ロマンティックアセクシャル。 恋愛的指向

アセクシャルに連なるセクシャルマイノリティ?二次元を愛する「フィクトセクシュアル(fictosexual)」「フィクトロマンティック(fictoromantic)」

ロマンティックアセクシャル

アロマンティックは決して「恋愛を嫌っている」わけではなく恋愛対象が無い 他者に向かない 性質です。 スキゾイドパーソナリティも同様に「人間嫌い」の性質を表す言葉ではありません。 自分で振り返ってみてかなり誤解を生む表現だと感じたので、ここに訂正させていただきます。 適切な表現が見つかり次第タイトル修正するかもしれません。 ---------------------------------------------------- 先回のnote「恋愛が分からない人が分からないなりに感情分析する例」を公開したのは、自分の中では結構な思い切った行動だった。 もともと自分の存在が形として残ること恐怖症??なのに過去の感情を振り返って文章化してインターネット上に晒すなんて一大イベントをついにやってしまったんだもの…。 情報収集ツールにしてたTwitterアカウントからイラストと一緒に投稿したら想像より遥かに反応があって驚いたし。 でも匿名のおかげか案外心に負担もなく乗り越えられて良かった、ので第2段の挑戦。 マイペースが1番。 --------ーーーーーーーーーーーーーーーー 自分と社会の間にあった違和感について調べ始めて、はじめに行き着いた単語「アセクシュアル」。 Twitter上でいろんな方々の活動をromって1年、はじめて自分から行動起こしてみて気づいた。 ハッシュタグや検索機能でユーザーを覗き見してた頃より、具体的なビジュアルをばーんと提示してリアクションもらった今の方が、「アセクシュアル」という存在に対する多面的な意見が見つけやすい。 例えが悪いけど通販で本買うか本屋図書館に足運ぶかみたいな違いがあると思った 気持ち悪くてすみませんがイラストにいいねリツイートくれた人とか逐一ツイート見に行ってました。 感情に賛同してくれる人、アセクシャル自称してる人、もしくはそうかもって考えてる人がほとんどだったけど、他のセクマイの方もリツイートしてくれてたり。 知らなかったこと知れて、自分から発信してよかった。 以下は、反応くださった方々のつぶやき見て気をつけなきゃなと思った点と、自分の中でAセクと同等もしくはそれ以上の割合を占める「スキゾイドパーソナリティ」について。 他人に恋愛感情を感じないこと、恋愛指向を持たないこと。 日本生まれの単語。 海外では人を指す言葉としては使われていない。 =ロマンティック・アセクシャル Romantic Asexual いろいろ調べたけど、ひとまずこういうことでいいんか…な? 人それぞれロマンティック(恋愛指向)とセクシュアル(性的指向)を持っていて、頭にそれらの指向を示す言葉がつく?その言い方に従うと、自分はア-ロマンティック・ア-セクシュアル。 …これをちゃんと理解してなかったのでプロフィール見に行って勝手に混乱してた。 Aセクってセクシュアル・マイノリティの中でも出会う確率低めだと思ってて、プロフに単語見つけると見つけたことが嬉しくて反射的に自分と同じ種類の生き物だと勝手に思い込んでしまいがち あほ。 でも、その中にはデミロマンティック・アセクシュアルの方とかリスロマンティック・アセクシュアルの方とかも沢山いて…、ああ…勝手に仲間と思ってしまったすみません勘違い恥ずかしい…と思いつつお互い頑張りましょう…と温かい目で見守ること多々ある。 共有できる感情は共有すればいいけど、全てが同じつもりで話すとかなり食い違いが出るので注意しなきゃいかん。 カテゴライズされることによって同じ境遇の人を見つけやすくなって助けられたり、安心したりするから必要なんだろうけど、何かを括ると必ず「そうじゃない人」が生まれるから。 自分が有性愛者に囲まれてずっと感じてきた疎外感は「そうじゃない側」で悲しかった気持ちだと思うし。 「幼いころから結婚制度に 金銭面以外で 憧れた覚えがなく未来予想図にはいつも己1人だった」うえに自己肯定感バリ高で疑うことを知らなかった自分は、恐ろしいかな、Aセクというマイノリティの中でさえこの思想「結婚欲求ない」「子供を特に欲しいと思わない」がマジョリティだと信じて疑っていなかった。 そもそも自分がこうして感情を文章化してネット上に残してる根本の目的、「社会生活をいかに低ストレスで生き抜くか考えるため」「自分に出来ないことと出来ることを言語化して整理。 そこから改善策を考えて計画・実行する」こと。 