異 世界 に 救世主 として 喚 ばれ まし た が。 異 世界 に 救世主 として 喚 ばれ まし た が

異 世界 に 救世主 として 喚 ばれ まし た が

異 世界 に 救世主 として 喚 ばれ まし た が

新書・実用• コミック• ライトノベル• ゲーム• 写真集• カタログ・フリーペーパー• ガールズノベル• レーベル一覧• 出版社一覧• の商標です。

次の

異世界漫画 異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。

異 世界 に 救世主 として 喚 ばれ まし た が

::::::. :::::! ::::.. :八:::::.. ::::. イ:::::! ィイ::::/! 、 :. ::l. :ト、. ::l. ::ト、:. sakura. sakura. sakura. sakura. sakura. sakura. sakura. sakura. sakura. sakura. ; / ヽ ` 、... イ: : : : : : : : :... \ 〈 '! ' ,'. 八: : : : :. ヽ ヽ. l l : テンプレは以上!. : : : : : : : :. i 、 l 、:. --,、!.! ニヽ、 ヽ、 :V. l ' ,. 乂: :. : ,. r''''  ̄ ̄ `>. : : : : :八Vソ. 才: :. ゝ '! l' 弋ツ ,. ' ,. '" ,. ノイイ. : -  ̄ ',. ` ̄ ̄. \_〈 0 〉ニニニニニノ Oヽ \ __. \ニ、. 、 ヽヽ:. 、 :. :/:. i::: :. 、 /. : :. :ノ:. :\:. :Y:. i :. ム :. :ノ:ノ:. ',:. \ /:. : :. ニニニニニニニ」 :. i i:. :>-,:. :/:. /: : : : :ノ: 二二二二二二二>--ミx. :/ニ>-<:. :/二二二二二 二二二二二二二二二ニ\. :i:. :\:. ぃいうニニiー':. -- ',. なにっ. l ヽ::::::::', ', lj. ふむ、となると今のシノン以外のクローン出てなかったっポイな。 いいから乳盛ってメガネはずせ。 意図が介在してるとして、世界樹の機能に介入出来るのとか現状安心院さんくらいしかいないわけで。 : :. 八: :. ::::ノ八:::::.... そりゃ結婚なりなんなりしてるだろ。 そっから、パンドラボックスの確保をしつつ着地点を見つけるのが一番そう。 : : : : : : : : : : :. それは大事よね。 レンはシノンがこの世界を放り出して宇宙船で地球に帰還しようとしたから殺した訳じゃん。 元シノン派を含めて地球帰還希望の人間達の受け皿になろうとした。 年を重ねることで考えが変わった。 何者かの入れ知恵が入った。 そもそも、オリジナルレンちゃんの存在もしくは中身が誰かと入れ替わった こんなところか。 まあ1はないな、シノン殺した人間が受け皿になるのは無理だろうし。 ィi〔ニ ニ〕iト. ---. : :. 八: :. ::::ノ八:::::.... ::::ノ八:::::.... 十i:.!. ,j川ヽ:. lゝ:i! ,;ゝ::\l.!.....!..... :Vハ. リ,j...... : :.....!.. :ノ;;ソ!....!.! : :.....!.. : :... 、  ̄  ̄!. : :... ヽ 、 ,! : :.. : :.. 、 ,. ,レ,ヽil..... _ ィ:. ; ヾ 、.... :: :. :ノ:M:'. :ヾ:ヽ:. 、 , `y l l、 、 i! ,,,ヽ............. l y..... l 、...... i ヽ................... ゝ ヽ ヾミ、! ) l ___ヾミ,ミ、 ヽ/ `ヽ............. :ヽ i  ̄................................ ___.... ヽ /..... l l. : l :l ::. l l:l::iヽ. l l. l l. :l:l. l乂l :. :::; '. 行くのはマズい、でもパンドラボックスは有る。 sakura. 世界統一計画やってるけどクローンに全部譲るで……」 シックス「世界統一するで。 というか、公国とAIは確実に手を組むだろうなぁこれ。 目的の軸線が一緒だもんよ。 レベル1・2の職業による性格汚染にしては行き過ぎだしな。 マコトやカリオッサンの巫山戯てるとしか思えない職業適性も含めて、これら全部バグなんじゃねーか? 今にして思えば、召喚者は何かしら救いを求めて召喚してクローンはそれに対して生成されるんだから 全く役立たない職業適性を持たしたクローンを生成する訳がないんだし。 ただの気のせいだと思うけど。 何事もなく出来るといいけど。 事ここまで来ると、やる夫達だけで動くのは カモネギ状態すぎる。 無理に全部の国怪しいのでどこの下にも付きません!とかやったら 王国=やる夫 帝国=新八 公国=レンちゃん シノンは共同管理でみたいな感じで3国全部に狙われかねん。 sakura. ただ、元データがバグってるだろうからもう一度クローンが生成されたらそっちはバグってるだろうけど。 sakura. 前からあの状況ならアインズ様の耳に入ってるだろうし。 sakura. の計画ではダンマ含む先発隊はやる夫と新八に妖精郷から出る切っ掛けだけの存在で役目を終え狂うがTSで自意識を修復出来た。 誠もレンとシノンを釣れ出した時点で役目を終え一時退場するがTSで本来の適正に戻りやる夫達が新たな役割を与えた性かやる夫に依存。 そういやそんなキャラいたな。 万が一アカネがシノンのレズ相手だったら笑うが。 真偽は不明だがシノンのレズハーレムは二人だったらしいし。 精神汚染の類はチェックする方法教えて貰うべきか。 あとはオタクコンテンツの閲覧が 禁止されてるのはどういう理由なのか。 何にしても次回のでどれだけ分かるかによるよな。 そりゃ、もうゴールしたくなるけど、一人ゴールして無責任に手放せない生き地獄か。 やる夫に引き継いで。 …ドラゴンとかってどんな感じ何だろうね。 l l. N竓芋竿k. う辷ソ *ぜってぇ負けねぇ. イ:i:i:i:i:i しi心、. エロフはダメだが。 流石にそこまではセットじゃないだろうけど。 地表が吹っ飛んだー。 、:\。 / ''<. l /// ' ///. ニニニニ. ニニニニニ. \ ィi「ニニニニニニニニニ\_ノニ. ,,__,,... ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: : :.. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::;;:::::::;;;;::::;;;;;::;;::::::::::::::::::::::::: :: : : li ::i. l:: :::::::::::`:.. 、 :: ` 、キWノ,',〃, ,. _____ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::\::`:.. / ::::::\:::`:.. ii'"、 ll.. :::! 二二二二 二 二二 二二二二二二二二二二! ::::::::`:.. ll:::::..... : :: :: ::: ::::::::::::`:. 、 ::::! / ,. / / ヽ、ノ ,. / j. / ヽ  ̄ `ヽ, ` ー-ヽ. \ \ / }_.... ィi〔ニ ニ〕iト. ---. /::::::::::. , (. ヽ ̄ ̄ ̄/,..  ̄ ̄ 〈 ̄\. , (. ヽ ̄ ̄ ̄/,..  ̄ ̄ 〈 ̄\. : :. 八: :. ありがとうアインズ様。 : :. 八: :. 、 /;;;;;;;;;;;\. :;;;;;i. :;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ. ;;;. ;;;. _ヽ i!. :;; i!. ;;;;. :;;;. :;; :. : i!. :;;;. /,:,:,:,:,:,:/. i i!. :ヽ、:. :;;. :;;. ニニニヽ. ニニニニi! :i:ヽ i!. 十 :. 三ヽ、ニニi!. iニヽi!. ::::::::\ 敵の幹部に連れて行かれたって聞いて…… : :::::::::::::: :::: ::::::: ',. j ::::: ::::::::::::::::::::: ', :: :::: :: \. / `ヽ. --、 ', r 、. ,,__ ,. -'" ̄>、. 主に筋トレ。 / \ r. ;' :. ,' i. l , ,. :::/ ̄ `ヽ. \::::. \ /. \::::. ::,. ::::! :::. ::::::. ::::.. :八:::::.. ::::. 、 :. ::: \:! :::::::::::::::::::::. :、 /:. : :,. j:l:. ノ ノ:. :介:. : : : : : \: : : : : :ヘ;: : : : : : : : :. /: : : :. ,,/ \,. l: : : : : : :.. l: : : l: : : : : : i :. l: : : :. : : : : : : : :. : : :. ん刈 \ 圷. : : :. : :. : :. : :. : : :. : :. : :. マ》 /:. ィフこノ抃ユュ、:ィア: 、 /: : : : :. マニム: : : : : : ヽ.. 〃: : : : : : : : : : : : :. : :. : : :. : : :,. : :.. イ: : : : : ;' マ: : ,イ.! : : :. ト: : : :. : :. : : : :, :l: : i : :.. リ: : : :. でもそれが本当なら. 从: : マ:.. :ゝ 弋z ノ i,. ヽ: :i. ,': :. j l:i. :レ':. イニニ7. :、 /:. : :,. j:l:. ノ ノ:. :介:. : ヽ! / 、 \ :. 人 i 人の欲望に目覚め、ひたすらドスケベセックスを楽しもうという勢力 ム :. v / :. : : : : : : : : : : :. l l........... AIがドスケベセックスしてなにか変わるのか? 人... ト、 ,r' ,. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、. { :::::::::::::::::::::. ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. / ,. ヽ :. ` / /, / \,. 、Y ム\ \ 強制的にドスケベセックスをさせていた。 二二j! イ /'. l \ \ :. 奴らはもはや世界樹に巣食うバグ. : ヽ! / 、 \ :. 人 i ム :. v / :. ;'くアr. `マン::. lM :. ':,:.. 人 :. 三三三三 ムイ: 勹. ヽ 〃 :. ,ノ:. : ヽ! / 、 \ :. 人 i ム :. v / :. :ト: : : : : : :\. 付Y:. \ :. 、 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ::::::::::: ::l::::::::lハ j! : ヽ! / 、 \ :. 人 i ム :. v / :. 奴らはジャンクだ。 -- ',. しかし今のエルフたちをほっとけるのか?. l ヽ::::::::', ', lj. 数の差でこそ負けているけれど :::. ::::::. : : V::::... ::::.. :八:::::.. ::::. 、 :. ::: \:! イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、. :::: :: :::: ::::::::: :::::::::::::::::: : ::: :::::-、ヽ. ::: :::::::: :: :::::. ::::::: ::::: ::. :::. ::ヽ. ハ :::. : : :::: : : : : :::. :::. :: :::::::::ヽi、. ,': ::: :: :: :: : : : : :: : : :: ::::、ー-、. i::: : :::: : :: :: :: : : : :: ::: : ::::: ::::::::::ヽ、. ::: :: : :: :: ::::: :::: ::::: : :: :: :: :::::: ::::::::::::::::::::ヽ、 i! i、:i::::::::::::::::::::::-ヾ. イ ̄:::::::::::::::i i:::::::::::::::` :. /::::::::::. 、: :.. :ヽ、. /: : :. 