クッキー クッキング シート 代用。 クッキングシートがない場合の代用品!クッキーを焼く時やフライパン料理の場合は?

クッキーを作る時にクッキングシートの代わりに使ったもの

クッキー クッキング シート 代用

クッキングシートというのは、表面がコーティングされてツルっとしている紙のことで、お菓子などをオーブンで焼くときに天板や型に敷いて使うものだ。 焼きあがったお菓子がくっつかないので楽に取り出すことができ、天板や型が汚れにくいというメリットもある。 「クッキーを焼こうと思ったのにクッキングシートがない!」というとき、近所のコンビニにラップやアルミホイルはあっても、クッキングシートは置いていない場合もある。 そんなときはアルミホイルをクッキングシートの代わりに使うことが可能だ。 まず天板の上にアルミホイルを敷き、バターやマーガリンなどの油脂を薄く塗って、その上にクッキーの生地をのせて焼こう。 油脂の上から小麦粉をふるい、その上に生地を乗せればよりくっつきにくくなる。 すでに表面がコーティングされているフライパン用ホイルがあれば油脂を塗る必要はないので、クッキングシートと同じように敷くだけでOKだ。 もしアルミホイルもない場合は、天板に油脂を塗ってじかに生地をのせても、ある程度はくっつくのを防ぐことができる。 材料にバターを使っているお菓子の場合、アルミホイルにバターを塗っても香りが気にならないと思うが、例えばピザを焼く際にバターやマーガリンの香りを付けたくない場合は、バターの代わりにサラダオイルを塗るといいだろう。 パウンドケーキやスポンジを焼くとき生地を型にそのまま流し込むと、焼き上がりにくっついて型から取り出せなくなってしまうことがある。 この場合、型に合わせてカットしたクッキングシートを敷いてから生地を流し込めば取りだしやすくなるが、家にクッキングシートがないときはコピー用紙で代用することができる。 コピー用紙にはツルツルの面とザラザラの面があるので、ツルツルの面が内側になるように型に敷こう。 燃えてしまわないか不安に思う人もいるかと思うが、オーブンの温度ではコピー用紙が発火することはほとんどない。 ただしコピー用紙は食品用に作られたものでないため、ものによっては有害な物質が含まれている可能性もゼロではない。 あくまでも緊急時の代用品として考え、加熱中はなるべく目を離さないようにしよう。 煮込み料理の落し蓋には?.

次の

クッキングシートの代用になるものは?コピー用紙でも大丈夫なの?|知っておきたい食のあれこれ!

クッキー クッキング シート 代用

・ピザなどの焼き物系にはアルミホイルで代用 出典:photoAC ピザなどをオーブンで焼くときには、アルミホイルを代用してみましょう。 方法は天板の上にアルミホイルを敷くだけ。 その際、アルミホイルに薄く油を塗っておくと食材がくっつきにくくなります。 風味をつけたい場合には、バターやマーガリンなどを塗るのもおすすめです。 ・落とし蓋はキッチンペーパーでも代用可能 出典:筆者撮影 煮物などを調理する際、落し蓋としてクッキングシートを利用する人も多いでしょう。 落し蓋は、キッチンペーパーでも代用可能!必要な大きさに合わせてカットし、キッチンペーパーに数か所穴を開けて使いましょう。 味がしっかり染み込み、アクも一緒に取れて一石二鳥です。 ただし注意点として、キッチンペーパーには吸水力があり、その分煮汁が減ってしまうということを覚えておきましょう。 バターの匂いがクッキーに移るのが気になる人は、サラダ油などで代用すると良いでしょう。 ・飴を作るならアルミ製トレイを使って 出典:photoAC べっこう飴や果物飴を作るときは、アルミ製のトレイの上に飴を流し固めましょう。 完成した飴がスルリと取れちゃいます。 アルミカップやアルミホイルでも代用可能ですが、砂糖の加熱不足があった場合、飴にアルミホイルがついてしまうことも。 充分に加熱をして飴を流しましょう。 ・ケーキやパンの焼き上げには牛乳パックで代用を 出典:photoAC チーズケーキやパンを焼くときに型に敷く、クッキングシートがない場合、牛乳パックの代用がおすすめです。 牛乳パックは開いて洗い、よく乾かしたものを使用しましょう。 <作り方> 1.器の形にするため、牛乳パックの側面のひとつをカットする。 2.口の部分をたたみ、ホッチキスで留める。 3.アルミホイルでしっかり全体を覆う。 これで型は完成です! 注意点として、アルミホイルで覆わずオーブンで焼くと、牛乳パックの樹脂や成分が熱で溶けだして食品についたり、オーブンに張り付いたりする恐れがあるため、アルミホイルを覆った状態で使用してください。 牛乳パックの紙は厚くて頑丈で、使用後にはそのまま捨てられるため、洗い物も減るといううれしいメリットがあります。 きちんと把握しておきましょう。 ・電子レンジにはアルミホイルはNG! 出典:photoAC 知っている人も多いかと思いますが、アルミホイルと一緒に電子レンジを使うのは危険! レンジにうっかりアルミホイルを入れて使用してしまい、火花が散ってぱちぱち音が鳴り、慌ててスイッチを止めた経験がある方もいるのでは。 電子レンジは電磁波を揺らして熱を発生させる仕組みです。 金属には電波を反射する性質があり、金属製のアルミホイルから電子が放電。 それが火花になるのです。 この火花により故障したり、爆発したりして火災を起こす可能性も! 電子レンジを使う際にアルミホイルを使用するのは控えましょう。 オーブンレンジを持っている方は、電子レンジ機能では使わず、オーブン機能でアルミホイルを使用するようにしてください。 しかし、条件により使えないこともあるため注意が必要です。 あくまでも代用品ということを理解して、しっかりと確認して安全に活用しましょう。

