履歴 書 メール 送り 方。 履歴書をメールで送る時の注意点・メール例文

履歴書の封筒の書き方・入れ方・送り方!郵送・手渡し・メール対応も

履歴 書 メール 送り 方

封筒の書き方(郵送の場合) 郵送の書き方 縦書きか横書きか? どちらでも大丈夫ですが、封筒は縦書きが一般的です。 表面には郵便番号と会社住所を書きます• そのうえで、「担当部署や会社名 + 御中」もしくは「担当者名 + 様」と書きます。 履歴書のみの場合には 履歴在中、履歴書以外の応募書類もある場合には 応募書類在中と書きます。 重要なので、赤いペンで書きましょう。 スタンプなどを買って使用しても構いません。 周りを四角で囲ってもいいですが、きれいに線を引くのが難しい場合にはそのままで構いません。 これを書いておけば、目立つので誤って捨てられたり、対応が遅くなるリスクが減ります。 参考: 履歴書を手渡しする・渡し方 履歴書の手渡しでも封筒は使います。 こちらの注意点も見ていきましょう。 手渡しの封筒の書き方 縦書きか横書きか? 縦書きが一般的です。 履歴書のみの場合には 履歴在中、履歴書以外の応募書類もある場合には 応募書類在中と書きます。 重要なので、赤いペンで書きましょう。 スタンプなどを買って使用しても構いません。 周りを四角で囲ってもいいですが、きれいに線を引くのが難しい場合にはそのままで構いません。 これを書いておけば、目立つので誤って捨てられたり、対応が遅くなるリスクが減ります。 裏面には自分の郵便番号、住所と名前を忘れずに書きましょう。 手渡しの場合には封をしないほうがいいです。 すぐに渡せる状態にしましょう。 参考: 渡し方 封筒を忘れない 選考書類一式をクリアファイルに入れてもいいですが、封筒があるとより丁寧です。 送付状はいらない 郵送のとき以外は送付状や添え状といったものは不要です。 封筒もクリアファイルに入れる 封筒の中の書類はクリアファイルに入っていて大丈夫かと思いますが、封筒もクリアファイルに入れておきましょう。 A4のクリアファイルしかない場合には二つを対角に組み合わせるといいでしょう。 渡すときは封筒だけで構いません。 受付ではそのまま、面接官には封筒から出して渡す 受付で選考書類を渡す場合には、封筒のまま手渡ししましょう。 面接官に渡すときには、封筒から出してクリアファイルを封筒の上に置いて渡すのがマナーです。 改変できないという点やバージョンが問題になりにくい、MacでもWindowsでも問題がないため、わかりやすいです。 WordやExcelで作成した場合には、保存するときの形式をPDFにするだけですが、罫線やフォントなどがずれることがあるため、開き直して問題がないかを確認しましょう。 パスワードを設定しておく パスワードの設定方法はさまざまありますが、同時に職務経歴書などの複数ファイルを送る場合にはフォルダにまとめてパスワード付きで圧縮してしまうのが簡単です。 Zipファイルで一括 使うソフトはなんでも問題ありませんが、自分はというものを使っています。 PDFでファイルに直接 PDFファイルで直接パスワードを設定する方法もあります。 これも自分が使っているものですが、というツールです。 これは印刷機能でCubePDFを選択するとWord、Excel、WebページなどあらゆるものがPDF化できますし、パスワードもつけることができます。 具体的な文面 最初のメールとパスワードのメールを分けて送信したときはこのようになります。 転職太郎と申します。 このたび、貴社の求人を拝見し、私の今までの営業経験が活かせるのではないかと考え、ご連絡させていただきました。 まずメールにて履歴書と職務経歴書をお送りいたします。 大変お手数ですが、ご確認いただけますでしょうか。 なお、書類には念のため、パスワードを設定しております。 別送いたしますので、合わせてご確認いただけますでしょうか。 お忙しいところ恐縮ですが、一度ご面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 転職太郎です。 先ほどご送付した書類のパスワードは下記のものです。 ————— XXXXX ————— お手数ですが、ご確認よろしくお願いいたします。 何卒よろしくお願いいたします。 参考: プロのサポートを受けましょう 履歴書は書類選考後も使われる 履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。 また、 書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。 ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと後から修正するのは困難ですし、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。 自分で対策するのは構いませんが、 自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。 転職のアドバイスは価値が高い 僕も3回転職をしていますが、 転職のときには必ず転職エージェントに登録します。 それは彼らから提供される 転職市場の話や選考に関するアドバイスが非常に有用だからです。 転職サイトでも求人は探せますが、 アドバイスをくれる人はいません。 書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。 転職エージェント経由の場合には 落ちた理由に関してもわかります。 いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。 転職エージェントをうまく活用できれば、 転職の成功確率が上がります。 書類対策に強い転職エージェントがこちらです。 ぜひ相談してみてください。