〃: : : :. : : : : :`マン: : :,. ; :. ,、: : : :、: :. ノl: ハ:. : :! : : : : : 1:. , : : : :. あいつの説明通りなら. 从: : :. ハ: j :マ: :リ. rzf! 7介y.. ' ' i. l l. :::! ,' ,.! KT;ァ-ヾ. ` 、. :::! l 冫. l  ̄> , ::ハ:: 、.! :l l::. l - 、 ト. ト、 イ l. / ' /. ::ハ:: 、. / j. V\ >.! )i ' ハ. V二L.! 」、 ヽ::! ト、 ) ウィリアム兄貴!!! ( ,. イニニニニニ二\. ` ̄ \. ', ,. ; / ヽ ` 、 ,. i ; 〈 '! ' ,'. 、 ヽ. i 、 l 、:. --,、!.! ニヽ、 ヽ、 :V. l ' ,. r''''  ̄ ̄ `>. ゝ '! l' 弋ツ ,. ' ,. '" ,. ` ̄ ̄. :l ` 、 ヽ、! l ,. イ l 今のおまえたちじゃシンメーンには勝てない ノ. l l. ::l \ヽ l. 、 ヽ 'ヽ! lハ イ. ', 、 お前たちがココに留まる理由はない , i ' ,'.! l ',. l 、. i ; ノ ノ! ハ \. \ / /! '" ,ィ! l ,ノ!. > 、, <. lニニニニ\. l /ニニノ Vニニ! 、 , '. ', i '. \ 、/! l j! 〈ヽ :ヽ. ; '. ' ,. l 丶:::! : ,! : i 〈 i. ハ l.! l ,V 、 l l. l ハ! \ '! それが長期的にシンメーンに勝つ唯一の道……!!. ;二 l、.! イト、 ノ j、. rニム. ヽ、 l i ニニl.! lニニ',. , , 二! -- ',. 兄貴はついてくるんですか?. l ヽ::::::::', ', lj. ::::::::::::: ヽ! : : : : : : : : : : : : : : :! : : : : : : : : :. l: : : : : : : : : : : : : : :. ' , 丶 ヽ i! 、 、 l: : : : : : : : : : : : : :ヽ! ', '. l: : : : : : : : : : : : : : : :,! l -ート-、 l.! ': : : : : : : : : : : : :. l ',: : : : : : : : :. :/ l! / ::. ヽ,'. ', ああ、おまえたちも止まるんじゃないぞ l /: : : : :. ノ、\ /-、. l 廴__. ,イニニ. l ̄ ー-、. ',ニニニニ'ニj! l l. 'ニニニ二二 l. i: : : : : :. l l. lー一'".! \ヽ八-iノ. : : : :. / ',. l l l ,. < \ l. l l l! /: : : :ヽ. youtube. : : : i:i: : : : : i:i:i: /. i:i: : : : :. : : : : : : :. i:i:i: \: : : :. : :. 爻 i:i:i:i:i ;';';'; ';' 爻 \:. i:i: :. : :... i:i:i:. : :. :;';' ::. : : ::. i:i: : : :. :;';';'. :,:;. ::: :; ii:. : :. : i:i:i:i:i:. : : : : : : : : : :. : i:i: : : : i:i:i: i/. :,:;. : i:i:i: : i:i :;. :, : :. : :. i:i: :. :;';'. :,:;. i:i: : : : i:i:i: \. : :. : i: /. :;'. :, : : i:i: : :. : i:i:i: :. : :. :: : : i:i:i:i:i:i: : :. :;';' : ;'; :: ;';';';';';';': _」」」_ i:i:i: : :. / / : : : : : : : : : : : : : :. : :. : :: : : i:i:i:i:i:i: : : :/. : :. :,:,:: : :. : :. : : 爻 :::. : : :. /: : : : : : : : : : : : : : : :. : : : /: : : : : : :. (そうだ。 :/:. : :. :/:. :\ \\ \ /:. : :. \\ o \ \ /:. :',:. ゙、 \\ \ \. : ',:. :゙、 \\ \ \/:. : :. : ヽ:. :',:. :、 \ \ :. : ヽ:. ll:. :l:. : :. しイ:. :l:. : :. : l:. 、「:T:. ゚ l:. ll:. l l:. \\ しっ:. lV:. : :. : :. 〃 *ほんぺ. : /:. :::::::::::/:. \';';';';'ヽ\;';';';';';';`'<:. \';';';';';';ィ爻爻メニニニニニニニニニニニニ :. / \ ヽ\\- :. : ,-x\爻爻ニニニニニニニニニニニニニニ :. \\\\:. :\ 〉 \ :. 今は去勢している。 :zx、 マ彡. 〉::::. l l........... 考えるんじゃない 人... ト、 ,r' ,. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ :::::::::::::.. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 安心院さんからの情報だけでは信用できん。 l l........... ト、 ,r' まぁ満場一致で世界樹は直したい……よね ,. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、. { :::::::::::::::::::::. ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :::::::. / \ r. ;' :. 俺達がそれを止める絶好の機会なんだ ,' i. l , ,. :::/ ̄ `ヽ たとえ無駄でもスルーしたら子孫代々に恨まれる. \::::. \ /. \::::. ::,. l l........... じゃあ世界樹の修理は確定だ 人... ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、 lフ ト、. :::::::::::::::::! ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ i/ ,. イ 丿 :::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. , (. ヽ ̄ ̄ ̄/,..  ̄ ̄ 〈 ̄\. やはり次の目的地は妖精郷しかないね…… :::. ::::::. : : V::::... ::::.. :八:::::.. ::::. 、 :. ::: \:! l l........... ト、 ,r' ,. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ :::::::::::::.. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 帝国の王が新八オリジナルらしいが. う〜〜ん :::. ::::::. : : V::::... ::::.. :八:::::.. ::::. 、 :. ::: \:! ::::::::::::::::::ゝ! / `ヽ. --、 ', なんか新八と考え共通してるのとかないのかよ? r 、. ,,__ ,. -'" ̄>、. ::::::::::::::::::::::::::::::::::. ム::::::::::::::::. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! :::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::ハ:::::ハ::::::::::::::l. ` :. ハーレムありそう. \ /:::::::::::::::::::::::::::::::::. \ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. : :.. ヽ ト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. l::::::::::::::::::::::::::::::ト、::: jl:::::::::::::. ::::::... :::::. i ::::::::i::l-ゝ::! ヽ:::i- ニニヽ: ヽl、::::::::::::::.. しかし帰るのか……妖精郷に ヽハ! :: ィテく! ::::.. 〈 、 r/::::. もはやホラーだよなぁ. NTR趣味でもない限り。 l:::: ::l:::: :: `:::、/ \::... `メi、. ::::::::::::::::::::::::::::::::::. ム::::::::::::::::. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! :::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::ハ:::::ハ::::::::::::::l. ` :. , (. ヽ ̄ ̄ ̄/,..  ̄ ̄ 〈 ̄\. ……今思えば :::. ::::::. : : V::::... ::::.. :八:::::.. ::::. 、 :. ::: \:! :::::::::::::::::::::. :::::::::::::::::::::. ', 実は〜〜〜............................. l l........... ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、 lフ ト、. :::::::::::::::::! ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ i/ ,. イ 丿 :::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. エッチしても大丈夫? / \ ,. ………… :::. ::::::. : : V::::... ::::.. :八:::::.. ::::. 、 :. ::: \:! l l........... 別にいいんじゃね? 人... ト、 ,r' ,. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ :::::::::::::.. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... /二二. 人 |. l| 人. i `\,, \ \. l `\,, `\ \ \. \ /: : : : : : : : : : : : : :. l ,. ゛''. 、,,.. ---- 、 /:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::`::.. 、 \. / ゝ. i ::::::::/ ̄`. :V:::::::::::. : :. : :. 、 :... :ヽ ノ.... , Vヘ:::::::::. :ー:. V::::::. :::. :::. :::. :: :::::. :::. ::::::::::::::::::. :` ̄: : : l l ミ川川川川川川川川川川川川川川川川 彡 l l :. 三 三 ,! l :::.. :::. : 彡川川川川川川川川川川川川川川川川 ミ , ' ::::::::.. :::::::::::.. / :::::::::::.. ::::::::::::.. :::::::::::::.. 、 i,. : : : : :::.. :::: : : : :.. :::. :::. :::. :: :::::. :::. :::. :::. 三 特にジャンプ系…… 三 l l 三 三 l l :. 彡川川川川川川川川川川川 ミ:: ,! l :::.. :::.. :::::::.. :::::::::.. , ' ::::::::.. :::::::::::.. / :::::::::::.. ::::::::::::.. :::::::::::::.. 、 i,. く<こニi! ヽン: :゚. レ':. 、: : : : : : : : : :゚. l : : : :l: ;'. イ \V ヘ. : :ヾ: : :. : :! 八: : : : i ;. ; : : : : :. : : :;. : : :ノ. 可愛かったら抱くけど……. マ》 /:. ィフこノ抃ユュ、:ィア: 、 /: : : : :. マニム: : : : : : ヽ.. 