セルフカウンセリングみたいなやつ。 その中ではじめにざっくり決めた、自分が幸せになるために必要だと思う条件にも「出来るものなら結婚しない(手段として必要なら条件次第で可)」「1人で生きていく(精神的に)」「そのためにお金が必要」が含まれていて、結婚を望む人間の気持ちがまっっっったく理解できていない様子がわかる。 そして自分は恋愛欲求がないことと結婚を繋げて、結婚願望がないこともアセクシュアルっていう要素で説明がつくと思ってた。 でもそれだけじゃなかった。 Aセク ここではあえてAロマAセクを中心に言う の方の中でもパートナーが欲しいかどうか、子供が欲しいかどうかは人それぞれだった。 よくよく考えてみれば当然なんだけど、恋愛をするか・性的欲求があるかどうかと、人生のパートナーを欲するかどうかは全く関係ない。 ながーい時間を共にする他人が欲しいかどうかって、本人のパーソナルスペースの広さだったり寂しがりや 他人の愛情を欲する? かどうかだったりが関わるんじゃないか。 自分はそれが薄くて、かつ恋愛をしないだけ。 そうならば「Aセクで恋愛はしないけど深い精神的交流を持つパートナーが欲しい」人がいることに矛盾は何もない。 人付き合いを欲してない、愛することができない、冷たい…Aセクに対するよくある勘違いイメージなのに、自分があまりにも人付き合いに対する欲求薄くてみんなもそうだと勘違いしてた。 それぞれ選びたいものを選べれば楽になるのに。 恋愛はしないけどパートナーは欲しい、恋愛も性行為も欲求はないけどコミュニティの中で子育てはしたい。 全部普通のことだと今更思った。 考え方雑すぎかな… 自分個人に話を戻すと、現時点で恋愛、性行為、パートナーを持つこと、育児、すべてとくに興味があるわけでも無い。 イラスト中央下のタイプ 後半2つはそもそも精神的超接近戦を半世紀以上続けるっていう長期的人付き合いコンテンツだから、これを必要だと強く思わない要因として「スキゾイドパーソナリティ」の比重が大きいんじゃないかと思ってる。 はなし。 ・家族の一員であることを含めて、親密な関係を持ちたいとは思わない。 また、それを楽しいと感じない。 ・ほとんどいつも孤立した行動を選択する。 ・他人と性体験をもつことに対する興味が、もしあったとしても、少ししかない。 ・喜びを感じられるような活動が、もしあったとしても少ししかない。 ・第一度親族以外には、親しい友人または信頼できる友人がいない。 ・他人の賞賛や批判に対して無関心に見える。 ・情緒的冷淡さ、離脱、または平板な感情状態を示す。 この存在を知ったのもつい最近で、とある方がTwitterでイラストと共に紹介してたものを目にしたのがきっかけ。 ブログの文章も項目項目に頷くばかり、今まで誰にも共感されず言語化できなかった気持ちが全部そこにあって、自分が書いてんじゃないかって何回も思った。 アセクシュアルってカテゴリに次いで、「自分これだーーーーーーー!!」ってなった言葉。 こちらもめちゃくちゃ考えて活動してらっしゃる方がいるので、気になる方はお調べ頂ければと…。 順序としてAセクの次に遭遇したのがスキゾイドだったので「恋愛しないのってAセク以外にも属性あるんだ〜」くらいの意識だったけど、恋愛関係以外の日常生活で感じてた他人との価値観の不一致はたいていこれで説明できたので有り難かった。 他者と精神的肉体的にぶつかり合う恋愛や、物理的に深い関わりにならざるを得ない性的接触は高いエネルギーを要する危険なもの 楽しさは多少あれど消費エネルギーに対して割に合わない 、なので結果アロマンティック・アセクシュアルと言える状況になる。 そういった意味では2つの分類に共通の要素が含まれている。 スキゾイドを自称する方々の中でAセクの話もたまに出るように思うけど、なんだかあまり大きな話題にはならない感じがしてそこが異なると思った。 そもそも人間関係に強い執着を持たないスキゾイドにとっては、恋愛関係で誤解されて絡まれることも恋愛以外の人付き合いで誤解されることも変わらないのかな…。 そうだとしたら、スキゾイドではないAセクのほうが生きるのは大変なのかな。 人付き合いはしたいし深く心を通わながら恋愛関係は避けねばならない、って難しくない…?毒草のある草原で暮らす草食動物より、断食中の肉食動物のほうが安全よな… もうなんの話かよくわかんないけど Aセクの方々の体験談を読んでいて、よく登場する親友や理解者の人々、正直そんな登場人物がすごく魅力的に感じた。 あと、自分の人生にも同じように彼らが登場する日を、心から欲することが出来ない気がして少し悲しくなった。 