三坂 咲 高校 サッカー。 三阪咲(みさかさき)の出身中学は?高校サッカー応援歌の無料動画!

高校サッカー主題歌2019の応援歌手は三坂咲の繋げ!歌詞やみんなのアンセムとは

三坂 咲 高校 サッカー

今年の『第98回全国高校サッカー選手権大会』の「応援歌」と今大会は「みんなのアンセム」の2曲を、現役高校1年生の作詞/歌唱楽曲が起用され、いま大きな話題となっている。 その高校生シンガーこそ三阪咲(みさかさき)。 同大会史上最年少の16歳で現役の高校1年生による楽曲起用は初だという。 幼少時よりダンスやピアノ、ギター等を習得。 合わせて11歳の時に元々大好きだった歌のボーカルコンテストで入賞。 以後、路上やライブハウス等でも音楽活動を行ってきた彼女。 その持ち前のパワフルで生命力のある歌声にて話題/人気を上げてきた。 そんななか2019年1月にはテレビ番組に出演し歌唱。 その驚異的な歌声は人々の心を撃ち大きな話題となった。 そしてこの12月には、その第98回全国高校サッカー選手権大会の応援歌「繋げ!」、みんなのアンセム「We are on your side」を含む自身初の全国流通盤EP『Every day, Every night』もリリースした。 EDMやロック、ポップス、ミディアムなナンバー等幅広い音楽性を持ち前のパワフルさと繊細な歌唱で歌い分けている今作品は、今後の成長や進化にも大きな期待が持てる1枚となっている。 そんな大注目の彼女にSPICEは直撃。 三阪咲の誕生~成長を追い、今回起用となったテーマ曲類に込めた気持ちや想い、それらも収まった最新EPについてを今後のビジョンを交え詳しく訊いた。 元々は歌よりも先にダンスをやっていたとか? そうなんです。 ダンスは小学1年生ぐらいから習い始めました。 だけど、そこが小学4年生までのコースしかなくて。 そんな中、その後に通った教室では、合わせてボーカルのコースも取得するとレッスン料が半額になるらしいと聞き(笑)、ダンスに加えそこから歌も習い始めたんです。 はい!(笑) でも歌うこと自体は元々大好きだったんです。 で、その教室に入って3ヵ月後ぐらいに行われたコンテストで賞をいただきまして……そこからですね、「私、歌をやりたい!」と思ったのは。 やっていくうちに段々と「そんなに甘いものじゃなかった……」と何度も感じましたが(笑)。 その頃からライブハウスに出始めました。 早いですね。 それにしても三阪さんの歌声は非常にパワフルで力強く、生命力があります。 正直16歳と聞き驚きました。 その辺りのパワフルさもダンスから入った経緯によるものなのかな?って。 その歌声のパワフルさや歌唱英語からどことなくブラックミュージックの要素も伺えたもので。 もちろんJ-POP等も聴いてはいましたが、どちらかというと洋楽の方を好んで聴いていました。 歌に関しては、その辺りの影響もあるとは思います。 レッスンを経て、身につけようとしました。 元々J-POPでもSuperflyさんをよく聴いていて、憧れているので。 私自身、パワフルな女性ボーカリストにも憧れて、目指している面はあります。 色々なタイプの曲調が歌える歌手になりたいです。 パワフルな曲も歌えば、しっとりとした曲も歌う。 