茨城サッカーbbs。 茨城県サッカーBBS

茨城県サッカー協会

茨城サッカーbbs

スペインで磨かれたサッカー、鹿島学園高等学校 鹿島学園高等学校は、鹿島市にある私立高校だ。 目指すサッカー像は、「基本に忠実でありながら、情熱的に熱く激しく、そして美しさ楽しさを忘れないサッカー」、「夢があるから強くなる」というユニークなキーワードを大事にしている。 これまで全国高校サッカー選手権に7回出場で、ベスト4 3位 が最高成績だ。 2003年からは、現部長である鈴木雅人監督の下、3年連続出場を果たし、全国総合体育大会にも5回の出場経験がある。 直近では、第58回関東高等学校サッカー大会茨城県大会で優勝するなど、どの大会でもベスト4以上に入ってくる常連校だ。 鹿島学園のサッカー部の特徴は、2002年から毎年スペイン遠征を実施していることで、ヨーロッパでもレベルが高いとされるスペインサッカーだ。 2週間に渡り、バルセロナやマドリッドなど本場のサッカーを経験することで、国内では体感できない感覚を身につけることができる。 鈴木優磨選手や大橋尚志選手など、主に地元の鹿島アントラーズを中心に、多くのプロサッカー選手を輩出している。 公立校の意地を見せる粘り強さ、県立鹿島高等学校 鹿島学園と同じ鹿島市にあるのが県立鹿島高等学校だ。 明治43年創立で90年以上の歴史を持つ学校で、農業学校が前身となっているため、自然など環境の良いグラウンドがある。 「サッカーの原点は1対1で負けないこと」がモットーで、守備では激しいプレス、攻撃では粘り強いボールキープに定評がある。 全国レベルでの活躍は劣りますが、過去には、全国高等学校総合体育大会で3位、全国高等学校サッカー選手権大会ではベスト16の実績がある。 関東・県レベルの大会では2回の関東大会準優勝や新人戦優勝などの好成績だ。 最近では、平成26年度全国高校サッカー選手権大会茨城県大会で準優勝しており、プリンスリーグにも3年連続で出場経験があるなど、地元ではサッカーの強豪校として知られている。 2002年のFIFAワールドカップにも出場した鹿島アントラーズの曽ヶ端準選手を代表に、各地のサッカークラブにJリーガーを輩出している。 4年連続で関東大会出場中、水戸啓明高等学校 水戸啓明高等学校は水戸短期大学の附属校で、水戸英宏中学校と中高一貫教育を行っている。 柔道、アイスホッケーで全国大会の常連校として知られているが、野球やサッカーでもプロ選手を多く輩出し、Jリーガーの大宮アルディージャの塩田仁史選手、ベガルタ仙台の金久保順選手などが有名だ。 2000年から就任した巻田清一監督の下、パスを繋いで積極的にゴールを狙う攻撃的なサッカーが特徴で、2013年には6度目の全国高校サッカー選手権出場を果たし、県内ではベスト4の常連校だ。 昨年も、茨城県高校サッカー新人大会で優勝、関東高校サッカー大会茨城県予選会で準優勝など着実に成果を残し続けている。 近年目覚ましい活躍を見せる、明秀学園日立高等学校 明秀学園日立高等学校は、日立市にある私立高校だ。 東京大学や早稲田大学など超難関大学を目指す特進STコースを設立するなど、進学校としても知られている。 サッカー部は1995年創部と、他の強豪校と比べると歴史は浅いが、2012年に全国高校総体サッカー競技茨城県予選会で優勝しインターハイ初出場を果たしてからは、目覚ましい活躍を見せている。 2013年に、関東高校サッカー大会茨城県予選会初優勝と関東大会初出場、昨年は全国高校サッカー選手権茨城県大会で初優勝し全国大会初出場を果たした。 その他にも、県大会ではベスト4、準優勝などの好成績を収めており、今後注目すべき高校といえるだろう。

