ムンジェイン 家族。 “反日大統領”文在寅 意外に日本好きな素顔と家族

文在寅(ムン・ジェイン)の妻や家族と経歴!公約と対日本政策は?

ムンジェイン 家族

日本嫌いの文大統領の娘・ダヘ氏が日本の国士舘大学に留学していたことが判明しています。 妻の金正淑氏も日本の茶道にハマっているということで、実は日本好きだったご一家 笑 しかもタヘさんは、「 夫が働かず経済難」と全く意味のわからないことを理由に家族で現在はタイに移住しているとか。。 ということで今回は、ムン大統領の娘タヘさんやそのご家族についてまとめていきたいと思います。 韓国の崇実第大 学校を卒業後は 国士舘大学の留学生となり日本に移住。 就職でまた韓国に戻ってきています。 経歴はヨガインストラクターと正義党党員を務めていたということで、 父親と同じく政界進出を果たしていました。 ヨガから政治…お父さんあってのことでしょうか。 タヘさんは文氏夫妻の長女で、他にもう一人兄がいます。 文大統領の息子さんは、ムン・ジュンヨンさんという方です。 2010年3月に、当時ゲーム会社で働いていたソさんと結婚し一男を設けています。 文大統領が総理に就任後に、ソさんが働いていたゲーム会社に不透明な支援金が振り込まれたと波紋を呼びました。 現在夫のソさんは務めていたゲーム会社を既に退職しています。 息子さんの名前は 『ソ・ハル』くんです。 現在はタイの学校に通っています。 国士舘大学の偏差値=42. 5-55. 0 国士舘の設立趣旨には、吉田松陰の精神を範とし、明治維新の原動力となった松下村塾を理想とすることが示されています。 新時代を切り開こうとする創立者柴田德次郎らは、激動の幕末期、思想家・教育者として生きた松陰に深い崇敬の念を抱いていました。 1919年、世田谷の松陰神社への参詣が契機となって、国士舘は、新教育にふさわしい地として現在の世田谷キャンパスに移転します。 そして1919年に高等部を、1923年には中等部を設置。 政治・経済・哲学などの学問を深めると共に、柔道や剣道など武道に力を注ぎ、また草創期には教職員と学生が寝食を共にする独自の寮生活を教育に取り入れました。 このように国士舘生活を通して、強い精神力と身体を育む真の人材育成に取り組みました。 引用 こちらが国士舘大学の旗。 日本を全面に出していますね。。 お父さんは反対しなかったのでしょうか。 妻の金正淑氏は茶道が趣味 文大統領夫人の金正淑氏も日本の茶道が大好きで熱心に学ばれているとのことで、日本文化がお好きなようですね。 しかもそのマンションは元々父親である文大統領から購入したもので、 娘夫婦はマンションを譲り受けた僅か3カ月後に売却しタイに引っ越してしまったというから驚きです。 文大統領の当選前から海外で生活していたのならともかく、大統領就任後に娘が他国へ移住するとは何事だ!と国民は納得がいかず、保守系野党・自由韓国党の郭尚道(クァク・サンド)議員がそのことについて説明を求めたところ 「陰謀であり根拠のない虚偽を広めた」 と文大統領は説明するどころかお怒りになり、後に 「タイヘ移住したのは娘の家族が経済的に厳しい状況にあり夫の働き口を探す為だ」 と述べています。 …すごく突っ込みどころ満載の説明ですよね 笑 自国で無職になって仕事が見つからない夫が異国の地でスムーズに職を探せるとは思えないですし、そもそも大統領であれば先ずは娘婿が働ける社会を作ろうよと言いたくなってしまいます。 働き口が無い国だと自国の課題を棚に上げてしまっているような印象です。 しかもタヘ一家のタイ移住に関しては、 「韓国政府から不当な支援金があった」との噂もあり、益々韓国国民は不快感を示しているようです。 家族3人が外国で暮らすって、かなりのお金がかかるかと思いますが一体資金はどのようにねん出しているのかと疑問に思うのは当然ですよね。 …しかし娘さん、 大学は日本、結婚後はタイに住んでいるなんて韓国嫌いなんでしょうか?愛国心がある方という印象は無さそうです。