〃: : : : : : : : : : : : :. : :. : : :. : : :,. : :.. イ: : : : : ;' マ: : ,イ.! : : :. ト: : : :. : :. : : : :, :l: : i : :.. リ: : : :. カッ〜〜〜〜、これだから男は. 从: : マ:.. :ゝ 弋z ノ i,. ヽ: :i. ,': :. j l:i. :レ':. イニニ7. :::::::::::i i:::::i::::::i::::::::::::i`""! ::::::::::! ::::: :::::l::::::::! / `ヽ. --、 ', なるほど聞いてすまなかったな r 、. ,,__ ,. -'" ̄>、. '"込リ l'l. ll l. l / l.! ll l. l/二/ ,l二二二二二ニ〉二ニニ>';;;;;;;;! マニニ! ::::/:::::::::::::::::::::.... ::::::::::::::::. :::;::::::::;:::::: ::l :::::::::::: ::::::! :::::::! :::::::! :::::! 、 i:. ::::! l:l::! '::::::>.. :::i! ::::::::::. ー<l:::l :::::::::::::::. 八  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::: /二二二ニニ. :イ:::::::! \ \............... \:::::::::::::::::::/ :::: \:::::::::: \二二二二二ニニ八ニ\. \ \............. . -- ゙. > 、>. :::> Y:. :>'. / ,. :<:. イ::. ,ィz《. イ//. : :::l. ://. :::. ノ-ゝ<三三三彡'/. ;:イ〃. ヽ::. :ゝvi. :〈 ,' ` / :. / ::::. :::/. 乂_ノ ,' ::. :/::/. ,ィ=ミ、丶. /::/ \::. / \ \ \. , (. ヽ ̄ ̄ ̄/,..  ̄ ̄ 〈 ̄\. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. l ,<:::::::::::::::::';::::::::l:::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ';:::::::::::::::::::::::';:::::::;::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'. /二二二二二二二二二二二二二二 \. 、 ::::::::::<_::/.. :::::::::::::::::. 丶::::::::::::::::::: /... :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::`::. アィ">. マュ、: :ヽ. :くン: :, ' ヾン.. :,': i: : ;. ム ',. : :. l: :, '!. i :. :i:.. l :! : :.. : : :.. :i: :i! ` マ:. ヽハ:. 、 , ノ三二ニニニ ハ ト、 マニニニニ二二ム,イニ二ニニニニ. 〈 ` 、. :::::::マ二二ニ! -- ',. でも世界樹のリソースをとらないなら. l ヽ::::::::', 放置しててもよくないか? ', lj. 、 ::::::::::<_::/.. :::::::::::::::::. 丶::::::::::::::::::: /... :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::`::. まったく……. ::::::::\ : :::::::::::::: :::: ::::::: ',. -- ',. l ヽ::::::::', ', lj. lヽ、.. ヽ ン. 二二二二二Y......................... 乂;ノ....... /: 八 ',:::::\ U...... やる夫くん. ::::::::\ : :::::::::::::: :::: ::::::: ',. ::::::::::::::ヽ 遊びよ。 -- ',. え、いやその……. l ヽ::::::::', サキュ、サキュバスが、その…… ', lj. :::: :::::::\:\',. イ- ̄. 二二二二二Y......................... 乂;ノ....... /: 八 ',:::::\ U...... 、:::\! 、 ヽ:::::ヽ l:::::ハ:. 、:::\>. ::::::::::::: ヽ! まぁこの流れでやるのもちょっとね。 sakura. / `ヽ. --、 ', えっとあの…… r 、. ,,__ ,. -'" ̄>、. \ rzx、 __. r::::::::::::::ヾ\:. ー:::ヾ:::ヾ! ::::::! ノ:::::! / ,:i ヽ :::イ! ヽrへxヽ! 丶 iト. ヽ ヾ::::: ̄:: /................... ヽ ',:::::::::::: /................... 、 _,,, <...... ゝ ヾ:::::::::. :::\ ふ〜〜〜〜ん. ::::::::: ::::::::::::::',::::.. - 二二. - 二二.. 二二 :: :/. , \〉 〉. 二二 : ',. :::: \:::: \二二二二ニ〈. -- ',. いやその…………うん. l ヽ::::::::', ', lj. ::::::::. ヽ:::: ー ミ::::::::::::::::::::\ ,. ::::::::::::: ヽ! : :. :l \. : : : :. : : : : : : :. : :. ::l. : :. Y : : : : : : : : : : : :. : :. :: Y. : : : :.. : :. :',.. : :. : : : : : :. : : :. : :. : :. : : : : : :. : : : :. : :. ::/: : : : : ,イ. `゙iメー l. : : : :ハ. : :. : : : : : : : : : :. : : : :. ;: : : : : : :.. : : : : : :. :;l:.

