ディップ ティック。 「ディプティック」定番香水がブレスレットやブローチに、貼って香りを漂わせるステッカーも展開

アーカイブティップス株式会社

ディップ ティック

diptyque ディプティック 古いフランス語で「二つ折りの絵屏風」を意味するディプティック。 香り一つ一つストーリーがあり、その世界観はミステリアスでありながら不思議な親しみを感じさせます。 香りはもちろん、アイテムそれぞれのデザインも人気。 ブティック店ならではの種類豊富なフレグランスキャンドル、香水、ボディケア&スキンケアをお楽しみください。 店内にはバーでお酒を楽しむようにディプティックの作品を他の楽しんで頂けるカウンターをご用意しております。 The word diptyque comes from the Old French and refers to a painting or sculpture made of two panels. diptyque, a store that takes its name from the same word, produces fragrances filled with a narrative quality, projecting a worldview involving a mysterious, alluring sense of intimacy. In addition to the fragrances themselves, the designs of related products are also popular. please enjoy the fragrance dandles, the perfume, the body & skincare product with rich kind the Boutique shop. The store interior features a counter where customers can enjoy diptyque goods as they would an aperieif at a bar.

次の

パリのフレグランスブランドDIPTYQUE(ディプティック)がおしゃれで話題♪新作・取扱店

ディップ ティック

diptyque ディプティック 古いフランス語で「二つ折りの絵屏風」を意味するディプティック。 香り一つ一つストーリーがあり、その世界観はミステリアスでありながら不思議な親しみを感じさせます。 香りはもちろん、アイテムそれぞれのデザインも人気。 ブティック店ならではの種類豊富なフレグランスキャンドル、香水、ボディケア&スキンケアをお楽しみください。 店内にはバーでお酒を楽しむようにディプティックの作品を他の楽しんで頂けるカウンターをご用意しております。 The word diptyque comes from the Old French and refers to a painting or sculpture made of two panels. diptyque, a store that takes its name from the same word, produces fragrances filled with a narrative quality, projecting a worldview involving a mysterious, alluring sense of intimacy. In addition to the fragrances themselves, the designs of related products are also popular. please enjoy the fragrance dandles, the perfume, the body & skincare product with rich kind the Boutique shop. The store interior features a counter where customers can enjoy diptyque goods as they would an aperieif at a bar.

次の

ディップスティック

ディップ ティック

「ディップティック」の歴史 ディップティックという言葉を初めて聞く方にとっては、一体何の用語?などと感じる方もいるかもしれません。 また、ディップティックという名はご存知でも、その意味については知らないという方もいると思います。 ディップティックとは、1961年にフランス、パリのサンジェルマン通り34番地が発祥の地だと言われているブランドです。 このディップティックは、フランス国立美術学校出身のクリスチャンヌ・ゴトロ氏とデスモンド・ノックスリート氏、イヴ・クエロン氏の3人が設立したブランドです。 設立した当初は、インテリア雑貨だけを取り扱っており、その後、1963年にはアロマキャンドルを発売し、それが高い評判を呼び、1968年に香水が発売されることになりました。 そして、それ以降、キャンドルやフレグランスがメインとして販売されるようになり、現在ではセレブ御用達とも言われるブランドにまで成長しました。 現在、欧州や米国、そして、日本においてとても人気の高い香水です。 ディップティックの魅力とは? ディップティックには一体どのような魅力があるのでしょうか? 極上の贅沢アロマを実感 アロマの香りがとても心地良いディップティックは、その香りに虜になってしまう方がほとんどです。 フレグランスだけではなく、キャンドルなどにも力を注ぎ、様々なアイテムを展開しています。 エレガントさとアロマのリラックス感が融合された新しい香りを楽しむことができます。 インテリアに最適 ディップティックはフランスのブランドであることから、とてもスタイリッシュなデザインにこだわりを持っています。 その為、インテリア部門ではとても洗練されたデザインで、部屋に何気なく飾るだけでとてもお洒落で落ち着いた雰囲気になります。 商品ラインナップが豊富 ディップティックはアロマキャンドルをはじめ、フレグランスについては、数十種類もの品揃えをしています。 その日、その時の気分に合わせて香りを選ぶことができます。 ディップティックは、キャンドルやフレグランスといった香りを楽しむことに加え、商品ラインナップとしては、石鹸やシャワージェルも取り揃えているブランドです。 その為、女性にとても喜ばれるアイテムも多い為、プレゼントにも最適なブランドであると言えます。 ディップティックには他のアイテムも大人気 ディップティックは香水やキャンドルが有名であることはお分かりいただけたと思います。 そして、香水やキャンドルにとても強いことも分かりました。 しかし、 実際には香水だけのアイテムではなく、バラエティー豊かなアイテムがたくさんあります。 ここでは、ディップティックの他のアイテムについていくつかご紹介したいと思います。 サントノーレ ディップティックはユニセックスに使用できる ディップティックの香水は、男性だけ、女性だけといったような分けられ方はなく、全体的にみてもユニセックスで使用することができる香りであると言えます。 中には、男性がレディースもののフレグランスを使用していることに抵抗を感じるという方もいるかもしれません。 しかし、ディップティックについては、香りの良さから、男性が使用していたとしても特に違和感なく、むしろ、男性が使用することが美意識の高い男性だと感じる女性が多いとも言われているのです。 意外にも、自分の彼氏には、ディップティックの香りを使用してもらいたいと思っている女性が多いようです。 中でも、ディップティックのオーローズは実際には女性が使用するタイプのフレグランスだと言われていますが、男性が使用してもこれが似合う方はとてもかっこいい男性だということが分かりますね。 そんな素敵な香りが漂うディップティックの香水はおすすめです。 ディップティック愛用者に人気な種類 ディップティックの人気な香水をご紹介します。 ロンブルダンロー.

次の