ラスト レター ロケ 地。 【Last Letter】ロケ地!福山雅治と松たか子が宮城で人違い!

仙台・宮城のロケ地を巡る 映画『ラストレター』編

ラスト レター ロケ 地

ページ内目次• Last Letterロケ地・撮影場所 映画『Last Letter』のロケ地は、宮城県仙台市・白石市・大崎市を中心に行われています。 撮影期間は、2018年7月下旬から2018年下旬までを予定しているとのことで、現在撮影が行われています。 エキストラの募集も連日行われて、撮影されています。 (エキストラ詳細はページ下部) そんな『Last Letter』のロケ地を、ファンからの目撃情報やエキストラ募集要項などをもとにまとめましたので、参考にしていただければと思います。 誰か有名人来てるのかな? 旧白石高校です。 — えんどー cathand0123 画像参照元: 宮城県白石市八幡町にある旧白石高校で福山雅治さん、神木隆之介さんの目撃がありました。 神木隆之介さんは制服姿だったようですので、福山雅治さん演じる乙坂鏡史郎の高校生時代のシーンの撮影で使われたようですね。 白石高校は2010年に白石女子高等学校と合併しています。 常盤木学園高等学校が鏡史郎と鮎美の回想シーンで使われる高校のロケ地となっているようですね。 3日には、仙台市でエキストラの募集も行われています。 。oO 米MAX YoneGum0530 ましゃ、仙台駅東口で夜中に撮影していた — ニッコウキスゲ 2 aiidbi 8月13日夜、宮城県仙台市青葉区中央一丁目にある仙台駅で福山雅治さん、広瀬すずさんの目撃がありました。 撮影は、営業時間外の早朝の時間を使って行われたようです。 八木山南団地 昨日は八木山南団地で福山雅治が映画撮影!バスのシーンでした。 — とあひ oiakko え、神木隆之介と広瀬すずが 八木山南のバス停にいたの!? 映画の撮影とか言ってたけど 引っ越してなければ家から10秒で着くから会えてた。 バス停でのシーンの撮影が行われたようです。 あずきさん、コメントありがとうございます。 com「M:I」最新作を応援中 eigacom• 松たか子(岸辺野裕里役)• 広瀬すず(遠野鮎美役、遠野未咲役)一人二役• 福山雅治(乙坂鏡史郎役)• 神木隆之介(高校時代の鏡史郎役) まとめ 映画『Last Letter』は、松たか子さん演じる岸辺野裕里が大人になって初恋の相手だった鏡史郎(福山雅治さん)と再会するが、鏡史郎は裕里を勘違いして連絡先を交換したことから二人の距離が徐々に縮まっていく王道なラブストーリーです。 松たか子さんと福山雅治さんのラブストリーものということも興味深いですが、広瀬すずさんが遠野未咲と未咲の母親である遠野鮎美の高校時代の回想シーンを演じる一人二役にも注目が集まっています。 現在撮影中ですので、新たなロケ地が分かり次第記事に追加していきます。 映画『Last Letter』は、2019年公開です。

