ココカラ ファイン ヘルス ケア。 ココカラファインでの薬剤師の働き方、福利厚生は?転職コンサルタントが解説!

【楽天市場】全カテゴリーはこちら > 化粧品 > ヘアケア:ココカラファイン.ネット

ココカラ ファイン ヘルス ケア

1」になる ミッション(社会的使命) ・地域におけるヘルスケアネットワークを構築する ・社会に必要とされる優れた人財を育成する 沿革 <ココカラファイングループ沿革> 2008年 4月 セガミメディクスとセイジョーが経営統合 共同持株会社「株式会社ココカラファインホールディングス」を設立 2009年 2月 ロシアでのドラッグストア関連事業展開に関する基本合意 2009年 8月 シスメックス株式会社と協働し新たな健康支援サービス開始 2009年 8月 現地会社への出資を通じ、日本企業初中国でのドラッグストア事業展開決定 2009年10月 タカラケア株式会社(介護事業)を子会社化 2010年 5月 コンビニ・ドラッグのコラボ出店多摩センター店をオープン 2010年 9月 株式会社いわいのドラッグ・調剤事業を譲り受け 2010年10月 株式会社アライドハーツ・ホールディングス合併 ココカラファインへ商号変更 2011年 1月 SOファーマ株式会社(医薬品・化粧品等の研究開発、製造)を子会社化 2011年12月 有限会社リハワークス・株式会社元気(リハビリ特化型介護事業)を子会社化 2012年 4月 タカラケア株式会社(介護事業)を株式会社ファインケアに商号変更 2012年 5月 中国「メトロ5番街店」を上海にオープン 2012年 9月 株式会社ABCドラッグ(東京都・埼玉県)のドラッグストア事業を譲り受け 2013年 1月 タイ王国への卸事業開始決定 2013年 2月 株式会社ココカラファインOEC(通販事業)を設立 2013年 4月 株式会社ココカラファイン ヘルスケア設立 2013年 4月 中国「青島ロックシティ店」を青島にオープン 2013年 4月 日本発のVISAプリペイドポイントカードサービス開始 2013年 7月 付加価値型自主企画商品の海外展開開始決定 2013年10月 株式会社コダマ、有限会社くすりのえびなを統合 2013年11月 株式会社岩崎宏健堂の株式を取得、子会社化 2014年 4月多様な人財の活用を目的とした子会社、株式会社ココカラファインアソシエを設立。 2015年 3月障がい者雇用の拡大と就労環境の確保を目的とした子会社、株式会社ココカラファインソレイユが業務を開始。 2016年 4月東京都世田谷区を中心に訪問介護、居宅介護支援事業などを運営する株式会社山本サービスの株式を取得、子会社化。 2016年 6月株式会社神戸マルゼンから兵庫県で展開する調剤薬局1店舗を譲り受け。 2016年 9月東洋薬品株式会社から北海道で展開する調剤薬局1店舗を譲り受け。 2016年 10月ココカラファインOECをココカラファインヘルスケアへ合併。 2017年 2月調剤薬局を運営する有限会社東邦調剤の株式を取得、子会社化。 2017年 4月島根県で調剤薬局・ドラッグストアを展開する有限会社古志薬局の株式を取得、子会社化。 2017年 7月東京都で調剤薬局・介護事業を運営する株式会社シニアコスモスの株式を取得、子会社化。 2017年 9月三重県で福祉用具の販売・レンタル、住宅改修等を展開する株式会社愛安住の株式を取得、子会社化。 2017年 10月シニアコスモスをココカラファインヘルスケアへ合併。 2018年 1月山本サービスをファインケアへ合併。 【新型コロナウイルス感染症への対応】 ・参加者にはマスクの着用をお願いしております ・アルコール消毒液の設置 ・参加者にはマスクの着用をお願いしております.