次の

異世界漫画 異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。

異 世界 に 救世主 として 喚 ばれ まし た が

封鎖が解かれた事でもちろん帰宅難民の問題は解決され、一番のネックだった治安問題もCOMPの回収・破棄が済んだことで、僕らや天使がわざわざ向かわなきゃいけない悪魔の騒動はほぼ起こらないと思ってもいいだろう。 もちろん封鎖の全てが問題解決したわけじゃない。 悪魔や悪魔使いが残した戦いの跡は残っているし、そもそも封鎖内に生活基盤を持つ人にとってはこの災害はまだまだ続いている。 なので、人数こそ減ったが今でもここ芝公園は避難所としての役割を継続している。 『それじゃ、これにて閉廷としよう。 今後オレが法廷に出ることはほとんどないだろうけど、天使と翔門会による裁判はこれからも続く。 ここには、いや、この法廷で起きたことは新たな秩序の一端でしかない。 遠くないうちに、今日の事件の真犯人は見つかるだろう。 今日のことだけじゃなく、未だ残る社会の目を逃れた悪も悉く裁かれ、善良なる人間が涙をのむことはなくなる。 正しくあろうとする皆さん、どうか安心して欲しい。 秩序と博愛の世は謂れなき悪に脅かされ泣き寝入りすることはなくなる。 追及を逃れたと安心している悪人たち、どうか手遅れにならないうちに悔い改めてほしい。 その安心は今までもこれからも偽りに過ぎないんだから』 支援物資の中にあったラジオをつけて、僕とミドリちゃん、翔門会の信徒、避難している人たち、休憩中の警官や自衛官などなど、天使に至るまで、この公園にいるほとんどの人たちがアベル君が行った史上初裁判生中継放送の概要を聞いていた。 もちろん、ラジオなので今聞いているアベル君の声は録音だけれど、それでも彼の言葉をそのまま伝わるという点は大きい。 「わかってはいたけれど、救世主様や巫女様ってすごい方々なのね……COMPも無しに悪魔を従わせてるなんて」 「こりゃあ俺達の仕事もいくらか暇になるかもな……」 「この未解決事件とかもすぐに犯人が見つかるだろうねえ」 「いい?今まで以上に、悪いことをしたらダメよ。 救世主様や天使様が見ているんだから」「うん、わかった」 『人の幼子よ、良き心がけである。 常に神や神の使途たる我々が見ていることをゆめゆめ忘れるな』 「中継で見たかったなあ、本部に戻ったらテレビでやってるかな」 耳で聞くものなんだけれど、誰も彼もがラジオ機を凝視して聞き入り、感想を漏らしている。 ラジオのMCによれば、殺人の冤罪を被っていた被告は悪魔のチカラによりアリバイが証明されて即日どころかすぐその場で釈放、翔門会預かりとなり、日比谷の本部に移されたらしい。 「その場で釈放とは意外だったね……もうちょっと段階を踏むものと思ってたけど」 「罪もない人なんだからいいんじゃない?手続きが済むまで牢屋に入っててもらうのもなんか違う気がするし。 意外っていうならケースケのほうだよ」 「僕が?」 ミドリちゃんが僕の感想に対して疑念を呈した。 いったい、どこが意外だったんだろう。 「ケースケってけっこう合理的なとこあるもん。 だからてっきりケースケも『そもそも囚人じゃないんだからその場で開放してあげるべき』って思ってたんじゃないかなって」 「うーん……たしかに、ミドリちゃんの言う通りの感想はあるよ。 ただ、アベル君はもっと普通の法律との摺り合わせをするかもって思ってたからさ。 検事や裁判官には『お前の話は聞いてない』って態度で、弁護士はそもそも居てなかったみたいだし」 「確かにほとんどガン無視、っていうかミソッカス扱いだったみたいだね。 そう言われてみればお兄さんらしくない気もするかな?何でだろう?」 声だけだから何とも言えないが、理知的なアマネさんもそれなりに高圧的な態度だった。 「僕は合理的な考えで『すぐに釈放しよう』って思ったけど、彼の場合は『一般市民に新たな秩序を見せつけよう』っていう考えがあったんじゃないかな、あくまでも僕の推測だけどね。 あれで彼はけっこう計算高いところがあるし」 「あー、ありうるかも。 お兄さん、けっこうしたたかだもんねー」 ミドリちゃんがうんうんと頷く。 アマネさんを含め、僕らが上手くサポートできればいいのだが。 「なるほどなぁ、救世主様ってそういう考えをしておられるのか・・」 「あのおにいちゃんとおねえちゃんも天使さまのおともだちなんだよね?」 「こら、指さしちゃだめでしょ。 普通の人でも失礼なのに、あの方々はとっても偉い御人なんだから」 『然り。 