ゼンリー pops ハングアウト。 ほくほくメール 2015/1/16:スノー・レコード・ブログ

渋谷 CD・レコード・販売・買取 ディスクユニオン渋谷中古センター店舗案内

ゼンリー pops ハングアウト

配送に関するご注意 ・ 分割配送には対応しておりません。 別々の配送をご希望の場合は、商品ごとにご注文ください。 例えば「予約商品」と本商品を一緒に注文されますと、本商品も「予約商品の発売日」に合わせて一括のお届けとなります。 複数の予約商品が同じ注文にあった場合は、「一番遅い発売日」に併せての一括配送となります。 ・予約商品は、 発売日より弊社配送センターの2営業日前の正午までにご購入いただいた場合は、 発売日にお届けするよう配送準備を行っております。 ・弊社配送センターの 定休日(土曜日、日曜日、祝日など)の出荷はございません。 クレジット 以下のカードブランドがご利用いただけます。 請求書発行日より14日以内にお支払ください。 お客様からのご指定は承っておりません。 予めご了承ください。 予約商品と通常商品を一緒にご注文された場合は、予約商品の発売日にまとめてお届けいたします。 お届け地域によって時間帯指定できない場合があります。 返品交換について お客様のご都合によるキャンセル・返品交換は承っておりません。ご注文内容をご確認のうえ、ご注文ください。 品質には万全を期しておりますが、万一、破損や汚れ、お届け違いなどございましたら、商品到着後7日以内に[]よりご連絡ください。返品交換方法をご連絡いたします。

次の

中古CDレコードファンファン旧サイト一覧

ゼンリー pops ハングアウト

このページの、無断商用利用、他言語への翻訳、並びに、その幇助、 他国籍企業への配布は固く禁じます。 (「百度」拒絶) 私的に収集・編集した 染色や繊維に関連する用語集です。 (Windows10では、右上橋の「・・・(詳細)」をクリックし 出てきたリストで「ページ内の検索」を選び出て来たコラムに検索したい単語を入力。 ) (ページTopへは『Fn』+『Home』、又は、『Back Space』キーで戻れます。 ) 中には、 ミスタイプや正確でない情報もあると思いますので、without guarantee と言う事でお願い致します。 7cmの試料を見るときの値。 Tシャツ、スウェットなどの縫製を始め、多くのアイテムに使用している。 3DCAD(スリーディキャド)とも呼ぶ。 立体物の取扱いは、サーフェス 面のみ モデリングとソリッド 体積をもつもの モデリングに分かれているが、 最近では融合した機能をもつソフトも増えている。 機械系・建築系では普及が進みつつあり、 従来の2次元CADからの移行が問題になっているケースもある。 分野としては機械設計、金型設計、建築設計、土木設計、 設備設計などに加え、意匠設計や商品としての製品設計でも利用されている。 斜文編と同じく柄糸と地糸があり、柄糸を杉綾状にニットさせて、ダイヤルでタックさせると、杉綾 が得られる。 これも杉綾模様は表だけである。 強度のある縫製仕様。 フラットヘッドではシャンブレーシャツやオーバーオールにこの3本針を使用している。 3本針の内の2本をリブに、1本をボディに落として縫う事によりネック部分の強度が高まる。 これを3枚斜文(3枚ヘルド斜文・3枚あや・三つあや)という。 「リデュース(Reduce=ごみの発生抑制)」「リユース(Reuse=再使用)」 「リサイクル(Recycle=再資源化)」の頭文字を取ってこう呼ばれる。 「シアン」「マゼンタ」「イエロー」「ブラック」の4つの色に分解し、 シアン版、マゼンタ版、イエロー版、ブラック版の4つの版を掛け合わせて、フルカラーを表現する。 厳密に色あわせが必要な部分やベタ部分、目立たせたい部分などは、別版を増やして印刷する。 また一完全のウェルト数 編目数)が多い為、織物に似た感じの編地。 一般に「5W1Hの原則」と呼ばれているものに、2Hをプラスした原則である。 この8つ要因を常に分析し、商品構成、販売計画、展開計画と結びつければ、 適正なマーチャンダイジング実現できるとされる。 (5尺4寸ものもある) 16. またその織物。 数が大きいほど細かくなる。 10度視野とは50cmの距離に直径8.8cmの試料を見るときの値。 他に2度視野がある。 一幅に蚊絣が100個並ぶもの。 またその反物。 またその織物。 数が大きいほど細かくなる。 一幅に蚊絣が200個並ぶものまたその反物。 1954年アメリカで発明されたABS樹脂は、 その高機能性からエンジニアリングプラスチックに分類され、種々の機器の筐体や内装、建材など広い分野で採用された。 難燃性樹脂への改質も容易だったため、テレビなど電気機器にも広く採用された。 また、ポリカーボネートなどの流動性改良を目的としたアロイ化の主材料としても広く活用されて来た。 着色や難燃化・繊維強化は、一般に通常品のペレットを製造した後、 コンパウンド加工にて行われるが、大量生産の際には重合時に各種材料を同時に投入しコストダウンを図る手法もある。 東洋紡開発品(活性炭素繊維「KF」とは、当社が開発した、セルロース繊維を原料として製造される繊維状の活性炭。 布の性質と活性炭の性質を持ち合わせている。 そのユニークな特長から、粒状活性炭・球状活性炭につづく第3の活性炭と言われている。 ) 29. ウェブブラウザ用に提唱されたsRGBに比べてグリーン領域の再現範囲が拡大された色空間。 DTP用のCMYK再現域よりも広い色空間であり、DTP業界では主流になりつつある。 ただし、AdobeRGBの色空間で制作されたデータは、デバイスやモニターがAdobeRGB表示可能なものでなければ再現できない。 パソコン用モニターやコンパクトデジタルカメラなど、 多くの機器で採用されている標準的な色空間規格であるsRGBと比較すると、表現できる色域の範囲が大きくなっている。 日本語では、「アジア太平洋地域における温暖化対策統合評価モデル」ともいう。 シャトル織機にかわり主流となっている。 高速運転が可能で音も比較的小さい。 17世紀後半から18世紀前半、ルイ14世統治下で始まったと云われる。 かつらは非常に長く、カールしているのが特徴。 ファッショナブルな貴族たちが愛用した。 DNAに傷がつくと突然変異が起こり、普通の細胞ががん細胞に変化する可能性がある。 エイムス試験は、発がん性の試験ではありませんが、がんを引き起こす可能性のあるものを簡単に検出できる試験方法。 この試験では、陽性(悪い結果)、陰性(良い結果)で結果が表示され、陽性だからといって必ずしも発がん性があるとは言えない。 アクセスポイントとクライアントがこのシステムに対応していれば、 双方のボタン1つでセキュリティーを含めた無線LANの設定を簡単に行うことができる。 APO ビス 2,3-ジブロムプロピル ホスフェイト化合物。 経皮・経口急性毒性、造血機能障害、生殖機能障害を引き起こす。 P:発ガン性。 化合物:発ガン性) 50. 全部をコンピュータで合成して作り上げる仮想現実 VR に対する言い方で、 英語のAugmented Realityを略して「AR」 エーアール と呼ぶ。 日本語では「拡張現実」。 視覚情報のARを作るには、リアルな現実世界を取込むカメラと、 ズレなく合成するためのセンサ類、付加する情報を収めたデータベース、合成後の拡張現実を表示するディスプレイなどが必要である。 1955年春、クリスチャン・ディオールが打ち出したドレスのシルエット。 17世紀前半の軍事ヒーローの名前に由来している。 スカーフ用に捺染した布地のまだ裁断する前の状態に似ている。 パネル・プリントの一種。 (CIFは、保険料込み) 77. より色表現を上げる為ライトシアンとライトマゼンタを使う事が多い 78. 有機物などに含まれている炭素(C)と窒素(N)の質量比。 炭素率ともいう 79. 製品開発では、 あらかじめ製品の機能や性能、動作などが設計どおりか、不具合はないかを検証する必要がある。 CAEを用いれば、実際に試作品を作って実測・実験することなくコンピュータ上で検証が可能で、設計・開発期間の短縮、コスト削減が図れる。 熱解析、流体解析、電磁界解析、波形・信号解析、伝送路解析、構造解析、振動解析、音響解析、衝撃・衝突解析、機構解析、樹脂流動解析、 鋳造解析、プレス金型解析などがある。 CADで作成した設計データからNCプログラムを作り、 CNC工作機械の切削工具の選定や動作などを設定する。 加工形状により2D、2. 5D、3Dに分類できる。 また17世紀中頃、英国の清教徒支持者によって着用された。 Copotainとも云う。 CAS番号またはCAS登録番号ともいう。 米国化学会の一部門であるCAS(Chemical Abstracts Service)が運営・管理する化学物質登録システムから付与される化学物質に固有の数値識別番号のこと。 CAS No. はハイフンで 3 つの部分に区切らた最大9桁の番号であり、例えば、カフェインのCAS No. は58-08-2である。 波長200〜1100nmの紫外線 UV 、可視光、近赤外線 NIR 領域をカバーし、 小型で、高感度、高分解能、広ダイナミックレンジ。 特に、電子冷却装置や液体窒素でCCDを冷やすことにより、 ダークノイズや温度ドリフトを低減でき、微弱光の検出に対応する。 標準のCCD 表面入射 に比べてより高感度な裏面入射CCDを搭載した機種もある。 微弱光の測定や、蛍光・ラマン光・プラズマの測定、 各種光源やLCD・PDP・EL発光の測定、吸光度・反射率・透過率の測定、HPLCの検出器などに適する。 詳細は、本HP「」参照。 分光光度計を使って色見本の色を読み取り、その近似色を、デー ターファイルからコンピューターを使って検索するシステム。 CO2削減対策のひとつとして開発され、分離・回収技術、 輸送技術、圧入・貯留技術からなるが、まだ完全に実用化されてはおらず、 世界各地で大規模な実証実験が行われている 日本では2020年までの実用化を「低炭素社会づくり行動指針」で表明済。 EEA(欧州経済領域)やトルコ、スイスで販売する際には取得が必要。 規定の全商品はマーク添付が必須。 CEマーク使用には基準をみたしたという証拠の文書が必要となる。 FRPの一種である。 主に、 方向を整えた炭素繊維にプラスチックを含浸させた中間素材 プリプレグ を何枚も積層し、 高温下で加圧・硬化するプリプレグ法により製造する。 アルミより軽量で、鉄より硬く、 チタンより高い弾性率を備え、航空機の構造材などに用いられる。 コンピューター・グラフィック・システムの略。 配色をシュミレーションして見たり、配色制作が短時間で行える利点があるが、 ディスプレイ上の色を色材の色で再現することが難しい。 100. 17〜18世紀、Chitta インド でその製法が確立したことに由来。 101. カラー・インデックス・ナンバー。 英国の染色者学会(SDC)が、工業用染料、顔料の全てを用途による部属名と色名及び番号によって分類したもの。 103. 昇華捺染用に新しく開発された青系分散染料。 淡〜中色では、ターキス色であるが、濃度が濃くなると赤味が増す。 日本においては、新規物質に未登録。 1-Amino-4- ethylamino -9,10-dihydro-9,10-dioxoanthracene-2-carbonitrile 104. 均染タイプで、三原色の青成分として使用される代表的な染料。 1,5-Diamino-2-chloro-4,8- dihydroxy-9,10-anthracenedione 105. ターキス色として多用される高日光分散染料。 メトキシ置換タイプとエトキシ置換タイプが含まれる。 4,11-ジアミノ-2- 3-メトキシプロピル -1H-ナフト[2,3-f]イソインドール-1,3,5,10 2H -テトラオン 106. キノンベースの代表的な均染タイプの染料で、昇華捺染の赤成分としても使用される。 C20H13NO4 107. 均染タイプで、三原色の黄色成分として使用されるキノフタロンベースの代表的な染料。 昇華捺染のイエロー成分としても利用される。 108. 高いビルドアップが特徴。 109. アントラキノン構造を持ち堅牢度に優れる。 110. Procion Red H-E3B 111. Commission Internationale de I'Eclairage 112. CIEは国際照明委員会のことで表色系の規格を行っている。 113. CIE標準の光には標準の光A,B,C,D65及びその他の標準の光Dがある。 備考1. 標準の光Aは温度が約2856kの完全放射体が発する光。 標準の光D65は相関色温度が約6504kのCIE昼光、その他の標準の光Dは、その他の相関色温度におけるCIE昼光であって、 標準の光D65に次ぐものとしては標準の光D55(相関色温度約5503k)及び 標準の光D75(相関色温度約7504k)を優先的に使用する。 各標準の光は次のように、実在する光の分光分布を代表することを意図して定めてある。 標準の光A 相関色温度が約2856kのタングステン電球の光。 標準の光C 可視波長域の平均的な昼光。 標準光源Aに規定のデビス・ギブソンフィルターをかけて相関色温度を約6774kにした光源。 標準の光D65 紫外域を含む平均的な昼光。 その他の標準の光D 紫外域を含む種々の状態での昼光。 114. 混色系の一種で、色光の混合比によって、色を表すシステム。 この表色系では、 光の色(光源色)も数字で表すことができる。 (マンセル,オストワルト,PCCSは、物体色は記号で表せるが、光源色は表すことができない。 )色表示の精度も、 マンセルやオストワルトより、はるかに高く、工業的・定量的な応用には、このシステムがもっぱら用いられている。 1931 年に設定された視野角 1-4度のものと,1964 年に設定された視野角10度のものがある。 115. 水溶性糊料。 適切なエーテル化度のものは水溶性で,捺染用糊剤として用いられる。 120. 121. CCDカメラに比べると、安価で、低消費電力、高速読出し可能という特長がある一方で、画質が悪いのが欠点とされてきたが、 近年は画質・感度なども向上し、CCDカメラ並みの高画質機も登場している。 安価で手軽に使えるWebカメラや動画取込用には、CMOSカメラが広く使用されている。 122. でんぷんにモノクロル酢酸 などを作用させてエーテル化した水溶性の糊料。 123. 色材(物体)の3原色といわれるのがCMYである。 それぞれはC(Cyanシアン)M(Magentaマゼンタ)Y(Yellow黄)を示す。 印刷では、黒色の濃度を得るためにK(ブラック)を使用するためCMYKという。 125. パルプ、植物由来廃棄物等にTEMPO(2,2,6,6-tetramethyl-1-piperidinyloxy)を作用させる事により取り出す。 軽く強靭な素材材料として、未来への応用が期待される。 126. 127. 炭素の同素体で、フラーレンの一種に分類されることもある。 アルミニウムの半分という軽さ、 鋼鉄の20倍の強度(特に繊維方向の引っ張り強度ではダイヤモンドすら凌駕する)と非常にしなやかな弾性力を持つ。 単層のカーボンナノチューブの構造ほとんどの部分が蜂の巣状の六員環になっているが、五員環や七員環(赤色)の部分が存在し、 これによって単なる円筒ではない構造を取り得る。 128. 水中の有機物を酸化剤で分解する際に消費される酸化剤の量を酸素量に換算したもので、 海水や湖沼水質の有機物による汚濁状況を測る代表的な指標。 なお、二価鉄や亜硝酸塩などの存在によって測定値が高くなる場合がある。 129. ICCプロファイルに対応している。 130. 132. 産業用コンピュータ製品のベンダーがつくった米国PICMGという業界団体が1995年に策定したもので、 2ピースコネクタでバックプレーンと接続するため信頼性が高く、PCI規格とは互換性を保っている。 134. 1000点約1msの高速応答、最大ノード数384、最大入出力点数2560、低コストで汎用性の高い丸型(VCTF)ケーブルと、 圧接加工で施工性に優れたフラットケーブルの2種類のケーブルが使用可能。 リピータによる幹線の延長、副幹線分岐、 異種ケーブル変換もでき、従来のDeviceNetで実現できなかった課題をクリアしている。 135. 18世紀にドイツや北欧に渡ると、 女性のガウンやローブとして広まっていった。 136. 137. 138. 略称CR、商品名ネオプレン Neoprene。 耐候性、耐熱性、耐油性、耐薬品性は天然ゴムよりすぐれ、加工も容易。 Oリング、コンベヤベルト、ロール、 ライジング、ウェットスーツ、電線被覆などに使用される。 143. 「顧客関係管理」と訳し、 単に「顧客管理」ということもある。 顧客のデータベース 年齢・性別などの属性、購買履歴など を作成・分析し、 その客に合った商品の販促や、保守・サービスの提供、問合せやクレームへの対応など、顧客とのやり取りをきめ細かく管理するもので、 これにより顧客の満足度を高め、既存客としての関係をキープして収益率をアップできる。 現在ではネット技術を利用したeCRMが主流となっている。 145. 特定の相対分光分布をもつ放射で昼光照明に対応するが現在はあまり使用されない。 147. 不純物が多いため環境負荷が高く、他の石油製品に比べて熱効率が悪いが、 価格はA重油よりも3〜4割安い。 船舶用のディーゼルエンジンや火力発電所の燃料として使われる。 重油は、原油を蒸留する工程でガソリンや灯油、軽油を取り出した後に残る燃料成分。 タールやアスファルトが含まれるため、 常温下では非常に粘度が高く、色は真っ黒でヘドロのような形態をしている。 重油はA重油/B重油/C重油の3つに分類される。 148. 貿易委員会、経済政策委員会に並ぶOECDの三大委員会のひとつ。 1961年9月にOECDが設立されたのを機に、前年に設立されていた DAG(開発援助グループ)からDACに改組された。 149. 毒性が懸念される。 152. 154. DTPデータから直接校正刷りを出力するシステムのことをいう。 155. 156. 溶剤系を得意とする 158. 