次の

ACACIP

ココカラ ファイン ヘルス ケア

お支払いについて クレジットカード 取り扱いカードは以下のとおりです。 すべてのカード会社で、一括払いが可能となっております。 VISA、MASTER、JCB、AMEX、UFJニコス、Diners 銀行振込(楽天銀行) 代金引換 【業者】日本郵便 セブンイレブン(前払) ローソン、郵便局ATM等(前払) 配送について 宅配便 【業者】日本郵便 【備考】送料は全国一律税込550円となっております。 一回のお買物における商品代金合計額が税込3,980円以上の場合はココカラファイン.ネットが負担させていただき 無料とさせていただきます。 商品の在庫がある場合、ご注文から1〜5日以内に発送いたします。 取り寄せ商品の場合には10日程度かかる場合もございます。 在庫不足などお取り寄せ商品を含む場合にはすべての商品が入荷されるまでお待ちください。 ---------------------------- 商品発送後、配送業者の保管期間は1週間となります。 配送業者にて保管期限が切れた商品は、キャンセルとさせていただきます。 商品の破損や汚損、瑕疵、品違い、不足など、ココカラクラブ及び配送業者の過失が認められる場合のみ交換いたします。 配達の場合「商品到着後」、店舗受取の場合「商品受け取り後」、いずれの場合も1週間以内に商品の破損、汚損状態にかかわらず、必ず返送いただけることが条件となります。 そのままの状態を写真に撮ってから「ec-support cocokarafine. jp」宛に「ご注文番号」「ご注文者様氏名」「ご注文時のお電話番号またはご住所」をお書き添えの上ご連絡いただけますと受付がスムーズです。 状況を確認の上、返信させていただきます。 返信にて詳しい交換手順のご案内をさせていただきます。 なお、梱包材をやむを得ない事情でどうしても保管できない場合は、その旨ご相談ください。 商品到着後、商品に不備がないか速やかにご確認ください。 お届けした商品が最新版(リニューアル後)の場合、返品・交換対応はお受け付け致しません。 あらかじめご承知おきください。 連絡後1週間以内に回答なき場合は、いかなる理由であってもご対応ができません。 ・再配達とご回答いただいた場合、着払いにて再送いたします。 ・強くキャンセルをご希望の場合、弊社所定の事務手数料を差し引いてお客様にご返金致します。 返金方法については、別途ご相談させていただきます。 当店では、最短で注文から1時間以内に発送準備にとりかかる場合がございます。 注文間違いや、不要になった注文が発覚したら速やかにキャンセル処理を行なってください。 ご注文後に注文内容の変更はできません。 注文内容を変更したい場合は、一旦ご注文をキャンセルされた後に再注文を行なってください。 この場合、在庫の確保ができない場合があります。 代金引換の受取拒否の場合、別途当社より実費請求をさせて頂きますので予めご了承頂けますようお願いいたします。 jp 電話番号: 03-3579-6555 医薬品に関する相談応需について 医薬品の相談には薬剤師、又は登録販売者が応じることが法令により定められています。 薬剤師 すべての医薬品 か登録販売者 第1類医薬品を除く医薬品 にお問い合わせください。 イ 再審査を終えていないダイレクトOTC ロ スイッチ直後品目 ハ 毒薬 ニ 劇薬 要指導医薬品の表示に関する解説 「要指導医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。 要指導医薬品の情報の提供に関する解説 要指導医薬品に関しては法の定めにより、薬剤師による情報提供と対面での販売が義務付けられており、 使用者本人にのみ販売することができます。 要指導医薬品の陳列等に関する解説 購入者が直接手に取ることができない陳列設備に陳列しています。 薬剤師によるルールに則った販売が必要なため、薬剤師不在時は販売できません。 第二類医薬品とは まれに日常生活に支障を来す健康被害が生じるおそれ(入院相当以上の健康被害が生じる可能性)がある成分を含むもの。 安全上、注意が必要な医薬品です。 第三類医薬品とは 日常生活に支障をきたす程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの。 第一類医薬品、及び第二類医薬品以外です。 第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の表示に関する解説 個々の医薬品については、下記のとおり表示されています。 医薬品のリスク区分ごとに、「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。 医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載します。 また、直接の容器又は直接の被包の記載が外から見えない場合は、外部の容器又は外部の被包にも併せて記載します。 第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の情報の提供に関する解説 当サイトにおいては第一類医薬品を扱っておりません。 第二類医薬品及び第三類医薬品に関しては法の定めにより、ご要望があった場合に薬剤師または登録販売者による情報提供を行わせていただきます。 第二類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品については[指定第2類医薬品]と表記してあります。 第一類医薬品は[第1類医薬品]と書かれます。 指定第二類医薬品は[指定第2類医薬品]と書かれます。 第二類医薬品は[第2類医薬品]と書かれます。 第三類医薬品は[第3類医薬品]と書かれます。 指定第二類医薬品の販売サイト上の表示等の解説及び禁忌の確認・専門家へ相談を促す表示 サイト上では、指定第二類医薬品の表示を商品ごとに表示します。 また、すべての指定第二類医薬品について、禁忌事項の確認を促すための表示、注意喚起を行っています。 特に小児、高齢者他、商品ページ内または注意喚起を促すページ内の禁忌事項に該当する場合は、重篤な副作用が発生する恐れがあるため、薬剤師また登録販売者までお尋ねください。 第一類医薬品に関する陳列等に関する解説 第一類医薬品を、第一類医薬品陳列区画(新構造設備規則に規定する第一類医薬品陳列区画をいう)に陳列します。 指定第二類医薬品に関する陳列等に関する解説 指定第二類医薬品を、新構造設備規則に規定する情報提供を行うための設備から7メートル以内の範囲に陳列しております。 一般用医薬品の陳列に関する解説 第二類医薬品、第三類医薬品については、それらが他のカテゴリーの商品と混在しないように陳列しております。 一般用医薬品の使用期限に関する解説 医薬品について、当店では原則として最低でも9か月以上の使用期限の商品を発送したします。 (一部商品については個別に使用期限を記載しております) 医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説 【健康被害救済制度】 独立行政法人医薬品医療機器総合機構は医薬品、生物由来製品による健康被害の救済に取組んでいます。 【救済制度相談窓口】 電話 0120-149-931(フリーダイヤル相談受付 9:00-17:30) 電子メール:kyufu pmda. jp 販売記録作成に当たっての個人情報利用目的 医薬品の販売記録作成にあたっては、当社個人情報保護方針に従い適法かつ、適切に取り扱います。 Copyright c 2013 cocokara fine inc. All rights reserved.

