キングダム ネタバレ 642。 キングダムネタバレ642話最新確定!李信がついに将軍に!

【キングダム642話】論功行賞へ李信が挑む次なる大戦とは!?【ネタバレ考察】

キングダム ネタバレ 642

〜もくじ〜• キングダム642話のあらすじ 鄴一帯を勝ち取った大戦争から五カ月、秦国には、東へと向かう大行列ができています。 新領土となった列尾、橑陽、鄴の三角地帯を盤石なものにするために、各地から人を送り込んでいました。 さらにそれらを守る軍隊も途切れることなく派遣され、秦人にとっては列尾を超える未踏の地への大移住計画ですが…。 キングダム642話のネタバレと感想 大戦を終え、咸陽に滞在する飛信隊軍師河了貂、久々に軍師仲間であり、蒙恬の弟である蒙穀と再会します。 河了貂は、新領土のことについて、蒙穀から新情報を得ました。 軍総司令昌平君の側近として働く蒙穀は、新領土のことについても、最新の情報を持っています。 移住する人たちの生活を安定させるため、現地には秦の重役であり、法に長けている李斯が派遣されているようです。 新領土ができ、秦趙間には新しい国境が生まれています。 地の利は趙にありますが、王翦軍、桓騎軍、楊端和軍が新国境に軍を展開していました。 李牧が今だ地下牢に閉じ込められていることもあり、しっかりと趙軍の逆襲に対抗できています。 まだ処刑されてなくてよかったね 軍師目線の河了貂としては、李牧のいない今こそ攻め時だと考えていました。 蒙穀によると、昌平君は趙の首都邯鄲攻略も視野に入れているそうですが、 秦国は新領土が増えたこともあり、非常に忙しい状態です。 本日行われる式典も忙しい理由の一つであると話す蒙穀。 先送りになっていた論功行賞が、まもなく行われようとしています。 当然論功の対象となっている信、待合場所で空を見上げて、一息ついて何か考えている様子です。。 今回 大戦の第一攻を授かったのは、総大将を務めた王翦将軍、他の二将を務めた桓騎、楊端和も、同等の特別大功を授かりました。 その後、王賁、蒙恬、李信の3人が、揃って前へ呼ばれます。 蒙恬は五千将ながら、左翼二万の将を務め、紀彗軍三万と15日間に渡り、互角以上の戦いを繰り広げ封じ込めました。 この奮戦は朱海平原勝利の陰の立役者であると称えられます。 続いて王賁、右翼の将亜光が倒れてから、右翼の筆頭者となり軍を牽引しました。 さらに 趙将で最強と言われた尭雲を討ち取った点を評されています。 そして李信、王賁と同じく右翼の筆頭となり、軍を牽引しました。 今回 李信は、敵将の岳嬰、趙峩龍、さらに秦将の王騎、麃公、摎を討ったとされる仇敵、趙国三大天の龐煖の三将を討ち取っています。 この功績により、三人に特別功を告げる司会者。 「この三人を、将軍に任命するものとする!!」.

次の

最新ネタバレ『キングダム』642

キングダム ネタバレ 642

この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• キングダム642話ネタバレ予想「庶民のやる気を引き出す軍功爵制」 元々、李信のような下僕の地位にある人々は社会でのしあがる機会などありませんでした。 それが大きく変化したのは、秦の孝公に信任された 商鞅 しょうおう が行った改革、商君の変法です。 すなわち、戦争に従軍して手柄を立てると、どんな身分でも褒美と爵位が受けられ、逆にどんなに高い地位でも手柄が無いと身分が落ちていきました。 今の地位を維持し、出世するまでには、なんとしても戦功を上げるしかないのです。 キングダム642話ネタバレ予想「最高のステータスを得た軍人」 キングダムの641話では、咸陽の人々が凱旋する飛信隊を熱狂的に迎えるシーンがありましたが、あれは虚構ではありません。 それというのも、秦においては軍人の席次は文官さえ超えていて、社会的にも尊敬される存在だったからです。 それを裏付ける史料として、紀元前219年に始皇帝が琅邪まで巡幸して石碑を立てた時に記した部下の序列があります。 そこには、 列侯 れtこう の 武城侯王離 ぶせいこうおうり 、列侯の 通武侯王賁 つうぶこうおうほん 、 倫侯建成侯趙亥 りんこうけんせいこうちょうがい 、 丞相王綰 じょうしょうおうかん 、 卿李斯 きょうりし このような順番で名前が刻まれ、軍功地主である 王離 おうり や 王賁 おうほん の名前が 李斯 りし のような文官のトップよりも上位に来ています。 これは、秦においては武人が尊ばれた証で、だからこそ、咸陽での熱狂的な歓迎も嘘ではないのです。