綿、あるいはポリエステル綿混織物に樹脂をつけてから布面をローラーに通す。 メタリックな光沢を生じさせる。 洗濯しても効果はすぐに失われない。 159. 161. 164. 溶剤として、分散染料の溶解などに多用される。 168. 171. 54 cm)当たりの点の数で,捺染彫刻形の網点密度,インクジェットプリント時の画像の精細さなどを示す単位。 176. 1インチ四方の中に何個ドット 点)が有るかで、多い方が解像度が高い。 1インチは約25. 4mm。 インクジェットプリント時の画像の精細さなどを示す。 177. dpi(dots per inch) d. 点が段階的に規則性をもって順に塗りつぶし、濃淡を表現する。 この点をドットと呼び、1インチ(2. 54cm) の中にいくつのドットがあるのかを表す(1平方インチではない)。 ドット密度の単位。 178. 181. 184. Autodesk社製AutoCADのファイルフォーマット。 データ交換の業界標準となっている。 DXFは公式な規格ではないためAutodesk社の都合により変更され、互換性が無くなることがある。 185. 特定の相対分光分布をもつ放射で昼光による照射に対応する。 現在標準光としてイルミナントD65が最も多く利用されている。 186. 190. ワーク表面の凹凸をなぞるようにスキャンし、異なる高さの部品に対しても等距離を保って測定できるため、正確・高感度なノイズ測定が可能。 ノイズ分布を可視化することにより、ワーク上のノイズ発生位置を特定できる。 シールドボックス、電波暗箱や、スペクトラムアナライザなどと組合せて使用する。 193. エチレンオキシドに酸を触媒として水と反応させるとエチレングリコール HOCH2CH2OH が得られる。 この反応で水の量を減らせば、ポリエチレングリコール PEG が生成する。 さらに、水のない条件で酸を作用させるとカチオン重合によりポリエチレンオキシド PEO となる。 196. 耐老化性、耐オゾン性、極性液体に対する抵抗性、電気的性質が良い。 鉱油や有機溶剤などへの耐油性には劣る。 199. 耐老化性・耐薬品性・耐水性などにすぐれ、タイヤ・電気絶縁体に使用。 鉱油や有機溶剤などへの耐油性には劣る。 200. 「カプセル化されたPostScript」という意味で、 PostScriptのデータをソフトウェア間でやり取りするフォーマット。 ディスプレイ画面でのプレビュー用ファイルが保存でき描画が高速になる。 高解像度のPostScriptプリンタで印刷する場合には、 そのプリンターの解像度を最大限活かした印刷が可能。 201. エチレンと酢酸ビニルの共重合体。 エチレン含量が高く、酢酸ビニルの含有率が3〜40%の範囲であり、 多くの種類が作られている。 高密度ポリエチレンと比較して、弾力性、透明性、強靭性、ヒートシール性が優れている。 水や紫外線にも安定である。 酢酸ビニルの含有率が増加するにつれて結晶性が低下し、柔軟性が増加する。 用途:食パン包装紙・冷凍食品用外装紙・紙コップ・アルミニウム箔などの防湿ヒートシールコーティング。 熱溶解 接着ラベル・包装などの接着剤。 収縮フィルム。 硬質塩化ビニルの耐衝撃性改良添加剤。 203. デジタルフォトプリントのための世界標準規格。 Exif(Exchangeable Image File Formatの略)とは、JPEG画像のデータ形式をベースに、サムネイル画像や撮影情報などを埋め込むことを可能にした画像ファイル形式のこと。 ExifPrint対応のデジタルカメラを使うと、撮影された日時や機種名、シャッタースピード、絞り値の設定といった撮影に関する情報と、 主画像のデータを正しく読み取るための圧縮モード、色空間、画素数などの情報が自動的にJPEG画像に記録される。 204. Levafix EA、Drimarene K の構造。 Drimarene X は、トリクロロピリミジン。 207. 産業用ロボットなどの自動化した製造装置・機械と、無人搬送車や自動倉庫などの移送機器・設備、 これらをネットワークで接続して生産プロセス全体を制御するシステムで構成し、設備の停止時間を減らし、生産効率の向上も図れる。 208. 貨物の代金のみの価格。 (CIF(運賃・保険料込み条件)価格) 209. 薄型ディスプレイのこと。 従来のブラウン管を用いたCRTディスプレイに比べ、薄く省スペースで画面が平たいのが特徴。 表示方式は液晶、 PDP プラズマディスプレイパネル 、LED 発光ダイオード 、有機・無機EL Electro Luminescence 、FD 蛍光表示管 などがある。 210. 通常のメモリに比べクロック周波数が高く、発熱量も低い。 GDDR5はGDDR3から性能が大幅にアップ、次世代の主要グラフィックスDRAM規格として 期待されている。 211. 産品の名称(地理的表示)を知的財産として保護する制度-農林水産省。 212. 総合スーパー。 213. 特にマイクロプロセッサ、マイクロコンピュータ、 及びその周辺デバイス(ペリフェラルLSI)において使用する用語で、 特定の用途(例えばアナログ入力用、シリアル通信用など)ではない入出力ポートを指す。 設定により入力にも出力にもできたり、 割込みやドライブ能力も設定できたりするため、利用者にとっては設計の自由度が増え、 デバイスを提供する側にとっては総ピン数を減らすことができる。 214. 増粘力もあるが、滑らかな流動性も併せ持つガム。 水溶液では透明。 218. 219. 屋外掲示の場合、ラミネート加工なしで最大3年間、ラミネート加工ありで最大5年間の耐候性、 屋内掲示の場合、ラミネート加工なしで最大5年間、ラミネート加工ありで最大10年間の耐候性。 毎日のプリンターヘッドの手動クリーニングは不要、メンテナンスの手間がからない。 速乾性に優れ、出力後は、無臭の印刷物をすぐに加工や掲示することが可能。 危険警告ラベルを貼付する必要がなく、HAP(有害性大気汚染物質)を含有していない不燃性インク。 220. HP SCITEX LX-800. 解像度 最大1200x1200dpi. HP Latex Ink。 Ink drop 12pl。 ノズル数 10,560 per printhead. 221. 色を角度方向の「色相(Hue)」、半径方向の「彩度(Saturation)」、 垂直方向の「明るさ(Bligntness)」の要素に分けた表色系。 人間の感覚に近い表現方法であり、感覚的な色補正に多用される。 絶対的な色を表現しているものではないので、色伝達には適さない 222. 【色相環】や【色度図】でSやVを変化して色(イメージ)を表示できる。 HSB (B:brightness) 223. 224. 225. 染料原料の一つ。 H酸(H acid)は、化学式がC10H9NO7S2の有機化合物である。 ナフタレンにヒドロキシル基とアミノ基と2つのスルホ基が置換した構造を持つ。 別名、8-アミノ-1-ヒドロキシナフタレン-3,6-ジスルホン酸、4-ヒドロキシ-5-アミノナフタレン-2,7-ジスルホン酸など。 芳香族アミンおよびフェノールを有するため、 弱酸性(アミン)およびアルカリ性(フェノール)でジアゾニウム化合物とジアゾカップリング反応を起こす。 226. スキャナ、プリンタ、ディスプレイの色再現特性を記述するフォーマットで、 この情報をシステム間で交換することにより、出力機の色再現をコントロールする仕組みを提供する。 227. 画像処理ソフトにPhotoshopがある。 adobe社製 228. 英語名よりIPPC指令(IPPCはIntegrated Pollution Prevention and Controlの略)とも呼ばれる。 本指令は事業の操業許可制度を設け、EU域内にある汚染源からの汚染を最小化することを目的としている。 229. ISO14001は環境マネジメント (環境に対する経営方針)に関する規格。 それぞれ適切な活動を行っている企業だけが、これらの認定を取得することができる。 230. 2015年 Milano ITMA については、本HP「」参照。 231. 233. 234. 圧縮率が高く、 大きなサイズの画像でも小さなデータ量で記録することができ、メールでの添付などに向いているため、 画像保存形式の標準となっている。 拡張子は「. jpg」「. jpeg」など。 ただし、保存を繰り返すたびに画質が劣化するという欠点をもっているので、画像の加工ベースには向いていない。 2 ISOが設置した専門家組織の名称であり、その組織が1986年に策定した静止画像のデジタルデータの圧縮方式のこと。 現在ではインターネットの世界やデジタル画像データの標準的な静止画フォーマットとして広く使用されており、 画像ファイルに付く拡張子は. jpgである。 元々インターネットで使われていたGIF形式の静止画像が256色 8ビット までしか扱えなかったため、 色を1,670万色 24ビット まで拡張したもので、ファイルサイズもGIFより小さくできる。 235. 17世紀半ばにはジャケットとスカートという2つの意味を兼ねていた。 一時期「女性のウエストから足への服装の一部」と定義付けされたこともあるが、1670年代からはジャケットで通っている。 236. ワイドフォーマット用エントリーモデル。 速さと美しさを両立させた『New Global Standard』モデル。 (2015. 《 J-acid 》ナフトールスルホン酸の一種。 染料工業における通称。 赤から青の直接染料、酸性染料に用いる。 238. ムンクの式によって表す着色物の色の濃さ。 色の濃さの評価及びカラーマッチングの混色計算に用いる。 239. 240. 元々、ICIがこのタイプを作成した。 241. 低荷重下における生地の引張り,せん(剪)断, 曲げ,圧縮,表面などの挙動を測定し,風合を数値評価する。 得られた数値を用い,こし,ぬめり,ふくらみなどを客観的な数値として表現する。 242. 243. 244. 246. なお,織布工程に起因するものを S 欠点という。 248. 色の情報を数値化するカラーモデルの一つ。 L=輝度(0〜100)、a=緑から赤の範囲(-120〜120)、 b=青から黄の範囲(-120〜120)で数値化を行う。 色域が広く、デバイス間での色ズレが小さいため、 色変換の基準テーブルとして用いられている。 249. 色の絶対的な尺度として、色伝達基準として使用される. 251. 清浄な水面に両親媒性分子を静かに少量滴下すると、 分子が水と空気の界面に一分子一層からなる膜が形成される。 これらのことをLangmuir膜(またはL膜、水面上単分子膜、Langmuir monolayerと言う。 L膜表面を部分的に加圧することにより、膜の表面圧が増加し、ある圧で相転移のような現象が見られる。 L膜表面を、ガラスやそのほかの親水・および疎水表面をもった基盤が通過すると、 L膜を形成している分子がそれぞれ対応する親水基または疎水基を基盤に向けて1層累積される。 253. 「液晶ディスプレイ」と同義であり、低消費電力で薄くて軽いFPDの一種。 液晶パネルは、2 枚のガラス基板の間に液晶を封入したもので、電圧の有無により液晶分子の向きが変わり、光の透過率が増減することで画像を表示する。 液晶自体は発光しないため、外光の反射を利用する反射型と、バックライトの光を使う透過型がある。 液晶の種類により、 TN液晶やSTN液晶などの単純マトリクス方式と、TFT液晶などのアクティブマトリクス方式がある。 TV用や、パソコンなどのモニタ用に広く普及してい る。 256. 鎖が剛直な構造であるため、一般に耐熱性や強度、弾性率に優れている。 液晶ポリマーは、その名前が示すとおり溶融状態で液晶となることが特徴。 通常のポリマーではみられない特異な現象=偏光顕微鏡下で温度をかけると溶融時の透過光量の大幅な増加が観察される。 257. 測定できるパラメータはLCRだけ ではなく、インピーダンス、自己インダクタンス、相互インダクタンス、リアクタンス、アドミタンス、コンダクタンス、位相角、損失係数などもある。 スイッチの接触抵抗や、電池の内部抵抗、半導体の接合容量なども測定できる。 直流で測定するデジタルマルチメータとは異なり、 LCRメータは正弦波発振器の交流信号を加えて電圧・電流を測定し、ベクトル演算によりインピーダンス、キャパシタンス、インダクタンスを算出する。 258. 他のポリエチレンと比較し軟らかい性質から軟質ポリエチレン、製法から高圧法ポリエチレンとも呼ばれる。 260. シスコシステムズ社が開発したもので、無線LANネットワークで、 正しい利用者を特定するための暗号を使用した認証方式の1つ。 261. 低密度ポリエチレン LDPE, Low Density Polyethylene :比重 0. 91 - 0. 低圧の重合反応により得られ、柔軟性などにすぐれている。 264. 観察された影響が悪影響であれば LOAEL(Lowest-observed-adverse-effect level)という。 266. Limited Oxygen Indexの略号。 燃焼に必要な酸素濃度のことを意味する。 空気中の酸素濃度は20. 旧JIS K6748:1995において低密度ポリエチレンとは密度 0. 910以上〜0. 930未満のポリエチレンと定義されている。 その分岐構造から結晶化があまり進まず、融点が低く柔らかい性質を持つ。 267. 設計工程は主に、アルゴリズム設計により仕様を決定した後、ハードウェア設計と並行して組込プログラムを開発し、RTLコーディング、 論理合成 ゲート回路の自動生成 、レイアウト設計、および必要な箇所での検証 静的解析、機能検証、タイミング解析、ノイズ解析、 パワー解析、各種シミュレーション とフィードバックを経て、マスクデータを作成する。 272. LTCCはLow Temperature Co-fired Ceramicsの略。 Cu 銅 や Ag 銀 など融点の低い金属で回路パターンを作り、同時焼成して一体化することができる。 『高周波特性が良い』『温度湿度に対する信頼性に優れる』といった特性を持つ。 273. 9世代移動通信システム 3. 9G として、標準化団体・3GPPが標準化 を進めている携帯電話の通信規格のこと。 3Gの通信方式・W-CDMAをベースに、将来4Gで採用されると考えられる通信技術を取入れたもので、 使用する周波数帯域は3Gのままである。 多重化にはOFDMA 直交周波数分割多重アクセス 方式を下りに、 SC-FDMA シングルキャリア周波数分割多重アクセス 方式を上りに採用することで、下り100Mbps以上、上り50Mbps以上 パケット通信で は下り326Mbps、 上り86Mbps の高速データ転送を実現している。 複数のアンテナを用いて同時に異なるデータを送受信するMIMO Multiple Input Multiple Output など最新のアンテナ技術も採用され、3Gに比べて大容量・高速データ通信のための改善が図られている。 274. フランスを本拠地とするファッションを中心にラグジュアリー商品に特化したコングロマリット企業。 1987年、ルイ・ヴィトンとモエ・ヘネシーの両社が合併して誕生。 89年ベルナールアルノー率いるクリスチャン ディオールがLVMHを買収。 現在のグループ関係はクリスチャンディオールSAの下にLVMHグループが位置している。 LVMHに加えてグッチ、バレンシアガなどを傘下に持つケリングと カルティエ、クロエなどを傘下にもつリシュモンが世界のラグジュアリーブランド多数を抱える企業のトップ3 275. 276. C4H12Sn 278. PES;• PES-VI;• PA;• PA-LY;• PA-PES;• CO;• CO-LY;• AC-VI;• WO-SE-VI;• all those fabrics which need a delicate action. 280. Procion H. H-E 及び PX、Kayacion E 等の反応基。 281. 示性式は CH3COC2H5。 消防法で危険物(第四類 引火性液体、第一石油類)に指定されている。 水にかなり溶けるが、水との混合物は均一な外観を維持しない。 塗料溶剤や合成樹脂の原料となる。 283. メラミン—ホルムアルデヒド樹脂とも言う。 メラミン樹脂は引張強度・硬度や耐衝撃性が尿素樹脂に比べて優れている。 表面は光沢を持ち耐水性、耐候性、耐磨耗性にも優れている為、家具や化粧版の成形や木工製品の表面材の接着、 あるいは食器や日用品に利用されることが多い。 反面、塩酸や硫酸、硝酸などの酸に弱く、 樹脂自身がマイクロウェーブを吸収して発熱するため、電子レンジ加熱用の容器としても不適である。 脆化によるホルマリン発生も問題。 284. が開発したHDTV映像を伝送できる携帯機器向けインタフェース。 HDMI端子と互換性を持つ5ピンの小型端子で、携帯電話機やデジカメラ、 携帯型メディア・プレーヤーなどの携帯機器に搭載し、HD映像を再生できるようにする。 288. Tx300P-3200 スーパーワイド IJ機。 最大出力幅3. - 高速ダイレクト昇華インクジェットプリンター。 - 綿、絹、麻、レーヨン用高速IJ機。 293. 企業の経営管理対して必要とされる情報をさまざまな階層で管理者に適切に提供する仕組みをいう。 大量の情報を処理するために、コンピュータを利用した情報システムが活用されている場合が多い。 294. メタクリル酸メチルを重合させたポリマーがメタクリル酸メチル樹脂で、 透明なプラスチックの代表例である。 296. 化学反応により基板上に薄膜を形成するCVD 化学気相成長法 の一種である有機金属化学気相成長法のこと。 原料に有機金属(ガス化が容易である)を用いるために、こう呼ばれている。 ガスの流量や、温度、圧力、基板温度などを制御することで、他の方法に比べて大面積に、効率よく、均質な薄膜結晶を作成でき、 単一原子層での制御も可能である。 化合物半導体や、半導体レーザー、紫外・青色・白色LEDなどの量産に使用されている。 297. 主に耐衝撃性ポリスチレン HIPS など他の合成樹脂とアロイ化される。 