赤ちゃん 髪の毛 抜ける。 赤ちゃんの髪の毛はいつから生えるの?体験談 [ママリ]

赤ちゃんの髪の毛が薄い!?大丈夫なの?対処法は?

赤ちゃん 髪の毛 抜ける

赤ちゃんとは何の縁もなさそうな「抜け毛」ですが、実は生後3ヶ月頃から髪の毛が抜けてくる赤ちゃんがいます。 何かの病気?ストレス?と悩んでしまうママも多いのですが、赤ちゃんの抜け毛は珍しいことではありません。 今回は、赤ちゃんの抜け毛の原因や髪の毛が抜けるときの対策についてご紹介します。 赤ちゃんの抜け毛、大丈夫なの?原因は? 大人の髪が抜けて生え変わるのと同じように、赤ちゃんの髪の毛も抜けて生え変わります。 古くなった髪の毛が抜けて、新しい髪の毛が生えてきます。 この髪の毛の生え変わるサイクルが早かったり、次の髪が生えるタイミングより抜けるタイミングが早かったりすると、一時的に抜け毛が増えているように感じることがあります。 しかし、ホルモンバランスの変調による生理現象なので、1歳になる頃には改善します。 ただし、まれに皮膚の状態が悪くなって抜け毛を起こしている赤ちゃんもいます。 乳児の頃に多いのは「脂漏性湿疹」です。 脂漏性湿疹の特徴は、赤いにきびのようなぽつぽつができ、それが黄色いジュクジュクとした状態に変わり、最後はフケのようなかさぶたになることです。 赤ちゃんに抜け毛が目立つときは、頭皮がそのような状態になっていないか見てあげてくださいね。 赤ちゃんに抜け毛が多いのは生後3・4ヶ月頃?新生児生理的脱毛って? 生まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛は、実は産毛(うぶげ)です。 この産毛は赤ちゃんを羊水の刺激から守る「胎毛」というもので、この胎毛が抜けた後に生えてくるのが、いわゆる「髪の毛」です。 胎毛は、生後3ヶ月頃から抜け始め、3歳ぐらいまでには髪の毛に生え変わります。 ただし、胎毛から髪の毛に生え変わる月齢や時期には大きく個人差があるものなので、あまり気にしないようにしましょう。 胎毛が抜け始めると、頭部の前部分から頭頂部にかけて大部分の毛が抜けてしまって一時的に髪の毛が薄くなる子がいます。 これは「新生児生理的脱毛」と呼ばれる現象で、胎毛の生え変わりに良く見られます。 しばらくすると新しい髪の毛がきちんと生えてくるので心配する必要はありません。 赤ちゃんの髪の毛が部分的に抜ける理由は? 生理的な抜け毛だけではなく、外的刺激によって抜け毛が増えることもあります。 たとえば、寝返りを打つことができない時期の赤ちゃんの場合、同じ姿勢で寝続けることになります。 まだ自分の手や足が思い通りに動くことを理解していないので、寝相が激しくなることもありません。 加えて、どちらか一方を向く向き癖があるので、後頭部の特定の部分だけを枕に接して寝ている時間が増えてしまいます。 これにより、頭の一部に圧力がかかり、枕との摩擦が生じるので、その部分だけ髪の毛が抜けてしまいます。 一部分だけ髪の毛がすっかりなくなってしまうので心配するパパ・ママも多いのですが、生後4ヶ月頃から寝返りが打てるようになり、枕と頭の接する時間が減ると抜け毛が減って、再び生えてくるので大丈夫ですよ。 生後5ヶ月頃には後頭部だけが薄くなっている赤ちゃんもいますが、これも摩擦によるものです。 この時期の赤ちゃんは、色んなものに興味を持って頭を頻繁に動かすだけでなく、仰向けのまま頭を付けて前後に高速移動するという面白い行為がみられることもあります。 そのため、後頭部の髪の毛がちりちりになったり、毛玉になったり、さらには禿げてしまうことがあるのです。 赤ちゃんの抜け毛対策は必要? 赤ちゃんの抜け毛は成長の過程で起こる一般的な現象です。 大人を悩ませる抜け毛とは根本的に原因が異なります。 赤ちゃんの抜け毛が多いからといって、何も対処する必要はありませんよ。 今は生え変わる時期なのだと考えて、日々の変化を楽しんでくださいね。 ただし前述したように、脂漏性湿疹が見られたら、かさぶたを無理にはがそうとせず、毎日清潔に洗ってあげた後にベビーオイルやオリーブオイルで脂を柔らかくし、ベビークリームなどで保湿してあげてくださいね。 赤ちゃんが髪の毛を抜く!原因と対策は? まれに赤ちゃんが自分で髪の毛を引っ張って抜いてしまい、部分的に薄くなってしまうこともあります。 そのような行為を見ると、どうしたのかとびっくりするかもしれませんが、これは一種の遊びのことが多いようです。 赤ちゃんの頃は、色んなモノやコトに興味があります。 頭についているこれは何で、引っ張ると痛い、気持ちいい、こういった刺激があるのだということを確かめていると考えられます。 また、それを見てびっくりするパパやママの気を引くためにやっていることもあります。 こうしたことが原因であると思われる場合は、無理にやめさせる必要はないでしょう。 むしろ、自分の頭がどこかといった「ボディイメージ」を作っている最中で、成長過程の一つだと捉えましょう。 ただし、前述のように脂漏性湿疹などで頭が痒いと感じている可能性もあります。 赤ちゃんが髪の毛を引っ張っているようなら、頭皮のチェックを怠らないようにしてあげてくださいね。 赤ちゃんの髪の毛が少ないのは今だけ! 赤ちゃんの抜け毛は、成長過程に見られる生理的現象の一つであり、誰にでもあるものです。 髪の毛が抜けることを心配する必要はありませんよ。 逆を言えば、抜け毛が目立つようになってきたということは、赤ちゃんに特有のあのやわらかいフワフワの髪の毛が見られなくなってしまうということです。 今しかない髪の毛が少ない赤ちゃんらしい姿を、たくさん写真や動画におさめておいてくださいね。 また赤ちゃんの胎毛を使って、赤ちゃん筆という記念品を作る人もいますよ。 抜け毛が落ち着き、はじめて髪の毛をカットするときに赤ちゃん筆を作るかどうか検討しても良さそうですね。 色んな形で、赤ちゃんの成長記録を残してあげてくださいね。