「これ!」と特定のジャンルを決めて活動するのではなく、幅広い歌を歌いたいと思ってます。 各地初めて行かれる土地や初見の方も多かったのではないですか? 全国7箇所に行かせていただきましたが、すごく楽しかったです。 雰囲気も各地で違っていて今後の勉強にもなりました。 例えば、温かい地方だとわりとノリの良い熱い曲が人気で。 寒い地方ではしっとりと聴き浸れる曲の人気が高いようにも感じました。 次に行く際には、もっと地域の特性を加味した歌や歌い方、接し方を心掛けたいです。 やはりライブはお客さんと一緒に作り上げていくもので、自分が歌えているのも聴いて下さるみなさんが居てこそなので。 一緒にひとつになり、ステージを作っていく。 そんな気持ちで毎回臨んでいます。 私もようやく応援して下さってる方々の顔が見れて嬉しかったです。 初めての方もたくさんいらっしゃったと思いますが、精一杯自分の歌を伝えることを心掛けて歌いました。 気持ち的には、私のことを知っている方、知らない方問わず、「初めまして。 三阪咲です。 よろしくお願いします!」、そんな気持ちで各所歌わせてもらいました。 ステージに出たら、私の170cmの身長に驚かれている方も多そうでした(笑)。 人間の声帯は小さいほど高い声が出やすく、大きいほど低い声が出やすいと言われていますもんね。 でも、私はそれらにとらわれず、高い声も低い声もしっかり出せるようにもっと歌を勉強したいと思ってます。 はい! ゆくゆくは全県制覇したいです(笑)。 ロックバンドのツアーみたいですね(笑)。 同世代の女性シンガーでそこまでやっている方は少ないと思うので、チャレンジしたいです。 私も好きなアーティストが自分の街まで来てくれたらやはり嬉しいので。 今回の4曲はタイプ様々ですが、歌っている一貫性として、どこか「一緒に」や「繋がり」みたいなものが伺えました。 たくさんの方々の力を借りて、色々な音楽性に挑戦できた1枚になりました。 それこそ今回のEPでは、自分が今、挑戦してみたい音楽を周りの人たちと一緒に作り上げていけたと思ってます。 今後も様々なことに挑戦していきたいと思ってますし、その第一弾がこの作品です。 内容も、「今だけは好きなものを好きでいたい」はアップテンポなポップロックナンバーで、「繋げ!」はバラードの要素もあるけど、最後には背中を押せる応援歌、「We are on your side」は今まで私が歌って来なかったような新しいEDMで、「Say Good Night」もミディアムさが混じった違ったタイプの切ないEDMで。 是非この作品を通して様々な角度の三阪咲を感じて貰えたら嬉しいです。 その辺りは統一感を持たせたく、意識して選曲しました。 やはり、今回高校サッカーの2曲それぞれのお話をいただき、それを軸にした作品にしたいと思ったので。 自分の気持ちだけでなく、実際に同世代の高校生たちに向けて書きたくて。 なので、その同世代の目線や気持ちを一番大切にして書きました。 スタンドやベンチからフィールドの選手に向けての想いが綴られている「We are on your side」、一方「繋げ!」ではフィールドで戦っている選手たちの気持ちや目線で綴られていて。 