次の

履歴書をメール添付する場合のメールの書き方・送り方

履歴 書 メール 送り 方

社会人はもちろん、今では就活生の敬語にもマナーが問われる時代。 あなたが何気なく使っているその敬語…実は間違って使っている恐れがあります! 間違った敬語をそのまま使い続けていると、社会人になった時に恥をかいてしまう他、数年後に入社してくる後輩からも笑われてしまうかも…。 だけど焦る必要はありません! 今回は就活生が間違って使ってしまいがちな敬語のパターンと正しい使い方をご紹介します。 間違った敬語をそのまま使い続けるとどうなる? まずは間違った敬語をそのまま使い続けることで、どんな弊害が起こるのか確認しておきましょう。 ・自分が恥をかく ・敬語が使えない=仕事ができないという厳しい評価を受ける ・上司や先輩から叱責(しっせき)される など、敬語が使えないとさまざまな弊害が生じる可能性があります。 「敬語よりも気持ちが大事!」 と開き直るのは厳禁です。 学生であれば、若さを理由に許されるかもしれません。 しかし、社会人ともなれば年齢は関係ありません。 上記で述べたようにあなた自身の信頼問題にも関わってきます。 信頼問題に関わるということは、あなたのその後の社会人生活をも大きく左右することにもなるのです。 とはいえ、過剰に恐れる心配もありません! 次の項目では、間違いやすい敬語表現について紹介していきます。 間違いやすい敬語「履歴書の方をお送りします」 就活に欠かせない書類といえば履歴書ですよね。 就活生の中には履歴書を完璧に仕上げることに集中してしまい、送る際の一言にまで気が回らない方も少なくありません。 あなたなら履歴書を送る際の、添え状やメールの本文にどんな一言を付け加えますか? 「よろしくお願いします」「ご確認ください」の言葉と一緒に見られるのはこんな使い方です。 「履歴書の方をお送りします」 このような一言を付け加える方が多いのではないでしょうか。 しかしその敬語、本当に正しく使えていますか? 「~の方」という言い方は間違い!正しい使い方は? 「履歴書の方をお送りします」 この敬語で 間違っているのは「の方」を付けること! 正しく使えているようで、実は間違いやすい敬語の一つなのです。 しかし世の中には「の方」を付けるパターンが数多く存在します。 それでは「の方」はどんな時に使うのが正解なのか確認してみましょう。 パターン1「方角」 そもそも「方」というのは「方角」を指し示すのに使われる単語の一つ。 「お手洗いは突き当りを右手の方にございます」 パターン2「比較する物」 比較する物が複数ある場合にも「の方」は使われます。 書類が二枚あると想定し、 「こちらの方の書類にサインをお願いします」 このパターンで考えると「履歴書の方をお送りします」はどうでしょうか? 履歴書は方角を示すものではありませんし、また比較する書類が複数あるわけでもありません。 その為、「の方」を付けてしまうと、言葉遣いに厳しい人事からは印象が下がってしまうこともあるので気を付けましょう。 それでは履歴書を送る際にはどのような言い回しが正しいのでしょうか? 「履歴書をお送りします」 これでOKです! 「の方」が無い分、文章がスッキリとシンプルに見えますよね。 まとめ 今回は履歴書を送る際の間違いやすい敬語についてご紹介しました。 敬語は使い分けが難しいですが、目上の人や取引先の人に不快感を与えないためにも、正しい使い方をマスターしておいて損はありません。 しかし、正しい敬語とは一日や二日でマスターできるものでもありません。 日々の生活の中で正しい敬語を使うことを意識すれば、自然と身に付いていきます。 アルバイト先や学校で綺麗な言葉遣いをしている人の真似をしてみるのもいいですね。 正しい使い方をマスターし、就職活動や社会人生活に役立ててください。