298. MRAM:Magnetoresistive Random Access Memory フロッピーディスクは磁力極性を用いて記憶するが、MRAMはTMR効果を利用して記憶している。 ハードディスクと同じ不揮発性メモリの中でも、 SRAM並みの高速な読み書きが可能で次世代メモリとして実用化が期待されている。 300. 生産管理の手法のひとつである資材所要量計画。 あらかじめ完成品の生産計画を立て、 これをもとにして製造に必要な資材の量と納期を逆算して発注・生産する仕組み。 1960年代に編み出された。 資材の在庫の過不足をなくし、仕掛品や製品の在庫を削減できるという利点があり、製品のリードタイムを圧縮できる。 資材に着目したMRPを発展させた生産管理の手法として、MRP2や、MRP3、ERPがある。 301. 医療従事者用衣料の白衣、帽子、マスクや、ナイトウェア、タオルなどの衣料・身の回り品、シーツ、マットなどのベット回り品、 カーテン、カーペット、壁装材などに展開。 303. 性能は、株式会社ローランドDG社のEco系インクと類似した性能を有する 306. 307. Dual staggered head design - latest drop-on-demand piezo inkjet technology. Variable drop printing - wide range of droplets and three drop families. Small droplets are ideal for light fabrics and larger droplets ideal for thicker fabrics requiring higher ink loads. Print resolutions up to 1440 dpi. Head gap up to 6 mm to accommodate a wide range of fabrics. Suited for both closed, open non stretch and two way stretch fabrics. Allows printing of both face-in and face-out roll media. Integrated gutter system for open textiles. Green solution using heat fixation. No water required for post treatment e. washing, steaming. Suited for printing on cotton, silk, rayon, mixed fibre fabrics. ガーメントプリンター。 308. 米国国立標準技術研究所 320. 327. 328. 329. 光ファイバを接続して光の入力を行い、フォトダイオードで電気信号に変換し、 各種フォーマットにて出力する。 対応する光の波長で通信用と研究用に分けられる。 光通信で使用する場合には、光伝送装置の一種ということができ、 高速性や長距離伝送、多重化、耐ノイズ性などの特長を活かすために、帯域や感度が重要である。 330. 「相手先商標製品」または「相手先ブランド販売」と訳される。 自動車部品や電化製品などの生産に採用されてきた、販売提携や技術提携と並ぶ戦略的提携の一つされ、ファッション業界でも行われるようなった。 こうした生産メーカーをOEMメーカー、これらの生産・供給の仕組みをOEMビジネスと呼んでいる。 336. 「Oriented=延伸された」の意味。 耐水性、耐湿性、透明性に優れているため、主に梱包の際に使用される。 338. ドゥニーム、エヴィス、ステュディオ・ダ・ルチザン、ウエアハウス、フルカウントの五社。 340. 捺染糊の流動特性の簡単な比較指数。 343. 一般に脂肪族骨格を含むポリアミドをナイロン(Nylon)と総称し、 これは初めて合成されたポリアミドであるナイロン-66のデュポン社の商標に由来する。 また、 芳香族骨格のみで構成されるポリアミドはアラミドと総称される。 344. 17世紀末には金らんや刺繍の入ったレザー製品が流行した。 345. 346. 機械的強度に優れる (降伏伸度が高い、耐クリープ特性、耐衝撃性、高弾性)。 優れた耐候性、紫外線遮蔽性。 耐薬品性。 難燃性である (UL94V-0)。 強酸・強アルカリには侵食される。 成形時の流動性が悪い。 347. プライベート・ブランド 348. 耐熱性、機械的強度、耐薬品・溶剤性、摺動特性、耐放射線性、難燃性などに優れた特性を示す。 349. 一般には商品名である。 光や熱、 湿気にさらされると想定より劣化が早まる性質があり、 ザイロン使用防弾チョッキの劣化問題で2003年にアメリカマサチューセッツ州で東洋紡とセカンドチャンス社に対して訴訟が起こされた。 東洋紡との間では最終的に和解が成立したが、セカンドチャンス社は倒産した。 350. 熱安定性や寸法精度、電気特性に優れるため、電気電子部品や自動車部品などに幅広く利用されている。 伸縮性に優れている。 351. 薬品耐久性はあまりよいとは言えない。 特にアルカリ剤、溶剤では劣化するエステル結合を持つため、高温高湿度の環境下では加水分解する。 引張強度を超える力をかけると、白化して透明度が著しく低下する。 352. Practical Color Co-ordinate System 353. DCブランドの力が弱くなってきたことから作り出された新しいブランド展開の一つ。 355. プロピレンに塩素を反応させて得られるアリルクロライドとフタル酸ソーダを反応させてモノマーを製造し、 これを重合して高重合度のポリマーとする。 電気的特性、耐薬品性、寸法安定性に優れ、 主として電気・電子及び通信機器のコネクター等の工業部品に使用されているほか、化粧合板用シートに使われている。 356. ウインドウズやマッキントッシュなどのパソコンにかかわらず、 同じ体裁のレイアウトで画像や文書を表示、印刷できるという特徴をもっており、現在の国際的な電子文書の標準規格となっている。 357. コンテンポラリー・ストアとも呼ばれ、 シアトルに本拠を置く「ノードストローム」はその代表とされる。 358. ベンゼン環がエーテルとケトンにより結合した直鎖状ポリマー構造を持つ、 結晶性の熱可塑性樹脂に属するポリマーの総称。 熱可塑性樹脂としては非常に高い耐熱性を有する。 耐疲労性に優れる。 PEEKは耐磨耗性や寸法安定性も良好。 耐薬品性に優れる。 改質しない状態でUL94V-0の難燃性を有する。 改質しない状態でUL94V-0の難燃性を有する。 絶縁性や耐放射線性に優れる。 359. (本HP 参照。 ) 360. 激しい温度変化にも耐える。 高温時においても剛性を保つ。 高温時においてもクリープ特性が良い。 耐スチーム性に優れる(耐加水分解性)。 幅広い温度帯で寸法安定性が良い (線膨張係数が小さい)。 難燃性である (発煙量が小さい)。 流動性が良く、成形性も良い。 361. PETフィルムは、機械的強度、寸法安定性、透明性、光学特性、 耐熱性、電気絶縁性、耐薬品性等の特性に優れ、コスト的にもバランスのとれたフィルム。 摩擦により静電気が発生しやすいため、取り扱いに注意が必要 362. 364. フェノール樹脂(フェノール-ホルムアルデヒド樹脂、ベークライト、石炭酸樹脂)は、 フェノールとホルムアルデヒドを原料とした熱硬化性樹脂の一つで、世界で初めて植物以外の原料より、人工的に合成されたプラスチック。 電気的、機械的特性が良好で、合成樹脂の中でも特に耐熱性、難燃性に優れるという特徴を持つ。 耐油、耐薬品性も高いが、アルカリに弱い。 また、これらの性能の割に比較的安価。 365. 水や油に溶けやすく防水や撥水剤として衣類や建材など生活用品にも広く使われている。 炭素原子とフッ素原子の結合力が非常に強く安定した化合物で環境中で分解されにくいため、環境汚染物質として野生動物などへの蓄積が懸念されている。 366. HO- CH2 3-OH 367. 水溶液の酸性、アルカリ性の度合いを表す指標。 一般に「水素イオン濃度」といわれることもあるが、正確には、水素イオン濃度の逆数の常用対数を示す値。 pH試験紙やpH計などで簡易に測定できる。 pHが7のときに中性、7を超えるとアルカリ性、7未満では酸性を示す。 368. adobe社製 369. 酸性を弱酸性に、アルカリ性を中性へと向かわせるようにphコントロールする。 汗、酸性雨などに対して、肌に優しい弱酸性に保つ。 371. 芳香族ポリイミドは芳香族と芳香族がイミド結合を介して共役構造を持つため、剛直で強固な分子構造を持ち、 且つイミド結合が強い分子間力を持つためにすべての高分子中で最高レベルの高い熱的、機械的、化学的性質を持つ。 372. イソブテンの重合による長鎖状炭化水素によって構成された分子で、他の合成ゴムに比べて対ガス透過性が低く、 シーリング材などで気体を封入する用途に適する。 絶縁性が高く、電力用途に使用される。 衝撃吸収力にすぐれる為、防振材に用いられる。 水により膨張する性質があるため建築・土木分野でコンクリート打継ぎ部の止水板として使用される。 -[C CH3 2CH2]n- 373. PictBridgeに対応したデジタルカメラやカメラ付きケータイをUSBケーブルでプリンターに接続すると、 プリンターからカメラに対して印刷に必要な情報(用紙サイズや種類など)を送信し、 カメラ側の液晶ディスプレイで印刷するデータや印刷情報を設定、印刷命令を発行する。 374. インクジェットプリンターでは、印刷に使われるインクの大きさをあらわすのに使われる。 インクの粒が小さくなると、より緻密な印刷ができるが、一定濃度の色を出すのに時間がかかる。 378. メタクリル酸あるいはそのエステルメタクリル酸メチルなどの重合により得られる。 透明で光学材料として優れ光沢があり粘り強く加工しやすい材質、光ファイバーなどのほか、 接着剤・イオン交換樹脂・人工臓器材料その他、用途が広い。 382. 386. ホルムアルデヒドの重合体と同様な結合をもつ高分子化合物の総称。 代表的なものにはポリオキシメチレン(POM)などがあり、機械部品・電気部品などに用いられる。 387. 紙を広告媒体としてその上に商品名と価格、またはキャッチコピーや説明文、イラストだけを手描きしたもの。 388. 染色性が悪く、耐光性が低い為、ファッション性の高い服地の繊維用途には向かない。 汎用樹脂の中では最高の耐熱性。 BASFが可染PPの特許を取得しているが。 これは、PP構造に、他成分(例 アセテート成分)をブロック重合し、染色を可能とするものである。 発火リスクも問題だが、他の繊維との混紡組織を工夫する事により解決されている。 392. ポリプロピレングリコールの性質のほとんどはポリエチレングリコールの性質と共通である。 中分子量の 重合体は室温では液体であり、水溶性は分子量が増えると急速に減少する。 )HO〔-CH CH3 CH2O-〕nH 394. デジタル写真のデータは、拡大して行くと最後にはピクセル(画素、pixel)という四角いマス目になる。 4mm)当たりのピクセル数を表す。 Ppi は画像解像度ともいわれ、主にモニタなどの画面の解像度表現に用いる。 395. 画像の精度表示に用いられる。 397. 日光暴露で黄変・褐色となり染色には不向き。 399. ポリエステルとナイロンといった従来の合成繊維と比べ、柔軟性、 伸縮性、染色性の良さ等が特徴。 ウールやコットンとの混紡にも伸縮性を発現する。 可能性に富んだ新しい素材として衣料やシート生地、 カーペット、寝具等の幅広い用途が期待されている。 400. 特定化学物質の環境への排出量の把握等、及び管理の改善の促進に関する法律。 各事業所が特定化学物質の大気、排水、土壌への排出量及び廃棄物などの移動量を把握して届出を行い、自らそれら物質を管理するため。 403. アタクチックポリスチレンは熱可塑性樹脂で安価であり、容易に射出成形できる事から日用品やプラモデルの素材として広く用いられている。 またポリスチレンに発泡剤を用いて成型する発泡スチロールは断熱容器として、また、最近は建築材料としても広く用いられている。 404. すぐれた耐加水分解性 (水または温水などによって劣化しにくい)。 バランス良い機械的性質 (機械的強度、寸法安定性など)。 耐薬品性が良い (酸・アルカリ・油に強い)。 電気的特性が良い。 透明性 (標準グレードは、透明。 その他繊維強化グレードなどあり。 成形性が良い。 耐候性。 欠点-有機溶媒に弱い 405. ポリエステルの原料。 406. ポリテトラフルオロエチレン polytetrafluoroethylene, PTFE はテトラフルオロエチレンの重合体で、フッ素原子と炭素原子のみからなるフッ素樹脂(フッ化炭素樹脂)である。 化学的に安定で耐熱性、耐薬品性に優れる。 407. 1mm以下に押出成形したポリ四フッ化エチレン PTFE フィルムを、方向を変えて複数枚積層したシートのこと。 引裂き強度、 耐屈曲性を向上し、補強なしでそのまま縫製加工、ヒートシール加工などに適応する。 ガラスクロスや異種素材との混合積層により、耐熱性や耐薬品性なども付加できる。 408. ポリ酢酸ビニルをけん化して得られる側鎖に水酸基をもつ水溶性高分子化合物。 たて糸のり剤に使われ、ビニロンの原料にもなる。 410. 親水性にも優れ、 スムーズに水分を吸収する、ドライ状態では硬質だがウェット状態では柔軟性・弾力性を発揮する、耐薬品性、耐摩耗性が高いなどの特長をもつ。 対象物を傷めず、ハードディスク、半導体ウエハなどの洗浄や、クリーンルーム内での清掃用途に適する。 411. PVAはポリビニルアルコールの略で、水溶性ビニロンのこと。 412. 塩化ビニルモノマーを重合させただけの樹脂は硬くて脆く、紫外線などにあたると分子を構成する塩素原子がはずれて劣化黄変しやすい。 利用のためには柔らかくする成分(可塑剤)と劣化を防ぐ安定剤を加える。 熱を加えると軟化する。 硬質にも軟質にもなり、 優れた耐水性・耐酸性・耐アルカリ性・耐溶剤性を持つ。 また難燃性であり、電気絶縁性である。 一時、PVCの焼却で発生するダイオキシン問題が大きく取り上げられたが、焼条件を工夫する事で大きく改善される事が判明し、 上記の優れた物性とその価格の安さもあって今なお広く使われている。 413. 英語名PolyVinyl Chlorideの頭文字をとってPVCと言われる 414. 塩化ビニルに塩素を付加して得られるトリクロロエタンを、水酸化ナトリウムなどを用いた脱塩化水素反応によって作る無色の液体。 熱・光・触媒などによって重合し、塩化ビニリデン樹脂となる。 塩化ビニルやアクリロニトリルなどと共重合したものを繊維・食品包装用フィルム・漁網などに使用。 難燃性,耐薬品性,耐候性に優れる。 415. 大きめのリーファーカラーとマフ・ポケットが特徴的。 パイロットコートとも云う。 416. CCDなどの撮像素子から得られた電気信号を単純にデジタル化したもの。 画像処理されていないので、ただ、パソコンのハードディスクに保存しただけではデータを表示できない。 表示するためには、RAWデータ処理ソフトでTIFFなどの一般的な画像データに変換する必要がある。 419. 生ごみ・廃プラスチック、古紙などの可燃性のごみを、粉砕・乾燥したのちに生石灰を混合して、 圧縮・固化したものをさす。 乾燥・圧縮・形成されているため、輸送や長期保管が可能となり、熱源として利用される。 420. Variabile drop size 4 Levels 4, 7, 12 and 18 pl and more• 3 printing widths Max. printing width : 1800, 2400, 3400 mm• Up to 2400 x 2400 dpi• Open ink system• 反応染料で最もポピュラーな染料。 423. 加熱するとアルカリ性剤として働く、捺染におけるVS地染めMCT差しの形で反応染料の先防染剤として使用される。 424. それぞれはR(Red 赤)G(Green緑)B(Bule青)を示す。 現在のDTP では、8bit、RGB各256階調の1677万色の表現が基本。 2)テレビやパソコンなどのカラーモニターにおける3原色のこと。 R(赤)G(緑)B (青)の各々を256段階の輝度の組み合わせで色を表す。 425. 絶対湿度:位体積(1m3)の気体中に含まれる水蒸気の質量(g)。 ただし温度および圧力の変化により気体体積が変わるため、含まれる水蒸気量は同一でも、絶対湿度は変化する。 426. コンピュータ本体のコマンド、ページ記述言語を解釈してラスタイメージに変換する。 427. 日本語訳として「除去単位」などといわれることもある。 最小取引単位数は1t-CO2。 430. 家電・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を制限することにより、 環境や健康に及ぼす危険を最小化することを目的としている。 廃家電・電子機器指令(WEEE指令)を補完する指令。 432. 433. 分類は有機溶剤で2種に該当する。 434. スチレン・ブタジエンゴム styrene-butadiene rubber は代表的な合成ゴム、スチレンと 1,3-ブタジエンとの共重合体る。 スチレンゴムあるいは SBR とも呼ばれる。 耐熱性、耐摩耗性、耐老化性、機械強度等に優れる一方、耐寒性や引き裂き強度においては他の汎用ゴムより劣る。 品質が安定し良好な加工性を示すため、自動車用タイヤ材として最もよく使用される。 現在、最も多量に生産されている合成ゴム。 437. 抗菌防臭加工を施した繊維製品の表示用語、評価方法・基準、 安全性などに自主基準を設け、基準に合格した商品には「SEKマーク」を表示できるマーク制度。 SEKマークには、 「抗菌防臭加工」以外にも「制菌加工」「光触媒抗菌加工」がある。 442. 443. 数値が大きくなると太くなる。 ) 446. 専ら重合用のモノマーとして利用される。 