「みんなのアンセム」に選ばれた「We are on your side」のコーラス部分ではスタジアム等でみんなで一緒に大合唱している光景が思い浮かびました。 そうなんです。 この曲を作る前に地区予選の神奈川大会の試合を観させてもらったんです。 その時に想ったことや感じたことを歌にしました。 監督さんやマネージャーさん、応援席にいる同じサッカー部員たちや同級生、親の方々……。 その人たちが一緒に応援したり、心で戦っている光景を見て、そんなみなさんの目線でも書きたいなって。 みんなが一体となってスタジアムで一緒に歌える曲になってもらえたら嬉しいです。 おかげさまでみなさんと一緒に歌える部分も含め、一体感溢れる曲になってればいいなと。 メロディ自体は意外と起伏は激しくない楽曲なので、あえて声色を変えて歌ったり。 パワフルさをメインに、静かに低く歌う部分を交えたり、抑揚をつける意識をしたりとドラマ性を出すことも意識しています。 この曲を通してみなさんを歌声で支えられたらいいですね。 そうですね。 約5万人収容みたいなので、その光景を想像すると今から緊張してきます(笑)。 もうパワー全開で一生懸命、歌で選手の皆さんを応援します。 会場中に、歌に込めた気持ちも届けられたら嬉しいです。 先ほどの地区予選を見させていただいた際に、私が最も年下になってはしまいますが、同じ高校生ということで、高校生にしか書けない歌詞を書こうと挑みました。 」とのチームプレイならではの一丸性や連帯感もですが、もう一つ、「努力や苦労は絶対に報われる」的な信念も感じ、その辺りが私には三阪さん自身とリンクしました。 重なった部分は多くありました。 スポーツも歌も別々のジャンルではありますが、同じく「目標に向かって突き進む」意識としては一緒だと思います。 その目標にしても優勝や一番、多くの人に届けたいとかそれぞれ違ってはいますが、気持ちや姿勢は一緒というか。 そういった面では共通する部分はあったと思ってます。 歌ではけっこう苦労しましたし、表現にも悩みました。 勢いやノリだけでは表し切れないですし、そう歌っちゃうと大事なところが失われてしまいそうで。 しっかりと感情移入もしなくてはいけない曲だと思ってます。 高校サッカーを通じて私や曲を知ってくださる方もたくさんいらっしゃるでしょうし。 今の私の最大限を沢山伝えられるよう工夫して歌いました。 この曲も「Say Good Night」も、お客さんが参加できる掛け声もふんだんに入っているので、是非ライブ等で一緒に声を出してもらいたいです。 「一緒に歌う」といえば2020年の2月からは東阪のワンマンライブも控えてますね。 そうなんです。 前回のワンマンは春だったので、間がだいぶ空きましたが、久しぶりのライブハウスなので今からとても楽しみです。 そこでは以前よりも成長した私の姿をお見せ出来るように頑張りたいなと。 前回のワンマンはカバーが中心でしたが、今回は初の全国流通盤EPを出させていただいてオリジナル曲も増えたので、それをみなさんの前で歌えることが今からとても楽しみです。 元気になったり、心に寄り添えたり、気持ちを重ねられる歌を届けられる歌手を目指します。 取材・文=池田スカオ和宏 撮影=菊池貴裕.