次の

【例文付き】エントリーシートをメールで送るときのポイント

履歴 書 メール 送り 方

1.履歴書を送信する前にメールアドレスを取得する まず履歴書をメールで送付する際に メールアドレスが必要になります。 大学生の方は大学で使用するメールアドレスが有るので、そのアドレスを使用しましょう。 ではメールアドレスを持っていない方はどのようにすれば良いのでしょうか。 インターネットを使用している方なら必ずある、プロバイダーから用意されたメールアドレスを使用しましょう。 プロバイダーのメールアドレスは契約したときの書類に記載されているケースが殆どなので一度確認してみましょう。 また、 フリーメールアドレスを使って履歴書を送っても特に問題はないようです。 しかしこのフリーメールアドレスを使用する時は注意点があり、送ったメールが相手の迷惑メールのフォルダに入ってしまい確認してもらえない可能性があるのです。 タイトルを工夫するとある程度そのリスクを防げるのですが、心配な方は履歴書をメールで送った後、企業に送った旨を電話で連絡すると確実に相手に伝える事ができるでしょう。 2.履歴書に貼る証明写真はパソコンでデータをリサイズする 履歴書はWordやExcelで作る事になります。 文章や書式は用意したテンプレートやフォーマットに沿って入力して行けば良いのですが、証明写真はどのようにすれば良いのでしょうか。 履歴書と証明写真を別々に添付する方もいるようですが、それでは見栄えが良くありません。 おすすめの方法は 証明写真を履歴書に直接貼り付けて、一般的な履歴書と同じように見せる方法です。 3.履歴書を送信する前にPDF化して印刷しやすいファイルにする これで履歴書が完成と思ってはいけません。 次は出来た履歴書をPDFのファイル形式に変換しましょう。 PDFとは何かと言うと、 印刷ページをそのまま保存しているファイル形式の事で、受け取った方がそのままの形ですぐに印刷する事が可能なのです。 その為PDFファイルにして履歴書を添付する事で受け取った企業の方の手間を省く事ができます。 PDFファイルにするにはもう一つ大きな目的があり、履歴書の内容の変更や削除を防止するという事です。 PDF化されたファイルは、その中身を変える事ができません。 つまり何かの間違いで履歴書の文章を削除してしまった!という事故を防ぐ事ができるのです。 ではどのようにPDFのファイル形式に変更するのか見てみましょう。 無料のPDF変換ソフトを使用 有料ソフトはちょっと…と言う方は無料のフリーソフトを使用する方法もあります。 「PDF フリーソフト」で検索すると多くのPDFを作成するソフトが出てくるのでそちらを使用するのも良いでしょう。 大切な履歴書なので 万が一の事故を防ぐ為にもファイル形式をPDFに変更しておきましょう。 これで企業に送る履歴書が完成となります。 4.履歴書をメールに添付するときはパスワードを設定する 完成した履歴書をメールに添付します。 添付するときにはファイルにパスワードを設定しましょう。 PDFのファイル自体にはパスワードは設定できないので注意が必要です。 新しいフォルダを作成• 作成したフォルダに完成したPDF形式の履歴書を入れる• フォルダごとパスワード付きのZIP形式で圧縮 この手順を踏む事でパスワード付きの履歴書を添付する事ができます。 何故わざわざパスワードを設定するのかと言うと企業は応募者のセキュリティ管理能力を図っているという事です。 近年、個人情報の漏洩が問題となっていますがその観点からも パスワードを設定するというのは非常に重要な事なのです。 履歴書は丸々個人情報なので厳重に管理する事が必要です。 セキュリティ管理に危機感をもっていない応募者に企業は良い評価を与えないでしょう。 履歴書をメールで添付して送る場合にはパスワードを設定する事はとても大切な事と言えます。 ご指示ありました履歴書を添付し、送付させて頂きます。 パスワードは後ほどお送り致します。 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 面接の機会を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。 先ほど送付させて頂いた履歴書のパスワードをご連絡いたします。 履歴書をメールで送る場合はセキュリティ管理を徹底して送信しよう 紹介した5つの事を忘れなければ履歴書をメールで送る時に困る事はなくなります。 履歴書は個人情報が多いので 出来る限りのセキュリティ対策をする事をおすすめします。 企業もセキュリティ管理の高い応募者には好印象を与えてくれるので採用に有利に働く事になるでしょう。

次の