次の

キングダム ネタバレ

キングダム ネタバレ 642

Contents• キングダム642話ネタバレ では、 『キングダム』最新話642話のネタバレです! 『キングダム』642話では、前回の流れ通り、遂に信が将軍に任命となります! いえ、今はもう李信、ですね! 李信と共に、蒙恬、王賁もまた将軍に任命となるようです! この報を間近で聞いた尾平や田有、田永はもう涙も鼻水も流しながら感極まる!! さらに、『キングダム』58巻の表紙も! 『キングダム』58巻の表紙はやはり信VS龐煖の一騎打ちの場面が描かれました! 6月の中旬に発売となりますよ! そして、今回はカラー表紙です! 李信となった信率いる新たな飛信隊! 河了貂が指示を出し、河了貂の肩に李信が手を置き敵に向けてニヤリと笑い、さらに李信の肩には羌瘣が手を置く! この関係性、果たしてどうなるのでしょうか? 『キングダム』642話「第一等の特別功」のネタバレが下記となります! -------------------------------------------------- キングダム642話ネタバレ:移住計画 ぞろぞろと大行列をなして移動する秦国の市民達。 それを見て、もう半日近く行列が途切れてないぞ!と農作業をしている農民達が驚きの表情を浮かべます。 離れなかった方が良かったんじゃないか?と不安がる嫁に、 不作が続く中移住するだけで1年間年貢が免除される上に、仕事もあるんだぞ!と旦那が叫びます。 鄴攻略から5ヵ月後、秦は新たな領土となった場所を盤石なものとするために、各地より住民達を移動させています。 示された破格の条件に自ら移住する者もいれば、強制的に村ごと移住させられる者も・・・。 その規模は、 山陽東軍化の比にならない規模となっています。 移動する秦の市民の横には、市民を守るための軍隊が列をなしています! 秦にとっては、列尾を越えた未踏の地への大移住計画だったのです。 それを成功させるために、 李斯が派遣され秦の領土だと大々的に触れ回っています。 朱海平原の戦いで奪った領土に、秦は市民を移住させ始めましたね。 秦の市民が生活を始めたら、 完全に秦の土地ですから! ただ、この大移住計画はかなり大変ですね~。 キングダム642話ネタバレ:現状報告 一方、王都咸陽で久々の再会を果たす河了貂と蒙毅。 先生に呼ばれたのか?と尋ねる蒙毅に、 朱海平原の戦の報告に来た!と河了貂が答えます。 隊によって言うことが違うみたいで、これで呼ばれたのは三度目だ!と。 そんな河了貂に、戦後の戦況確認は軍師にとって大事な仕事だからな!と蒙毅が言います。 蒙恬と蒙毅を育ててくれた楽華隊の副長が龐煖に討たれたんだな・・・と話す河了貂。 その 龐煖を信が討ったんだ!と。 それを聞いて、信が討ってくれて良かったよ!と言う蒙毅。 飛信隊も多くの犠牲が出たな・・・と蒙毅が言うと、噛みしめるように、本当に多くの犠牲が出た・・・と呟く河了貂。 そんな河了貂に、今の現状を教えるよ!と蒙毅が言い地図を広げます。 その地図を見て、 魏国が山陽近くまで侵略していることに驚く河了貂。 一時騰が離れることになったから、それを呉鳳明に狙われた!と蒙毅が言います。 ただ、すぐに騰が戻ったことで今は食い止められてる!と。 列尾の向こう側は、李斯が国づくりに奮闘してくれていると蒙毅が続けます。 趙国も動きはあるが、 王翦将軍をはじめ前線で防衛を張っているから問題ない!と。 趙国も必死になって取り返しに来るだろうが、李牧がまだ牢獄に幽閉されたままだから大丈夫だ!と蒙毅が説明します。 死罪になったという噂もあったが、腹心達の働きかけによって斬首は免れたようだと。 それを聞いて、移住はまだ早いという声もあったが、 李牧のいない今がチャンスだと思う!と河了貂が言います。 僕も先生も同じ意見だよ!と答える蒙毅。 先生はもう大戦略の思案に入っている!と。 じゃあ、王都邯鄲を標的に!?