パートナーが欲しいってなんなんだ 寂しいってどんな気持ちなんだ…。 そこがきっと自分の中で引っかかってるんだと思う。 原初の疑問点に戻ってきた感じ。 「寂しがりやでお話ししたがりで人間と関わりたがりな人間」が生きやすく働きやすい日本社会をどうやって生き延びるか、彼等の生態模倣は可能か。 けれど持ってない何かを持っている多数が羨ましいのも事実。 一時、メンタルクリニックでカウンセリングに通ってて、はじめは過去の話をぽろぽろしたりしていたんだけど、目の前にいる頭いい診療士さんに聞きたいことがどんどん溢れ出てきて途中からはほとんど講義みたいになった。 その中で「恋愛をしてみたい」と思っていたことを打ち明けたとき正直に教えてくれた。 「貴方がしたいのは他人と心を通わせること?それとも他人と心を通わせた経験を手に入れること?」 その通り、他者と心を通わせたいんじゃない、心を通わせた経験が欲しい体験が欲しい実感が欲しい、結局のところコミュニケーションではなく自分の知的興味心を満たしたいだけのこと。 自分は知らないことを知りたくて仕方がないだけだった。 それが良いことなのか悪いことなのかは知らないけど。 薄々気付いてるけど、自分を完全に隠して擬態して生きていくの無理なタイプな感じする。 どう考えたって裏を読んだってうまくいったことないもの。 なんかずっとこうやって無い物ねだりで生きていくのかなと最近思う。 そうして何十年暮らしていくと、きっと最後に残るのはやっぱり恋愛と寂しさへの憧れ。 なんかそれもかっこいい気がしてきたぞ 実際のところ社会適合を諦めるのはいくらでも可能だしやらない選択は簡単だけど、下衆な話そうゆうコミュニティに所属することが細々とでもライフラインつなぐから、パートナーなし社交力虚弱の民こそ参加した方が吉な気がするのでね…。 引き続きちょっとずつでも方法を考え進めよう さいきんの心得! ・自分はスキゾイド気質ありのアロマンティック・アセクシュアルである ・人付き合いを欲するようになりたいから孤独を極めてみる たのしい いつか花粉症みたいに寂しさ人恋しさが生まれるかも ・人間から得られる情報や体験、交流が欲しい これも根っからのエゴイスティックな欲求だから憧れの共感欲求ではないけど ・一人の時間をより深いものにしつつ他人と関わる 前年比 既に怖い 書いただけでストレスで心臓ザワザワする ・自分の心地よい行動、居場所を守る。 無理しない 自分に優しく!!!!!! ひとまず上半期に今までしてた書き殴りメモをまとめて公開、アウトプットに対する抵抗をなくす。 そのときの精神状態が良ければ他者の意見を取り入れて交流を図る。 正直人間付き合いほっっっっんとに苦手じゃ無いけど得意じゃなくて、酔っ払ってるときか匿名で距離がある場合しか対話できない精神引きこもり嘘つき陽気マンだから、インターネットの距離感だからこんな恥ずかしい心内書いてるだけです。 アウトプットはごみ箱に捨ててるようなものだけど、相互交流は恐ろしいと思う本音がちょっとある 他者に目の奥を針でスッて貫かれて眉間の奥に鎖を繋がれてどこにいてもジャラジャラと音を立てて居場所がわかってしまう感じ そんな被害妄想を忘れるために今日も酒を飲んで正気を失う これを感じなくなれたらもっと人生楽しいんだろうな〜!!!!わ〜〜〜 鬼 初めまして。 スキゾの恋愛からたどり着きました。 僕も彼女もスキゾ傾向、彼女はおそらく僕より強いです。 同棲中。 似たもの同士なので僕は一緒にいたい気持ちがあるのですが、彼女は僕に対してもほぼゼロのようで。 夜勤と昼勤なので、会おうと思わなければ月一の家賃の振り込みの機会でしか話しません。 休みを合わせようとすると拒否されるし、ここまで彼女に会う気がないと、多分嫌われてるんだろうな…と思ってしまいます。 何故同棲したか謎です。 好きの究極は性じゃない。 鬼さんはどこで好きを感じ、他人と彼氏の違いを説明しますか? 僕の中では彼女は彼女と呼べず、ルームシェアの他人という表現がしっくりきます。 〉彼女は僕に対してもほぼゼロのようで。 あまり感情を表に出さないので、ゼロに見えるというのはあり得ると思います。 〉何故同棲したか謎です。 彼女に同棲を解消するつもりがないならば、何か会う・話す以外に貴方がいることのメリットがあるのではないでしょうか。 人の存在を感じたい、病気の時に助け合える、料理が分け合える、女性なら防犯面? 〉鬼さんはどこで好きを感じ、他人と彼氏の違いを説明しますか? わかりません。 助け合いたい人、大切にしたい人、性的魅力を感じる人…。 人それぞれ意味は違うと思うので、最終的には相手と話し合うしかないんじゃないでしょうか。