次の

【今日好き*青い春編】主題歌が神!三阪咲は高校サッカーも担当していた!「私を好きになってくれませんか」

三坂 咲 高校 サッカー

路上ライブから始まり、今ではソロライブや全国の音楽フェスから声が掛かるアーティストです。 ストレートな歌詞や力強い歌声に心を揺さぶられる人が多く、今まで応援歌を歌ってきたアーティストに比べると知名度は低いですが、若い世代にファンが多いです。 2019年 11月3日 宮城大会『ユアテックスタジアム仙台』 11月4日 鹿児島大会『白波スタジアム』 11月16日 大阪大会『長居スタジアム』 11月30日 神奈川大会『ニッパツ三ツ矢球技場』 12月30日 全国高校サッカー選手権大会 開会式 2020年 1月13日 全国高校サッカー選手権大会 決勝『埼玉スタジアム2002』 三阪咲 プロフィール 名前:三阪咲(ミサカ サキ) 年齢:16歳(高校1年生) 誕生日:2003年4月3日 出身:大阪府 身長:170センチ 三阪さんは幼少期からダンス・ピアノ・ギターを学んでいたとのことです。 また、ボーカルオーディションで優勝したことから本格的に歌手を目指す様になります。 小学6年生の頃から路上ライブを行い、今では路上ライブができないくらいの人気があります。 小学6年生といえば有名な海外のアーティストとして『ジャスティン・ビーバー』さんが路上ライブを始めたのも12歳の頃です。 『ジャスティン・ビーバー』さんがデビューした頃は天才が現れたと言われていましたが、 『三阪咲』さんも負けないくらい天才への道を歩きみんなに愛されるアーティストになりつつありますね。 三阪さんが有名になったのは2019年1月11日にあった「歌うま日本一決定戦」です。 予選では『beautiful』決勝戦では『I LOVE YOU(クリスハート)』を熱唱しましたが、あと1点の所で優勝を逃してしまいます。 負けてはしまいましたが、三阪さんの歌声は綺麗で繊細なのに時にパワフルで、歌うときの表情もよく感動してしまいました。 あとは可愛い!!以前はロングでしたが今はショートになっておりかっこいい女性に生まれ変わった感じですね。 三阪さんは好きなキャラクターはピカチュウとのことで、16歳らしい一面も持っていて良いですよね。 SNSはTwitter・Instagram・TikTok・YouTubeをしており YouTubeでは自分で作詞・作曲したPVが乗せられており再生回数は何十万にもなります。 同世代から人気のある彼女が歌うからこそ選手の背中を押し、これからの支えになると考え今回の全国高校サッカー選手権大会の応援歌を歌うことになったとのこです。 三阪さんは、この話を頂いたとき とても嬉しい気持ちと自分で言いのかな?と不安にも思ったとのことです。 また、『繋ぐ!』というタイトルには• ボールを繋ぐ意味• サッカーを頑張ってきたこと、自分自身が頑張ってきた事ががこれからの未来に繋がる様に• 一緒に前に進んでいきたい という思いが込められているとのことです。 また、彼女のストレートな歌詞は彼女の思いがそのまま伝わってきて良いですよね。 毎年、いろんなドラマがある高校サッカーですが、彼女の曲に何人もの選手が勇気を貰い活躍する瞬間を今か今かと待っている。 勝負には勝ち負けが付いてくるものですが、この経験は未来に繋がりその人の人生に大きく関わってくるとおもます!! 応援していてどのチームからも勇気と感動をもらえるこの全国高校サッカー選手権大会で三阪咲さんの歌声が聞ける日を楽しみにしています!!.

次の

【動画】高校サッカー応援歌『繋げ!』三阪咲の歌がうまくて可愛い!

