スマホ 充電 器 レンタル。 【今さら聞けない】アナタのスマホに合う充電器はどれ?SoftBank SELECTIONの充電アイテムを一挙ご紹介!

これは便利!どこでも借りられて、どこでも返却できる東京メトロの駅構内スマホ充電器レンタルサービス「ChargeSPOT」|@DIME アットダイム

スマホ 充電 器 レンタル

ANKERのバッテリーが採用されたBOX バッテリーには様々なメーカーのものがありますが、どのメーカーも使い方は大体同じ。 ちなみにこちらのANKER BOXは 1時間で2元。 日本円で約35円。 この安さなら気兼ねなく使えますよね。 中国の至る所に設置されているレンタル充電器BOX ご存知の方も多いと思いますが中国ではキャッシュレス化(スマホでのQR決済)が浸透しており、公共交通機関から小さな個人商店、露店に至るまで、ほぼ全ての支払いでスマホ決済を利用する事ができます。 そんなスマホ=お財布のような状況で、スマホの充電が切れてしまったら死活問題。 更に中国ではQRコードを読み込むことでクーポンを獲得したり、お店のキャンペーン情報をフォローしたりと、何かとスマホが必要になる場面が多く、想像以上に充電を消耗してしまいます。 そういった背景からレンタル充電器があるお店というのは非常に理にかなっていて、 お店の利用ついでに充電もしておこう、といった利用客のニーズと共にレンタル充電器の台数はどんどんと増えていきました。 ) さて、日本は現在キャッシュレス化へ向けての変遷期。 日本でも遅かれ早かれ「レンタル充電器」の需要は高くなるのではないでしょうか。 今後もし、日本で「レンタル充電器」を設置するとしたら… 私が思うに 日本のカフェこそ「レンタル充電器」を真っ先に取り入れるべき場所だと思うのです。 コンセントを占領してカフェに長居する客に課金できる 日本には スタバでドヤ顔族や、ちょっと休憩がてら コンセント占領民など、1杯300円前後のコーヒー片手にカフェに長時間居座る様々な民族が存在します。 (ちなみに私はコーヒーを飲みながら本を読みながらあわよくばスマホを充電したい族です) 猫カフェ仕様にOEMされたレンタル充電器 招き猫と言えば先日訪れた西安の猫カフェには可愛いネコVerの「レンタル充電器」が設置されていました。 どうやら深圳のメーカーが店舗向けに簡易OEM(他社メーカーで製造されたものを自社ブランドとして提供する仕組み)を行っているようです。 直接会社に委託せずとも、中国のECサイトでは「レンタル充電器」を出品している企業が数多く存在します。 そういった導入の手軽さも中国で一気に広まった要因の1つなのでしょう。 日本で人気のモバイルバッテリー「Anker アンカー 」の躍進に1票 スマホでの決済が発生する場所至る所に設置されている中国の「レンタル充電器」。 果たしてシェアバイク同様、日本にも「レンタル充電器」文化は上陸することになるのでしょうか。 私が密かに期待しているのは日本で人気のモバイルバッテリーメーカー「Anker」。 中国では「レンタル充電器」の会社としての位置づけ以外にほぼ知られていないブランドなんです。 この「Anker」が中国同様、日本でも「レンタル充電器」事業を一気に拡大してくれれば… きっとそれに続いて各社が提供し始めるのではないか?と踏んでいます。

次の

スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」がもっと使いやすく最大7日間(168時間)までレンタル可能|株式会社INFORICHのプレスリリース

