった方は その年「初盆、新盆」となります あと、一部の地域では 7月13日~16日の期間を お盆としている所もありまして そうなりますと49日間を逆算していき 5月25日までに亡くなった方が 初盆、新盆を迎えることとなります。 どちらのケースもその日以降に亡くなった場合は 翌年が「初盆、新盆」となるわけですね。 しかし49日法要に関しては 親族や喪主の方の都合などによって 日程が変更されることも ちょくちょくあるといますので 親族の方々が早めに済ませたいといった場合は 翌年に持ち越されることなく その年に初盆、新盆を迎えるケースもあります。 そのためこのあたり 日程変更などがあった場合は 親戚の方々への通達は 早めに行っておくといいでしょう。 「Sponsored link」 初盆、新盆に伺う時の香典の金額相場は? 初盆、新盆に伺う時は香典を包む必要が 出てくるわけですが 正直こういった機会あまりないと思うので 金額の相場がどれくらいなのか ちょっと分からない方も多いでしょう。 一般的にはだいたい 「5,000円~10,000円」程度が 相場のようですが もう少し故人との関係別に書いてきますと 「故人との関係・・・父母」 10,000円~20,000円 +兄弟で提灯、お供え3000円ほど 「故人との関係・・・祖父母」 10,000円 +お供え3000円ほど 「故人との関係・・・兄姉」 10,000円~20,000円 +お供え3000円ほど と、だいたいこんな相場でしょうか。 ただ香典の相場は 地域や宗教の流派によって 変わってくるものですので 両親や兄弟などがご健在なうちに このあたり少し話し合っておくのも いいのではないでしょうか。 初盆、新盆の香典袋の表書きの書き方やのし袋について さて初盆、新盆の 香典袋の書き方についてですけど 一般的な書き方ですと 「御仏前」 「御佛前」 「御供物料」 と書くことになります。 初盆、新盆で提灯代として お金を包むときは表書きに 「お提灯代」 と書くようにしましょう。 あと、のし袋の水引は 「藍銀」「双銀」で蓮絵の入っていないもの もしくは「黄銀」で5本、7本のものを 選ぶようにして下さい。 さらに水引の結び目部分については 「結切り」「鮑(あわび)結び」などが ついているのし袋を選ぶといいでしょう。 ちなみに書くときに 気をつけたいポイントとして ボールペンなどを使って 書くのはやめておきましょう。 本来は筆と墨で書くのが正式ですけど 100均などで筆ペンも売っていることですし 常備しておくと安心です。 弔事の際は悲しみの涙で墨が薄まる または突然の事で墨を用意する時間もない といった意味合いから薄墨を使用するのが 基本のようです。 そのため薄墨タイプの筆ペンも用意しておくと いいでしょう。 内袋の書き方について あと香典袋の中には 更に白い包み袋が入っていますが この中包みの表側に金額を記載していきます。 一例として 5000円の場合・・・「金 五阡円」 1万円の場合・・・「金 壱萬円」 と、こんな感じです。 そして裏面の左下の部分に 氏名と住所を記載していきましょう。 これは贈られた方が お返しをする準備の際に 誰から贈られたものなのか 分からなくなると困るので しっかり記入しておきましょう。 あと、お金の入れ方ですが 中袋の表側を上にした時に お札の肖像画が 上になるように入れていきましょう。 言うまでもないことかもしれませんが 香典に新札は使わないようにして下さい。 弔辞の際は新札に一度折り目をつけてから 入れていきます。 今回のまとめ そんなわけで今回は 初盆新盆見舞いの時期はいつなのか 香典袋の表書きの書き方や金額相場について 見ていきました。 日頃から初盆、新盆などについて 触れることがないと思ので もしも初盆、新盆に 呼ばれた事態になった場合は、 今回の内容の香典の相場や 表書きの書き方など参考にしてみて下さいね。 「Sponsored link」.

次の