スチレンモノマーはイオン重合、 配位重合などにより生成するコポリマーとしてスチレン・ブタジエンゴムを始めとしてエラストマー、 熱硬化性樹脂、エマルションとなど多くの合成樹脂原料としても利用される。 448. 次の Mはマイクロウエッブ製の不織布の意味でこれもほとんどがポリプロピレン製の極細繊維不織布。 最後の、S は同じくスパンボンド製の不織布の意味です。 つまり、SMSとはこの順序で三層構造にした不織布。 マイクロウエッブが極細の繊維(0. 花粉症防止マスク、メディカル用マスクや各種フィルター、耐水性が必要な、各種防護服、紙おむつなど多くの用途に使用。 449. 具体的には、 カーペットなどの繊維製品においてX字型異形断面糸を用いて繊維の凹部に小さなゴミを蓄積させるというもの。 451. アパレルの企画から小売までの機能を併せ持つ「製造小売業」を指す。 実体的に、その多くは、製品企画と販売だけを行ない、製造は、途上国でのOEMで安く行なっている。 「GAP」がこのビジネスモデルの先駆者。 452. 現在では、その他にインクジェット分野のシステムアドバイズ、インクの販売に力を入れている。 本社オランダ。 453. 1999年10月に「IEC61966-2-1」として実は国際規格として発行。 印刷色再現範囲より狭い。 458. 合成繊維における防汚加工の一種。 合成繊維に親水性を持たせる特殊加工を施すことにより、静電気発生率を低下させ、 各種の汚れ、ほこりなどの付着を減少させることをねらいとしている。 現在は、紳士のシャツやスラックスなどの防汚加工として一般に使用されている。 459. SSインク同様一般溶剤。 インク成分が変更され低臭化されている。 461. GMS(ゼネラルマーチャンダイズストア)に同じ。 462. 有機溶剤成分が低減され一般溶剤に分類される。 463. なお,加工工程に起因するものを K 欠点という。 466. 右方向に撚るので右撚りともいう。 フィラメントの単糸にかけられる撚りである。 この逆の撚りはZ撚り(左撚り)といい、紡績糸の単糸にかけられる。 一般的なデニムもこの撚りがかかった糸を使う。 467. 468. 示性式が n-C4H9 3SnH と表される有機スズ化合物。 皮膚刺激性、経皮・経口急性毒性あり。 469. 470. ダイオキシインのTEFは、世界保健機関 (WHO)等が設定しており、長期毒性、短期毒性、生体内(in vivo)及び試験管内(in vitro)の生化学反応についての試験結果を同族体間で比較して決めている。 TEFは、これまでにその数値の改良がなされてきており、今後の新たな科学 的知見によっては、さらに新たな数字に改善されるべきものである。 471. ダイオキシンは、塩素の数及び位置が異なる異性体の混合物として環境中に存在する。 毒性の強さは異性体よって異なるため、 ダイオキシン異性体の量を単純に合計しても、その数値で毒性影響を評価することはできない。 そこで、ダイオキシンでは、各異性体の量にそれぞれの毒性の強さの係数(TEF)を乗じた値の総和として表わすのが一般的となっている。 472. 474. 、2015 version 475. JPEGとは異なり、保存は非圧縮で行われるので保存を繰り返しても劣化しない。 そのため画像を加工するためのベースに向いている。 ただし、ファイルサイズはJPEGよりも遥かに大きくなる。 476. 水中の有機物に含まれる全炭素量。 これを測定することによって COD・BOD の値よりも更に正確な有機汚濁度を知ることができる。 480. 10水塩の結晶物「ピロリン酸四ナトリウム(結晶)」と、 乾燥させて結晶水を除いた無水物「ピロリン酸四ナトリウム(無水)」がある。 通常は、白色の結晶又は粉末であるが、結晶物には無色のもの、 無水物には白色の塊になっているものも存在する。 水によく溶け、弱アルカリ性を呈する。 食品衛生法で認められた添加材で、乳化剤や豆腐の凝固剤、 かんすい、ハム・ソーセージの結着剤などに使われる他、水処理剤、清缶剤、洗剤に使用される。 487. その空間に存在する有機物質の総量を指し、一般的には、 ガスクロマトグラフ法により分離同定されたVOCsの総計といわれている。 489. 尿素樹脂。 尿素とホルムアルデヒド水溶液を原料とし、アルカリ性または酸性下で脱水縮合反応を行い、液状縮合物を得る。 液状で使用する場合はそのまま、 固形状を得るにはメタノール等でエーテル化もしくは充填剤としてセルロースや小麦粉などと混合(天然高分子複合尿素系樹脂)させた後に乾燥させる。 かつては大量に生産されたが、微量のホルマリンが溶出することが指摘され生産量が激減した。 491. 架橋反応、硬化は、グラフト共重合を通じて行われる。 不飽和ポリエステル樹脂の主な応用分野は、タンク、容器、パイプ、ボート、ヨットのようなガラス繊維強化プラスチック製品と、 ボタン、人造大理石、充填剤、接着剤のような非強化製品。 494. 「B領域紫外線」あるいは「長中波紫外線」とも呼ばれる。 太陽光(赤外線、可視光線、紫外線、X線など)のうち、可視域より短波長域で、X線より長波長域の光を紫外線と呼ぶ。 可視域側のUV-A(A領域紫外線/315〜400nm)と、短波長域のUV-C(C領域紫外線/100〜280nm)の間の中波長域 (280〜315nm)をUV-Bと呼ぶ。 短波長の光線ほど生体への悪影響が強いが、一方で成層圏オゾンや大気圏で吸収され、地表に届く確率は小さくなる。 UV-Bは、 そのほとんどが成層圏オゾンにより吸収される波長帯であることから、 オゾン層破壊等による紫外線照射に関する指標としても用いられている。 UV-Bが増加すると皮膚がんや白内障などを増加するとされている。 495. 一般的なインクは熱固着あるいは乾燥固着するのに対し、紫外線(UV で樹脂化するインクを使用している 496. 497. 紫外線を有効に吸収し拡散するセラミックスをポリエステル等に練込ませた練込みタイプと、 織物又は編物の仕上工程での特殊処理で高分子系の紫外線吸収剤等を使用した後加工タイプとがある。 498. ポリ酢酸ビニルの合成に使われる。 工業的にも重要な物質であり、別名が複数ある。 塩化ビニル(vinyl chloride、ビニルクロライド、バイナルクロライド)とも呼ばれる。 付加重合させるとポリ塩化ビニルになる。 塩化ビニルモノマーはWHOの下部機関IARCより発癌性があると Type1 勧告されている。 502. VOCともいわれる。 大部分の物質は常温で液体であるが非常に揮発しやすく、吸入すると血液中に吸収されやすいため、人体に影響をあたえる。 トルエン、キシレンなどが該当する。 一般的にはVVOCs、VOCs、SVOCs、およびPOMを含めて単にVOCと呼ばれることが多い。 504. 正式には「特定事業・施設における有機溶剤の使用による揮発性有機化合物の排出の制限に関する指令」と訳される。 溶剤指令と呼ぶ場合もある。 人体に有害な地表でのオゾンの形成に寄与する揮発性有機化合物(VOC)を削減することが目的である。 505. 気体のホルムアルデヒドを用いてセルロース繊維内に架橋結合を作り形態を安定化させる加工。 506. 屋外用超大型5m機迄有りスペクラヘッドを搭載したリアルソルベントインク使用の機種が有名。 507. 揮発性が非常に高く、蒸気圧も高いために、 空気中に多く揮発する可能性がある。 吸入すると血液中に吸収されやすいため、人体に影響をあたえる。 建材の製造過程で揮発しやすい。 ホルムアルデヒド、アセトアルデヒドなどが該当する。 508. 509. 1992年の地球サミットに対応して1991年に世界33カ国から経済人が集まって設置された会議。 現在では、 35を超える国の約170の国際企業によって構成され、20の産業部門にまたがるものとなっている。 経済成長、生態系のバランス及び社会的進歩を3本の柱として活動を続けている。 511. 秘密鍵という技術を使用し、 鍵が一致しないとネットワークに接続することができない。 秘密鍵には64ビットや128ビットなどの種類があり、この数字が大きい方がより暗号化の強度は高くなる。 512. シャトル(杼)を使用せず、水の力で糸を送る織機。 516. ユーザー認証機能や暗号鍵の自動的な定期更新などによって、 より高いセキュリティー効果を発揮。 517. WPSの相互認識方法には、プッシュ・ボタン方式とPIN(personal identification number)コード方式の2通りがある。 518. 国際照明委員会(CIE)が定めた絶対的に規格化された表色系である。 横軸にx、 縦軸にyをプロットして馬てい形のような形で色領域(色域、Gamut(ガモット))を表すことになる。 Z軸は「明るさ」を表す。 520. ドレスシャツもしくはカッターシャツとも呼ぶ。 生地はほとんどが平織り。 綿の高級素材としては、 超長綿の100番双糸使いのブロード(平織りの種類)が代表的。 もとはホワイトシャツからきているワイシャツだが、赤のワイシャツや青のワイシャツなどとも呼ぶこともある。 521. これらを加工した電気や都市ガスは二次エネルギーと呼ばれる)の 年間利用量がゼロ、または限りなくゼロに近づけたビルなどの建築物のこと。 住宅についてはZEH(ゼロエネルギーハウス)と呼ぶ。 523. ノズルの径は大きく、16〜72dpiの解像度を持つ。 524. 一般に紡績糸の単糸はZ撚りがかけられる。 双糸の場合は上撚りは単糸の逆方向により、すなわちS撚り(右撚り)にかける。 527. 動物の毛艶がよくなる。 528. この値が大きい程、色の違いがはっきりする。 一般にこの値が3以下であれば、肉眼で色の差は区別でき難い。 529. 530. 実際には、電気泳移動、電気浸透、 流動電位などを測定する事が出来、そこから固定層の外側の電位が求められる。 531. スコットランドのアーガイル州に由来。 セーターや靴下に用いられる。 基本は3色で菱形と細い斜めの格子で構成されている。 現在は多色使いもあるが、通常編み機の制約で6色が限度の場合が多い。 元々はセーターの柄でウール素材が本来のアーガイル。 トラッドの着こなしに多用される。 532. 長方形、台形、逆三角形などの直線が多く使われた構築的なシルエットをアーキテクチャー・ラインという。 (=ジオメタリック・ライン) 533. 幾何学的な感覚を強めた柄の表現をいう。 534. 大地や木の幹の色などのベージュやカーキなどを含む茶色系の色が中心となっている。 都市景観を形成する上で、建物を計画する際の色使いとしてキーポイントとなる色でもある。 535. 略記号はAH。 身ごろと袖の接合位置であり、腕を通す穴のこと。 デザイン上、機能上、 着心地に関係する重要な部位である。 原型のアームホールは、腕を自然に下げた状態を基本としたものであり、運動域によって形態が異なる。 536. 典型的な使い方は「アールを付ける」で、角をとって丸くするという意味であるが、どのくらい丸く加工するかは「R20」のように半径で指定される。 平板の曲面加工をアール曲げ、角を落とすことをアール欠き、丸みを付けて磨くアール仕上げ、などの用い方がある。 537. 1890年頃より始まり、 1910年頃にかけてヨーロッパ各地に広まったデザイン運動で、その様式はイラストレーション、ポスター、 ガラス工芸、家具、建築などに認められる。 自然界に見られる曲線形式を特徴とするもので、 多くの捺染デザインに取り入れられている。 538. 幾何学模様の装飾デザインから、各種デザイン、 例えばル・コルビュジェ流の近代美術のデザインに至るまでの広い範囲を含むもので、アール・ヌーボーにつづく1925年から約10年間の様式。 539. ID情報を埋め込んだ微小なタグから、電磁界や電波などを用いて数cm数mの無線通信によって情報をやりとりする技術。 このID情報を埋め込んだタグをRFタグという。 RFタグには、電池を内蔵せずタグリーダからの電波をエネルギー源として動作するパッシブタグと、 電池を内蔵した遠距離通信が可能なクティブタグがある。 近年パッシブタグが安価に製造できるようになってきたことから本格的な普及がはじまり、流通や製品管理などの分野での活用されてきている。 540. RFIDタグはISOで定義されたEPCコードを使用し、 数msの短時間で無線によるデータのやり取りを行っているため、テスタもRFIDタグとリアルタイムに交信できる能力が要求される。 RFIDの種類によりHF帯、UHF帯、マイクロ波帯に対応する必要がある。 コマンドを送信してタグの特性を検証し、 パラメータ変更によるレスポンスを波形で観測することが可能である。 541. 薄膜などの表面構造の解析に使用する反射高速電子線回折法のこと。 真空中で電子線を試料に対してほぼ水平に入射させ、 表面の原子との相互作用により回折された電子線をスクリーンに投影して回折パターンを得る。 RHEEDはそれまでのLEED 低速電子線回折 とは異なり、成膜プロセスのじゃまにならないため、 成膜中にその表面を原子レベルで観察・解析できるのが特長。 半導体などの薄膜作製のモニタリングや制御、成長速度の測定などに利用されている。 542. 青色顔料紺青の色 543. 広告やチラシなどは、 一瞬で興味を引かなければならないため、アイキャッチできそうなビジュアルによって注目を集め、 読ませて(見せて)興味を喚起する。 本来は「eye-catching」と表記、人目を引くという意味。 544. ICの各種パッケージとピン配列に対応した品種があり、基板にはんだ付けして使用する。 回路の試作時や、 ICの交換・変更の可能性があるなど、ICを基板に直接はんだ付けしたくない場合に用いられる。 545. 無線により非接触で識別できる。 バーコードよりも情報量が多く、書換えができ、遮蔽物を通しても使える、複数の同時読取りや遠隔読取りが可能、 耐久性・耐候性などに優れ、工場での生産管理や、物流倉庫での自動選別、 医薬品の過誤防止、小売店などでの入出庫管理や盗難防止などに使用される。 546. 単に「ICハンドラ」「ハンドラ」と呼ぶことも多い。 動作温度範囲を超えた高温・低温での試験を行う「低高温ハンドラ」もある。 ローダ 投入部 、テストサイト、アンローダ 排出部 、および温度制御系で構成し、 テストサイトには対象となるICに合せて各社のテストヘッドを組込めるようになっている。 搬送は、トレイtoトレイ 547. 測色で言えば、反射率が完全に一致する(同色)事。 549. 又は照明光が異なっていても常に等色となる色合せ。 完全等 色ともいう。 550. Integrated Device Manufacturerの略。 IDMと正反対の形態に製造を100%外部に出すファブレスがあり、自社で製造しながら一部を外部に依頼する形態をファブライトという。 551. Indium Tin Oxideの略。 透明で可視光透過率が90%に上り、FPD向けの電極や太陽電池用透明導電ガラス、導電性フィルム等に広く使われている。 ITOの成膜には、低抵抗な膜を低温で作成できるスパッタリングが最も一般的だが、真空蒸着やレーザーアプレーションやイオンプレーティング、 ITOをインク化してスプレーやディップ、CVDなどで成膜する 552. 社員証、学生証、会員証などがあり、 氏名などの文字情報だけではなく、顔写真付き、バーコード付きであったり、磁気カードやICカードと一体化したりして、入退室管理、勤怠管理、 パソコン管理(個人認証)、ドキュメント管理 コピー機、複合機など 、 電子マネー 社員食堂など といったセキュリティ管理に使われることも増えている。 553. 手織もめんなどで若い人向きのカジュアルシャツなどによく使われる。 554. 正確にはsecurity architecture for Internet Protocolと書き、インターネットにおいて通信の暗号化により十分なセキュリティを確保する技術のこと。 通信相手の認証や、暗号のプロトコル、 暗号の鍵交換、トンネリングなどさまざまな技術全体を指すものである。 556. 広くはVOD(video on demand)もその概念に含まれる。 通信事業者ごとに異なる専用端末をテレビに接続する必要があることから、通信事業者や家電メーカー、放送事業者が集まり、 その規格統一や普及促進のための法人団体「有限責任中間法人IPTVフォーラム」が設立されている。 世界標準化も進む中、総務省がIPTV特別委員会を発足させるなど、2008年は IPTV元年とも言われている。 557. 通常は横軸が電圧、 縦軸が電流のグラフで視覚的に表示するため、「I-V曲線」「I-Vカーブ」とも呼ばれている。 ダイオードやトランジスタのI-V特性は電子工学の基本的なものであるが、最近は特に太陽電池の評価に使われている。 I-V特性曲線のIとVの積が太陽電池の出力であるため、出力が最大になる電流・電圧の組合せを求めるために必要な特性になっている。 558. 561. ペレリンジャックという目移し針を使って、シンカーループを次のコースの針に掛けて編成を行う。 用途:婦人用下着、ナイトウェア、男性用ポロシャツ。 レース編 562. 特に第1次世界大戦の頃起こった自然主義否定の「アブストラクト(抽象主義)」、 「シュール・レアリズム(超現実主義)」。 大胆且つ独創的なデザイン。 564. 下着やアクセサリーを除いた衣類の総称で、上着のこと。 565. 566. 文字属性は失われるが、文字のアウトライン(外周)がパスになり、 その後の加工がしやすく、インストールされているフォントに依存せずに文字が取り扱いできる。 567. 工場直売。 メーカー直売。 568. 蒸発しきれない液がコンプレッサに吸入されると、液圧縮によって弁などを損傷するため、コンプレッサ前部に設置される。 569. 潤滑油や作動油、機械油を使わないコンポーネントで構成され、電気や油圧、空圧など既存の駆動技術と同等の駆動特性を持つ。 省資源、省エネで、環境保護や環境負荷低減プロセスに要求される高い清浄性や衛生安全も特徴。 すぐに使える高い入手性、 使用後の廃水処理が不要で河川や処理場に廃棄でき、リサイクル可能。 万が一漏れても無害・無臭で、高い安安全性を持つ。 防火性や低圧力損失、早い応答性などのメリットがある。 570. 2 その場所に至る交通手段 571. エアシリンダ、油圧シリンダ、単軸ロボッ ト、など種類は様々。 部品の搬送、組付け、 位置決めなど多くの工程で採用されている。 組立産業の発展はアクチュエータの用途開発により実現されたとも言える。 573. 防虫ネット、保温シート、遮光シートなど 574. 羊毛に似た性質を持つ合成繊維。 軽くて柔らかく、湿感がある。 殆どが短繊維(ステープル)でシルキー繊維として少量の長繊維(フィラメント)がある。 毛布・冬物セーターに多く使われ、 ポリエステル・ナイロンに次ぐ生産量を占める。 現在のような実用的なアクリル繊維がつくられたのは1950年の米国デュポン社のオーロンが最初。 静電気が発生しやすい。 詳細は、本HP「」参照。

