ラインペイ 本人 確認 安全。 LINE Payで「本人確認」する方法とメリット、パスポートでも大丈夫【ラインペイ】|まるわかりキャッシュレス

LINE Pay(ラインペイ)の銀行振込機能とは?

ラインペイ 本人 確認 安全

こんにちは。 『ペコ』です。 本日のテーマはこちらについて。 『LINE Pay って本当に危険なの?安全に使用するにはどうしたら良い?』 今高いポイント還元率で 注目を集めているのがLINE Pay。 審査も不要なのに クレジットカードと同じ扱いができる 電子マネーカードとしても話題ですよね。 今まで電子マネーなどに興味がなくても 『LINE Payカードは気になる』という方は 意外と多いのではないでしょうか。 そこで気になるのは LINE Payの安全性。 乗っ取り被害で話題を集めたこともある LINEの発行するカードですから 確かに心配になってしまいますよね。 そこで今回は LINE Pay の危険性や安全性はどうなのか? また 安全に使用するための工夫について ご紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク 目次• 【結論】結局、LINE Payって危険なの?それとも安全? 業界最大のポイント還元率を誇るLINE Payは 電子マネー比較サイトなどでも 特にオススメとして紹介されていることも 多いですよね。 『 ポイントがどんどん貯まる』 『 今まで損してた気がする』 なんて言われると、 LINE Payを始めてみたいと感じますが そこで気になるのは LINE Pay の安全性。 特にクレジットカードやネットショッピングが 好きでない方にとっては特に気になるところ。 ましては、以前 アカウントの乗っ取りで話題になったこともある LINEですから心配になる気持ちもうなずけます。 でも大丈夫! LINE Payにはその安全性を 信頼できる理由がきちんとあります。 LINE Payが3つの安全理由• 自由に扱うためには本人確認が必要• 暗号化された通信• 最大10 万円までの損害補償 それぞれの項目についてもう少し詳しく解説しますね。 LINEpayが安全な理由その1:自由に扱うためには本人確認が必要 LINE PayにはLINE Cashアカウントと LINE Moneyアカウントという 2種類のアカウントが存在しています。 その違いは 本人確認をしているかどうか。 本人確認を済ませて LINE Money アカウントになると• 海外店舗での利用OK• アカウント間でのチャージ残高の移動(送金、割り勘など) 以上のような利用が可能になります。 他人の口座を不正利用したり なりすまして送金を受けたりすることが できなくなるので安心できますね。 LINEpayが安全な理由その2:暗号化された通信 LINE Payでの やりとりはすべて暗号化されています。 もちろん登録した銀行口座の情報なども 暗号化されて守られています。 LINE Payを利用したお店や 送金や割り勘をしたお友達などにも データは渡りません。 LINEpayが安全な理由その3:最大10万円までの損害補償 もしもLINE Payが 不正使用などの被害に遭った場合には 最大10 万円までの送金・決算・出金を LINE が補償してくれます。 実際に金銭で補償してもらえるというのは かなり安心できる要素ではないでしょうか。 スポンサーリンク LINE Payカードが不正利用されたらチャージしてたお金はどうなる? LINE Payには補償があるとは言っても やはり被害に遭うのは嫌ですよね。 実際に 不正利用されてしまったら どうなってしまうのでしょうか? チャージ残高が減る LINE Payカードは コンビニやスーパーなどの少額利用の場合 サインレスで使えてしまいます。 つまり 知らない間にチャージ残高が減ってしまう ということです。 