免許 点数 持ち 点。 【ゴールド免許になるための条件と特典】最短何年?違反するとどうなる?ガソリンが安くなる?

運転免許の点数の仕組み・確認方法・違反がリセットされる条件

免許 点数 持ち 点

軽微な違反は点数ノーカウントに。 3ヶ月リセット特例 2年以上無事故・無違反の方が、3点以下の違反をした場合でも、その後、3ヶ月以上無事故・無違反が続いたときには、違反時についた違反点数がリセットできるのが3ヶ月リセット特例です。 3ヶ月リセット特例は違反点数の累積点が多くならないように配慮された制度で、犯した違反点数がつくような事故や違反が消えるものではありません。 3ヶ月リセット特例が適用になったとしても、次回更新時にゴールド免許での更新はできません。 adobe. com ゴールド免許保持者が違反した場合の剥奪の条件は、違反点数がつく事故や違反を犯した場合です。 あくまでも、運転免許証の更新申請前の5年間に無事故・無違反であることがゴールド免許の条件です。 ブルー免許に戻ってから再びゴールドになるまでは人によって条件が異なる ゴールド免許からブルー免許に戻っても、免許証の更新申請前の5年間が無事故・無違反であれば、5年間のブルー免許を経て再びゴールド免許を取得できます。 一方、事故や違反を繰り返してしまった場合には、同じブルー免許でも違反運転者になり、運転免許証の有効期間が3年になってしまいます。 ブルー免許になってから無事故・無違反であったとしても、最低6年後の免許更新時にようやくゴールド免許に復活できます。 ゴールド免許になったら享受できる特典、メリット ゴールド免許になった場合に享受できる特典やメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。 5年も無事故・無違反を継続しゴールド免許になった優良ドライバーには、さまざまな特典やメリットがあります。 ここからは、ゴールド免許になったら享受できる特典やメリットを説明します。 運転免許更新が早くなる。 安くなる ゴールド免許になったら享受できる特典、メリットの1つ目は、運転免許更新時の講習時間が短いため早くなることと、講習費用が安くなることです。 具体的には、通常のブルー免許の方が受ける一般運転者講習が1時間なのに対し、ゴールド免許の方の優良運転者講習は30分と半分の時間で終了します。 また、講習費用も一般運転者講習受講者の手数料が3,300円なのに対し、優良運転者講習受講者の手数料は3,000円と安価で済みます。 自動車保険(任意保険)の保険料が安くなる ゴールド免許になったら享受できる特典、メリットの2つ目は、自動車保険のうちの任意保険の保険料が安くなることです。 5年間無事故・無違反のため、保険会社としては、事故を起こす可能性が低い人であるという判断ができます。 そこで、各保険会社では、ゴールド免許の方の任意保険料を割引する、ゴールド免許割引が適用になります。 ガソリンが安くなる ゴールド免許になったら享受できる特典、メリットの3つ目は、ガソリンが安くなることです。 必ずしもゴールド免許取得が条件ではありませんが、1年以上無事故無違反であれば後述するSDカードを取得できます。 SDカードを提示することで、店舗会員価格でガソリン購入が可能になったり、カーピット作業や車検が割引になったりといった恩恵が受けられる場合があります。 免許証の有効期間が長くなる ゴールド免許になったら享受できる特典、メリットの4つ目は、免許証の有効期間が長くなることです。 ゴールド免許であれば有効期間は一律5年間になります。 ブルー免許でも、5年の間で違反点数が3点以下の違反が1回のみの方は有効期間が5年になりますが、5年の間に違反点数が4点以上の違反を起こしたり複数回違反が重なったりした方は、免許証の有効期間が3年になります。 旅行代金、宿泊施設が安くなる ゴールド免許取得の5つ目のメリットとして、旅行代金や宿泊代金が安くなることが挙げられます。 ゴールド免許の提示で料金プランが割り引かれるなどのサービスを提供している施設もあるので、積極的に利用したいところです。