次の

ココカラファインヘルスケア 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

ココカラ ファイン ヘルス ケア

概要 [ ] セガミメディクス株式会社は(を除く)とを中心に、東は、南はまで393店舗を展開している(関東地区、関西・中部地区、九州・沖縄地区、中国・四国地区の4つに分けて展開)。 一時、にも店舗を持っていた。 正会員。 ドラッグストアの共同グループは、に参加。 ドラッグストアチェーンの中では調剤に強く、上場企業の中では第1位に位置する。 2007年2月には創業70周年を迎え、同年7月には関東進出40周年を迎えた。 2008年4月に、同じWINグループに参加している株式会社と、共同ココカラファイン ホールディングスを設立(2010年10月にとの合併によりに商号変更)。 当社はココカラファインHDのとなった。 2013年4月にセイジョー、、、、メディカルインデックスの5社を吸収合併し、ココカラファインヘルスケアに商号変更。 さらに、同年10月にとくすりのえびなを吸収合併した。 沿革 [ ] 本項ではセガミメディクスからココカラファインヘルスケアまでの沿革を述べる。 、、、の沿革は各記事を参照のこと。 2月 - 創業者・瀬上留治郎が、大阪市大今里において、 セガミ製薬所を設立。 8月 - チェーン店1号店(布施一店、)を開店。 3月 - し、 セガミ製薬所に変更。 7月 - に進出(吉祥寺店)。 7月 - に進出(水島店)。 9月 - 株式会社セガミ製薬に商号変更。 5月 - 進出(飯塚店)。 7月 - に進出(岡崎店)• 11月 - 調剤専門店1号店(日本橋店)を開店• 1月 - セガミメディクス株式会社に商号変更。 10月 - 進出(高松常盤町店)。 2月 - 進出(瀬上薬房有限公司設立、1993年10月解散)。 7月 - 本社を現在地に移転。 4月 - 都市型店舗・パワードラッグス1号店開店• 4月 - ドラッグストアグループのWINグループを結成。 2月 - 市場に店頭公開。 10月 - ジャスダックの証券取引所化に伴い、ジャスダック市場に株式上場。 2006年• 1月 - を取得。 9月 - 調剤医薬品の仕入業務の効率化・合理化を図るため、メディカルシステムネット・エムエムネットと業務提携する。 5月 - 山口県内でドラッグストア・調剤薬局を展開している(本社:山口県)を子会社化。 10月 - 調剤薬局チェーンの()へ商品供給や経営ノウハウなどの営業支援を開始。 4月 - セイジョーと経営統合し、共同持株会社 ココカラファイン ホールディングス(現・)を設立。 セガミメディクスは上場廃止。 8月 - (、現・JR九州ドラッグイレブン)と業務提携。 10月 - 当社の卸業務を通じてドラッグイレブン(現・JR九州ドラッグイレブン)への製品供給を開始。 4月1日 - の國廣薬品を略式、にドラッグストア・調剤薬局を展開する(本社:岡山県)と業務提携。 - 中国・四国地方の店舗運営業務を管轄する第四営業部を開設。 - が開発した健康管理支援サービス「タッチで続ける健康日誌」を導入した健康支援サービスを大阪府内の3店舗で開始。 - 子会社のセガミコーポレーション関西、セガミコーポレーション九州を清算。 3月 - に対応した次世代型調剤薬局(阪神尼崎店)をオープン。 2月 - ソフトバンクモバイル(現・)のサービス「」をドラッグストア店舗全店へ導入開始。 - ココカラファイン運営のネットショップ「ココカラファイン. ネット セガミ店」をオープン。 - 親会社の社名を冠した「ココカラファイン苅田店(福岡県)」をオープン。 - 当社を存続会社としてグループ内の販売子会社5社(セイジョー・ジップドラッグ・ライフォート・スズラン薬局・メディカルインデックス)を吸収合併し、 株式会社ココカラファインヘルスケアに商号変更。 - 「ココカラファインイータウン砺波店」のオープンによりに進出(現在は閉店)。 10月1日• 株式会社コダマ()と有限会社くすりのえびな(北海道)を吸収合併し、当社店舗に組み入れる。 株式会社、株式会社、株式会社、株式会社との業務提携により、交通系電子マネー(・・・・・・・・)、、、、、の全14種類のを当社店舗に一斉導入(ただし、商業施設(や駅ビルも含む。 内に出店する店舗では、入居する商業施設等が導入している電子マネーのみ利用可能の場合があり、逆にやなどの利用が可能な店舗もある。 