暗証番号も一緒に流出してしまった場合には 高額決済に使われてしまう可能性も… ですが、 LINE Payはプリペイドカードなので LINE Pay カードのみを紛失した場合には 残高以上の被害が出ることはありません。 LINE Payカードが不正利用された時のポイントはどうなる? それでは LINE Payカードが 不正利用された場合 貯まっているポイントはどうなるのでしょうか? ポイントは減らない LINE PayではLINEポイントが貯まりますが LINE Pay とLINE ポイントは まったくの別物。 LINEポイントは LINEポイント側からLINE Payにチャージしなければ LINE Payで使うことはできません。 つまり LINE Pay カードが不正利用されたとしても 一切変化はないということですね。 当然ですが 不正利用されている可能性があるのに LINEポイントをチャージに回すのはNGですよ。 LINE Payを安全に使うためにはどんな工夫をすればいい? LINE Payを安全に使うためには 不正利用などのリスクを減らす工夫を しましょう。 自分でできるいくつかの設定をご紹介するので ぜひ参考にしてみてくださいね。 LINE Payにパスワードロックを設定する LINE PayにはLINE Pay独自の パスワードロックをかけられます。 これを活用すれば 本体のロック・LINE のロック・LINE Pay のロック という 3 重のロックがかかります。 パスワードロックの設定は 『設定』の『パスワード』から行えます。 『パスワードロック』をタップすると 設定中のパスワードの入力画面が表示されるので パスワードの入力及び指紋認証を行いましょう。 『パスワードロック』にチェックが入りましたね。 これでパスワードロックの設定が完了です。 LINE Payカードを使わない時は『利用停止中』にする LINE Payカードには カードの機能を一時的に停止しておく機能があります。 万が一カードを紛失してしまった時にも これを設定しておけば安心ですよね。 カードの機能を一時停止したい時は 『設定』の『LINE Payカード』から設定します。 パスワード入力画面になるので ロックを解除しましょう。 『カードステータス』が『利用中』に なっていますよね。 ここをタップするとLINE Payカードの機能を 一時停止することができます。 確認画面では『はい』をタップしましょう。 これで一時的にカードの機能を停止できました。 再び利用を開始したい時は 『利用停止中』をタップして カードの利用開始の設定を行います。 指紋認証を活用する 使っているスマホが 指紋認証に対応している機種の場合は 指紋認証によるロックがおすすめです。 余程計画的な犯罪行為を行わない限りは 本人しかロック解除できない方法なので スマホ本体の紛失の際も安心できます。 指紋認証の設定は 『設定』の『パスワード』から行えます。 パスワードの設定画面で 『指紋認証を使用』をタップしましょう。 現在設定している数字によるパスワードを入力して 指紋の認証を行います。 これで指紋認証の設定が完了です。 LINE Payのチャージにオートチャージは使わない オートチャージにしていると 残高不足でLINE Payカードが使えない… ということがなくなります。 つまり、 もし LINE Pay カードを不正利用された場合には 銀行口座の中のお金まで被害が及ぶということ。 オートチャージはとても便利なのですが この点だけは 大きなデメリットです。 セキュリティのことを考えるのであれば その都度こまめにチャージする方法を おすすめします。 まとめ 高いポイント還元率で話題のLINE Payカードは 同時にその安全性への疑問でも 話題を集めています。 お得で便利に使えるのは紛れもない事実なので 自分でもセキュリティへの意識を高めることが 重要と言えそうです。