三坂 咲 高校 サッカー

第98回全国高校サッカー選手権大会応援歌は三阪咲の「繋げ!」 2019年10月16日に「第98回全国高校サッカー選手権大会」の応援歌が 三坂咲さんの「 繋げ!」に決定しました。 三阪咲さんが繋げ!に込めた思いはどんなものなのでしょうか? スポンサードリンク 高校サッカー応援歌 三阪咲さんが繋げ!に込めた思い 高校サッカー応援歌で三坂咲さんが繋げ!に込めた思い 高校サッカー選手権の主題歌を担当するには高校の部活 動を、とくにサッカーにおいて選手たちがどんな思いで 試合にのぞむのかなどよく知る必要があります。 三坂咲さんは繋げ!を作曲する上で大事にしたことや 曲に込めた思いはどんなものだったのでしょうか。 三坂咲さんの曲に対する思いをインタビューに答えていたので紹介します。 応援歌の話がきた時 三坂咲さんは高校サッカーの主題歌を担当してくれないか?と話をされた時 「私でいいのかな?」と思ったんだそうです。 ですが、「 せっかく選んでもらったからには頑張ろう」と決意しました。 三坂咲さんは高校サッカーのイメージを一言で言うなら「 青春」 高校の3年間のすべてを注いできた選手もたくさんいると思うので、 この選手権というのは 努力の結晶、集大成というイメージと話していました。 制作する過程で大事にしたことやイメージしたこと 三坂咲さんは「繋げ!」を作る上でイメージしたことはどんなことなのでしょうか。 三坂咲さんは今現在16歳で高校生です。 自分自身が高校生であるということで 高校生にしかかけない歌詞を書きたいという思いがあったようです。 またもう一つ曲を作る上で大事にしたことがあり、 選手権は負ける人の方が多いものだと思うので 負けた人も頑張ろうって思えるような歌詞を書こう と思って曲を作ったそうです。 この「繋げ!」の歌詞はあまり飾らず ストレートにその ままの意味で捉えてもらえるような歌詞にしたそうです。 そして三坂咲さんの思いが 歌詞とともにストレートに みんなに届いたらいいなと話しています。 選手権は泣いても笑ってもこれが最後の選手がいます。 勝つものもいれば負けるものもいる。 勝った人だけじゃなく負けた人まで元気にさせるような 歌詞が浮かんでくるのは高校生であり身近に感じらて いるからこそなのかもしれませんね。 スポンサードリンク 繋げ!というタイトルにした理由 繋げ!っていかにもサッカーのようなタイトルに感じます。 三坂咲さんがタイトルを「繋げ!」にした理由は、 サッカーはボールをつないでゴールに向かっていくこと はもちろん、選手のみなさんも高校生活が終わって次の 道にいくとき、 サッカーを通して頑張ってきたことが 未来につながるようにどんどん進んでいってほしい さらにみなさんと同じく私自身も今頑張っていること、 努力していることが未来につながるように という思いがあって「繋げ!」というタイトルにしたそうです。 サッカーというスポーツの中でなくそれまでの日々、今 そして未来にもつながるような思いを込め高校生という 自分自身と重ねたというのは三坂咲さんだからこそ 作れた曲というのがわかりますね。 完成した応援歌「繋げ!」のエピソードと想い この「繋げ!」という曲は三坂咲さんが今までで一番 気持ち・思いを込めて歌詞を書いたそうで、この曲を 作るまでに相当悩んだそうです。 三坂咲さんは曲をつくる際に参考のために過去の大会の 映像を見たり、実際に高校サッカー地区大会の観戦も したそうです。 そこで見た選手やその周りの人たち、その人達に合う 「言葉」や「想い」をどうにか表現する方法がないか、 それらを全部応援歌に詰め込むことが難しくて悩み なんと曲が完成するまでに 3回も泣いたんだそうです。 曲を作るのは難しいことだし高校サッカーというなお さら難しい応援歌であることもわかっていたと思います 高校サッカーの応援歌を任せられる人なんてそういない ですから責任も感じたことでしょう。 それでも完成させ素晴らしい曲に仕上げた三坂咲さん はすごいですよね。 三坂咲さんは応援歌「繋げ!」というこの曲が サッカーをしている全国の方々に届いたらいいなと思いますし、それ以外の方々にもこの曲を聞いて、頑張ろうって思ってもらえる曲、 サッカーをやるときに頑張ろうと思えたり、将来サッカーでなくても何か頑張りたいときにこの曲がそばにあったりとか、何年後かにまた思い出せるような、一生の思い出になる曲になったらいいな とはなしています。 この曲がみんなの心にストレートに伝わり高校サッカー だけでなくこれからのみんなを勇気づけるような曲に なるといいですね! スポンサードリンク 三坂咲のみんなのアンセムとは? 三坂咲さんは高校サッカー応援歌「繋げ!」ともう一つの曲、みんなのアンセムの発表もしました。 今現在はまだ完成していないようなのでこれから曲が完成し発表されるのを心待ちにしましょう! 追記:2019年10月31日 三阪咲さんが作詞作曲したみんなのアンセム 「We are on your side」が発表されました。 Advertisement 関連する記事• 2019. アウトデラックスでは南海キャンディー[…]• 2019. 27 こんにちは! SEKAI NO OWARI(セカオワ)が 2020年にドームツアーの開催が決定したと発表がありました! その名も「Du […]• 2019. 28 こんにちは! 最近は歌がうまい人がデビューすることが 多くなっているように感じます。 今回も中学生ながら歌がうまいと話題に[…]• 2019. 19 こんにちは! Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)の メンバーでドラム担当の松浦匡希さんが結婚したこと を12月[…]• 2018. 19 こんにちは! ゆーいです!😁 まさかまさかです! あのミュージシャンで音楽プロデューサーである 小室哲哉 さんが芸能界引退を表明しまし[…].

次の