また、PiTaPaは関西地区などの一部店舗のみ利用可能であり関西以外の地域ではほとんど利用不可となる)。 なお、一部の店舗に限られていたWAONは2019年12月13日までに全店舗への導入を完了し、利用が可能となる。 8月 - 株式会社光慈堂を吸収合併。 - 「ココカラファイン店」のオープンによりに進出(現在は閉店)。 6月1日 - 株式会社神戸マルゼンから兵庫県の調剤薬局1店舗の事業を譲り受ける。 9月1日 - 東洋薬品株式会社から北海道の調剤薬局1店舗の事業を譲り受ける。 10月1日 - グループ会社の株式会社を吸収合併。 10月1日 -• 株式会社から大阪府・京都府・奈良県の調剤薬局6店舗の事業を譲り受ける。 譲り受けた店舗の一部は「ココカラファイン薬局」へ転換。 グループ会社の株式会社シニアコスモスを吸収合併(なお、介護事業は同じグループ会社の株式会社へ継承された)。 12月1日 - 有限会社タツオカから東京都と神奈川県の調剤薬局2店舗の事業を譲り受ける。 1月30日 - インコム・ジャパン株式会社が開発したシステムの導入に伴い、モバイル決済サービス「」の取り扱いを開始(一部店舗を除く)。 4月1日 - グループ会社の有限会社東邦調剤、有限会社古志薬局、株式会社ココカラファインネクストの3社を吸収合併。 これにより、「東邦薬局」と「フリーダム」を当社の店舗ブランドに組み入れる。 8月7日 - インターネットサイト「ココカラクラブ」で購入した商品を店頭で受け取る店舗受取サービスを開始(神奈川県の一部店舗から順次開始、「ココカラクラブ」会員限定のサービスのため、利用には会員登録が必要)。 4月1日 - グループ会社の有限会社ケイエスを吸収合併。 これにより、千葉県内の調剤薬局3店舗(しんせい薬局・おゆみ野みどりヶ丘薬局・はるのみち薬局)の運営を引き継ぐ。 6月1日 - モバイル決済サービス「」の取り扱いを開始(一部店舗を除く)。 開始当初は店頭に設置されたをのカメラ機能で読み取り、ユーザー自身で金額を入力することで支払いが完了する「スキャン支払方式」だった。 9月14日 - 株式会社が運営するモバイル決済サービス「」の取り扱いを開始。 10月30日 - 楽天ペイメント株式会社が運営する共通ポイントサービス「」の取り扱いを開始(一部の店舗を除く、「ココカラクラブカード」との同時提示及びポイント付与は不可で、どちらか1つのカード又はアプリを選択することとなる)。 12月3日 - 楽天ペイメント株式会社運営する「(アプリ決済)」、株式会社メルペイが運営する「メルペイ」、株式会社が運営する「ゆうちょPay」、株式会社が運営する「J-Coin Pay」、株式会社が運営する「Origami Pay」の5種類のサービスを一斉導入。 また、一斉導入に伴ってスマートフォンに表示されたを提示し、店員がPOSレジで読み取って支払いを完了する「バーコード読み取り方式」に統一され、既に導入されている「PayPay」もこの方式に変更された。 店舗展開 [ ] 店舗ブランド [ ] 合併前の各会社が展開していた店舗ブランドはそのまま当社の店舗ブランドとして引き継がれる。 この為、地域により展開する店舗ブランドが異なるほか、複数の店舗ブランドが存在する地域もある。 なお、従来からの店舗ブランドのみで出店している地域もあり、群馬県は「セイジョー」のみとなる。 合併後に新規開業する店舗は2012年5月から合併前の各会社(メディカルインデックスを除く)で実験店(パイロットショップ)として展開していた「ココカラファイン」の店舗ブランドで展開される。 また、2013年6月より従来からの屋号で営業している店舗にも、店舗入口などに「ココカラファイン」ロゴの看板が順次掲げられている。 なお、従来からの屋号で営業している店舗の一部は改装のタイミングで「ココカラファイン」に屋号変更している店舗があり、宮城県・山形県・福島県・山梨県・長野県・佐賀県においては「ココカラファイン」への店舗ブランド統一を完了している。 