次の

赤ちゃんの髪の毛が抜ける原因と生え変わるサイクル!【体験談】

赤ちゃん 髪の毛 抜ける

赤ちゃんが毛深いのはなぜ? ツルツルの肌で生まれてくると思っていた赤ちゃんが、思ったより毛深かった! 顔や背中にフサフサと産毛が生えていると、特に女の子の場合は気になります。 また、他の子と比べてあまりに毛深いと「何かの病気なのでは?」と心配になってしまいます。 今回は、赤ちゃんが毛深い原因をご紹介します。 原因を知って、適切に対処しましょう。 赤ちゃんが毛深い原因 生まれたての新生児には、「産毛」というフワフワとした細い毛がたくさん生えています。 産毛の濃さには個人差があり、ほとんど目立たない子もいれば、黒々とした毛が生えている子もいます。 しかし、産毛は、お腹の中ではとても重要な役割を担っていたという点に、変わりはありません。 お腹の中で赤ちゃんを守る産毛の役割 赤ちゃんは、ママのお腹の中で「胎脂(たいし)」と呼ばれる脂に包まれています。 胎脂は、未熟な肌の代わりに胎児を守る膜のようなもの。 その 胎脂が羊水の中でも剥がれないよう、胎児の体にびっしりと生えているのが「胎毛(たいもう)」です。 実は、この胎毛の名残が産毛の正体。 毛の濃さに個人差はあるものの、生まれたばかりの新生児に産毛が生えているのは自然なことなのです。 赤ちゃんが毛深いのは治る?いつまで続く? 通常、胎毛は妊娠34週前後に抜け落ち、妊娠37週~妊娠41週の正産期の頃には目立たなくなります。 胎毛が抜け落ちる前に生まれた赤ちゃんは産毛が多くなりますが、 布団に擦れたり、皮膚が強くなることで自然と抜け落ち、徐々に薄くなっていきます。 生まれた時は、顔やおでこにびっしりと毛が生えていたという赤ちゃんも、寝返りを始める頃には抜け初め、いつの間にか目立たなくなったというケースは珍しくありません。 産毛の抜け方には個人差があるものの、 早い子では1ヶ月ほどで抜け落ち、遅くても3~4歳頃には落ち着くことがほとんどです。 低月齢の赤ちゃんが毛深くても大きな心配は要りません。 特別な処理や治療をしなくても、自然と気にならなくなっていきます。 女の子なのに毛深くてどうしようかと思いました。 あい(30代後半) 娘は妊娠38週で生まれました。 赤ちゃんと感動の対面のはずが、我が子を見た第一印象は「毛深いな~」というものでした。 上の息子があまり毛深くなかったので、余計に毛深いと感じましたね。 特に頬っぺた、背中、腕、足が気になりました。 退院して沐浴をした時に、女の子なのにこんなに毛深くて、年頃になった時に困ったり悩んだりするんじゃないかと、実母に見てもらいました。 「生まれたばかりだからそう感じるんだよ。 すぐに気にならなくなるよ」と励ましてもらいました。 実際、生後3か月頃になると気にならなくなり、3歳になった今は少し毛が生えてるかな?程度で毛深くはないです。 おでこがもじゃもじゃ あんずっこ(30代前半) 出産したのは39週のときでした。 第一子で男の子がうまれたのですが、生まれたての赤ちゃんを見た時、おでこに毛がたくさん生えていて驚きました。 抱っこするとうでや足なども結構毛があるんだなと気づきました。 私は女性の中ではかなり毛深い方だし、旦那も毛深い方なので見た時は遺伝だろうと納得しました。 周りからもおでこの毛のことを言われることもありましたが、自分の中では遺伝だと思っていたのでとくに気にならなかったです。 ですが、うちの子はもうすぐ4か月になりますが、毛深いのが気になったのは2か月くらいまでです。 今も毛は生えていますが結構薄くなったなと感じていますし、周りにもなにも言われなくなりました。 将来的にどうなるかはまだわかりませんが、新生児って特別毛深いものなんですね。 お猿さんみたいな男の子 田中こずえ(32歳) 男の子を妊娠40週6日で出産しました。 特におでこが毛深かったです。 最初赤ちゃんを見た時、おでこの毛で、眉毛との違いが分からないほどでした。 周囲の反応も第一声が「お猿さんみたいでかわいいね」でした。 褒めてないと思います(苦笑) あまりにも衝撃だったので助産師さんに聞いてみたら、額が毛深いのは最初だけでどんどん薄くなるし、眉毛もしっかりしてくるとのことでした。 今赤ちゃんは生後2ヶ月を過ぎた頃ですが、1ヶ月を過ぎた頃から眉毛がしっかり分かるようになり、おでこの毛もまだ生えているものの、薄くなった気がします。 腕と背中も毛深かったのですが、普段服を着ているので気になることはないです。 赤ちゃんが毛深い悩みは記念になる 赤ちゃんの産毛が濃いという悩みは、ほとんどの場合が低月齢時の一時的なもの。 逆に考えれば、いつの間にかなくなってしまう、赤ちゃんの時期にしか見られないものです。 赤ちゃんの産毛を記念に残す人もいるほどです。 赤ちゃんが毛深いことを気にしてばかりいては、子供にも悪影響を及ぼします。 今だけの悩みと気持ちを切り替えて、笑顔で赤ちゃんと接してあげましょう。