次の

文大統領の娘、孫が海外移住 理由や警護費用めぐり波紋

ムンジェイン 家族

Contents• 家は裕福ではなく、 貧しかったそうで、 トウモロコシのおかゆの給食が一日の 食事の全てであったそうで、 月謝が払えなかった為に授業中に 教室から追い出されていた事もあったと 語っています。 学歴については、 ・南港小学校 ・慶南中学校 ・慶南高校 ・鐘路学院 ソウルの予備校 ・慶熙大学校 以上となっています。 ムン・ジェイン大統領は 首席で 大学受験に合格し入学しています。 また、韓国と言えば、必ず兵役する 事を義務付けられてる国として有名で ありますが、 ムン・ジェイン大統領は軍の中でも 優勝な軍人であったそうで、司令表彰も 受けており、軍隊での最終階級は 兵長で あったそうです。 除隊後に、父親が亡くなってしまい、 父親に恩返しができなかったと悔み、 弁護士になる事を決意します。 大学卒業後に合格率2. 9%と狭き門の 中で、見事に合格し、 弁護士になって からも、様々な要人の弁護を務めてました。 因みに、奥様である金さんからは、 弁護士時代の時に、突然の 逆プロポーズを迫られて、思わず 了承してしまったそうです。 盧武鉉氏の任期が終わった際は、 弁護士業務を再開しています。 2012年に民主党合党に立候補をして、 当選をしており、同年に大統領選の 出馬も表明されてます。 そして、2017年に 韓国の大統領として、 現在も活動されています。 ・北朝鮮の出身でスパイ? ムン・ジェイン大統領と言えば、北朝鮮と 親密な関係を築きたいと言う事で、 韓国国内からも一部の人達から反発を 買っています。 そんなムン・ジェイン大統領は北朝鮮の スパイではないかと噂になっています。 中でも問題となった一つが平昌五輪で、 アイスホッケー女子に 北朝鮮と韓国の 合同チームを作ってしまった事であります。 北朝鮮側から、10~12名参加させて 欲しいと言う要求を受け入れてしまい、 韓国のアイスホッケーのチームメンバーや コーチからも反発の声が出ており、 大会成績も良くない成績でありました。 確かに私自身も、このニュースを 観た時は、韓国のチームが可哀想だと 感じてしまいました。 ムン・ジェイン大統領は北朝鮮出身、 スパイではないかと疑われてますが、 まず、ムン・ジェイン大統領は 韓国の出身であり、北朝鮮の 出身ではありません。 ですが、 両親が北朝鮮の出身であり、 朝鮮戦争中、戦火を逃れる為に、 韓国に移動したそうです。 スパイについてですが、 ムン・ジェイン大統領は自身が 新北家である事を語ってます。 その為に、スパイと噂になって いるのかもしれませんね。 また、オリンピックで韓国側が 北朝鮮側に800万ドルを人道支援の為に、 支給した事について、 世界からは無能と言う声が出ており、 アメリカや日本は激怒し、 北朝鮮の 操り人形とまで言われてます。 …韓国の先行きはこれから、 どうなっていくのでしょうかね? ・若い頃のムン・ジェイン大統領とは? 若い頃のムン・ジェイン大統領が イケメンと話題になっています。 ・まとめ ムン・ジェイン大統領に北朝鮮出身・ スパイ疑惑が浮上しているが、 両親が北朝鮮の出身であり、 スパイではないが、新北家と認めてる。 若い頃がイケメンと言われてるが、 確かに俳優やっていたのかと思う位に イケメンである。 ボディーガード達もイケメンと話題に なっているが、確かにイケメンである。

次の

【ムンJ民】ムンJ大統領が家族を国内から海外逃亡させてた件で、ムンが逆ギレ「個人情報侵害だ!」

ムンジェイン 家族

両親は、朝鮮戦争のさなかの1950年12月、興南撤収作戦で米国の貨物船「メロディス・ビクトリー号」に乗り脱北した避難民でした。 避難先は巨済(コジェ)島でしたが、文氏が幼少の頃、釜山(プサン)市に一家で転居します。 こういう経緯から実家は貧しく、トウモロコシのお粥給食が一日の食事の全てで、月謝が払えず授業中に教室から追い出されたこともありました。 若い頃の苦労がたたったのか、1978年ごろ、心臓発作のため58歳という若さで亡くなっています。 北朝鮮の雪景色と巨済島の青い麦畑は対照的で、あまりにも風景が異なっていたのでしょう。 やがて母親は、巨済島で文氏を出産します。 たまたま家主のおばさんも同時期に妊娠していたため、母親は一時的に借りた別の家で文氏を産むことになりました。 同じ家の中で2人の赤ん坊がいっしょに生まれるのは「よくない」という迷信があったためです。 文氏が幼いころ、母親は島内で鶏卵を安く仕入れ、釜山へ売りに行く行商をしていました。 鶏卵を頭の上に載せ、文氏をおぶったまま海を渡って釜山へ渡っていったのでした。 上にはお姉がさんが1人いますが、お姉さんは北朝鮮の興南で生まれました。 下には妹が2人と、一番下に弟がいます。 年齢は、2歳年下になります。 文氏は、慶煕(キョンヒ)大学校法学部の3年生のとき、慶煕大学声楽科の金正淑さんと出会いました。 文氏は、当時の朴正煕政権に反対する民主化デモに参加。 この時、催涙ガスの直撃を受けた文氏を、金正淑さんが看病したことがきっかけで、仲が深まったのだとか。 2人は1981年に結婚しています。 1982年に生まれているので、今年(2017年)で35歳になります。 息子さんは2006年、労働部の傘下機関である韓国雇用情報院の「一般職5級公開採用試験」に合格しました。 しかし、これには特恵就職(不正入社)の疑惑が向けられています。 なぜならばこの時、雇用情報院は、通常15日間採用広告を出すようにしている規則を破って、当時3日間しか採用公示を出していないためです。 娘は1983年に生まれているので、今年(2017年)で34歳になります。 30年の歳月が流れていたというのに、お母さんは住んでいた地区や家のことをすべて覚えていました。 脱北者のお母さんにとって、巨済島はリアルに感じられる「第2の故郷」なのでしょう。 将来、ごく自然に「本当の故郷」へ帰れる日が来るといいですね。

次の