カッコ内は2020年2月時点のブランドごとの店舗数(セイジョー・ジップドラッグ・ジップファーマシーは派生業態を含む)• ココカラファイン(703店舗) 展開地域:北海道、宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、沖縄県• ココカラファイン薬局(187店舗) 展開地域:北海道、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県、山口県、福岡県、長崎県• (103店舗) 展開地域:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県• セイジョー薬局(10店舗) 展開地域:埼玉県、東京都、神奈川県• ドラッグセガミ(103店舗) 展開地域:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、沖縄県• パワードラッグワンズ(5店舗) 展開地域:埼玉県、大阪府、香川県、愛媛県、高知県• セガミ薬局(30店舗) 展開地域:埼玉県、千葉県、東京都、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、福岡県、熊本県• (82店舗) 展開地域:岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県• ジップファーマシー(11店舗) 展開地域:岐阜県、愛知県、奈良県• (66店舗) 展開地域:京都府、大阪府、兵庫県• ライフォート薬局(10店舗) 展開地域:京都府、大阪府、兵庫県• マルゼン(6店舗) 展開地域:大阪府、兵庫県• マツノキ(1店舗) 展開地域:京都府• ホップスドラッグ(3店舗) 展開地域:京都府• シンヤクドー(12店舗) 展開地域:鳥取県、島根県• くすりのスズラン(1店舗) 展開地域:北海道• (3店舗) 展開地域:北海道• (22店舗) 展開地域:新潟県• コダマ調剤薬局(1店舗) 展開地域:新潟県• 東邦薬局(11店舗) 展開地域:栃木県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、岡山県• フリーダム(6店舗) 展開地域:鳥取県• その他屋号の薬局(15店舗) 北海道の「メロディー薬局」、東京都の「アルプス薬局」・「泰洋薬局」・「泰平薬局」、京都府の「オーツカ薬局」など(千葉県と京都府ではどの店舗ブランドにも属さない調剤薬局が存在する)。 くすりのコダマ五泉店 () 店舗数 [ ] 2020年2月時点で1,391店舗。 青森県・岩手県・秋田県・宮崎県・鹿児島県は未出店である。 北陸地方(富山県・石川県・福井県)にも出店していたが、現在は閉店し撤退している。 北海道地方(北海道28)• 東北地方(宮城県5、山形県1、福島県3)• 関東地方(茨城県4、栃木県7、群馬県1、埼玉県44、千葉県26、東京都288、神奈川県69)• 甲信越地方(新潟県63、山梨県2、長野県1)• 東海地方(岐阜県12、静岡県36、愛知県113、三重県69)• 関西地方(滋賀県7、京都府48、大阪府195、兵庫県109、奈良県42、和歌山県30)• 中国地方(鳥取県14、島根県9、岡山県9、広島県21、山口県15)• 四国地方(徳島県5、香川県6、愛媛県4、高知県4)• 統合後のポイントカードは「 ココカラクラブカード」となっており、廃止に伴う切替の対象でない旧法人名義カードでも「ココカラクラブカード」への切り替えが可能で、旧法人名義カードに保有していたポイントは「ココカラクラブカード」へ全て移行される。 「くすりのコダマ」では2013年7月より「ココカラクラブカード」の取扱が開始され、既に当社の系列店舗で新規或いは前述の旧法人名義カードからの切替により「ココカラクラブカード」を所持している場合、同じタイミングで「くすりのコダマ」でも利用可能となった。 併せて、各店ごとにばらつきがあったポイントの基本条件を統一し、 税込100円につき1ポイント付与、500ポイントで500円の「お買物値引券」発券となった(旧ライフォート運営店舗、旧スズラン薬局運営店舗はポイント付与単位を税込105円につき1ポイントから税込100円につき1ポイントに引き下げ、旧ジップドラッグ運営店舗は一部の店舗を除き、値引券の発券ポイントを625ポイントから500ポイントに引き下げ、旧セイジョー運営店舗、旧セガミメディクス運営店舗は変更なし)。 なお、2013年10月からはこれまでの値引きクーポンに代わり、特定製品の購入により付与されるボーナスポイントを導入している。 さらに、同年9月からは 日本国内の実店舗としては初となる機能が付加された。 