次の

せんだい・宮城フィルムコミッション 映画「ラストレター」特集サイト

ラスト レター ロケ 地

さて、今回は、白石市編です。 仙台市から場所を移して行われたロケは、白石城を中心とした城下町周辺で行われておりました。 撮影日は晴天の中だったようですが、私が訪れた日は曇り空でした。 生物部の先輩と後輩だった鏡史郎(神木隆之介)と裕里(森七菜)が生物を採取するために来ていた用水路です。 (画像引用:) 青春の1ページとして、美しいですよね~!このお二人。 この二人の恋模様や関係は、まだ映画を観ていない方は、ぜひ映画の中で確かめてみてください! ロケでは、このように多くのスタッフさんがカメラをスタンバイ。 (画像引用:) ちょうどこの場所が、こちらです! 曇り空だったため、水面の輝きが違う!と少々残念な部分もありますが、まさに白石城から3分ほど下に降りてきた辺りに広がったこの用水路は、水が綺麗で撮影で使われるのにふさわしい場所でした! ちなみにこの景色は、こちらの橋から見える景色になります^^ 私は、城下町を歩いたのは初めてだったのですが、用水路が流れる音が心地よくて、この辺りに住んでいる方が羨ましくなりました。 こちらです! (画像引用:) あれ?さっきのシーンの二人に広瀬すずさんが加わっている! そうなんです。 ここは、初めて裕里の姉・未咲(広瀬すず)と鏡史郎(神木隆之介)が出会うシーン。 何気ないシーンですが、、、映画を観た方ならこの場面の三人の心境や青春の甘酸っぱさが伝わるはずです! このシーンの場所も見つけました! 武家屋敷の門の手前の道です。 私が訪れたのは14時過ぎだったため、ちょうど、武家屋敷の閉館時間だったようです。 この辺りにお休み処もいくつかありましたので、お昼頃に行くともう少しにぎわっているのかもしれませんね。 制服を着てこの辺りを通学路にしていたとイメージすると、本当に画になる場所だなあと思いました。 二人とも、もうそれはそれはお母さんそっくりということで驚きを隠せないという場面です。 先に残念なお知らせなのですが、この旧校舎は、現在は解体され更地になっております! もちろん、それを知ったうえですが、どうしてもこの跡地を見たいな、、という思いで、向かいました。 驚きますよね、、何も無かったかのように綺麗な更地でした。 笑 なにか、校舎があった面影で良いから残していてくれないか、、と探してみると、ありました! 石碑は残っておりました! 本当に寂しい気持ちになってしまいますが、しかし! 旧校舎で撮影されたシーンは本当に映画の中で欠かせないので、もう一枚おすすめを載せちゃいます!! (画像引用:) こちらは、旧校舎のプール内で撮影されたもの。 水が抜かれたプール内で花火だなんて、本当にロマンチック。 さすが、岩井マジックです。 水たまりに二人の姿が映るのもまた綺麗。 やはり、解体間際だったからこそ使える場所だったのかもしれませんね。 それにしても、もったいない! ロケ地という名目でもう少し残しておいて欲しかったのが個人的な意見です。 実は、私、ここでのシーンが好き過ぎて、携帯の待ち受けにしていたほどでした。 なので、あっという間に見つかり、もう少し探すのを楽しみたかったという気分に。 笑 そんな私一番のお気に入りシーンがこちら! (画像引用:) ああ、本当にこの二人の姿が素敵。 鮎美(森七菜)と颯香(広瀬すず)のあどけなさに交じるお母さんたちの面影がたまらない! 雨の日で傘をさしているのも含めて画になりますね~。 もちろん、私が訪れた日は雨ではなかったのですが、もう私からしたら、そこに二人が立っているようにしか見えない!というほど感動。 ロケの日はきっと、新緑の季節だったこともあり、木々の緑の量が少しだけ寂しいな、という印象でした。 そして、このシーンは、反対側へ去っていく鏡史郎が振り返って、見送る二人を写真に収めるという場面。 もう一つ、歩いていた途中にあったプチロケ地もあったのでご紹介。 ふれi(あい)デッキ(白石市沢端町) (画像引用:) 鏡史郎が母校を訪ねるシーンで通常バスが通らないこの道にバス停を設置していた場所だそうです! そして、ここからは、距離が離れているため時間の関係で断念した場所もあったので、載せておきます^^ 滑津大滝(刈田郡七ヶ宿町滝ノ上) (画像引用:) 七ヶ宿ダムのすぐ傍にあるそうです。 雄大で清らかな流れが印象的な場所は、映画の冒頭に使われています。 冒頭から既に、景色やアングルが綺麗でどんどん岩井ワールドにのめり込む入口です! 夏に行くのがおススメな場所ですね~! 文殊山 大聖寺(白石市大鷹沢三沢字落合64) (画像引用:) このお寺は、未咲の葬儀が行われた山間にあるお寺。 住職さんもエキストラとして参加したそうです。 映画は、このお寺のシーンから始まります。 広瀬すずさんの表情の些細な変化も必見です。

次の

【Last Letter】ロケ地!福山雅治と松たか子が宮城で人違い!