と驚く河了貂に、そんなすぐではないし、まずはその手前にやらなければいけないことかある!と蒙毅が言います。 そして、式典もその一つだ!と。 式典?と言う河了貂に、 ずっと先送りになっていた論功行賞だよ!と答える蒙毅。 久々に蒙毅登場でしたね~。 騰が離れた隙に、呉鳳明が侵略していたとは驚きでした! そして、 斬首は免れたものの、李牧は未だ幽閉されたままなのですね。 -------------------------------------------------- キングダム642話ネタバレ:論功行賞 王都の宮殿に集まる人々達。 控え室に案内された李信は、着替えをするよう言われるが、そんなモノない!と普段の格好で参加します。 すると、李信!と突然後ろから呼ばれ、驚く李信。 振り返るとそこには政の姿が・・・。 その呼ばれ方はまだ馴染まないな!と言う李信に、いよいよだな!と声をかける政。 笑みを浮かべながら、李信が空を見上げます! 論功行賞が始まり、 総大将の王翦が第一功の特別大功を受けます。 桓騎と楊端和は持ち場を離れられないため、摩論とバジオウが代わりに特別大功を受けます。 続いて、李信、蒙恬、王賁が呼ばれます。 最初に功績を読み上げられる蒙恬。 五千将にもかかわらず、 麻鉱が討ち死にした後の左翼をまとめ、紀彗を止め続けた!と讃えられます! 続いて、王賁の功績が読み上げられます。 朱海平原の右翼で独立軍として奮闘し、 重傷を負ったにもかかわらず尭雲を討った!と讃えられます! 最後に功績を読み上げられる李信。 王賁同様、右翼の独立軍として、 岳嬰、趙峩龍、そして三大天の龐煖を討ち取った!と讃えられます! 李信の功績に驚く集まった人々。 功績を讃え、 李信、蒙恬、王賁の3人を将軍に任命する!と読み上げられます。 李信が将軍に任命されたことが、外で待っている飛信隊の隊員達に、河了貂を経由して伝えられます! 李信が将軍に任命されたことに、涙を流しながら歓喜する飛信隊の隊員達。 将軍に任命され、笑みを浮かべる李信と、緊張してるのか?と王賁をからかう蒙恬。 ついに、 李信が将軍に任命されましたね! しかも、李信だけでなく蒙恬と王賁も一緒に。 この3人は切っても切れない関係かもしれないですね~。 -------------------------------------------------- キングダム642話ネタバレの感想考察 久々のキングダム連載開始となり、どんな展開が描かれるのか注目でしたが、趙国との大戦から5ヵ月後が描かれましたね。 河了貂と蒙毅の会話で、趙国から奪い取った領土がどうなっているか語られました! 気になったのは、 未だ牢獄に幽閉されたままの李牧ですよね~。 河了貂と蒙毅は、李牧が幽閉されてる今がチャンスだと考えてましたが、趙国はどう考えているのでしょうか? 残された趙国との大戦は、今後の李牧の動向次第で大きく変わっていきそうですね! そんな中、秦の王都では朱海平原の論功行賞が行われました。 そして、ついに 李信、蒙恬、王賁の3人が将軍に任命されましたからね~。 3人揃ってというのが感慨深いです! 蒙恬か王賁に先を越されていたら、間違いなく信は悔しがったでしょうね 笑。 将軍となった李信は、 次にどこの場所に派遣されるか注目です。 次回の最新話から、いよいよ新展開になっていきそうですね~! -------------------------------------------------- キングダム642話ネタバレ考察 今回の 『キングダム』エピソードでは、鄴攻めから 凱旋した飛信隊の面々が、咸陽の人々から大きな歓声で迎えられる様が描かれました。 そして出陣中に歓声していた 信の豪邸で、皆の家族まで読んだ盛大な宴が催され、遂に信が将軍に推されると期待が高まりました。 王宮に呼ばれた 信は、姓がないと将軍任命に差し支えると大王 ・嬴政に指摘され、かつて漂も名乗った「李」姓とすることを決定し「李信」となりました。 