この機能は事前にレジにて1,000円以上・1,000円単位で申し出た希望額分のチャージを行い、買い物時に現金の代わりにカードを提示するだけで支払いが完了する。 当社の系列店舗やの店舗に限り、月間のプリペイド利用金額の0. また、ココカラファインのグループ店舗のみならず、国内・海外のVisa加盟店でもプリペイド機能が利用できる(この場合、売上票には「クレジット売上票」と表記される)。 2014年9月からはの(・)でのクレジットチャージに対応している。 「ココカラクラブカード」は2017年10月1日付でカード券面のデザインが変更され、コーポレートカラーであるコーラルピンク基調となり、ココカラファインのである「ココシエル」が新たに描かれた。 この日以降に新規入会や前述の旧法人名義カードからの切替の場合は新デザインカードでの発行となるほか、既に「ココカラクラブカード」を保有している場合でも、プリペイド機能の有効期限が2018年内となっている場合はカード切替により新デザインカードの入手が可能である(前述したプリペイド機能には有効期限が設けられているため、有効期限が到来する前に新カードへの切替が必要となる。 プリペイド残高とポイントは新カード切替時に全て移行される)。 この新デザインカードは、2018年4月19日よりのに対応し、ATMからのチャージ及び残高照会の取扱が可能となった。 なお、統合後も引き続き利用が可能だった旧法人名義カード(旧くすりのえびな発行のポイントカードを含む)は今後利用不可となることが2018年2月26日に発表された。 旧法人名義カードを保有している場合は、同年9月30日までに「ココカラクラブカード」への切替が必要となる。 旧法人名義カードの廃止により、当社のポイントカードは「ココカラクラブカード」に完全統合される見込みとなる。 2018年7月に制度が一部変更され、ポイント付与の単位が 税抜100円毎に1ポイント付与となり、店頭での「お買物値引券」の発券を廃止して500ポイント単位で500円分の値引きに変更された(500ポイントに達した次の会計時からポイント利用による値引きが可能となった)。 関連項目 [ ]• - セガミメディクス時代から昼間の天気予報でのメインスポンサー。 長年関西ローカルでを展開。 出典 [ ]• - 株式会社ココカラファイン ニュースリリース 2012年9月5日(2013年2月4日閲覧)• PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2016年2月26日 , 2017年8月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2016年7月11日 , 2017年8月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2017年7月31日 , 2017年11月23日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2017年10月11日 , 2019年2月11日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2018年1月29日 , 2020年2月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2018年8月7日 , 2020年2月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2018年1月29日 , 2020年2月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2019年9月12日 , 2020年2月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2019年10月30日 , 2020年2月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2019年12月3日 , 2020年2月3日閲覧。 2017年11月23日閲覧。 PDF プレスリリース , 2018年4月11日 , 2018年5月28日閲覧。 2018年3月7日閲覧。 外部リンク [ ]• 公式アカウント• (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の