その者らも善を促し悪を挫く我らの同胞にして、救世主の使途、悪魔をひれ伏させる天上の存在である……天を崇めると同じくして崇め、敬うべし』 「おぉ……」 ……今にも、土下座しそうな勢いで見つめられている。 信者の誰かか僕らの名前を教えたのか、「高城様」「小牧様」とかいう声もちらほら聞こえてきた。 「と、とりあえず、作業に戻ろうか」 「ソ、ソウダネ。 モウスグゴハンノジカンダモンネー……(匿名コメントで褒められるのは慣れてるんだけどね……)」 封鎖明けの翌日、アマネさんがアベル君に「信者たちの信心に早く慣れて下さいね」と言っていた。 どうやら、今となっては僕らも例外じゃないらしい。 「信者さんたちの熱いリスペクトは悩みどころだけど、たった今の悩みは白いローブに跳ねるカレーだよね」 「うん……どうしてものかな」 災害救助のプロフェッショナルである自衛隊の装備を使えるようになったため、今日の昼食は炊き出しのカレーだ。 太陽が煌々と照り付ける中でのスパイスな食事は汗がでるけれど、数日ぶりの「温かい」「乾いてない」食事は、いい意味で胃にしみわたってくる。 「まあ、汚れたら洗えばいいさ。 けっこういい素材みたいだし」 「だね。 食事もだけど、服を洗えるっていうのは『ようやく戻った』って感じがするもん」 ミドリちゃんと一緒に、列に並んで匂いの満足感を得ている人や、僕らと同じくカレーを食べている人の笑顔を眺める。 疲れは見えるけれど何日か前の絶望が差した表情ではなく、朗らかに笑いながら、人によっては泣き笑いながら紙皿(ラップコーティング)の上にあるカレーを食べている。 いい傾向だと思う、人々に余裕が出てきた証拠だ。 あそこ・・何か騒がしくない?」 「んー?どこ?あ、ホントだ。 なんか人が集まってる」 カレーをよそってもらう列の最後尾のほう、その周辺で人が団子状になってあつまっている。 列にちゃんと並んでいないだけならともかく、離れたこの場所にまで微かに聞こえるくらい、がなり声が届いている。 「ケースケ、あたし達が行ったほうがいいかな?」 「どうだろう・・一応、行くだけ行ってみよう。 見て見ぬフリはできないし」 果たして余裕ができたからこその騒動なのか、それとも封鎖の残り火が燃えがったのか。 行ってみればわかるだろう。 「てめぇらに食わせるメシじゃねえんだよ!とっとと失せやがれ!!」 「いやだから、俺たちも被災者でな……」 「暴徒に食べもん奪われっぱなしで大変だったんだよ・・新しい世は博愛が大事なんだろ?だから俺たちにも、よ……な?」 「詐欺師に向ける愛なんてあってたまるもんですか!」 近づいてみてみれば、数人の人間を避難者たちがよってたかって取り囲んでいた。 翔門会信徒が「落ち着いて」と宥めていてようやくこの程度で済んでる、といった感じだろうか。 もし信徒たちがいなければ暴力沙汰になってもおかしくないくらいには、皆頭に血が昇っていた。 「どうしたんだい?みんなえらく殺気立ってるみたいだけど……」 「喧嘩してたら御飯もまずくなっちゃうよ?」 「あっ、高城様に小牧様……申し訳ありません、お食事中に……」 「翔門会の人らが謝ることはないっすよ!悪ぃのは全部・・おらァッ、テメェらのせいでこの人らまで迷惑したじゃねぇか!」 (君たちが穏やかなら来ることもなかったんだけどね……) あえて口には出さず、様子を伺う。 まずは、状況を確認することが大事だ。 「とにかく、最初から話してほしい。 君たちと……そこの、君たちが囲んでいるホームレスとの間に、何があったのか」 「……嘘はついちゃだめだからね?あなたたちのためにも」 騒動を収めることもそうだけど、状況を確認することが何故大事なのかもう一つ理由があった。 眼は不自然なほど泳いでいるのに、顔は媚びが入った薄ら笑いが浮かんでいる。 「おじさん達の気持ちも、今なら少しはわかるよ?7日間だけだけど、毎日死にそうな目に遭って食べるのも飲むのも寝るのもタイヘンだったから。 でもね……このカレーは、その7日間でタイヘンな目にあった人たちのための、その人たちと一緒に頑張るための御飯なの。 そこのところ、おじさんわかってる?」 「……何だってんだよ?今は隣人を愛するの世の中なんだろ?だったらちょっとくらい分けてくれてもいいじゃねえか」 「普段からまともな生活してるんだから、こんな時くらい……」 (まずい) ホームレスの逆ギレに、僕も怒りを覚えたが、それ以上に怒り狂っているのが周りの避難者たちだった。 僕らが来る前まで既に燃え上がっていたものが瞬間的に最大限まで上昇してしまった。 