次の

免許証の点数|交通違反の累計点数の計算・確認方法とリセット法|運転免許を取るなら【合宿免許スクール】

免許 点数 持ち 点

自動車等を運転中に交通事故や交通違反を起こした場合、その事故や違反の種類に応じて 点数が付けられ、この 点数は過去3年以内のものが合算され、所定の点数に達すると行政処分(免許取り消し・免許停止など)の対象となります。 日本は「 加点方式」を採用しており、運転免許取得時は「0点」からスタートし、交通違反等を起こした際に、その違反等の種類に応じて点数が加点されていき、所定の点数に達すると、「免停・免許取消し」処分の対象になるのです。 加点(合算)されない点数と処分前歴 ・行政処分(免許停止・免許取消)の基準点数(処分暦が0回の方は5点まで)に達していない点数については、その後1年間以上、「無事故・無違反」であれば、その点数は加点(合算)されません。 ・運転免許の停止処分(免停)を受け、その処分満了後から1年以上、「無事故・無違反」であれば、行政処分前歴は0回に戻ります。 15mg以上0. 被害者(建物)の程度 責任の重さと交通事故点 死亡事故 重・・・20 軽・・・13 身体の障害が残った時 重・・・13 軽・・・9 全治3ヶ月以上 重・・・13 軽・・・9 全治30日以上-3ヶ月未満 重・・・9 軽・・・6 全治15日以上-30日未満 重・・・6 軽・・・4 全治15日未満 重・・・3 軽・・・2 建造物損事故 重・・・3 軽・・・2 措置義務違反 交通事故を起こした場合、被害者に対して必要な措置をとらなかった場合は、さらに以下の点数が合算されます。 2009年(平成21年)6月1日に施行された道路交通法によって、ひき逃げ、事故の欠格期間 免許再取得禁止期間 が強化されています。 例えば、酒酔い運転+ひき逃げの場合、「交通事故点+35点+35点=欠格期間10年」となります。 措置義務違反の種別 点数 欠格期間 救護措置義務違反(ひき逃げ) 35 3年 物損事故の場合の危険防止等 措置義務違反(あて逃げ) 5 - 酒酔い運転でひき逃げ 35 10年 酒酔い運転でひき逃げ しなかった場合 3-7年 酒気帯び運転でひき逃げ (0. 25mg以上) 25 8-10年 酒気帯び運転でひき逃げ (0. 15mg以上0. 25mg未満) 13 6-9年 過労運転等でひき逃げ 25 8-10年 麻薬等運転でひき逃げ 35 10年 同時に交通違反をした場合 交通違反を同時に2つ以上した場合は以下のような扱いになります。 交通違反をした状況 点数 反則金 同時に2つ以上の交通違反 瞬間的同時違反 一番高い違反点数のみ 切符が1枚ならその反則金のみだが、切符が2枚以上切られれば、それらの反則金を合算して納付。 交通違反を連続して犯した場合 違反点数が合算される 切符が2枚以上切られると思うので、それらの反則金を合算して納付。 交通事故が絡む交通違反 交通事故点+交通違反点 酒気帯び、酒酔いが絡む交通違反 酒気帯び点+交通違反点 酒気帯びの罰金+交通違反の反則金。 例えば普通自動車を運転中に、携帯電話使用等 保持 +信号無視 赤色等 の場合、1点 6千円 +2点 9千円 となりますが、この場合は瞬間的同時違反となり、違反点数は高いほうが、ただし切符が2枚切られれば反則金は2つを合算して納付、つまり「違反点数:2点、反則金1万5千円」となる可能性が高いです。 可能性が高いとは? 交通違反の状況は微妙な場合が多く、違反を取り締まった警察官の判断で、どうにでもなる事が多いからです。。 では次の場合はどうでしょうか? 普通自動車を運転中に、信号無視 赤色等 をして、すぐに通行禁止違反をした場合。 この場合は同時ではなく連続して交通違反をしたとみなされ、信号無視 赤色等 の2点 9千円 +通行禁止違反の2点 7千円 どちらも合算して「違反点数:4点、反則金:1万6千円」となる可能性が高いです。 また交通事故が絡む交通違反の場合、例え交通違反と交通事故が瞬間的同時違反であったとしても、「交通事故の点数+交通違反の点数」が、飲酒運転 酒酔い・酒気帯び が絡んだ場合は、例え瞬間的同時違反であったとしても、「酒気帯び 酒酔い の点数+交通違反の点数」が加算されると思います。

次の

交通違反点数と免許停止・免許取り消し

免許 点数 持ち 点

累積点数等証明書の取得方法 累積点数等証明書の取得方法は 「免許センター窓口で申請する場合」と 「ゆうちょ銀行・郵便局で申請する場合」の2通りあります。 それぞれの申請方法を確認していきましょう。 免許センター窓口で申請する場合 免許試験場や免許センターの窓口で本人または代理人が申請することができます。 このとき免許証が必要になりますので、忘れず持参してください。 委任状• 申請者の免許証コピー• 発行までの日数 累積点数等証明書の発行までの日数は 5営業日ほどとなります。 即日発行はできませんので注意してください。 受け取りは後日免許センター窓口に出向くか、郵送でも可能です。 ) ゆうちょ銀行・郵便局で申請する場合 免許試験場や免許センターが遠方の場合や、忙しくて窓口に行けない方はゆうちょ銀行・郵便局で申請をすることができます。 この場合は、事前に経歴証明書申込用紙(払込取扱票)を用意する必要があります。 経歴証明書申込用紙(払込取扱票)はどこでもらえるの? 経歴証明書申込用紙(払込取扱票)は、交番、警察署、駐在所、免許試験場や免許センターでもらうことができます。 といことで、近所の交番でもらってきました^^ <経歴証明書申込用紙(払込取扱票)> (こちらは東京都の申込用紙です。 用紙は都道府県ごとに異なる場合があります。 ) 経歴証明書申込用紙(払込取扱票)の書き方 続いて、払込取扱票の書き方を記入例で確認していきましょう。 <経歴証明書申込用紙(払込取扱票)の記入例> 記入する項目を順に確認してみましょう。 「累積点数等証明書」・・・必要な枚数を記入します。 「免許証番号」・・・免許証番号を記入します。 あとは、「生年月日」「現住所・氏名」「電話番号」を記入し押印をします。 このとき、累積点数等証明書の受取先を現住所以外(勤務先など)で受取りたい場合は、「通信欄」に郵便番号から住所を記入してください。 手数料 累積点数等証明書の発行は1通 630円ですが、ゆうちょ銀行・郵便局で申請する場合は、別途手数料が掛かります。 窓口で支払う場合 130円 ATMで支払う場合 80円 窓口支払いの合計額: 760円 ATM支払いの合計額: 710円 複数枚取り寄せる場合は、払込取扱票の金額欄の630円に二重線を引いて金額を訂正してください。 (この場合ATMで払い込みはできませんので注意してください。 ) 発行までの日数 累積点数等証明書の発行までの日数は申請日から 10日~2週間ほどで郵送されてきます。 終わりに 免許停止処分が気になる方は今回の累積点数等証明書を発行しなくても、免許停止処分の一歩手前(点数があと1点か2点になると)までくると「累積点数通知書」という書類が自動的に送られてきます。 累積点数通知書は「あなたは免停直前ですよ!」というイエローカードみたいなものです^^; 違反や事故に十分注意して安全運転を心掛けましょう! それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。 この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

次の