ラスト レター ロケ 地

映画ラストレターのあらすじやキャストは? 『Last Letter』は、岩井俊二監督の日本映画史に残る珠玉のラブストーリーと言われています。 私も岩井俊二監督のラブストーリーが好きで、2012年10月公開の『新しい靴買わなくちゃ』も観ましたよ。 中山美穂&向井理主演の映画ですが、公開してすでに6年も経っています。 絶対見に行く!!!! 金髪神木隆之介イケメン過ぎ!!! 作品のストーリーにちなんで、戻りたい過去を聞かれると、福山は「老眼になる前。 腕時計の文字が小さくて見えない」。 — Yahoo! 映像で拝見できると思ってなかったので本当にありがとうございます!映画楽しみにしております! お時間のある方は是非! 福山雅治さん公式Instagram — hiro hiro40627479 『Last Letter』で共演する、神木隆之介さんと福山雅治さんは、同じ所属事務所アミューズです。 映画・るろうに剣心でも共演をしていて、今回の共演に神木隆之介さんは、「僕にとって憧れでもある福山雅治さん。 今回は福山さんの学生時代を演じさせて頂くので、嬉しさとプレッシャーでいっぱいですが、先輩の胸をお借りするつもりで丁寧に演じたいと思います。 」とのコメントをされています。 そして、福山さんは松たか子さんとは20年ぶり、広瀬すずさんとは「三度目の殺人」で共演しているので1年ぶりですね。 そして、映画『Last Letter』のあらすじはこちら… 岸辺野裕里は夫と子供二人の四人暮らし。 岸辺野裕里は姉・遠野未咲を亡くし、葬儀で未咲の娘、鮎美と再会。 鮎美は母の死を受け入れることができず、遺された一通の手紙を開くことができずにいました。 また、裕里は未咲の死を同級生に伝えるために未咲の同窓会に出席。 しかし、同級生に未咲と間違えられ、壇上でスピーチを促されます。 未咲の死を伝えることもできず、また、ここで初恋の相手・乙坂鏡史郎と再会します。 鏡史郎は裕里を未咲だと勘違いしたまま、連絡先を交換。 そして鏡史郎から裕里の元に「君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?」というメッセージが。 裕里は複雑な思いを抱きながらも、夫に知られないように返信先のない手紙を初恋の相手に送ります。 一方、鏡史郎は返信先がないため未咲の実家に手紙を送ることに。 しかし、そこに未咲はおらず、手紙を受け取ったのは娘の鮎美。 母を亡くし心が沈んでいた鮎美は、自分の知らない母と鏡史郎の学生時代の思い出話が綴られている手紙に返事をし、鏡史郎との文通を始めます。 『Last Letter』は「Love Letter」に対するアンサー映画になっています。 岩井監督は「SNSでやり取りできてしまうこの時代にあって、手紙を使った物語は現代においては不可能だと思っていましたが、ある日それを可能にするアイディアを思いついてしまったところからこの物語の構想がスタートしました。 」と説明しています。 どんな展開になっていくのでしょう。 福山さんは、意外にも岩井作品は初参加とのことです。 福山雅治さんのラブストーリー、「マチネの終わり」の第2弾ですね。 エキストラの撮影期間が2018年7月下旬~8月下旬予定だったので、仙台を満喫されたのではないでしょうか 笑 目撃情報を紹介していきますね。 映画「ラストレター」ロケ地紹介 東一市場 鏡史郎 福山雅治 とサカエ 中山美穂 がいるのは仙台三越裏の横丁。 阿藤 豊川悦司 のアパートやサカエのスナックがある路地もこの場所で撮影。 石巻港 津田鮮魚店 鏡史郎がサカエに案内された、阿藤が飲んでいる居酒屋は仙台夜市内。 — 中山美穂fan mihonakayamaluv 【市営バス情報】 映画「ラストレター」で、主人公の松たか子さんや福山雅治さんが仙台市営バス(川内営業所77号車)に乗るシーンが撮影されました。 映画については「せんだい・宮城フィルムコミッション」ホームページをご覧ください。 8月3日、仙台市の常盤木学園高等学校で さん、 さんの目撃がありました😊 — アキーム@サンメシ運営者 sandomesi 今日はすずちゃんが出演する 新作映画「ラストレター」のロケ地、宮城県を訪ねてきました。 (1枚目、2枚目は白石市を流れる沢端川とその川べりにあるふれiデッキ、 3枚目は仙台駅前のホテルメトロポリタン仙台です。 ) 17日の映画の公開が楽しみですね! — 納涼床 noryoyuka 最後に、映画『Last Letter』の音楽担当を紹介します。 女優の 森七菜さんが自身も出演する映画「 ラストレター」の主題歌「カエルノウタ」で歌手デビューをします。 作詞 岩井監督• 1月15日にリリースされます。 」 「スクリーンで最後に自分の歌が流れるのは、楽しみですが、すごく誇らしげな気持ちになるか、穴に入りたくなるか、どちらかだと思います。 」 森さんのデビュー曲となる「カエルノウタ」は2020年1月15日にリリースが決定。 発売日1月15日には映画「ラストレター」のサウンドトラックもリリースされます。 まとめ 以上、映画ラストレターのあらすじやキャスト、ロケ地や音楽もリサーチしてみました! 映画『Last Letter』は、岩井俊二監督の日本映画史に残る珠玉のラブストーリーと言われています。 キャスト• 遠野鮎美(とおのあゆみ)16才・遠野未咲(とおのみさき)15才 回想 広瀬すず• 宮城県内、仙台市内などでロケーションに挑みました。 音楽は、女優の 森七菜さんが自身も出演する映画「 ラストレター」の主題歌「カエルノウタ」を歌います。 1995年公開の映画『Love Letter』も中山美穂さんが出演しています。 岩井俊二監督作品には、欠かせない女優さんとなっているようですね。

次の