悪魔を召喚しようとしたが、先に動いたのはミドリちゃんだった。 幸か不幸か、見た目にインパクトがある悪魔だった御陰で、避難者の怒りは一気に悪魔の恐怖で沈静化してしまった。 「おじさん達、びっくりしたでしょ?ここにいる人たちはね、こんな怖いものがいるところにずっと閉じ込められてたの。 この子はあたしの言うことを聞いてくれるけれど、普通はこんな風に行儀よくしてくれない。 自衛隊の人たちでも全然かなわない、人を襲って殺す化物。 だから、さっきまで怒っていた人たちも……私が召喚した悪魔でも、こんなに怖がってる。 おじさんたち、このガイコツ悪魔を見ても、『ちょっとくらい』なんて言える?立ち直ろうとしている人たちのところに横入りなんて、できる?」 「い、いや、言わない、言えません・・!!」 「やりません!約束します!!」 可愛い見た目からは想像もつかないくらい、淡々と冷たい声でホームレスたちを詰問する。 もはや彼らは何も勝手を言えず、首を振って否定を示すのみだった。 「皆さん、ごめんなさい。 いきなり悪魔を召喚して怖がらせちゃって……」 「いえ、そんな!」 「むしろこのような些末事に御手を煩わせてしまい、本当に申し訳なく……」 「お互い様、かな。 あと、些末事でもないから結果オーライだよ。 翔門会信徒はその言葉で全てを悟り、避難者たちは各々の祈りと感謝の言葉を残して、それぞれの団欒へと戻った。 僕と、ミドリちゃんと、天使と、罪人意外は。 「さて、ちょっと場所を移そうか。 正直お前さんもあいつのことなんてどうでもいいだろう?」 「まあな。 ほら、朝刊と昨日の夕刊だ。 もう読んだからやるよ」 「おお、ありがとさん。 「ばれなきゃ犯罪じゃない」を裁いたりとか、そうなる前に護ってくれたりとか。 実際、一部の警官がヒャッハーしてたところから、悪魔を使って守ってくれました。 自衛官も殺人してたくらいなのに、あの人たちは封鎖初日から人助けをしてたらしくて、立派です。 封鎖中、人伝に『魔女』の存在を聞き、池袋あたりで実際に奴が悪魔を召喚するところを見かけた。 六本木まで追い詰めたもののすんでのところで逃げられ、『魔女』という怒りをぶつけられる存在を失ってしまった。 どうにか封鎖が解けた日まで生き残り、天使から事の次第を告げられて彼女は安堵した。 だが、現実は違った。 いわゆる『魔女』、小牧翠という少女は罰を受けるどころか、救世主の側近の一人として、賞賛と羨望の視線を溢れんばかりに受けとめている。 そんなことがあってはならない、あのクソガキは市民の敵でなきゃいけない。 年端もゆかぬ少女を追い回し、私刑にしかけた罪悪感をごまかすように、中年女はあることないこと書き連ねて、ミドリを誹謗中傷し続けた。 「あのクソガキが私たちの上に立つなんで我慢ならない……それに、あんな子供に政治なんてできっこない……そう、あの『魔女』を叩くのは正義なの……」 偽りの正義感で痛み止めのように心を誤魔化し、一心不乱にスマホを操作してミドリを攻撃し続ける。 他人に伝わるかどうか、真実かどうかなんてどうでもいい、『魔女』は悪。 (『お前らは封鎖を知らないからそんなこと言えるんだよ、小牧翠は本当にキチガ・・』・・い……?・・あ、れ・・か、らダガ……) 『いけませんねえ、神の子アベルが神と同等に敬うべき存在ならば、傍仕えの悪魔使いは皆天使と同じ存在。 液晶に移り込んだ自分の背後には、悪魔のような黒い羽を持った天使、マンセマットが、彼女の背後に降臨していた。 (テん使、さマ・・ナン、なんデ……?!) 『たかだか掲示板の書き込み程度で失われる罪悪感の問題なら、大丈夫でした。 神や我々への問いかけという意味でも、神の子たちへの批判中傷は許されたでしょう。 しかしねぇ……両方はいけませんよ。 罪悪感も無しに神の領域を攻撃する、反逆よりも性質のわるい悪魔的思想の流布に他なりません。 まして小牧翠は悪魔に愛を伝えた、新たな世にふさわしき悪魔使い。 あなたのような性根が捻くれまがっただけの人間とは価値が違う。 申し訳ありませんが、あなたには死んでいただきます。 なに、安心して下さい。 一体の悪霊が、天使の下へと加わった。 作業中、マンセマットは気になる書き込みを見つけてしまった。 まあいいでしょう、どうせアレ相手では考えるだけ無駄です。 まず間違いなく神の慈悲ではないね 天使のいうことを信じるなら、地上の最高権力者は彼なんだから、 裏を返せば、彼はこの地上で一番怒らせてはいけない存在でもある…… 人間は、心すべきだろうね.

次の