次の

店舗案内|CD・レコードの販売・買取|ディスクユニオン横浜西口店 中古ROCK/PROGRE情報

ゼンリー pops ハングアウト

このページの、無断商用利用、他言語への翻訳、並びに、その幇助、 他国籍企業への配布は固く禁じます。 (「百度」拒絶) 私的に収集・編集した 染色や繊維に関連する用語集です。 (Windows10では、右上橋の「・・・(詳細)」をクリックし 出てきたリストで「ページ内の検索」を選び出て来たコラムに検索したい単語を入力。 ) (ページTopへは『Fn』+『Home』、又は、『Back Space』キーで戻れます。 ) 中には、 ミスタイプや正確でない情報もあると思いますので、without guarantee と言う事でお願い致します。 7cmの試料を見るときの値。 Tシャツ、スウェットなどの縫製を始め、多くのアイテムに使用している。 3DCAD(スリーディキャド)とも呼ぶ。 立体物の取扱いは、サーフェス 面のみ モデリングとソリッド 体積をもつもの モデリングに分かれているが、 最近では融合した機能をもつソフトも増えている。 機械系・建築系では普及が進みつつあり、 従来の2次元CADからの移行が問題になっているケースもある。 分野としては機械設計、金型設計、建築設計、土木設計、 設備設計などに加え、意匠設計や商品としての製品設計でも利用されている。 斜文編と同じく柄糸と地糸があり、柄糸を杉綾状にニットさせて、ダイヤルでタックさせると、杉綾 が得られる。 これも杉綾模様は表だけである。 強度のある縫製仕様。 フラットヘッドではシャンブレーシャツやオーバーオールにこの3本針を使用している。 3本針の内の2本をリブに、1本をボディに落として縫う事によりネック部分の強度が高まる。 これを3枚斜文(3枚ヘルド斜文・3枚あや・三つあや)という。 「リデュース(Reduce=ごみの発生抑制)」「リユース(Reuse=再使用)」 「リサイクル(Recycle=再資源化)」の頭文字を取ってこう呼ばれる。 「シアン」「マゼンタ」「イエロー」「ブラック」の4つの色に分解し、 シアン版、マゼンタ版、イエロー版、ブラック版の4つの版を掛け合わせて、フルカラーを表現する。 厳密に色あわせが必要な部分やベタ部分、目立たせたい部分などは、別版を増やして印刷する。 また一完全のウェルト数 編目数)が多い為、織物に似た感じの編地。 一般に「5W1Hの原則」と呼ばれているものに、2Hをプラスした原則である。 この8つ要因を常に分析し、商品構成、販売計画、展開計画と結びつければ、 適正なマーチャンダイジング実現できるとされる。 (5尺4寸ものもある) 16. またその織物。 数が大きいほど細かくなる。 10度視野とは50cmの距離に直径8.8cmの試料を見るときの値。 他に2度視野がある。 一幅に蚊絣が100個並ぶもの。 またその反物。 またその織物。 数が大きいほど細かくなる。 一幅に蚊絣が200個並ぶものまたその反物。 1954年アメリカで発明されたABS樹脂は、 その高機能性からエンジニアリングプラスチックに分類され、種々の機器の筐体や内装、建材など広い分野で採用された。 難燃性樹脂への改質も容易だったため、テレビなど電気機器にも広く採用された。 また、ポリカーボネートなどの流動性改良を目的としたアロイ化の主材料としても広く活用されて来た。 着色や難燃化・繊維強化は、一般に通常品のペレットを製造した後、 コンパウンド加工にて行われるが、大量生産の際には重合時に各種材料を同時に投入しコストダウンを図る手法もある。 東洋紡開発品(活性炭素繊維「KF」とは、当社が開発した、セルロース繊維を原料として製造される繊維状の活性炭。 布の性質と活性炭の性質を持ち合わせている。 そのユニークな特長から、粒状活性炭・球状活性炭につづく第3の活性炭と言われている。 ) 29. ウェブブラウザ用に提唱されたsRGBに比べてグリーン領域の再現範囲が拡大された色空間。 DTP用のCMYK再現域よりも広い色空間であり、DTP業界では主流になりつつある。 ただし、AdobeRGBの色空間で制作されたデータは、デバイスやモニターがAdobeRGB表示可能なものでなければ再現できない。 パソコン用モニターやコンパクトデジタルカメラなど、 多くの機器で採用されている標準的な色空間規格であるsRGBと比較すると、表現できる色域の範囲が大きくなっている。 日本語では、「アジア太平洋地域における温暖化対策統合評価モデル」ともいう。 シャトル織機にかわり主流となっている。 高速運転が可能で音も比較的小さい。 17世紀後半から18世紀前半、ルイ14世統治下で始まったと云われる。 かつらは非常に長く、カールしているのが特徴。 ファッショナブルな貴族たちが愛用した。 DNAに傷がつくと突然変異が起こり、普通の細胞ががん細胞に変化する可能性がある。 エイムス試験は、発がん性の試験ではありませんが、がんを引き起こす可能性のあるものを簡単に検出できる試験方法。 この試験では、陽性(悪い結果)、陰性(良い結果)で結果が表示され、陽性だからといって必ずしも発がん性があるとは言えない。 アクセスポイントとクライアントがこのシステムに対応していれば、 双方のボタン1つでセキュリティーを含めた無線LANの設定を簡単に行うことができる。 APO ビス 2,3-ジブロムプロピル ホスフェイト化合物。 経皮・経口急性毒性、造血機能障害、生殖機能障害を引き起こす。 P:発ガン性。 化合物:発ガン性) 50. 全部をコンピュータで合成して作り上げる仮想現実 VR に対する言い方で、 英語のAugmented Realityを略して「AR」 エーアール と呼ぶ。 日本語では「拡張現実」。 視覚情報のARを作るには、リアルな現実世界を取込むカメラと、 ズレなく合成するためのセンサ類、付加する情報を収めたデータベース、合成後の拡張現実を表示するディスプレイなどが必要である。 1955年春、クリスチャン・ディオールが打ち出したドレスのシルエット。 17世紀前半の軍事ヒーローの名前に由来している。 スカーフ用に捺染した布地のまだ裁断する前の状態に似ている。 パネル・プリントの一種。 (CIFは、保険料込み) 77. より色表現を上げる為ライトシアンとライトマゼンタを使う事が多い 78. 有機物などに含まれている炭素(C)と窒素(N)の質量比。 炭素率ともいう 79. 製品開発では、 あらかじめ製品の機能や性能、動作などが設計どおりか、不具合はないかを検証する必要がある。 CAEを用いれば、実際に試作品を作って実測・実験することなくコンピュータ上で検証が可能で、設計・開発期間の短縮、コスト削減が図れる。 熱解析、流体解析、電磁界解析、波形・信号解析、伝送路解析、構造解析、振動解析、音響解析、衝撃・衝突解析、機構解析、樹脂流動解析、 鋳造解析、プレス金型解析などがある。 CADで作成した設計データからNCプログラムを作り、 CNC工作機械の切削工具の選定や動作などを設定する。 加工形状により2D、2. 5D、3Dに分類できる。 また17世紀中頃、英国の清教徒支持者によって着用された。 Copotainとも云う。 CAS番号またはCAS登録番号ともいう。 米国化学会の一部門であるCAS(Chemical Abstracts Service)が運営・管理する化学物質登録システムから付与される化学物質に固有の数値識別番号のこと。 CAS No. はハイフンで 3 つの部分に区切らた最大9桁の番号であり、例えば、カフェインのCAS No. は58-08-2である。 波長200〜1100nmの紫外線 UV 、可視光、近赤外線 NIR 領域をカバーし、 小型で、高感度、高分解能、広ダイナミックレンジ。 特に、電子冷却装置や液体窒素でCCDを冷やすことにより、 ダークノイズや温度ドリフトを低減でき、微弱光の検出に対応する。 標準のCCD 表面入射 に比べてより高感度な裏面入射CCDを搭載した機種もある。 微弱光の測定や、蛍光・ラマン光・プラズマの測定、 各種光源やLCD・PDP・EL発光の測定、吸光度・反射率・透過率の測定、HPLCの検出器などに適する。 詳細は、本HP「」参照。 分光光度計を使って色見本の色を読み取り、その近似色を、デー ターファイルからコンピューターを使って検索するシステム。 CO2削減対策のひとつとして開発され、分離・回収技術、 輸送技術、圧入・貯留技術からなるが、まだ完全に実用化されてはおらず、 世界各地で大規模な実証実験が行われている 日本では2020年までの実用化を「低炭素社会づくり行動指針」で表明済。 EEA(欧州経済領域)やトルコ、スイスで販売する際には取得が必要。 規定の全商品はマーク添付が必須。 CEマーク使用には基準をみたしたという証拠の文書が必要となる。 FRPの一種である。 主に、 方向を整えた炭素繊維にプラスチックを含浸させた中間素材 プリプレグ を何枚も積層し、 高温下で加圧・硬化するプリプレグ法により製造する。 アルミより軽量で、鉄より硬く、 チタンより高い弾性率を備え、航空機の構造材などに用いられる。 コンピューター・グラフィック・システムの略。 配色をシュミレーションして見たり、配色制作が短時間で行える利点があるが、 ディスプレイ上の色を色材の色で再現することが難しい。 100. 17〜18世紀、Chitta インド でその製法が確立したことに由来。 101. カラー・インデックス・ナンバー。 英国の染色者学会(SDC)が、工業用染料、顔料の全てを用途による部属名と色名及び番号によって分類したもの。 103. 昇華捺染用に新しく開発された青系分散染料。 淡〜中色では、ターキス色であるが、濃度が濃くなると赤味が増す。 日本においては、新規物質に未登録。 1-Amino-4- ethylamino -9,10-dihydro-9,10-dioxoanthracene-2-carbonitrile 104. 均染タイプで、三原色の青成分として使用される代表的な染料。 1,5-Diamino-2-chloro-4,8- dihydroxy-9,10-anthracenedione 105. ターキス色として多用される高日光分散染料。 メトキシ置換タイプとエトキシ置換タイプが含まれる。 4,11-ジアミノ-2- 3-メトキシプロピル -1H-ナフト[2,3-f]イソインドール-1,3,5,10 2H -テトラオン 106. キノンベースの代表的な均染タイプの染料で、昇華捺染の赤成分としても使用される。 C20H13NO4 107. 均染タイプで、三原色の黄色成分として使用されるキノフタロンベースの代表的な染料。 昇華捺染のイエロー成分としても利用される。 108. 高いビルドアップが特徴。 109. アントラキノン構造を持ち堅牢度に優れる。 110. Procion Red H-E3B 111. Commission Internationale de I'Eclairage 112. CIEは国際照明委員会のことで表色系の規格を行っている。 113. CIE標準の光には標準の光A,B,C,D65及びその他の標準の光Dがある。 備考1. 標準の光Aは温度が約2856kの完全放射体が発する光。 標準の光D65は相関色温度が約6504kのCIE昼光、その他の標準の光Dは、その他の相関色温度におけるCIE昼光であって、 標準の光D65に次ぐものとしては標準の光D55(相関色温度約5503k)及び 標準の光D75(相関色温度約7504k)を優先的に使用する。 各標準の光は次のように、実在する光の分光分布を代表することを意図して定めてある。 標準の光A 相関色温度が約2856kのタングステン電球の光。 標準の光C 可視波長域の平均的な昼光。 標準光源Aに規定のデビス・ギブソンフィルターをかけて相関色温度を約6774kにした光源。 標準の光D65 紫外域を含む平均的な昼光。 その他の標準の光D 紫外域を含む種々の状態での昼光。 114. 混色系の一種で、色光の混合比によって、色を表すシステム。 この表色系では、 光の色(光源色)も数字で表すことができる。 (マンセル,オストワルト,PCCSは、物体色は記号で表せるが、光源色は表すことができない。 )色表示の精度も、 マンセルやオストワルトより、はるかに高く、工業的・定量的な応用には、このシステムがもっぱら用いられている。 1931 年に設定された視野角 1-4度のものと,1964 年に設定された視野角10度のものがある。 115. 水溶性糊料。 適切なエーテル化度のものは水溶性で,捺染用糊剤として用いられる。 120. 121. CCDカメラに比べると、安価で、低消費電力、高速読出し可能という特長がある一方で、画質が悪いのが欠点とされてきたが、 近年は画質・感度なども向上し、CCDカメラ並みの高画質機も登場している。 安価で手軽に使えるWebカメラや動画取込用には、CMOSカメラが広く使用されている。 122. でんぷんにモノクロル酢酸 などを作用させてエーテル化した水溶性の糊料。 123. 色材(物体)の3原色といわれるのがCMYである。 それぞれはC(Cyanシアン)M(Magentaマゼンタ)Y(Yellow黄)を示す。 印刷では、黒色の濃度を得るためにK(ブラック)を使用するためCMYKという。 125. パルプ、植物由来廃棄物等にTEMPO(2,2,6,6-tetramethyl-1-piperidinyloxy)を作用させる事により取り出す。 軽く強靭な素材材料として、未来への応用が期待される。 126. 127. 炭素の同素体で、フラーレンの一種に分類されることもある。 アルミニウムの半分という軽さ、 鋼鉄の20倍の強度(特に繊維方向の引っ張り強度ではダイヤモンドすら凌駕する)と非常にしなやかな弾性力を持つ。 単層のカーボンナノチューブの構造ほとんどの部分が蜂の巣状の六員環になっているが、五員環や七員環(赤色)の部分が存在し、 これによって単なる円筒ではない構造を取り得る。 128. 水中の有機物を酸化剤で分解する際に消費される酸化剤の量を酸素量に換算したもので、 海水や湖沼水質の有機物による汚濁状況を測る代表的な指標。 なお、二価鉄や亜硝酸塩などの存在によって測定値が高くなる場合がある。 129. ICCプロファイルに対応している。 130. 132. 産業用コンピュータ製品のベンダーがつくった米国PICMGという業界団体が1995年に策定したもので、 2ピースコネクタでバックプレーンと接続するため信頼性が高く、PCI規格とは互換性を保っている。 134. 1000点約1msの高速応答、最大ノード数384、最大入出力点数2560、低コストで汎用性の高い丸型(VCTF)ケーブルと、 圧接加工で施工性に優れたフラットケーブルの2種類のケーブルが使用可能。 リピータによる幹線の延長、副幹線分岐、 異種ケーブル変換もでき、従来のDeviceNetで実現できなかった課題をクリアしている。 135. 18世紀にドイツや北欧に渡ると、 女性のガウンやローブとして広まっていった。 136. 137. 138. 略称CR、商品名ネオプレン Neoprene。 耐候性、耐熱性、耐油性、耐薬品性は天然ゴムよりすぐれ、加工も容易。 Oリング、コンベヤベルト、ロール、 ライジング、ウェットスーツ、電線被覆などに使用される。 143. 「顧客関係管理」と訳し、 単に「顧客管理」ということもある。 顧客のデータベース 年齢・性別などの属性、購買履歴など を作成・分析し、 その客に合った商品の販促や、保守・サービスの提供、問合せやクレームへの対応など、顧客とのやり取りをきめ細かく管理するもので、 これにより顧客の満足度を高め、既存客としての関係をキープして収益率をアップできる。 現在ではネット技術を利用したeCRMが主流となっている。 145. 特定の相対分光分布をもつ放射で昼光照明に対応するが現在はあまり使用されない。 147. 不純物が多いため環境負荷が高く、他の石油製品に比べて熱効率が悪いが、 価格はA重油よりも3〜4割安い。 船舶用のディーゼルエンジンや火力発電所の燃料として使われる。 重油は、原油を蒸留する工程でガソリンや灯油、軽油を取り出した後に残る燃料成分。 タールやアスファルトが含まれるため、 常温下では非常に粘度が高く、色は真っ黒でヘドロのような形態をしている。 重油はA重油/B重油/C重油の3つに分類される。 148. 貿易委員会、経済政策委員会に並ぶOECDの三大委員会のひとつ。 1961年9月にOECDが設立されたのを機に、前年に設立されていた DAG(開発援助グループ)からDACに改組された。 149. 毒性が懸念される。 152. 154. DTPデータから直接校正刷りを出力するシステムのことをいう。 155. 156. 溶剤系を得意とする 158. 綿、あるいはポリエステル綿混織物に樹脂をつけてから布面をローラーに通す。 メタリックな光沢を生じさせる。 洗濯しても効果はすぐに失われない。 159. 161. 164. 溶剤として、分散染料の溶解などに多用される。 168. 171. 54 cm)当たりの点の数で,捺染彫刻形の網点密度,インクジェットプリント時の画像の精細さなどを示す単位。 176. 1インチ四方の中に何個ドット 点)が有るかで、多い方が解像度が高い。 1インチは約25. 4mm。 インクジェットプリント時の画像の精細さなどを示す。 177. dpi(dots per inch) d. 点が段階的に規則性をもって順に塗りつぶし、濃淡を表現する。 この点をドットと呼び、1インチ(2. 