次の

赤ちゃんの髪の毛はいつから生えるの?体験談 [ママリ]

赤ちゃん 髪の毛 抜ける

この記事の目次• 髪の毛が抜ける原因はなに? 私たちは誰でも1日に、50本~100本くらいは髪の毛が抜けていると言われています。 これは髪の毛にも寿命があるためで、1本の髪の毛は生えてからおよそ4~6年で抜けていき、次に生えてくる新しい髪の毛に毛穴をゆずります。 これをヘアサイクルといいます。 このような自然なヘアサイクルとは異なり、1日に抜ける髪の毛が多くなってしまう原因に、次のようなことがあると言われています。 免疫細胞が毛根を攻撃している• 髪の毛を引っ張りすぎている• 髪の毛が抜けやすい時期である• 男性ホルモンの変化 などです。 髪の毛が抜ける原因をさらにくわしくみていきましょう。 甲状腺とは、喉ぼとけの下にあって、からだの発育を促したり、新陳代謝を活発にしたりする働きのある 甲状腺ホルモンを分泌する器官です。 甲状腺の機能低下で髪の毛が抜ける 免疫細胞に影響を与える甲状腺に機能低下が起きると、甲状腺ホルモンが多く出すぎたり、少なすぎたり、ということが起こり、体にさまざまな症状を引き起こします。 甲状腺ホルモンが多く出すぎた時に、「髪の毛が抜ける」という症状がでることがあると言われています。 甲状腺ホルモンが多く出すぎた時にあらわれる症状には他に、次のようなことがあります。 髪の毛が抜ける• 汗が異常に多くなる• 疲れやすい• 手足がふるえる• 脈が速く、動悸がする• 口が乾く• イライラする• よく食べる• 微熱がある などです。 そしてじつは、甲状腺ホルモンが少なすぎる場合にも、髪の毛が抜けることがあると言われています。 甲状腺ホルモンが少なすぎる場合にはほかに、次のような症状がでることがあります。 むくみ• 寒がり• 甲状腺が腫れる• 声がかれる• 筋力の低下• 皮膚の乾燥• 物忘れ• 疲れやすい などです。 貧血で髪の毛が抜ける!? 貧血が原因で、免疫細胞に「毛根を攻撃する」という異常な行動が起きることもあります。 貧血は、血液中の赤血球やヘモグロビンが少なくなった状態で、「髪の毛が抜ける」というほかに、次のような症状を引き起こすことがあると言われています。 食欲低下• 記憶力・集中力の低下• 爪がもろく変形する• めまい• 立ちくらみ• 疲れやすい• 顔面蒼白 などです。 貧血を起こす原因はなに? 貧血を起こす原因には、次のようなことがあるとされています。 赤血球の材料である、 鉄の不足• 血球細胞の材料である、ビタミンB12または、葉酸の不足• 赤血球を作ることができない骨髄の造血細胞の異常• 出血などで血液が失われる• 悪性腫瘍・結核・腎臓病など などです。 Sponsored Links 引っ張りすぎで髪の毛が抜ける!? 引っ張りすぎが原因で髪の毛が抜けていくことを、「牽引性脱毛症 けんいんせいだつもうしょう 」といいます。 髪の毛を引っ張りすぎる原因には、次のようなことがあります。 ポニーテールや三つ編み、アップなどの髪型• パーマ• 毛染め• ブラッシングのし過ぎ• いつも同じところで髪の毛を分ける などです。 普段何気なく行っていることが頭皮や髪の毛にダメージを与えることがありますので、注意したいですね。 髪の毛を引っ張りすぎるとどうなるの? 牽引性脱毛症は、固着力を上回る力で髪の毛を引っ張ることにより、 毛乳頭部分が 委縮するために起こると考えられています。 