次の

クッキングシートがない?<用途別>手軽に代用できる 9個紹介

クッキー クッキング シート 代用

ワックスペーパーとクッキングシートの違いとそれぞれの使い道 ワックスペーパーとクッキングシートの原料は、グラシン紙という紙です。 2つの違いは紙を加工する方法なんです。 油を弾くワックスペーパー ワックスペーパーはグラシン紙にワックスを漬け込ませています。 ワックスはろうそくと似たような成分を使用しています。 80度で溶かしたワックスに漬け込むことにより、 水が染み込まず、油をはじきやすい紙になります。 カラフルで多様な柄が多く売られており、主にお菓子の包み紙に使われますね。 我が家では、お皿の上に直接お菓子を乗せるのではなく、ワックスペーパーをお菓子の下に敷いています。 こうすることで、可愛くなり、 お皿もお菓子の油でべたべたしにくくなります。 揚げ物をお弁当に入れたいときは、底にワックスペーパーを敷いておくと、油でお弁当箱が汚れにくくなります。 ワックスペーパーはオーブンで使えない! ワックスペーパーは、 高温調理や温度が高い料理を乗せておくことには適していません。 染み込ませた薬品の耐熱温度が80度のため、オーブンなどの高温調理での使用は、その薬品が溶けだしてしまう可能性があります。 溶けだしてしまうと、薬品が食品についてしまい燃えてしまったり、健康被害も心配です。 ワックスペーパーをオーブンで使用するのは控えましょう。 祖熱を取り、冷えた状態のものに利用するのがおすすめです。 スポンサーリンク クッキングシートはオーブンやレンジでも使用可能 クッキングシートは、グラシン紙の表面に シリコーンという薬品を塗って製造しています。 ワックスペーパーと同様に水や油がはじきやすくなります。 シリコーンの耐熱温度が種類にもよりますが、200~400度です。 そのため、 オーブンや電子レンジで加熱する場合や、揚げ物や天ぷらを揚げた後に置いておくのに使用することができます。 (耐熱温度は商品によって異なるため確認してから使用するようにしてください。 ) 耐熱温度が高いことから、再加熱する予定のあるお弁当にも使用することができます。 「クッキングペーパー」という名前でも売られています。 ワックスペーパーはクッキングシートの代用になる? 触った感じ、同じような見た目から、用途も同じと思われがちかもしれません。 けれども前述したように、ワックスペーパーは高温に弱いです。 そのため、食材が熱いもの、高熱になる調理法に使用することはできません。 そういった観点でみると、 代用は不可と言えます。 クッキングシートよりも手軽に手に入れることができるからこそ、高温のものを乗せない等気を付ける点を押さえていれば、見た目が可愛く、食卓が華やかになりますよ! クッキングシートの代用になるもの ここでは、高熱調理で利用するクッキングシートの代用として使える物をご紹介します。 ・オーブンでのクッキングシートの代用 アルミホイルでの代用がおすすめです。 熱に強いため、オーブンやオーブントースターで使っても焦げてしまう心配はありません。 ただし、アルミホイルは食品とくっついてしまうことがあるため、そこがデメリットです。 そういう場合は、鉄板に薄くバターや油を塗って活用してみてください。 鉄板を用いる場合、古いものだと裏面が焦げやすいため、注意が必要です。 クッキーやピザ、パン等の成形するものには鉄板を用いて、 ロールケーキのように生地が緩いものには、アルミホイルを用いるのがいいと思います。 用途に合わせて使い分けてみてください。 ・落し蓋でのクッキングシートの代用 煮物等をするときに、クッキングシートで落し蓋をする人もいますね。 代用品としては、リードペーパーやキッチンペーパーを使ってみてください。 リードペーパーはアクも吸収してくれるため、クッキングシートよりも使い勝手がよかったりします。 スポンサーリンク まとめ ワックスペーパーとクッキングシートは同じような色や質感のため、同じような用途で使えると思いがちです。 しかしワックスペーパーは高温に弱いため、注意が必要です。 クッキングシートはワックスペーパーに比べ、万能でさまざまなものに使用できます。 一方で、コストを比べるとワックスペーパーの方が安く売られていることが多いため、すべてクッキングシートで使用するのではなく、柄の可愛いワックスペーパーも上手に使用していきたいですね。

次の