54cm) の中にいくつのドットがあるのかを表す(1平方インチではない)。 ドット密度の単位。 178. 181. 184. Autodesk社製AutoCADのファイルフォーマット。 データ交換の業界標準となっている。 DXFは公式な規格ではないためAutodesk社の都合により変更され、互換性が無くなることがある。 185. 特定の相対分光分布をもつ放射で昼光による照射に対応する。 現在標準光としてイルミナントD65が最も多く利用されている。 186. 190. ワーク表面の凹凸をなぞるようにスキャンし、異なる高さの部品に対しても等距離を保って測定できるため、正確・高感度なノイズ測定が可能。 ノイズ分布を可視化することにより、ワーク上のノイズ発生位置を特定できる。 シールドボックス、電波暗箱や、スペクトラムアナライザなどと組合せて使用する。 193. エチレンオキシドに酸を触媒として水と反応させるとエチレングリコール HOCH2CH2OH が得られる。 この反応で水の量を減らせば、ポリエチレングリコール PEG が生成する。 さらに、水のない条件で酸を作用させるとカチオン重合によりポリエチレンオキシド PEO となる。 196. 耐老化性、耐オゾン性、極性液体に対する抵抗性、電気的性質が良い。 鉱油や有機溶剤などへの耐油性には劣る。 199. 耐老化性・耐薬品性・耐水性などにすぐれ、タイヤ・電気絶縁体に使用。 鉱油や有機溶剤などへの耐油性には劣る。 200. 「カプセル化されたPostScript」という意味で、 PostScriptのデータをソフトウェア間でやり取りするフォーマット。 ディスプレイ画面でのプレビュー用ファイルが保存でき描画が高速になる。 高解像度のPostScriptプリンタで印刷する場合には、 そのプリンターの解像度を最大限活かした印刷が可能。 201. エチレンと酢酸ビニルの共重合体。 エチレン含量が高く、酢酸ビニルの含有率が3〜40%の範囲であり、 多くの種類が作られている。 高密度ポリエチレンと比較して、弾力性、透明性、強靭性、ヒートシール性が優れている。 水や紫外線にも安定である。 酢酸ビニルの含有率が増加するにつれて結晶性が低下し、柔軟性が増加する。 用途:食パン包装紙・冷凍食品用外装紙・紙コップ・アルミニウム箔などの防湿ヒートシールコーティング。 熱溶解 接着ラベル・包装などの接着剤。 収縮フィルム。 硬質塩化ビニルの耐衝撃性改良添加剤。 203. デジタルフォトプリントのための世界標準規格。 Exif(Exchangeable Image File Formatの略)とは、JPEG画像のデータ形式をベースに、サムネイル画像や撮影情報などを埋め込むことを可能にした画像ファイル形式のこと。 ExifPrint対応のデジタルカメラを使うと、撮影された日時や機種名、シャッタースピード、絞り値の設定といった撮影に関する情報と、 主画像のデータを正しく読み取るための圧縮モード、色空間、画素数などの情報が自動的にJPEG画像に記録される。 204. Levafix EA、Drimarene K の構造。 Drimarene X は、トリクロロピリミジン。 207. 産業用ロボットなどの自動化した製造装置・機械と、無人搬送車や自動倉庫などの移送機器・設備、 これらをネットワークで接続して生産プロセス全体を制御するシステムで構成し、設備の停止時間を減らし、生産効率の向上も図れる。 208. 貨物の代金のみの価格。 (CIF(運賃・保険料込み条件)価格) 209. 薄型ディスプレイのこと。 従来のブラウン管を用いたCRTディスプレイに比べ、薄く省スペースで画面が平たいのが特徴。 表示方式は液晶、 PDP プラズマディスプレイパネル 、LED 発光ダイオード 、有機・無機EL Electro Luminescence 、FD 蛍光表示管 などがある。 210. 通常のメモリに比べクロック周波数が高く、発熱量も低い。 GDDR5はGDDR3から性能が大幅にアップ、次世代の主要グラフィックスDRAM規格として 期待されている。 211. 産品の名称(地理的表示)を知的財産として保護する制度-農林水産省。 212. 総合スーパー。 213. 特にマイクロプロセッサ、マイクロコンピュータ、 及びその周辺デバイス(ペリフェラルLSI)において使用する用語で、 特定の用途(例えばアナログ入力用、シリアル通信用など)ではない入出力ポートを指す。 設定により入力にも出力にもできたり、 割込みやドライブ能力も設定できたりするため、利用者にとっては設計の自由度が増え、 デバイスを提供する側にとっては総ピン数を減らすことができる。 214. 増粘力もあるが、滑らかな流動性も併せ持つガム。 水溶液では透明。 218. 219. 屋外掲示の場合、ラミネート加工なしで最大3年間、ラミネート加工ありで最大5年間の耐候性、 屋内掲示の場合、ラミネート加工なしで最大5年間、ラミネート加工ありで最大10年間の耐候性。 毎日のプリンターヘッドの手動クリーニングは不要、メンテナンスの手間がからない。 速乾性に優れ、出力後は、無臭の印刷物をすぐに加工や掲示することが可能。 危険警告ラベルを貼付する必要がなく、HAP(有害性大気汚染物質)を含有していない不燃性インク。 220. HP SCITEX LX-800. 解像度 最大1200x1200dpi. HP Latex Ink。 Ink drop 12pl。 ノズル数 10,560 per printhead. 221. 色を角度方向の「色相(Hue)」、半径方向の「彩度(Saturation)」、 垂直方向の「明るさ(Bligntness)」の要素に分けた表色系。 人間の感覚に近い表現方法であり、感覚的な色補正に多用される。 絶対的な色を表現しているものではないので、色伝達には適さない 222. 【色相環】や【色度図】でSやVを変化して色(イメージ)を表示できる。 HSB (B:brightness) 223. 224. 225. 染料原料の一つ。 H酸(H acid)は、化学式がC10H9NO7S2の有機化合物である。 ナフタレンにヒドロキシル基とアミノ基と2つのスルホ基が置換した構造を持つ。 別名、8-アミノ-1-ヒドロキシナフタレン-3,6-ジスルホン酸、4-ヒドロキシ-5-アミノナフタレン-2,7-ジスルホン酸など。 芳香族アミンおよびフェノールを有するため、 弱酸性(アミン)およびアルカリ性(フェノール)でジアゾニウム化合物とジアゾカップリング反応を起こす。 226. スキャナ、プリンタ、ディスプレイの色再現特性を記述するフォーマットで、 この情報をシステム間で交換することにより、出力機の色再現をコントロールする仕組みを提供する。 227. 画像処理ソフトにPhotoshopがある。 adobe社製 228. 英語名よりIPPC指令(IPPCはIntegrated Pollution Prevention and Controlの略)とも呼ばれる。 本指令は事業の操業許可制度を設け、EU域内にある汚染源からの汚染を最小化することを目的としている。 229. ISO14001は環境マネジメント (環境に対する経営方針)に関する規格。 それぞれ適切な活動を行っている企業だけが、これらの認定を取得することができる。 230. 2015年 Milano ITMA については、本HP「」参照。 231. 233. 234. 圧縮率が高く、 大きなサイズの画像でも小さなデータ量で記録することができ、メールでの添付などに向いているため、 画像保存形式の標準となっている。 拡張子は「. jpg」「. jpeg」など。 ただし、保存を繰り返すたびに画質が劣化するという欠点をもっているので、画像の加工ベースには向いていない。 2 ISOが設置した専門家組織の名称であり、その組織が1986年に策定した静止画像のデジタルデータの圧縮方式のこと。 現在ではインターネットの世界やデジタル画像データの標準的な静止画フォーマットとして広く使用されており、 画像ファイルに付く拡張子は. jpgである。 元々インターネットで使われていたGIF形式の静止画像が256色 8ビット までしか扱えなかったため、 色を1,670万色 24ビット まで拡張したもので、ファイルサイズもGIFより小さくできる。 235. 17世紀半ばにはジャケットとスカートという2つの意味を兼ねていた。 一時期「女性のウエストから足への服装の一部」と定義付けされたこともあるが、1670年代からはジャケットで通っている。 236. ワイドフォーマット用エントリーモデル。 速さと美しさを両立させた『New Global Standard』モデル。 (2015. 《 J-acid 》ナフトールスルホン酸の一種。 染料工業における通称。 赤から青の直接染料、酸性染料に用いる。 238. ムンクの式によって表す着色物の色の濃さ。 色の濃さの評価及びカラーマッチングの混色計算に用いる。 239. 240. 元々、ICIがこのタイプを作成した。 241. 低荷重下における生地の引張り,せん(剪)断, 曲げ,圧縮,表面などの挙動を測定し,風合を数値評価する。 得られた数値を用い,こし,ぬめり,ふくらみなどを客観的な数値として表現する。 242. 243. 244. 246. なお,織布工程に起因するものを S 欠点という。 248. 色の情報を数値化するカラーモデルの一つ。 L=輝度(0〜100)、a=緑から赤の範囲(-120〜120)、 b=青から黄の範囲(-120〜120)で数値化を行う。 色域が広く、デバイス間での色ズレが小さいため、 色変換の基準テーブルとして用いられている。 249. 色の絶対的な尺度として、色伝達基準として使用される. 251. 清浄な水面に両親媒性分子を静かに少量滴下すると、 分子が水と空気の界面に一分子一層からなる膜が形成される。 これらのことをLangmuir膜(またはL膜、水面上単分子膜、Langmuir monolayerと言う。 L膜表面を部分的に加圧することにより、膜の表面圧が増加し、ある圧で相転移のような現象が見られる。 L膜表面を、ガラスやそのほかの親水・および疎水表面をもった基盤が通過すると、 L膜を形成している分子がそれぞれ対応する親水基または疎水基を基盤に向けて1層累積される。 253. 「液晶ディスプレイ」と同義であり、低消費電力で薄くて軽いFPDの一種。 液晶パネルは、2 枚のガラス基板の間に液晶を封入したもので、電圧の有無により液晶分子の向きが変わり、光の透過率が増減することで画像を表示する。 液晶自体は発光しないため、外光の反射を利用する反射型と、バックライトの光を使う透過型がある。 液晶の種類により、 TN液晶やSTN液晶などの単純マトリクス方式と、TFT液晶などのアクティブマトリクス方式がある。 TV用や、パソコンなどのモニタ用に広く普及してい る。 256. 鎖が剛直な構造であるため、一般に耐熱性や強度、弾性率に優れている。 液晶ポリマーは、その名前が示すとおり溶融状態で液晶となることが特徴。 通常のポリマーではみられない特異な現象=偏光顕微鏡下で温度をかけると溶融時の透過光量の大幅な増加が観察される。 257. 測定できるパラメータはLCRだけ ではなく、インピーダンス、自己インダクタンス、相互インダクタンス、リアクタンス、アドミタンス、コンダクタンス、位相角、損失係数などもある。 スイッチの接触抵抗や、電池の内部抵抗、半導体の接合容量なども測定できる。 直流で測定するデジタルマルチメータとは異なり、 LCRメータは正弦波発振器の交流信号を加えて電圧・電流を測定し、ベクトル演算によりインピーダンス、キャパシタンス、インダクタンスを算出する。 258. 他のポリエチレンと比較し軟らかい性質から軟質ポリエチレン、製法から高圧法ポリエチレンとも呼ばれる。 260. シスコシステムズ社が開発したもので、無線LANネットワークで、 正しい利用者を特定するための暗号を使用した認証方式の1つ。 261. 低密度ポリエチレン LDPE, Low Density Polyethylene :比重 0. 91 - 0. 低圧の重合反応により得られ、柔軟性などにすぐれている。 264. 観察された影響が悪影響であれば LOAEL(Lowest-observed-adverse-effect level)という。 266. Limited Oxygen Indexの略号。 燃焼に必要な酸素濃度のことを意味する。 空気中の酸素濃度は20. 旧JIS K6748:1995において低密度ポリエチレンとは密度 0. 910以上〜0. 930未満のポリエチレンと定義されている。 その分岐構造から結晶化があまり進まず、融点が低く柔らかい性質を持つ。 267. 設計工程は主に、アルゴリズム設計により仕様を決定した後、ハードウェア設計と並行して組込プログラムを開発し、RTLコーディング、 論理合成 ゲート回路の自動生成 、レイアウト設計、および必要な箇所での検証 静的解析、機能検証、タイミング解析、ノイズ解析、 パワー解析、各種シミュレーション とフィードバックを経て、マスクデータを作成する。 272. LTCCはLow Temperature Co-fired Ceramicsの略。 Cu 銅 や Ag 銀 など融点の低い金属で回路パターンを作り、同時焼成して一体化することができる。 『高周波特性が良い』『温度湿度に対する信頼性に優れる』といった特性を持つ。 273. 9世代移動通信システム 3. 9G として、標準化団体・3GPPが標準化 を進めている携帯電話の通信規格のこと。 3Gの通信方式・W-CDMAをベースに、将来4Gで採用されると考えられる通信技術を取入れたもので、 使用する周波数帯域は3Gのままである。 多重化にはOFDMA 直交周波数分割多重アクセス 方式を下りに、 SC-FDMA シングルキャリア周波数分割多重アクセス 方式を上りに採用することで、下り100Mbps以上、上り50Mbps以上 パケット通信で は下り326Mbps、 上り86Mbps の高速データ転送を実現している。 複数のアンテナを用いて同時に異なるデータを送受信するMIMO Multiple Input Multiple Output など最新のアンテナ技術も採用され、3Gに比べて大容量・高速データ通信のための改善が図られている。 274. フランスを本拠地とするファッションを中心にラグジュアリー商品に特化したコングロマリット企業。 1987年、ルイ・ヴィトンとモエ・ヘネシーの両社が合併して誕生。 89年ベルナールアルノー率いるクリスチャン ディオールがLVMHを買収。 現在のグループ関係はクリスチャンディオールSAの下にLVMHグループが位置している。 LVMHに加えてグッチ、バレンシアガなどを傘下に持つケリングと カルティエ、クロエなどを傘下にもつリシュモンが世界のラグジュアリーブランド多数を抱える企業のトップ3 275. 276. C4H12Sn 278. PES;• PES-VI;• PA;• PA-LY;• PA-PES;• CO;• CO-LY;• AC-VI;• WO-SE-VI;• all those fabrics which need a delicate action. 280. Procion H. H-E 及び PX、Kayacion E 等の反応基。 281. 示性式は CH3COC2H5。 消防法で危険物(第四類 引火性液体、第一石油類)に指定されている。 水にかなり溶けるが、水との混合物は均一な外観を維持しない。 塗料溶剤や合成樹脂の原料となる。 283. メラミン—ホルムアルデヒド樹脂とも言う。 メラミン樹脂は引張強度・硬度や耐衝撃性が尿素樹脂に比べて優れている。 表面は光沢を持ち耐水性、耐候性、耐磨耗性にも優れている為、家具や化粧版の成形や木工製品の表面材の接着、 あるいは食器や日用品に利用されることが多い。 反面、塩酸や硫酸、硝酸などの酸に弱く、 樹脂自身がマイクロウェーブを吸収して発熱するため、電子レンジ加熱用の容器としても不適である。 脆化によるホルマリン発生も問題。 284. が開発したHDTV映像を伝送できる携帯機器向けインタフェース。 HDMI端子と互換性を持つ5ピンの小型端子で、携帯電話機やデジカメラ、 携帯型メディア・プレーヤーなどの携帯機器に搭載し、HD映像を再生できるようにする。 288. Tx300P-3200 スーパーワイド IJ機。 最大出力幅3. - 高速ダイレクト昇華インクジェットプリンター。 - 綿、絹、麻、レーヨン用高速IJ機。 293. 企業の経営管理対して必要とされる情報をさまざまな階層で管理者に適切に提供する仕組みをいう。 大量の情報を処理するために、コンピュータを利用した情報システムが活用されている場合が多い。 294. メタクリル酸メチルを重合させたポリマーがメタクリル酸メチル樹脂で、 透明なプラスチックの代表例である。 296. 化学反応により基板上に薄膜を形成するCVD 化学気相成長法 の一種である有機金属化学気相成長法のこと。 原料に有機金属(ガス化が容易である)を用いるために、こう呼ばれている。 ガスの流量や、温度、圧力、基板温度などを制御することで、他の方法に比べて大面積に、効率よく、均質な薄膜結晶を作成でき、 単一原子層での制御も可能である。 化合物半導体や、半導体レーザー、紫外・青色・白色LEDなどの量産に使用されている。 297. 主に耐衝撃性ポリスチレン HIPS など他の合成樹脂とアロイ化される。 298. MRAM:Magnetoresistive Random Access Memory フロッピーディスクは磁力極性を用いて記憶するが、MRAMはTMR効果を利用して記憶している。 ハードディスクと同じ不揮発性メモリの中でも、 SRAM並みの高速な読み書きが可能で次世代メモリとして実用化が期待されている。 300. 生産管理の手法のひとつである資材所要量計画。 あらかじめ完成品の生産計画を立て、 これをもとにして製造に必要な資材の量と納期を逆算して発注・生産する仕組み。 1960年代に編み出された。 資材の在庫の過不足をなくし、仕掛品や製品の在庫を削減できるという利点があり、製品のリードタイムを圧縮できる。 資材に着目したMRPを発展させた生産管理の手法として、MRP2や、MRP3、ERPがある。 