次の

茨城少年サッカー応援団

茨城サッカーbbs

スペインで磨かれたサッカー、鹿島学園高等学校 鹿島学園高等学校は、鹿島市にある私立高校だ。 目指すサッカー像は、「基本に忠実でありながら、情熱的に熱く激しく、そして美しさ楽しさを忘れないサッカー」、「夢があるから強くなる」というユニークなキーワードを大事にしている。 これまで全国高校サッカー選手権に7回出場で、ベスト4 3位 が最高成績だ。 2003年からは、現部長である鈴木雅人監督の下、3年連続出場を果たし、全国総合体育大会にも5回の出場経験がある。 直近では、第58回関東高等学校サッカー大会茨城県大会で優勝するなど、どの大会でもベスト4以上に入ってくる常連校だ。 鹿島学園のサッカー部の特徴は、2002年から毎年スペイン遠征を実施していることで、ヨーロッパでもレベルが高いとされるスペインサッカーだ。 2週間に渡り、バルセロナやマドリッドなど本場のサッカーを経験することで、国内では体感できない感覚を身につけることができる。 鈴木優磨選手や大橋尚志選手など、主に地元の鹿島アントラーズを中心に、多くのプロサッカー選手を輩出している。 公立校の意地を見せる粘り強さ、県立鹿島高等学校 鹿島学園と同じ鹿島市にあるのが県立鹿島高等学校だ。 明治43年創立で90年以上の歴史を持つ学校で、農業学校が前身となっているため、自然など環境の良いグラウンドがある。 「サッカーの原点は1対1で負けないこと」がモットーで、守備では激しいプレス、攻撃では粘り強いボールキープに定評がある。 全国レベルでの活躍は劣りますが、過去には、全国高等学校総合体育大会で3位、全国高等学校サッカー選手権大会ではベスト16の実績がある。 関東・県レベルの大会では2回の関東大会準優勝や新人戦優勝などの好成績だ。 最近では、平成26年度全国高校サッカー選手権大会茨城県大会で準優勝しており、プリンスリーグにも3年連続で出場経験があるなど、地元ではサッカーの強豪校として知られている。 2002年のFIFAワールドカップにも出場した鹿島アントラーズの曽ヶ端準選手を代表に、各地のサッカークラブにJリーガーを輩出している。 4年連続で関東大会出場中、水戸啓明高等学校 水戸啓明高等学校は水戸短期大学の附属校で、水戸英宏中学校と中高一貫教育を行っている。 柔道、アイスホッケーで全国大会の常連校として知られているが、野球やサッカーでもプロ選手を多く輩出し、Jリーガーの大宮アルディージャの塩田仁史選手、ベガルタ仙台の金久保順選手などが有名だ。 2000年から就任した巻田清一監督の下、パスを繋いで積極的にゴールを狙う攻撃的なサッカーが特徴で、2013年には6度目の全国高校サッカー選手権出場を果たし、県内ではベスト4の常連校だ。 昨年も、茨城県高校サッカー新人大会で優勝、関東高校サッカー大会茨城県予選会で準優勝など着実に成果を残し続けている。 近年目覚ましい活躍を見せる、明秀学園日立高等学校 明秀学園日立高等学校は、日立市にある私立高校だ。 東京大学や早稲田大学など超難関大学を目指す特進STコースを設立するなど、進学校としても知られている。 サッカー部は1995年創部と、他の強豪校と比べると歴史は浅いが、2012年に全国高校総体サッカー競技茨城県予選会で優勝しインターハイ初出場を果たしてからは、目覚ましい活躍を見せている。 2013年に、関東高校サッカー大会茨城県予選会初優勝と関東大会初出場、昨年は全国高校サッカー選手権茨城県大会で初優勝し全国大会初出場を果たした。 その他にも、県大会ではベスト4、準優勝などの好成績を収めており、今後注目すべき高校といえるだろう。

次の

【えぎっぽあがる】茨城県のサッカー強豪校5選|【SPAIA】スパイア

茨城サッカーbbs

[1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]• トレセン制度 日本のユース育成の中心的役割を果たしているのが「トレセン制度:ナショナルトレーニングセンター制度」です。 「日本サッカーの強化、発展のため、将来日本代表選手となる優秀な素材を発掘し、良い環境、良い指導を与えること」を目的に始まったこの制度は、男子ではすでに25年を経て(女子は2005年度より本格的整備が開始)、さまざまな変革を行いながら、組織的にも活動内容においても充実したものとなり、トレセンを経験した選手から各年代の日本代表選手の多くが選出されるようになりました。 トレセンでは、チーム強化ではなく、あくまでも「個」を高めることが目標です。 世界で闘うためには、やはり「個」をもっともっと高めていかなくてはなりません。 レベルの高い「個」が自分のチームで楽にプレーができてしまって、ぬるま湯のような環境の中で刺激なく悪い習慣をつけてしまうことを避けるために、レベルの高い「個」同士を集めて、良い環境、良い指導を与えること、レベルの高い者同士が互いに刺激となる状況をつくることがトレセンの目的です。 テクニックやフィジカルの面から、その「個」のレベルに合ったトレーニング環境を提供することは、育成年代において非常に重要な考え方です。 ナショナルトレセン概要 「トレセン制度」の中核を形成する「ナショナルトレセン」は、各地域から選抜された選手たちにより良いトレーニング環境を与える強化育成の場であるとともに、指導者のレベルアップの場でもあります。 1996年度より情報発信・共有化の機能を高めるために大会形式から研修会形式に変更し、「世界」を基準に抽出された「日本サッカーの課題」から各年代に応じたテーマを設定し、その課題を克服するためのトレーニングやレクチャーを行っています。 また、各地域トレセン指導スタッフや、並行開催される指導者講習会に参加する指導者の方々へ、テーマ・トレーニングキーファクターを明確に示すことにより、各地域・各都道府県トレセンの選手たち、グラスルーツのチームの選手たちにも情報・知識が伝達されていきます。 「ナショナルトレセン」を発信源として、強化・育成のベースが構築されているのです。 [日本代表]• [日本女子代表]• [フットサル日本代表]• [ビーチサッカー日本代表]• [サッカーe日本代表]• [1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]•

次の