スマホ 充電 器 レンタル

ファミリーマートは11月5日、INFORICH(インフォリッチ)が展開するスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT(チャージスポット)」の実証実験を開始する。 <チャージスポット設置イメージ> 実証実験では、東京23区内のファミリーマート約1000店に順次導入を行い、ファミリーマート店舗での利用ニーズや利便性について検証する。 チャージスポットは、スマートフォン用充電器のシェアリングサービス。 外出時にスマートフォンのバッテリーが切れてしまった時や、充電コードやモバイルバッテリーを持ち歩いていない場合でも、最寄りのバッテリースタンドからモバイルバッテリーを借りて、移動しながら充電し、移動先のバッテリーステーションに返すことができる。 バッテリースタンドは、駅、空港、商業施設や飲食店、公共施設など設置拠点数も多く、バッテリースタンド間であれば、貸出、返却がどこの店舗でも可能となることから、店舗間の距離が短いコンビニエンスストアとの親和性も高い。 利用料金は1時間税別150円、48時間以内300円。 48時間以降は2280円でバッテリーをお客が買い取り、そのまま利用できる。 バッテリー容量は5,000mAh対応規格で、Type-C/iPhone/Androidの3タイプに対応する。 ファミリーマートは都市部に店舗数も多いことから、お客の利便性向上につながる。 バッテリースタンドはコンパクトであることから、各店舗のイートインスペースなどに設置が可能なため、スペースの有効活用につながると考えている。 今後は、実証実験の結果を踏まえ、両社の協業によるモバイルバッテリーシェアリングサービスへの本格的な展開を検討する。

次の

スマホ充電器レンタルサービス(chargeSPOT)を使用してみた

スマホ 充電 器 レンタル

ANKERのバッテリーが採用されたBOX バッテリーには様々なメーカーのものがありますが、どのメーカーも使い方は大体同じ。 ちなみにこちらのANKER BOXは 1時間で2元。 日本円で約35円。 この安さなら気兼ねなく使えますよね。 中国の至る所に設置されているレンタル充電器BOX ご存知の方も多いと思いますが中国ではキャッシュレス化(スマホでのQR決済)が浸透しており、公共交通機関から小さな個人商店、露店に至るまで、ほぼ全ての支払いでスマホ決済を利用する事ができます。 そんなスマホ=お財布のような状況で、スマホの充電が切れてしまったら死活問題。 更に中国ではQRコードを読み込むことでクーポンを獲得したり、お店のキャンペーン情報をフォローしたりと、何かとスマホが必要になる場面が多く、想像以上に充電を消耗してしまいます。 そういった背景からレンタル充電器があるお店というのは非常に理にかなっていて、 お店の利用ついでに充電もしておこう、といった利用客のニーズと共にレンタル充電器の台数はどんどんと増えていきました。 ) さて、日本は現在キャッシュレス化へ向けての変遷期。 日本でも遅かれ早かれ「レンタル充電器」の需要は高くなるのではないでしょうか。 今後もし、日本で「レンタル充電器」を設置するとしたら… 私が思うに 日本のカフェこそ「レンタル充電器」を真っ先に取り入れるべき場所だと思うのです。 コンセントを占領してカフェに長居する客に課金できる 日本には スタバでドヤ顔族や、ちょっと休憩がてら コンセント占領民など、1杯300円前後のコーヒー片手にカフェに長時間居座る様々な民族が存在します。 (ちなみに私はコーヒーを飲みながら本を読みながらあわよくばスマホを充電したい族です) 猫カフェ仕様にOEMされたレンタル充電器 招き猫と言えば先日訪れた西安の猫カフェには可愛いネコVerの「レンタル充電器」が設置されていました。 どうやら深圳のメーカーが店舗向けに簡易OEM(他社メーカーで製造されたものを自社ブランドとして提供する仕組み)を行っているようです。 直接会社に委託せずとも、中国のECサイトでは「レンタル充電器」を出品している企業が数多く存在します。 そういった導入の手軽さも中国で一気に広まった要因の1つなのでしょう。 日本で人気のモバイルバッテリー「Anker アンカー 」の躍進に1票 スマホでの決済が発生する場所至る所に設置されている中国の「レンタル充電器」。 果たしてシェアバイク同様、日本にも「レンタル充電器」文化は上陸することになるのでしょうか。 私が密かに期待しているのは日本で人気のモバイルバッテリーメーカー「Anker」。 中国では「レンタル充電器」の会社としての位置づけ以外にほぼ知られていないブランドなんです。 この「Anker」が中国同様、日本でも「レンタル充電器」事業を一気に拡大してくれれば… きっとそれに続いて各社が提供し始めるのではないか?と踏んでいます。

次の