次の

LINE Payの“300億円祭” 受け取りを拒否する人も 「詐欺かと思った」「本人確認が面倒」

ラインペイ 本人 確認 安全

を使用すると、LINEの友だちへ簡単に送金できて便利です。 銀行から送金する場合は口座番号を教える必要があり、手数料も発生しますが、LINE Pay ラインペイ の送金サービスを利用すれば、口座番号を教える必要がなく、送金手数料も 無料です。 送金機能は 本人確認を済ませないと利用できませんが、本人確認は面倒な手続きなしで可能です。 スマートフォンからセルフィーを撮影して送信したり、銀行口座を登録するだけで完了します。 郵送での手続きも選択できます。 本記事では、LINE Pay ラインペイ の送金機能の概要や本人確認方法、送金・受け取り・送金依頼をおこなう際の具体的な手順、送金できない場合の原因について解説いたします。 LINE Pay ラインペイ の送金の概要 LINE Pay ラインペイ の送金機能は、日本の電話番号を登録しているLINEの友だち同士であれば簡単に利用できます。 なお、送金手数料は 無料です。 ただし、 本人確認済のユーザー LINE Moneyアカウント しか使えません。 また、 海外送金もできません。 1日に送金可能な 上限金額 は100,000円であり、いったん送金すると取り消しできません。 ちなみに、LINE Pay ラインペイ にクレジットカードを登録していても、お金は LINE Pay ラインペイ 残高から送金されます。 なお、LINE Pay ラインペイ は、 送金キャンペーンを実施していることがあるので、ときどきチェックしてみるとよいでしょう。 送金が可能な条件 LINE Pay ラインペイ で送金が可能な条件は、以下のようになります。 まず、送金したい相手が LINEを使っていなければなりません。 また、送金したい相手とLINEで 友だちになっておく必要があります。 その上で、LINE Pay ラインペイ アカウントの 本人確認を済ませることによって、アカウントタイプが「LINE Cashアカウント」から「LINE Moneyアカウント」になっていなければ利用できません。 本人確認の方法 本人確認は、スマートフォンからの操作で完結する方法と郵送による方法があります。 スマートフォンから本人確認をする方法は、「 かんたん本人確認」 セルフィーの撮影・送信 と「 銀行口座登録」の2種類が選択可能で、両方とも簡単に済ませることができます。 まず、セルフィーの撮影による本人確認方法ですが、身分証明書を手に持ってスマートフォンのカメラでセルフィーを撮影して送信することで完了します。 次に、銀行口座の登録による本人確認方法ですが、LINE Pay ラインペイ のアプリから本人名義の銀行口座を登録するだけで完了します。 この場合、身分証明書の画像送信は必要ありません。 なお、郵送手続き 郵送本人確認 も選択可能ですが、ハガキの受け取りが必要で、手間や時間がかかります。 いずれかの方法により、 本人確認が完了すると、送金・お金の受け取り・送金依頼・銀行口座への出金が可能となり、LINE Pay ラインペイ の 残高上限の制限が解除され、10万円から100万円に引き上げられます。 送金が取り消しになる条件 受け取る側がLINE Pay ラインペイ アカウントを持っていなかったり、本人確認をしていない状態でも、送金すること自体は可能です。 なお、一度送金したら、自分から取り消すことはできません。 ただし、送金後7日以内に、送金した相手がLINE Pay ラインペイ に登録して本人確認を完了しない場合 「LINE Moneyアカウント」になっていない場合 、システムによって自動的にキャンセルされます。 LINE Pay ラインペイ で送金する方法 LINE Pay ラインペイ で 送金する具体的手順は、以下のようになります。 まず、LINEアプリのウォレット画面で「送金」をタップします。 次に、送金したい友だちを選びます。 そして、送金したい金額を入力し、メッセージやステッカーを選んで、「送金」をタップします。 最後にLINE Pay ラインペイ のパスワードを入力すると、 約1分で送金が完了し、トーク画面にも送金結果が表示されます。 LINE Pay ラインペイ で送金を受け取る方法 送られてきたお金は 自動的にLINE Pay ラインペイ に チャージされます。 そのため、受け取るために必要な手順はとくに必要なく、本人確認も不要です。 しかし、送金してもらったお金を決済に利用したり、送金したりする場合は本人確認が必要です。 LINE Pay ラインペイ で送金依頼をする方法 LINE Pay ラインペイ で送金依頼する具体的手順は、以下のようになります。 まず、LINEアプリで「ウォレット」を開きます。 次に、「LINE Pay ラインペイ 」をタップします。 それから、「送金依頼」をタップし、送金依頼したい相手を選んで「選択」をタップします。 請求したい金額を設定したら、「次へ」をタップします。 最後にメッセージやステッカーを選んで「送金依頼」をタップします。 LINE Pay ラインペイ で送金できない原因• LINE Pay ラインペイ に登録していない相手に送金して、7日以内に登録や本人確認が完了しない場合• 相手が海外の電話番号でLINEに登録している• Facebook連携で作成されたアカウントで電話番号が登録されていない• 1日の送金上限額 100,000円 を超えている まず、送金したい相手がLINE Pay ラインペイ に登録していない場合は、 7日以内に登録しなかったり本人確認が 未完了の状態 アカウントタイプが「LINE Cashアカウント」のままの状態 だったりすると、自動的にキャンセルされます。 そして、相手が 海外の電話番号でLINEに登録している場合やFacebook連携で作成されたアカウントで電話番号が登録されていない場合も送金サービスは利用できません。 また、1日の 送金上限金額 100,000円 を超えている場合も送金ができません。 送金できない場合は、このような点について確認してみましょう。 LINE Pay ラインペイ の送金まとめ LINE Pay ラインペイ による送金は、銀行口座を教える必要がないので便利で簡単です。 また、送金手数料は無料で、1日の送金上限額は100,000円となっています。 送金機能は本人確認を済ませないと利用できませんが、本人確認はスマートフォンで身分証明書を持ってセルフィーを撮影したり、銀行口座を登録するだけで簡単に完了します。 なお、郵便での手続きも可能です。 本人確認を完了すると、アカウントタイプが「LINE Cashアカウント」から「LINE Moneyアカウント」になります。 LINE Pay ラインペイ で送金できるのは、日本の電話番号を登録済みのLINEの友だち同士だけです。 なお、いったん送金したら取り消しできません。 ただし、送金した相手がLINE Pay ラインペイ のアカウント作成をしていない場合、7日以内にアカウント作成や本人確認が完了しないと送金がキャンセルされます。 受け取りは、自動的におこなわれるため、とくに必要な手順はありません。 本記事が、LINE Pay ラインペイ の送金サービスを利用しようと考えている皆様のお役に立つことができれば幸いです。