今回は信の新居と、将軍になるに際しての「李」姓の決定という、戦場ではありませんが2つの重大事が描かれた回だったと感じます。 これにより信の将軍任命は決定的となったと思われますが、今後続々と帰還してくる 他の武将達の論功行賞がどうなるのかも気になりますね。 では 『キングダム』642話以降の展開がどうなっていくのかを考察していきます! -------------------------------------------------- キングダム642話ネタバレ展開考察:趙王の急死 郭開の讒言により邯鄲の牢で処刑を待つのみの李牧でしたが、ここで趙王の急死が起ると予想します。 これにより一旦 李牧の処刑が回避され、その間に李牧を慕う人物達の助けもあり牢を出ることになるのではないでしょうか? しかし鄴や列尾を秦に奪われたことで益々劣勢に置かれた李牧は、趙の防衛に向けた新たな対策をすぐに開始すると考えます。 キングダム642話ネタバレ展開考察:李信将軍誕生 次回から新章突入ということで、鄴攻めはここで一区切りとなりそうです。 ただ、咸陽には戻ってきたものの、 まだ論功行賞は行われていません! 正直、論功行賞までが一区切りだと考えていたため、論功行賞がどう描かれるのか気になっています。 おそらく、新章は鄴攻めから数ヵ月後経過したところから描かれるのではないでしょうか? そして、 論功行賞については河了貂が思い出し振り返りの回想という形で描かれると予想しています! 河了貂が思い出した最後のシーンは、李信将軍誕生の瞬間だと考えています。 李信将軍となった信は、間違いなくどや顔しているでしょうね 笑 -------------------------------------------------- キングダム642話ネタバレ展開考察: 大将軍の誕生!! 信が李信と名乗り、 将軍になるのが確定的になりました。 その他にも武功を立てている、王賁、蒙恬は将軍になるかもしれませんね! それと今回趙との戦いで総大将を務めた王翦、桓騎、楊端和。 この中王翦と桓騎は、難攻不落と言われた鄴を落とす功績を立てたので、間違いなく昇格でしょう。 そして2人とも将軍なので 大将軍になると予想します!! これで蒙武、騰、楊端和に加え王翦、桓騎が加わるので新六大将軍まであと一枠になりますね。 しかし楊端和も橑陽を落とす功績を立てました。 ですがその橑陽を最終的に落とせたのは、 壁がロゾを討ち取ったからです。 なので楊端和は壁に手柄を譲り、 壁も将軍から大将軍に昇格するかもしれませんね。 そうなれば新六大将軍も決定して、秦には他にも有力な将軍が後に控えている万全の状況になるでしょう。 -------------------------------------------------- キングダム642話ネタバレ展開考察:論功行賞 王翦軍が咸陽に戻る理由は、兵の休息や労いが目的の一つでしょう。 ただ、それだけならさらっと展開を描く程度でいいと思いますが、次回の最新話では咸陽の展開が描かれると予告がありました。 そうなると、兵の休息や労い以外に何か咸陽で行われると考えられます。 その何かというが次回 『キングダム』642話において、 今回の鄴陥落に対する論功行賞が行われると予想しています! まず、今回総大将を務めた王翦は騰と同じ大将軍に昇格するでしょうね。 また、政が六将復活を考えているなら、桓騎と楊端和も一緒に大将軍に昇格する可能性があるのではないでしょうか? そう考える理由の一つは、 信、王賁、蒙恬の将軍への昇格があるのではないかと考えているからです! 信と王賁は武功をあげてますし、蒙恬は壊滅危機の左翼を立て直した功績があります。 それに、この三人の成長と活躍がなければ、いくら王翦の策が優れていても鄴は陥落させられなかったでしょう! 論功行賞で信達にどんな評価が下されるか注目ですね。 良い話だったなぁ。 — あす。

次の