お 体 に 気 を つけ て 年賀状。 「お体に気をつけて」は目上の人にも使える?正しい敬語と文例は?上司/先生

間違いも多い「お体に気をつけて」の意味と敬語表現・使い方と例文

お 体 に 気 を つけ て 年賀状

「ご自愛ください」の目上の人への使い方 「ご自愛ください」という表現は相手の健康を気遣う言葉なので、年齢や性別を問わず使える丁寧な表現です。 もちろん、目上の人にも使えます。 むしろ、親しい友人や年下の人よりも目上の人へ使う方が多いかもしれません。 相手をいたわる表現なので、目上の人に対して積極的に使いましょう。 「お体にご自愛ください」という表現は間違っている お体にご自愛くださいという表現を見かけることがありますが、この表現の仕方は実は間違っています。 以下では、「お体にご自愛ください」がなぜ間違っているのかを解説していきます。 ご自愛は体を大切にしてという意味がある 相手の健康を気遣う言葉なので一見正しいように思えますが、「自愛」は「自分の体を大切にする」という意味なので、「お体に」という部分を付けると、「体」という意味を二重に表現していることになってしまいます。 「ご自愛ください」で「自分のお体を大切にしてください」という意味であることを頭に入れておきましょう。 手紙の結びの言葉に「お体にご自愛ください」を使うのもマナー違反 手紙の結びの言葉として、「お体にご自愛ください」を使用するのもマナー違反です。 二重表現の言葉を使用するのは相手に対しても失礼な行動になります。 結びの言葉に使用するのは控えましょう。 「ご自愛」は元気な人に使う表現 相手が病気や怪我で体調を崩しているときに「自分の体を大切に」という意味で「ご自愛ください」と使いたくなってしまうかもしれません。 しかし、「ご自愛ください」という表現は、 体調が悪くない人に対して「体調を崩さないように気をつけて」という意味で使うのが一般的です。 体調を崩してしまっている人に対しては「1日も早い回復をお祈り申し上げます」といったような表現に変えます。 早く元気になってほしい、回復してほしいという気持ちを「ご自愛」ではなく他の言葉で表現します。 「ご慈愛」は全く違う意味 「じあい」と読む言葉に「慈愛」があります。 似たような表現で「愛」の字が入っていることから、よく間違える言葉の一つでもあります。 「慈愛」は「自分への深い愛情」という意味があるので、「ご慈愛ください」というと「私を大切にしてくださいね」という反対の意味になってしまいます。 相手の健康を気遣う表現は「ご慈愛ください」ではなく、「ご自愛ください」です。 「ご自愛」のビジネスメールで使える鉄板フレーズ・例文4選 「〜ので、ご自愛ください」.

次の

年賀状の一言で親戚に健康や病気を気遣うコメント紹介!

お 体 に 気 を つけ て 年賀状

「気をつけて」の意味は、日本語表現辞典weblio辞書によると「気をつける」に助詞の「て」の付いた形となっていて、動作を形容して「注意、用心してことに当たる」といった意味となるか、「注意、用心をするように」と相手に呼びかける場合などに用いる表現、とあります。 したがって、「お体に気をつけて」の意味は、「体調に注意してことに当たるように」、「体に注意、用心をするように」という意味になります。 相手に対し注意喚起や注意を促す。 友達などの親しい仲や後輩、部下に対してなら注意を促す言葉をかけることは間違いではありません。 しかし、目上の人に向けて「お体に気をつけて」と注意喚起をするのはいかがなものでしょうか。 相手の体調を気づかうつもりで書いた「お体に気をつけて」の言葉が、目上の方に対しては上から物を言っている、偉そうで失礼な表現になってしまいます。 「気をつける」に助詞「て」の付いた形。 動作を形容して「注意、用心して事に当る」といった意味となるか、「注意、用心をするように」と相手に呼びかける場合などに用いる表現。 「気をつけて」の使い方 「身体」と書くときは、一般的には肉体のことだけではなく心を含めた「からだ」のことを指し、人間に対してだけ使われる漢字です。 しかし、常用漢字では「身体」はしんたいと読み、からだとは読みません。 そのため新聞や公的な文章では「お身体に気をつけて」と表現することは間違いになります。 手紙やメールで「おからだに気をつけて」と書くときには、肉体そのものだけでなく心身ともに健康であることを願っているという意味で使うため「身体」と書くのが一般的です。 また、手紙やメールでは「お体」と書くよりも「お身体」と書く方が、より丁寧で改まった表現とされています。 常用漢字では「からだ」と読むことはなく、一般常識としては「お身体」の方が正しい使い方とされる、たいへんややこしい話です。 Web電話帳を導入しませんか? 目上の人に「お体に気をつけて」と言うことがなぜ失礼にあたるのでしょうか。 相手の健康や無事を願っての言葉ですから、本来なら「気にかけてくれてありがとう」と感謝されることはあっても、相手に不快な印象を与えることはないはずです。 しかし、一見問題のないように見えるこの「お体に気をつけて」という言葉は、先に紹介したように相手に注意喚起を促す言葉であり、「お」が付いていても正しい敬語とは言えません。 敬語とは、話し相手や手紙の相手に対して敬意を表す言語表現のことをいいます。 さらに敬語には相手に対して敬意を表現する尊敬語、自分をへりくだって表現する謙譲語、丁寧に表現する丁寧語の3つに分類されます。 「お体に気をつけて」を目上の人に使う時 今回は「お体に気をつけて」の正しい使い方と言葉の意味、敬語表現やシーンに合わせた例文などを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 親しい仲や面と向かって直接伝える場合は、そのまま「お体に気をつけて」と伝えてもニュアンスや言葉の温度で十分に気持ちは伝わりますし、失礼だと感じる人は少ないでしょう。 しかし、手紙やメールでは相手の健康を気づかって掛けた「お体に気をつけて」の言葉でモヤモヤとした気持ちにさせてしまうこともあります。 敬語はとてもややこしく、面倒だと感じる人もいるでしょう。 しかし、ビジネスのシーンでは間違った敬語を使う相手に対して、「常識のない人だな」、「この会社は新人の教育もできないのか」とマイナスの評価をされることも少なくありません。 「お体に気をつけて」という言葉はさまざまな場面で使えるとても便利な言葉ですので、正しい使い方をマスターして相手を思いやるその気持ちを正しく伝えましょう。