次の

メルペイのメリット・デメリット・評判!安全性も徹底解説【メルカリのスマホ決済】

ラインペイ 本人 確認 安全

LINE Pay ラインペイ の本人確認の安全性 LINE Pay ラインペイ を運営するLINE Pay株式会社は、サービスを24時間365日監視し、不審なアカウント作成を検知・防止して安全を確保しています。 また、 LINE Pay ラインペイ に登録した情報は暗号化されており、銀行口座の認証情報 暗証番号など はLINE Pay ラインペイ で保持せずに銀行側で管理しているのでセキュリティは万全であり、本人確認を安心してすることができます。 「LINE Pay本人確認」からのメッセージは詐欺ではない! 2019年6月21日から2019年6月23日までの期間に、 LINEにおいて「 LINE Pay本人確認」という名称のアカウントから メッセージが送信されてきたユーザーが存在し、心配する声があがりました。 この 「LINE Pay本人確認」はLINE Pay ラインペイ の公式アカウントであり、不審なものではありません。 一部ユーザーについて「 LINE Pay本人確認」アカウントからのメッセージに記載されている名前に 誤りがあったため不信感が増幅されてしまったという経緯が、「LINE Pay公式ブログ」において説明されています。 次に、身分証 運転免許証・運転経歴証明書・日本国政府発行のパスポート・在留カード・特別永住者証明書・マイナンバーカード をカメラで撮影し、アップロードします。 撮影・アップロードした身分証を手に持ち、スマートフォンのインカメラで顔と身分証が同時に写るようにセルフィーの撮影をおこないましょう。 最後に、身分証を傾けて側面・厚みを撮影・アップロードしたら完了です。 選択すると各銀行のWebサイトに飛ぶので、必要事項 口座番号や暗証番号など を入力しましょう。 入力が終わると銀行口座が登録され、本人確認が完了します。 なお、銀行によって細かい手順が異なるので、説明を注意深く読みましょう。 ちなみに、銀行口座の認証情報 暗証番号など は、LINE Pay ラインペイ で保持せず銀行側で管理しているので安全です。 次に、身分証 運転免許証・運転経歴証明書・日本国政府発行のパスポート・在留カード・特別永住者証明書・マイナンバーカード のいずれか1つを選択し、選択した身分証の表面と裏面を撮影してアップロードしてください。 ハガキに記載されているQRコードを読み取る または、ハガキに記載されている16桁の英数字を入力する と本人確認完了です。 送金機能の利用• 割り勘機能の利用• LINE Pay ラインペイ の残高を銀行口座へ出金• 安全を確保し、快適にサービスを利用するためにも本人確認を済ませましょう。 LINE Pay ラインペイ から危険を除去するための対策 LINE Pay ラインペイ では、 不正利用防止のため、以下のような 対策が実施されています。 このような 厳格な本人確認制度により、悪意を持った他者がなりすましで登録したり、不正利用することを未然に防いでいます。 なお、 LINE Pay ラインペイ 専用パスワードは 起動時や 支払い時などに入力するかどうかを 選択でき、 ONに設定すると画面を開いたまま席を外した際の 不正利用を 防止可能です。 また、何らかの原因 漏洩・推測など で LINEの パスワードが他者に知られてしまっても、異なるデバイスでアクセスすると LINE Pay ラインペイ 専用パスワードの 入力が求められるため、不正に利用される心配がありません。 なお、 3Dセキュアに対応していないクレジットカードは登録できません。 このような体制により、不正利用を未然に防止し、被害の拡大を防いでいるため安心です。 万が一不正利用されたとしても補償制度があるので安心・安全 LINE Pay ラインペイ には、第三者による不正行為によって発生した損害を補償する制度が存在します。 なお、送金・支払い・出金などすべてのLINE Pay ラインペイ のサービスが補償対象です。 ただし、損害発生時から30日以内の申し立てが必要なので注意しましょう。 不正利用された場合は、「LINE Payお問い合わせフォーム」にて利用端末を選んだ上、「LINE Pay 決済サービス 」を選択し、詳細を送信してください。 なお、LINE Cashアカウント 本人確認をしていないアカウント の1事故あたりの補償限度額は原則10万円ですが、LINE Moneyアカウント 本人確認済みのアカウント の場合は補償限度額の引き上げが個別検討されます。 補償の対象となる事例とならない事例 以下に挙げるような事例では、 補償の 対象となります。 補償対象とならない事例• 自分から意図的にLINE Pay ラインペイ のパスワードを他者に伝えた場合• 利用者自らの意思で実行された送金• LINE Pay ラインペイ の利用規約に反した行為 実際に不正利用の被害に遭った場合は、個々の事情により補償対象となるかどうか異なってくるので、まずは「LINE Payお問い合わせフォーム」から問い合わせをしてみましょう。 LINE Pay ラインペイ の本人確認のまとめ LINE Pay ラインペイ の本人確認を完了すると、さまざまな機能を使えるようになったり制限が解除されたりするので、便利で快適にサービスを利用できます。 なお、 本人確認の方法は、「スマホでかんたん本人確認」・「銀行口座で本人確認」・「郵送で本人確認」の3種類から選択可能です。 LINE Pay ラインペイ では、不正利用を 未然に防止するためにさまざまな対策が講じられており、本人確認の操作についても厳格な セキュリティの下で安全が確保されています。 万が一不正利用されても、 補償制度により救済されるので安心です。 本記事が、LINE Pay ラインペイ の本人確認について知りたい人のお役に立つことができれば幸いです。

次の