哀戦士。 井上大輔 哀 戦士 歌詞

ボードゲーム「GUNDAM THE GAME」の第2弾「哀・戦士編」が11月下旬に発売。ジャブローやオデッサ作戦などを舞台にした協力型ダイスゲーム

哀戦士

解説 現在も数多くのファンが存在し、次々に続編が制作され続けている「ガンダム」シリーズ。 特に、主人公のシャア・アズナブルの人気は現在もまったく衰えることがない。 本作は劇場用三部作の第2弾。 キャラクターデザイン及びアニメーション監督=安彦良和、監督=富野喜幸(現:富野由悠季)。 主題歌の「哀 戦士」を井上大輔が歌った。 地球へ辿りつけば解放されると思っていたアムロたちだったが、そのまま地球連邦軍本部ジャブローへ向かうことになる。 その航行中にもホワイトベースにはさまざまな人間が訪れ、戦い、そして去っていった。 ブライトとの対立が元で艦を降りたアムロが出会った、敵の士官ランバ・ラル。 少女ながら敵のスパイとしてホワイトベースに潜入し、少年兵のひとり・カイと心を通わせたミハル。 そして、アムロ憧れの女性・マチルダとの短か過ぎる交流。 仲間の死を経験し、敵の死に様を見、アムロたちは少しずつ人間として成長していく。 さらに、一部のパイロットの能力に、ある異変が起き始め…。

次の

哀 戦士(井上大輔) / コード譜 / ギター

哀戦士

内容紹介 Cover Versions of Mobile Suit Gundam Theme Tunes, Performed by Guitarist Richie Kotzen. Includes 'ai Senshi' featuring Cyndi Lauper on Vocals. Also Includes Kotzen's Original Pieces 'the Way Forward', 're-encounter', and 'the Beginning'. Product Description Cover Versions of Mobile Suit Gundam Theme Tunes, Performed by Guitarist Richie Kotzen. Includes 'ai Senshi' featuring Cyndi Lauper on Vocals. Also Includes Kotzen's Original Pieces 'the Way Forward', 're-encounter', and 'the Beginning'. 初代・Zの歌謡曲丸出しな曲を英語圏の人が解釈するとこうなるのか、というのをまず最初に感じた。 日本語のリズムと英語のリズムの違いとか、歌謡曲的なメロディラインをどう変えればロックっぽく聞こえるのかとか、そういう部分に注目すると案外楽しめると思う。 こう言ってしまっては身も蓋もないが、元々「ガンダム」というアニメから切り離しては存在できない程度の楽曲群なので、リッチー・コッツェンがアレンジしても特にどうこうというほどのものにはなっていない。 むしろ、アレンジしたことによってアニメから切り離され、中途半端さが表面化してしまった曲も見受けられる。 だが、このアルバムに関しては、内容をいちいちあげつらうのも野暮というものだ。 海の向こうのギタリストが、「ガンダム」というアニメへの思い入れをこういう形で表現したということにこそ価値がある。 極論すれば、中身の出来不出来なんてどうでもいいんである。 点数を付けても余り意味はない、という思いを込めて中間の3点。 昔、「コブラ」の熱烈なファンだったマシュー・スウィートなんていう人もいたなあ・・・。

次の

機動戦士ガンダムのサウンドトラック

哀戦士

内容紹介 Cover Versions of Mobile Suit Gundam Theme Tunes, Performed by Guitarist Richie Kotzen. Includes 'ai Senshi' featuring Cyndi Lauper on Vocals. Also Includes Kotzen's Original Pieces 'the Way Forward', 're-encounter', and 'the Beginning'. Product Description Cover Versions of Mobile Suit Gundam Theme Tunes, Performed by Guitarist Richie Kotzen. Includes 'ai Senshi' featuring Cyndi Lauper on Vocals. Also Includes Kotzen's Original Pieces 'the Way Forward', 're-encounter', and 'the Beginning'. 初代・Zの歌謡曲丸出しな曲を英語圏の人が解釈するとこうなるのか、というのをまず最初に感じた。 日本語のリズムと英語のリズムの違いとか、歌謡曲的なメロディラインをどう変えればロックっぽく聞こえるのかとか、そういう部分に注目すると案外楽しめると思う。 こう言ってしまっては身も蓋もないが、元々「ガンダム」というアニメから切り離しては存在できない程度の楽曲群なので、リッチー・コッツェンがアレンジしても特にどうこうというほどのものにはなっていない。 むしろ、アレンジしたことによってアニメから切り離され、中途半端さが表面化してしまった曲も見受けられる。 だが、このアルバムに関しては、内容をいちいちあげつらうのも野暮というものだ。 海の向こうのギタリストが、「ガンダム」というアニメへの思い入れをこういう形で表現したということにこそ価値がある。 極論すれば、中身の出来不出来なんてどうでもいいんである。 点数を付けても余り意味はない、という思いを込めて中間の3点。 昔、「コブラ」の熱烈なファンだったマシュー・スウィートなんていう人もいたなあ・・・。

次の