次の

年賀状の一言添え書き。親戚へ健康を気遣うメッセージ文例!

お 体 に 気 を つけ て 年賀状

「気をつけて」の意味は、日本語表現辞典weblio辞書によると「気をつける」に助詞の「て」の付いた形となっていて、動作を形容して「注意、用心してことに当たる」といった意味となるか、「注意、用心をするように」と相手に呼びかける場合などに用いる表現、とあります。 したがって、「お体に気をつけて」の意味は、「体調に注意してことに当たるように」、「体に注意、用心をするように」という意味になります。 相手に対し注意喚起や注意を促す。 友達などの親しい仲や後輩、部下に対してなら注意を促す言葉をかけることは間違いではありません。 しかし、目上の人に向けて「お体に気をつけて」と注意喚起をするのはいかがなものでしょうか。 相手の体調を気づかうつもりで書いた「お体に気をつけて」の言葉が、目上の方に対しては上から物を言っている、偉そうで失礼な表現になってしまいます。 「気をつける」に助詞「て」の付いた形。 動作を形容して「注意、用心して事に当る」といった意味となるか、「注意、用心をするように」と相手に呼びかける場合などに用いる表現。 「気をつけて」の使い方 「身体」と書くときは、一般的には肉体のことだけではなく心を含めた「からだ」のことを指し、人間に対してだけ使われる漢字です。 しかし、常用漢字では「身体」はしんたいと読み、からだとは読みません。 そのため新聞や公的な文章では「お身体に気をつけて」と表現することは間違いになります。 手紙やメールで「おからだに気をつけて」と書くときには、肉体そのものだけでなく心身ともに健康であることを願っているという意味で使うため「身体」と書くのが一般的です。 また、手紙やメールでは「お体」と書くよりも「お身体」と書く方が、より丁寧で改まった表現とされています。 常用漢字では「からだ」と読むことはなく、一般常識としては「お身体」の方が正しい使い方とされる、たいへんややこしい話です。 Web電話帳を導入しませんか? 目上の人に「お体に気をつけて」と言うことがなぜ失礼にあたるのでしょうか。 相手の健康や無事を願っての言葉ですから、本来なら「気にかけてくれてありがとう」と感謝されることはあっても、相手に不快な印象を与えることはないはずです。 しかし、一見問題のないように見えるこの「お体に気をつけて」という言葉は、先に紹介したように相手に注意喚起を促す言葉であり、「お」が付いていても正しい敬語とは言えません。 敬語とは、話し相手や手紙の相手に対して敬意を表す言語表現のことをいいます。 さらに敬語には相手に対して敬意を表現する尊敬語、自分をへりくだって表現する謙譲語、丁寧に表現する丁寧語の3つに分類されます。 「お体に気をつけて」を目上の人に使う時 今回は「お体に気をつけて」の正しい使い方と言葉の意味、敬語表現やシーンに合わせた例文などを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 親しい仲や面と向かって直接伝える場合は、そのまま「お体に気をつけて」と伝えてもニュアンスや言葉の温度で十分に気持ちは伝わりますし、失礼だと感じる人は少ないでしょう。 しかし、手紙やメールでは相手の健康を気づかって掛けた「お体に気をつけて」の言葉でモヤモヤとした気持ちにさせてしまうこともあります。 敬語はとてもややこしく、面倒だと感じる人もいるでしょう。 しかし、ビジネスのシーンでは間違った敬語を使う相手に対して、「常識のない人だな」、「この会社は新人の教育もできないのか」とマイナスの評価をされることも少なくありません。 「お体に気をつけて」という言葉はさまざまな場面で使えるとても便利な言葉ですので、正しい使い方をマスターして相手を思いやるその気持ちを正しく伝えましょう。

次の