301. 医療従事者用衣料の白衣、帽子、マスクや、ナイトウェア、タオルなどの衣料・身の回り品、シーツ、マットなどのベット回り品、 カーテン、カーペット、壁装材などに展開。 303. 性能は、株式会社ローランドDG社のEco系インクと類似した性能を有する 306. 307. Dual staggered head design - latest drop-on-demand piezo inkjet technology. Variable drop printing - wide range of droplets and three drop families. Small droplets are ideal for light fabrics and larger droplets ideal for thicker fabrics requiring higher ink loads. Print resolutions up to 1440 dpi. Head gap up to 6 mm to accommodate a wide range of fabrics. Suited for both closed, open non stretch and two way stretch fabrics. Allows printing of both face-in and face-out roll media. Integrated gutter system for open textiles. Green solution using heat fixation. No water required for post treatment e. washing, steaming. Suited for printing on cotton, silk, rayon, mixed fibre fabrics. ガーメントプリンター。 308. 米国国立標準技術研究所 320. 327. 328. 329. 光ファイバを接続して光の入力を行い、フォトダイオードで電気信号に変換し、 各種フォーマットにて出力する。 対応する光の波長で通信用と研究用に分けられる。 光通信で使用する場合には、光伝送装置の一種ということができ、 高速性や長距離伝送、多重化、耐ノイズ性などの特長を活かすために、帯域や感度が重要である。 330. 「相手先商標製品」または「相手先ブランド販売」と訳される。 自動車部品や電化製品などの生産に採用されてきた、販売提携や技術提携と並ぶ戦略的提携の一つされ、ファッション業界でも行われるようなった。 こうした生産メーカーをOEMメーカー、これらの生産・供給の仕組みをOEMビジネスと呼んでいる。 336. 「Oriented=延伸された」の意味。 耐水性、耐湿性、透明性に優れているため、主に梱包の際に使用される。 338. ドゥニーム、エヴィス、ステュディオ・ダ・ルチザン、ウエアハウス、フルカウントの五社。 340. 捺染糊の流動特性の簡単な比較指数。 343. 一般に脂肪族骨格を含むポリアミドをナイロン(Nylon)と総称し、 これは初めて合成されたポリアミドであるナイロン-66のデュポン社の商標に由来する。 また、 芳香族骨格のみで構成されるポリアミドはアラミドと総称される。 344. 17世紀末には金らんや刺繍の入ったレザー製品が流行した。 345. 346. 機械的強度に優れる (降伏伸度が高い、耐クリープ特性、耐衝撃性、高弾性)。 優れた耐候性、紫外線遮蔽性。 耐薬品性。 難燃性である (UL94V-0)。 強酸・強アルカリには侵食される。 成形時の流動性が悪い。 347. プライベート・ブランド 348. 耐熱性、機械的強度、耐薬品・溶剤性、摺動特性、耐放射線性、難燃性などに優れた特性を示す。 349. 一般には商品名である。 光や熱、 湿気にさらされると想定より劣化が早まる性質があり、 ザイロン使用防弾チョッキの劣化問題で2003年にアメリカマサチューセッツ州で東洋紡とセカンドチャンス社に対して訴訟が起こされた。 東洋紡との間では最終的に和解が成立したが、セカンドチャンス社は倒産した。 350. 熱安定性や寸法精度、電気特性に優れるため、電気電子部品や自動車部品などに幅広く利用されている。 伸縮性に優れている。 351. 薬品耐久性はあまりよいとは言えない。 特にアルカリ剤、溶剤では劣化するエステル結合を持つため、高温高湿度の環境下では加水分解する。 引張強度を超える力をかけると、白化して透明度が著しく低下する。 352. Practical Color Co-ordinate System 353. DCブランドの力が弱くなってきたことから作り出された新しいブランド展開の一つ。 355. プロピレンに塩素を反応させて得られるアリルクロライドとフタル酸ソーダを反応させてモノマーを製造し、 これを重合して高重合度のポリマーとする。 電気的特性、耐薬品性、寸法安定性に優れ、 主として電気・電子及び通信機器のコネクター等の工業部品に使用されているほか、化粧合板用シートに使われている。 356. ウインドウズやマッキントッシュなどのパソコンにかかわらず、 同じ体裁のレイアウトで画像や文書を表示、印刷できるという特徴をもっており、現在の国際的な電子文書の標準規格となっている。 357. コンテンポラリー・ストアとも呼ばれ、 シアトルに本拠を置く「ノードストローム」はその代表とされる。 358. ベンゼン環がエーテルとケトンにより結合した直鎖状ポリマー構造を持つ、 結晶性の熱可塑性樹脂に属するポリマーの総称。 熱可塑性樹脂としては非常に高い耐熱性を有する。 耐疲労性に優れる。 PEEKは耐磨耗性や寸法安定性も良好。 耐薬品性に優れる。 改質しない状態でUL94V-0の難燃性を有する。 改質しない状態でUL94V-0の難燃性を有する。 絶縁性や耐放射線性に優れる。 359. (本HP 参照。 ) 360. 激しい温度変化にも耐える。 高温時においても剛性を保つ。 高温時においてもクリープ特性が良い。 耐スチーム性に優れる(耐加水分解性)。 幅広い温度帯で寸法安定性が良い (線膨張係数が小さい)。 難燃性である (発煙量が小さい)。 流動性が良く、成形性も良い。 361. PETフィルムは、機械的強度、寸法安定性、透明性、光学特性、 耐熱性、電気絶縁性、耐薬品性等の特性に優れ、コスト的にもバランスのとれたフィルム。 摩擦により静電気が発生しやすいため、取り扱いに注意が必要 362. 364. フェノール樹脂(フェノール-ホルムアルデヒド樹脂、ベークライト、石炭酸樹脂)は、 フェノールとホルムアルデヒドを原料とした熱硬化性樹脂の一つで、世界で初めて植物以外の原料より、人工的に合成されたプラスチック。 電気的、機械的特性が良好で、合成樹脂の中でも特に耐熱性、難燃性に優れるという特徴を持つ。 耐油、耐薬品性も高いが、アルカリに弱い。 また、これらの性能の割に比較的安価。 365. 水や油に溶けやすく防水や撥水剤として衣類や建材など生活用品にも広く使われている。 炭素原子とフッ素原子の結合力が非常に強く安定した化合物で環境中で分解されにくいため、環境汚染物質として野生動物などへの蓄積が懸念されている。 366. HO- CH2 3-OH 367. 水溶液の酸性、アルカリ性の度合いを表す指標。 一般に「水素イオン濃度」といわれることもあるが、正確には、水素イオン濃度の逆数の常用対数を示す値。 pH試験紙やpH計などで簡易に測定できる。 pHが7のときに中性、7を超えるとアルカリ性、7未満では酸性を示す。 368. adobe社製 369. 酸性を弱酸性に、アルカリ性を中性へと向かわせるようにphコントロールする。 汗、酸性雨などに対して、肌に優しい弱酸性に保つ。 371. 芳香族ポリイミドは芳香族と芳香族がイミド結合を介して共役構造を持つため、剛直で強固な分子構造を持ち、 且つイミド結合が強い分子間力を持つためにすべての高分子中で最高レベルの高い熱的、機械的、化学的性質を持つ。 372. イソブテンの重合による長鎖状炭化水素によって構成された分子で、他の合成ゴムに比べて対ガス透過性が低く、 シーリング材などで気体を封入する用途に適する。 絶縁性が高く、電力用途に使用される。 衝撃吸収力にすぐれる為、防振材に用いられる。 水により膨張する性質があるため建築・土木分野でコンクリート打継ぎ部の止水板として使用される。 -[C CH3 2CH2]n- 373. PictBridgeに対応したデジタルカメラやカメラ付きケータイをUSBケーブルでプリンターに接続すると、 プリンターからカメラに対して印刷に必要な情報(用紙サイズや種類など)を送信し、 カメラ側の液晶ディスプレイで印刷するデータや印刷情報を設定、印刷命令を発行する。 374. インクジェットプリンターでは、印刷に使われるインクの大きさをあらわすのに使われる。 インクの粒が小さくなると、より緻密な印刷ができるが、一定濃度の色を出すのに時間がかかる。 378. メタクリル酸あるいはそのエステルメタクリル酸メチルなどの重合により得られる。 透明で光学材料として優れ光沢があり粘り強く加工しやすい材質、光ファイバーなどのほか、 接着剤・イオン交換樹脂・人工臓器材料その他、用途が広い。 382. 386. ホルムアルデヒドの重合体と同様な結合をもつ高分子化合物の総称。 代表的なものにはポリオキシメチレン(POM)などがあり、機械部品・電気部品などに用いられる。 387. 紙を広告媒体としてその上に商品名と価格、またはキャッチコピーや説明文、イラストだけを手描きしたもの。 388. 染色性が悪く、耐光性が低い為、ファッション性の高い服地の繊維用途には向かない。 汎用樹脂の中では最高の耐熱性。 BASFが可染PPの特許を取得しているが。 これは、PP構造に、他成分(例 アセテート成分)をブロック重合し、染色を可能とするものである。 発火リスクも問題だが、他の繊維との混紡組織を工夫する事により解決されている。 392. ポリプロピレングリコールの性質のほとんどはポリエチレングリコールの性質と共通である。 中分子量の 重合体は室温では液体であり、水溶性は分子量が増えると急速に減少する。 )HO〔-CH CH3 CH2O-〕nH 394. デジタル写真のデータは、拡大して行くと最後にはピクセル(画素、pixel)という四角いマス目になる。 4mm)当たりのピクセル数を表す。 Ppi は画像解像度ともいわれ、主にモニタなどの画面の解像度表現に用いる。 395. 画像の精度表示に用いられる。 397. 日光暴露で黄変・褐色となり染色には不向き。 399. ポリエステルとナイロンといった従来の合成繊維と比べ、柔軟性、 伸縮性、染色性の良さ等が特徴。 ウールやコットンとの混紡にも伸縮性を発現する。 可能性に富んだ新しい素材として衣料やシート生地、 カーペット、寝具等の幅広い用途が期待されている。 400. 特定化学物質の環境への排出量の把握等、及び管理の改善の促進に関する法律。 各事業所が特定化学物質の大気、排水、土壌への排出量及び廃棄物などの移動量を把握して届出を行い、自らそれら物質を管理するため。 403. アタクチックポリスチレンは熱可塑性樹脂で安価であり、容易に射出成形できる事から日用品やプラモデルの素材として広く用いられている。 またポリスチレンに発泡剤を用いて成型する発泡スチロールは断熱容器として、また、最近は建築材料としても広く用いられている。 404. すぐれた耐加水分解性 (水または温水などによって劣化しにくい)。 バランス良い機械的性質 (機械的強度、寸法安定性など)。 耐薬品性が良い (酸・アルカリ・油に強い)。 電気的特性が良い。 透明性 (標準グレードは、透明。 その他繊維強化グレードなどあり。 成形性が良い。 耐候性。 欠点-有機溶媒に弱い 405. ポリエステルの原料。 406. ポリテトラフルオロエチレン polytetrafluoroethylene, PTFE はテトラフルオロエチレンの重合体で、フッ素原子と炭素原子のみからなるフッ素樹脂(フッ化炭素樹脂)である。 化学的に安定で耐熱性、耐薬品性に優れる。 407. 1mm以下に押出成形したポリ四フッ化エチレン PTFE フィルムを、方向を変えて複数枚積層したシートのこと。 引裂き強度、 耐屈曲性を向上し、補強なしでそのまま縫製加工、ヒートシール加工などに適応する。 ガラスクロスや異種素材との混合積層により、耐熱性や耐薬品性なども付加できる。 408. ポリ酢酸ビニルをけん化して得られる側鎖に水酸基をもつ水溶性高分子化合物。 たて糸のり剤に使われ、ビニロンの原料にもなる。 410. 親水性にも優れ、 スムーズに水分を吸収する、ドライ状態では硬質だがウェット状態では柔軟性・弾力性を発揮する、耐薬品性、耐摩耗性が高いなどの特長をもつ。 対象物を傷めず、ハードディスク、半導体ウエハなどの洗浄や、クリーンルーム内での清掃用途に適する。 411. PVAはポリビニルアルコールの略で、水溶性ビニロンのこと。 412. 塩化ビニルモノマーを重合させただけの樹脂は硬くて脆く、紫外線などにあたると分子を構成する塩素原子がはずれて劣化黄変しやすい。 利用のためには柔らかくする成分(可塑剤)と劣化を防ぐ安定剤を加える。 熱を加えると軟化する。 硬質にも軟質にもなり、 優れた耐水性・耐酸性・耐アルカリ性・耐溶剤性を持つ。 また難燃性であり、電気絶縁性である。 一時、PVCの焼却で発生するダイオキシン問題が大きく取り上げられたが、焼条件を工夫する事で大きく改善される事が判明し、 上記の優れた物性とその価格の安さもあって今なお広く使われている。 413. 英語名PolyVinyl Chlorideの頭文字をとってPVCと言われる 414. 塩化ビニルに塩素を付加して得られるトリクロロエタンを、水酸化ナトリウムなどを用いた脱塩化水素反応によって作る無色の液体。 熱・光・触媒などによって重合し、塩化ビニリデン樹脂となる。 塩化ビニルやアクリロニトリルなどと共重合したものを繊維・食品包装用フィルム・漁網などに使用。 難燃性,耐薬品性,耐候性に優れる。 415. 大きめのリーファーカラーとマフ・ポケットが特徴的。 パイロットコートとも云う。 416. CCDなどの撮像素子から得られた電気信号を単純にデジタル化したもの。 画像処理されていないので、ただ、パソコンのハードディスクに保存しただけではデータを表示できない。 表示するためには、RAWデータ処理ソフトでTIFFなどの一般的な画像データに変換する必要がある。 419. 生ごみ・廃プラスチック、古紙などの可燃性のごみを、粉砕・乾燥したのちに生石灰を混合して、 圧縮・固化したものをさす。 乾燥・圧縮・形成されているため、輸送や長期保管が可能となり、熱源として利用される。 420. Variabile drop size 4 Levels 4, 7, 12 and 18 pl and more• 3 printing widths Max. printing width : 1800, 2400, 3400 mm• Up to 2400 x 2400 dpi• Open ink system• 反応染料で最もポピュラーな染料。 423. 加熱するとアルカリ性剤として働く、捺染におけるVS地染めMCT差しの形で反応染料の先防染剤として使用される。 424. それぞれはR(Red 赤)G(Green緑)B(Bule青)を示す。 現在のDTP では、8bit、RGB各256階調の1677万色の表現が基本。 2)テレビやパソコンなどのカラーモニターにおける3原色のこと。 R(赤)G(緑)B (青)の各々を256段階の輝度の組み合わせで色を表す。 425. 絶対湿度:位体積(1m3)の気体中に含まれる水蒸気の質量(g)。 ただし温度および圧力の変化により気体体積が変わるため、含まれる水蒸気量は同一でも、絶対湿度は変化する。 426. コンピュータ本体のコマンド、ページ記述言語を解釈してラスタイメージに変換する。 427. 日本語訳として「除去単位」などといわれることもある。 最小取引単位数は1t-CO2。 430. 家電・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を制限することにより、 環境や健康に及ぼす危険を最小化することを目的としている。 廃家電・電子機器指令(WEEE指令)を補完する指令。 432. 433. 分類は有機溶剤で2種に該当する。 434. スチレン・ブタジエンゴム styrene-butadiene rubber は代表的な合成ゴム、スチレンと 1,3-ブタジエンとの共重合体る。 スチレンゴムあるいは SBR とも呼ばれる。 耐熱性、耐摩耗性、耐老化性、機械強度等に優れる一方、耐寒性や引き裂き強度においては他の汎用ゴムより劣る。 品質が安定し良好な加工性を示すため、自動車用タイヤ材として最もよく使用される。 現在、最も多量に生産されている合成ゴム。 437. 抗菌防臭加工を施した繊維製品の表示用語、評価方法・基準、 安全性などに自主基準を設け、基準に合格した商品には「SEKマーク」を表示できるマーク制度。 SEKマークには、 「抗菌防臭加工」以外にも「制菌加工」「光触媒抗菌加工」がある。 442. 443. 数値が大きくなると太くなる。 ) 446. 専ら重合用のモノマーとして利用される。 スチレンモノマーはイオン重合、 配位重合などにより生成するコポリマーとしてスチレン・ブタジエンゴムを始めとしてエラストマー、 熱硬化性樹脂、エマルションとなど多くの合成樹脂原料としても利用される。 448. 次の Mはマイクロウエッブ製の不織布の意味でこれもほとんどがポリプロピレン製の極細繊維不織布。 最後の、S は同じくスパンボンド製の不織布の意味です。 つまり、SMSとはこの順序で三層構造にした不織布。 マイクロウエッブが極細の繊維(0. 花粉症防止マスク、メディカル用マスクや各種フィルター、耐水性が必要な、各種防護服、紙おむつなど多くの用途に使用。 449. 具体的には、 カーペットなどの繊維製品においてX字型異形断面糸を用いて繊維の凹部に小さなゴミを蓄積させるというもの。 