次の

無性愛

ロマンティックアセクシャル

*当団体でよく使われるもの• アセクシャルスペクトラムアンブレラコミュニティを指す。 アロマンティックスペクトラムアンブレラコミュニティを指す。 異性愛者。 全性愛。 *恋愛指向、性的指向ありなし系• 中性、無性、両性、不定性などXジェンダーの中でも様々な人がいる。 *その他• リスロマンティックの逆を指す。 リスセクシャルの逆を指す。 」とは一切考えておらず、「本当に定義に当てはまるか」ということよりも、ご自身が選択することにより生きやすくなったり、悩みが軽減される、仲間意識が持てるなどの理由から「自分が今いちばんしっくりくるセクシャリティのラベルを選択すること。 」を推奨しております。

次の

Aセクシャル(アセクシャル、エイセクシャル)とは?

ロマンティックアセクシャル

記事の目次• アセクシャルとは何か アセクシュアルとは、恋愛感情が全くなく、性的な欲求もない人のことです。 見た目はごく普通の人であり、女性にも男性にもいます。 性格も、優しい人も多く存在しています。 恋愛することが一切ない人 アセクシャルは、全く恋愛をしない人のことを言います。 日本では、「無性愛者」と呼ばれることもあります。 ある調査によると、世界のおよそ1~2パーセント程度の方が、このアセクシャルであるとも言われています。 誰かを恋愛対象としてみることができないのはもちろん、性的な関係を求めることもありません。 もちろん、見た目はご普通の方と同じなので、全くそれが分かりません。 容姿を見ても、普通の方もいますし普通よりもかなり上の方もいます。 また、若い方に増えていると聞くこともあります。 恋愛対象として誰かを見ることが難しいと言うと、なんだか冷たい人のように感じる方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。 恋愛感情や性的欲求がないだけで、後は一般的な人と同じです。 思いやりがある人、優しい人もたくさんいます。 アセクシュアルの診断セルフチェック10項目 恋愛に興味がないと思っている人の中には、単にまだ理想の人に出会ってないだけの人もいます。 また、恋愛よりももっと興味がある事があるため、そちらに注目しているだけの人もいます。 ここでは、アセクシュアルの診断セルフチェックについて紹介します。 異性に対する恋愛感情が湧かない 好きなものや好きだなと人はたくさん想像できるかと思いますが、恋愛感情だけは別物です。 心の中は、いつもその人で埋め尽くされてしまいます。 アセクシュアルの場合、誰かを思い胸がキュッとなるようなことがありません。 誰かと特別な関係になりたい、誰かの特別な人になりたいなどの欲求もなし。 誰かを思い、会いたくて会いたくて辛く感じるようなこともありません。 異性に憧れることもありません。 友人の恋愛話に興味がない ある程度の年齢になると、いわゆる「コイバナ」に花を咲かせることが多いものですが、そういった内容の話に全く興味がありません。 コイバナで盛り上がっている友達を目のまえにして、何がそんなに楽しいのか全く理解できません。 好きな人から好きになってもらうために、メイクやヘアスタイルを工夫して綺麗だと思ってほしいなどの気持ちも理解できません。 どうしてそんなに、恋愛の憧れるのか理解することも難しく感じます。 他人に対して性的な興味が芽生えない 魅力的な人を目に前にした時に、キスやハグ、セックスなどをしたいと思ったことが全くありません。 また、好きな人と、肉体関係を結びたいとも思いません。 しかしながら、性的な欲求がなくても、一つの貴重な体験として自分で実際に経験してみたいといった興味を持つ人はいます。 恋愛ドラマや映画に共感できない ロマンチックな場面や、甘く切ないストーリーに涙している仲間を横目に、なぜそんなに感動しているのか全く分かりません。 何が面白いのかさっぱり分からない。 好きな人のために、自分を犠牲して助けたいとか、好きな人の幸せのために、自分が身を引くといった行動のどこに感動するのかさっぱり理解できません。 