毛乳頭が委縮を続けると、だんだん髪の毛が細くなり、やがて生えなくなってきてしまいます。 髪の毛が抜けるやすいところは? 牽引性脱毛症で髪の毛が抜けやすいところは、額、側頭部、分け目などです。 髪の毛が抜けやすい時期ってあるの? 春や秋になると髪の毛が抜けやすくなると言われています。 これは精神的・身体的ストレスが大いに関係しており、春のストレスは環境の変化よる精神的ストレス、秋のストレスは夏の強い紫外線による身体的ストレスによるものと考えられています。 精神的ストレスや身体的ストレスは、自律神経の機能を低下させることがあります。 ストレスが強くなると自律神経の交感神経が強く働き、血管を収縮させて血行を悪くします。 夏の紫外線は活性酸素を多く発生させるため、さらに頭皮などにダメージを与えてしまうのです。 男性ホルモンの変化で髪の毛が抜ける? 男性ホルモンが関係している抜け毛に「男性型脱毛症」があり、男性だけでなく女性にも発症することがあります。 男性型脱毛症は、男性ホルモンがより強いタイプの男性ホルモンに変化することで、髪の毛に必要なエネルギーが作られなくなり、やがて髪の毛が抜けていくことになります。 男性型脱毛症については、こちらでくわしく解説していますので参考にしていただければと思います。 抜け毛を改善する方法 「髪の毛が抜ける」という現象を止める方法をみていきましょう。 病院で診察を受ける 甲状腺の機能低下が、抜け毛の原因と思われる場合は、内科や内分泌科を、「貧血かも」と思われる場合は、内科などを受診されることをおすすめします。 円形脱毛症や男性型脱毛症の場合は、脱毛にくわしい 皮膚科がいいでしょう。 貧血を改善する 鉄分の不足による貧血の改善には、鉄分を多く含む食べ物をまめに摂ることが大切です。 厚生労働省による鉄分の1日の推奨摂取量は、男性で 7. 5mg、生理のある女性は 11mg、生理のない女性で 6. 5mgです。 鉄分を多く含む食品には、 ひじき・あさり・鶏レバー・牛ヒレ肉・小松菜などがあります。 鉄分を効率よく吸収するためには、タンパク質やビタミンCを一緒にとることも大切です。 ちなみに、一緒にとることで鉄分の吸収を妨げる成分に、コーヒーやお茶に含まれるタンニン、食物繊維などがあります。 マッサージで頭皮をケアしましょう 毛根細胞に栄養や水、酸素を運ぶ血流を良くすることも大切で、 頭皮マッサージが効果的です。 頭皮マッサージは、心地よいと感じる程度の強さで、うなじや側頭部など髪の生え際から、頭頂部に向かって徐々にもんでいくようにします。 決して頭皮をこすらないように注意して行ってくださいね。 Sponsored Links ストレスを避けましょう 抜け毛が時期的なものなら、ある程度は仕方のないこととしてやり過ごし、ストレスを増やさないことが大切です。 時期が過ぎれば抜け毛がおさまってくるでしょう。 リラックスすることが大切です 精神的なストレスが原因だと思う場合は、なるべくリラックスした時間を多く作るようにしましょう。 紫外線対策をしましょう 紫外線は、頭皮にストレスを与え、ヘアサイクルを狂わせてしまうことがありますので、対策はしっかり行いましょう。 帽子をかぶったり、日傘をさしたりして、 直接紫外線が頭に当たらないようにすることが大切です。 抗酸化作用のある食べ物や飲み物、活性酸素から頭皮を守るビタミンCを多く含む食べ物などを摂ることも効果があります。 抗酸化作用のある食べ物にはごまなどがあり、飲み物はルイボスティーがおすすめです。

次の