451. アパレルの企画から小売までの機能を併せ持つ「製造小売業」を指す。 実体的に、その多くは、製品企画と販売だけを行ない、製造は、途上国でのOEMで安く行なっている。 「GAP」がこのビジネスモデルの先駆者。 452. 現在では、その他にインクジェット分野のシステムアドバイズ、インクの販売に力を入れている。 本社オランダ。 453. 1999年10月に「IEC61966-2-1」として実は国際規格として発行。 印刷色再現範囲より狭い。 458. 合成繊維における防汚加工の一種。 合成繊維に親水性を持たせる特殊加工を施すことにより、静電気発生率を低下させ、 各種の汚れ、ほこりなどの付着を減少させることをねらいとしている。 現在は、紳士のシャツやスラックスなどの防汚加工として一般に使用されている。 459. SSインク同様一般溶剤。 インク成分が変更され低臭化されている。 461. GMS(ゼネラルマーチャンダイズストア)に同じ。 462. 有機溶剤成分が低減され一般溶剤に分類される。 463. なお,加工工程に起因するものを K 欠点という。 466. 右方向に撚るので右撚りともいう。 フィラメントの単糸にかけられる撚りである。 この逆の撚りはZ撚り(左撚り)といい、紡績糸の単糸にかけられる。 一般的なデニムもこの撚りがかかった糸を使う。 467. 468. 示性式が n-C4H9 3SnH と表される有機スズ化合物。 皮膚刺激性、経皮・経口急性毒性あり。 469. 470. ダイオキシインのTEFは、世界保健機関 (WHO)等が設定しており、長期毒性、短期毒性、生体内(in vivo)及び試験管内(in vitro)の生化学反応についての試験結果を同族体間で比較して決めている。 TEFは、これまでにその数値の改良がなされてきており、今後の新たな科学 的知見によっては、さらに新たな数字に改善されるべきものである。 471. ダイオキシンは、塩素の数及び位置が異なる異性体の混合物として環境中に存在する。 毒性の強さは異性体よって異なるため、 ダイオキシン異性体の量を単純に合計しても、その数値で毒性影響を評価することはできない。 そこで、ダイオキシンでは、各異性体の量にそれぞれの毒性の強さの係数(TEF)を乗じた値の総和として表わすのが一般的となっている。 472. 474. 、2015 version 475. JPEGとは異なり、保存は非圧縮で行われるので保存を繰り返しても劣化しない。 そのため画像を加工するためのベースに向いている。 ただし、ファイルサイズはJPEGよりも遥かに大きくなる。 476. 水中の有機物に含まれる全炭素量。 これを測定することによって COD・BOD の値よりも更に正確な有機汚濁度を知ることができる。 480. 10水塩の結晶物「ピロリン酸四ナトリウム(結晶)」と、 乾燥させて結晶水を除いた無水物「ピロリン酸四ナトリウム(無水)」がある。 通常は、白色の結晶又は粉末であるが、結晶物には無色のもの、 無水物には白色の塊になっているものも存在する。 水によく溶け、弱アルカリ性を呈する。 食品衛生法で認められた添加材で、乳化剤や豆腐の凝固剤、 かんすい、ハム・ソーセージの結着剤などに使われる他、水処理剤、清缶剤、洗剤に使用される。 487. その空間に存在する有機物質の総量を指し、一般的には、 ガスクロマトグラフ法により分離同定されたVOCsの総計といわれている。 489. 尿素樹脂。 尿素とホルムアルデヒド水溶液を原料とし、アルカリ性または酸性下で脱水縮合反応を行い、液状縮合物を得る。 液状で使用する場合はそのまま、 固形状を得るにはメタノール等でエーテル化もしくは充填剤としてセルロースや小麦粉などと混合(天然高分子複合尿素系樹脂)させた後に乾燥させる。 かつては大量に生産されたが、微量のホルマリンが溶出することが指摘され生産量が激減した。 491. 架橋反応、硬化は、グラフト共重合を通じて行われる。 不飽和ポリエステル樹脂の主な応用分野は、タンク、容器、パイプ、ボート、ヨットのようなガラス繊維強化プラスチック製品と、 ボタン、人造大理石、充填剤、接着剤のような非強化製品。 494. 「B領域紫外線」あるいは「長中波紫外線」とも呼ばれる。 太陽光(赤外線、可視光線、紫外線、X線など)のうち、可視域より短波長域で、X線より長波長域の光を紫外線と呼ぶ。 可視域側のUV-A(A領域紫外線/315〜400nm)と、短波長域のUV-C(C領域紫外線/100〜280nm)の間の中波長域 (280〜315nm)をUV-Bと呼ぶ。 短波長の光線ほど生体への悪影響が強いが、一方で成層圏オゾンや大気圏で吸収され、地表に届く確率は小さくなる。 UV-Bは、 そのほとんどが成層圏オゾンにより吸収される波長帯であることから、 オゾン層破壊等による紫外線照射に関する指標としても用いられている。 UV-Bが増加すると皮膚がんや白内障などを増加するとされている。 495. 一般的なインクは熱固着あるいは乾燥固着するのに対し、紫外線(UV で樹脂化するインクを使用している 496. 497. 紫外線を有効に吸収し拡散するセラミックスをポリエステル等に練込ませた練込みタイプと、 織物又は編物の仕上工程での特殊処理で高分子系の紫外線吸収剤等を使用した後加工タイプとがある。 498. ポリ酢酸ビニルの合成に使われる。 工業的にも重要な物質であり、別名が複数ある。 塩化ビニル(vinyl chloride、ビニルクロライド、バイナルクロライド)とも呼ばれる。 付加重合させるとポリ塩化ビニルになる。 塩化ビニルモノマーはWHOの下部機関IARCより発癌性があると Type1 勧告されている。 502. VOCともいわれる。 大部分の物質は常温で液体であるが非常に揮発しやすく、吸入すると血液中に吸収されやすいため、人体に影響をあたえる。 トルエン、キシレンなどが該当する。 一般的にはVVOCs、VOCs、SVOCs、およびPOMを含めて単にVOCと呼ばれることが多い。 504. 正式には「特定事業・施設における有機溶剤の使用による揮発性有機化合物の排出の制限に関する指令」と訳される。 溶剤指令と呼ぶ場合もある。 人体に有害な地表でのオゾンの形成に寄与する揮発性有機化合物(VOC)を削減することが目的である。 505. 気体のホルムアルデヒドを用いてセルロース繊維内に架橋結合を作り形態を安定化させる加工。 506. 屋外用超大型5m機迄有りスペクラヘッドを搭載したリアルソルベントインク使用の機種が有名。 507. 揮発性が非常に高く、蒸気圧も高いために、 空気中に多く揮発する可能性がある。 吸入すると血液中に吸収されやすいため、人体に影響をあたえる。 建材の製造過程で揮発しやすい。 ホルムアルデヒド、アセトアルデヒドなどが該当する。 508. 509. 1992年の地球サミットに対応して1991年に世界33カ国から経済人が集まって設置された会議。 現在では、 35を超える国の約170の国際企業によって構成され、20の産業部門にまたがるものとなっている。 経済成長、生態系のバランス及び社会的進歩を3本の柱として活動を続けている。 511. 秘密鍵という技術を使用し、 鍵が一致しないとネットワークに接続することができない。 秘密鍵には64ビットや128ビットなどの種類があり、この数字が大きい方がより暗号化の強度は高くなる。 512. シャトル(杼)を使用せず、水の力で糸を送る織機。 516. ユーザー認証機能や暗号鍵の自動的な定期更新などによって、 より高いセキュリティー効果を発揮。 517. WPSの相互認識方法には、プッシュ・ボタン方式とPIN(personal identification number)コード方式の2通りがある。 518. 国際照明委員会(CIE)が定めた絶対的に規格化された表色系である。 横軸にx、 縦軸にyをプロットして馬てい形のような形で色領域(色域、Gamut(ガモット))を表すことになる。 Z軸は「明るさ」を表す。 520. ドレスシャツもしくはカッターシャツとも呼ぶ。 生地はほとんどが平織り。 綿の高級素材としては、 超長綿の100番双糸使いのブロード(平織りの種類)が代表的。 もとはホワイトシャツからきているワイシャツだが、赤のワイシャツや青のワイシャツなどとも呼ぶこともある。 521. これらを加工した電気や都市ガスは二次エネルギーと呼ばれる)の 年間利用量がゼロ、または限りなくゼロに近づけたビルなどの建築物のこと。 住宅についてはZEH(ゼロエネルギーハウス)と呼ぶ。 523. ノズルの径は大きく、16〜72dpiの解像度を持つ。 524. 一般に紡績糸の単糸はZ撚りがかけられる。 双糸の場合は上撚りは単糸の逆方向により、すなわちS撚り(右撚り)にかける。 527. 動物の毛艶がよくなる。 528. この値が大きい程、色の違いがはっきりする。 一般にこの値が3以下であれば、肉眼で色の差は区別でき難い。 529. 530. 実際には、電気泳移動、電気浸透、 流動電位などを測定する事が出来、そこから固定層の外側の電位が求められる。 531. スコットランドのアーガイル州に由来。 セーターや靴下に用いられる。 基本は3色で菱形と細い斜めの格子で構成されている。 現在は多色使いもあるが、通常編み機の制約で6色が限度の場合が多い。 元々はセーターの柄でウール素材が本来のアーガイル。 トラッドの着こなしに多用される。 532. 長方形、台形、逆三角形などの直線が多く使われた構築的なシルエットをアーキテクチャー・ラインという。 (=ジオメタリック・ライン) 533. 幾何学的な感覚を強めた柄の表現をいう。 534. 大地や木の幹の色などのベージュやカーキなどを含む茶色系の色が中心となっている。 都市景観を形成する上で、建物を計画する際の色使いとしてキーポイントとなる色でもある。 535. 略記号はAH。 身ごろと袖の接合位置であり、腕を通す穴のこと。 デザイン上、機能上、 着心地に関係する重要な部位である。 原型のアームホールは、腕を自然に下げた状態を基本としたものであり、運動域によって形態が異なる。 536. 典型的な使い方は「アールを付ける」で、角をとって丸くするという意味であるが、どのくらい丸く加工するかは「R20」のように半径で指定される。 平板の曲面加工をアール曲げ、角を落とすことをアール欠き、丸みを付けて磨くアール仕上げ、などの用い方がある。 537. 1890年頃より始まり、 1910年頃にかけてヨーロッパ各地に広まったデザイン運動で、その様式はイラストレーション、ポスター、 ガラス工芸、家具、建築などに認められる。 自然界に見られる曲線形式を特徴とするもので、 多くの捺染デザインに取り入れられている。 538. 幾何学模様の装飾デザインから、各種デザイン、 例えばル・コルビュジェ流の近代美術のデザインに至るまでの広い範囲を含むもので、アール・ヌーボーにつづく1925年から約10年間の様式。 539. ID情報を埋め込んだ微小なタグから、電磁界や電波などを用いて数cm数mの無線通信によって情報をやりとりする技術。 このID情報を埋め込んだタグをRFタグという。 RFタグには、電池を内蔵せずタグリーダからの電波をエネルギー源として動作するパッシブタグと、 電池を内蔵した遠距離通信が可能なクティブタグがある。 近年パッシブタグが安価に製造できるようになってきたことから本格的な普及がはじまり、流通や製品管理などの分野での活用されてきている。 540. RFIDタグはISOで定義されたEPCコードを使用し、 数msの短時間で無線によるデータのやり取りを行っているため、テスタもRFIDタグとリアルタイムに交信できる能力が要求される。 RFIDの種類によりHF帯、UHF帯、マイクロ波帯に対応する必要がある。 コマンドを送信してタグの特性を検証し、 パラメータ変更によるレスポンスを波形で観測することが可能である。 541. 薄膜などの表面構造の解析に使用する反射高速電子線回折法のこと。 真空中で電子線を試料に対してほぼ水平に入射させ、 表面の原子との相互作用により回折された電子線をスクリーンに投影して回折パターンを得る。 RHEEDはそれまでのLEED 低速電子線回折 とは異なり、成膜プロセスのじゃまにならないため、 成膜中にその表面を原子レベルで観察・解析できるのが特長。 半導体などの薄膜作製のモニタリングや制御、成長速度の測定などに利用されている。 542. 青色顔料紺青の色 543. 広告やチラシなどは、 一瞬で興味を引かなければならないため、アイキャッチできそうなビジュアルによって注目を集め、 読ませて(見せて)興味を喚起する。 本来は「eye-catching」と表記、人目を引くという意味。 544. ICの各種パッケージとピン配列に対応した品種があり、基板にはんだ付けして使用する。 回路の試作時や、 ICの交換・変更の可能性があるなど、ICを基板に直接はんだ付けしたくない場合に用いられる。 545. 無線により非接触で識別できる。 バーコードよりも情報量が多く、書換えができ、遮蔽物を通しても使える、複数の同時読取りや遠隔読取りが可能、 耐久性・耐候性などに優れ、工場での生産管理や、物流倉庫での自動選別、 医薬品の過誤防止、小売店などでの入出庫管理や盗難防止などに使用される。 546. 単に「ICハンドラ」「ハンドラ」と呼ぶことも多い。 動作温度範囲を超えた高温・低温での試験を行う「低高温ハンドラ」もある。 ローダ 投入部 、テストサイト、アンローダ 排出部 、および温度制御系で構成し、 テストサイトには対象となるICに合せて各社のテストヘッドを組込めるようになっている。 搬送は、トレイtoトレイ 547. 測色で言えば、反射率が完全に一致する(同色)事。 549. 又は照明光が異なっていても常に等色となる色合せ。 完全等 色ともいう。 550. Integrated Device Manufacturerの略。 IDMと正反対の形態に製造を100%外部に出すファブレスがあり、自社で製造しながら一部を外部に依頼する形態をファブライトという。 551. Indium Tin Oxideの略。 透明で可視光透過率が90%に上り、FPD向けの電極や太陽電池用透明導電ガラス、導電性フィルム等に広く使われている。 ITOの成膜には、低抵抗な膜を低温で作成できるスパッタリングが最も一般的だが、真空蒸着やレーザーアプレーションやイオンプレーティング、 ITOをインク化してスプレーやディップ、CVDなどで成膜する 552. 社員証、学生証、会員証などがあり、 氏名などの文字情報だけではなく、顔写真付き、バーコード付きであったり、磁気カードやICカードと一体化したりして、入退室管理、勤怠管理、 パソコン管理(個人認証)、ドキュメント管理 コピー機、複合機など 、 電子マネー 社員食堂など といったセキュリティ管理に使われることも増えている。 553. 手織もめんなどで若い人向きのカジュアルシャツなどによく使われる。 554. 正確にはsecurity architecture for Internet Protocolと書き、インターネットにおいて通信の暗号化により十分なセキュリティを確保する技術のこと。 通信相手の認証や、暗号のプロトコル、 暗号の鍵交換、トンネリングなどさまざまな技術全体を指すものである。 556. 広くはVOD(video on demand)もその概念に含まれる。 通信事業者ごとに異なる専用端末をテレビに接続する必要があることから、通信事業者や家電メーカー、放送事業者が集まり、 その規格統一や普及促進のための法人団体「有限責任中間法人IPTVフォーラム」が設立されている。 世界標準化も進む中、総務省がIPTV特別委員会を発足させるなど、2008年は IPTV元年とも言われている。 557. 通常は横軸が電圧、 縦軸が電流のグラフで視覚的に表示するため、「I-V曲線」「I-Vカーブ」とも呼ばれている。 ダイオードやトランジスタのI-V特性は電子工学の基本的なものであるが、最近は特に太陽電池の評価に使われている。 I-V特性曲線のIとVの積が太陽電池の出力であるため、出力が最大になる電流・電圧の組合せを求めるために必要な特性になっている。 558. 561. ペレリンジャックという目移し針を使って、シンカーループを次のコースの針に掛けて編成を行う。 用途:婦人用下着、ナイトウェア、男性用ポロシャツ。 レース編 562. 特に第1次世界大戦の頃起こった自然主義否定の「アブストラクト(抽象主義)」、 「シュール・レアリズム(超現実主義)」。 大胆且つ独創的なデザイン。 564. 下着やアクセサリーを除いた衣類の総称で、上着のこと。 565. 566. 文字属性は失われるが、文字のアウトライン(外周)がパスになり、 その後の加工がしやすく、インストールされているフォントに依存せずに文字が取り扱いできる。 567. 工場直売。 メーカー直売。 568. 蒸発しきれない液がコンプレッサに吸入されると、液圧縮によって弁などを損傷するため、コンプレッサ前部に設置される。 569. 潤滑油や作動油、機械油を使わないコンポーネントで構成され、電気や油圧、空圧など既存の駆動技術と同等の駆動特性を持つ。 省資源、省エネで、環境保護や環境負荷低減プロセスに要求される高い清浄性や衛生安全も特徴。 すぐに使える高い入手性、 使用後の廃水処理が不要で河川や処理場に廃棄でき、リサイクル可能。 万が一漏れても無害・無臭で、高い安安全性を持つ。 防火性や低圧力損失、早い応答性などのメリットがある。 570. 2 その場所に至る交通手段 571. エアシリンダ、油圧シリンダ、単軸ロボッ ト、など種類は様々。 部品の搬送、組付け、 位置決めなど多くの工程で採用されている。 組立産業の発展はアクチュエータの用途開発により実現されたとも言える。 573. 防虫ネット、保温シート、遮光シートなど 574. 羊毛に似た性質を持つ合成繊維。 軽くて柔らかく、湿感がある。 殆どが短繊維(ステープル)でシルキー繊維として少量の長繊維(フィラメント)がある。 毛布・冬物セーターに多く使われ、 ポリエステル・ナイロンに次ぐ生産量を占める。 現在のような実用的なアクリル繊維がつくられたのは1950年の米国デュポン社のオーロンが最初。 静電気が発生しやすい。 詳細は、本HP「」参照。

次の