恋愛ドラマやや映画よりも、他のジャンルのドラマや映画の方が楽しいと思います。 恋愛感情を説明されても理解できない 恋愛感情を上手く説明するのは、誰が話すとしてもなかなか難しいことです。 これは、実際に自分が経験して初めて分かるようになるものです。 しかし、なんとなくならイメージすることができるもの。 ところが、誰かに恋愛感情についての説明をされても、全く理解できません。 四六時中、頭の中に好きな人が存在し、その人をいつも意識してしまうといったことも分からない。 好きな人が他の人と仲良くしているところを見ると、悲しくなったり嫉妬したりするといったことも理解することができません。 LGBTの恋愛観にも違和感がある 恋愛の形は様々です、最近は、LGBTの方が自身のそれについて告白することも多くなってきたように感じます。 アセクシュアルの場合、こういった恋愛観についても違和感があります。 過去に性的なトラウマはない かつて、性的なことで嫌なことを体験したことがある人は、恋愛に対して否定的になったり距離を置きたがったりすることがあります。 また、異性に対して怖いと感じる場合もあります。 しかし、生まれてからこれまで、そういったトラウマになるような経験がありません。 異性に対する恐怖も感じません。 それでも、特別恋愛に憧れるようなことがありません。 恋人がいなくてもつらく感じることはない 恋人がいなくても、全くつらいと感じることがありません。 また、寂しいとか誰でも良いから恋人がほしいといった焦りも感じません。 家族への愛情は理解できる 恋愛感情が今一つ分からなくても、家族への愛情を理解することができます。 自分にとって家族の存在が特別なものであり、大切なものであることをよく理解しています。 恋愛恐怖症と聞かれて違和感があった 恋愛に興味がない人や、恋愛したいと思わない人がいる場合、恋愛に対して嫌な思い出があったり不愉快な経験があったりするのではないかとおもわれることもあります。 その為、中には恋愛恐怖症なのかと聞いてくるような人がいます。 恋愛恐怖症とは、恋愛に興味がないわけではなく、何かしらの理由があって恋愛することに恐怖を感じている状態です。 しかし、質問されても恋愛が怖いと思っているわけではありませんので、答えはノーになります。 恋愛が、怖いとも嬉しい楽しいとも思わないのです。 アセクシャルが快適に過ごす方法 信頼できる相手なら性的マイノリティへの理解を促す 本当は色々なタイプや価値観があって良いはずなのに、どうしても多数決で多い方が常識とされやすい傾向があります。 アセクシャルは、わずか2パーセント程度しかいない為、人に理解されるのがなかなか難しいようです。 しかしながら、最近は様々な性的マイノリティがあることを多くの人が知り始めているので、必ず理解してくれる人がいるはずです。 あなたに、もし心から信頼できるような人がいるのであれば、打ち明けてみても良いかもしれません。 相談が難しい相手なら恋愛話は適当に受け流す 中には、自分の意見や価値観以外の全てを受け入れたり、ありのまま受け入れたりすることができない人もいます。 そして、上からご指導してくることもあります。 相手がこういったタイプであることを知っているのであれば、無理して告白する必要はありません。 話が面倒くさくなるだけだからです。 性的マイノリティについての相談が難しい相手なら、恋愛話は適当に受け流すのが一番です。 肯定も否定もしないで、「そうなんですね」と言って、さらりと流してしまいましょう。 まとめ アセクシュアルは、およそ2パーセントいると言われています。 性的マイノリティについて理解できる人ばかりではありませんので、相手を見てから告白したり相談したりするようにするのがオススメです。 アセクシュアルの特徴は、恋愛感情が理解できなかったり、全く興味がなかったりすること。 性的な欲求もありません。 過去に、恋愛野性的なことで不快なことがあったわけではないのに、恋愛に興味がないのです。 もちろん、恋愛恐怖症でもありません。

次の