スプレッド シート。 スプレッドシートでプルダウンリストを作る [Google スプレッドシートの使い方] All About

【スプレッドシート】ファイル全体をコピーする方法と、シートをコピーする方法

スプレッド シート

表計算ソフトとは、主に大量の数値データの集計や分析などに用いられるアプリケーションソフト。 縦横に並んだマス目()の広がる表を用い、各セルにデータや計算ルールなどを入力・設定していくと、ソフトウェアが自動的に計算や処理を実行し、所定の位置に計算結果を代入したり、グラフを描画したりしてくれる。 このマス目の並んだ表のことを「スプレッドシート」(spreadsheet)あるいは「」(worksheet)と呼び、表計算ソフト自体をスプレッドシートと呼ぶこともある。 計算ルールには特定範囲の合計や平均を算出するといった単純なものから、数学的なや統計関数、財務関数などが利用でき、数値を扱う関数以外にも、日付や時刻を扱う関数や論理式を扱う関数、文字列操作関数、特定の条件を満たす値を数え上げる関数など、様々な種類がある。 表に貼り付けるように矩形の領域を設けて内部にグラフを描画する機能があり、特定の範囲のデータを対象にして折れ線グラフや棒グラフ、円グラフ、などを描くことができる。 セルの内容を変更すると、追随してすぐにグラフに反映されるようになっていることが多い。 行や列の先頭のセルに項目名を記載したり、表やセルに枠線や背景色、、表示形式などを設定して見栄えを整える機能もあり、そのまま印刷して資料やなどとして用いることができる。 パソコン向けの表計算ソフトとしては、Microsoft社のの一部として提供される「」(マイクロソフト・エクセル)が最も有名でが高いが、他にもの「Numbers」、OpenOfficeやLibreOfficeの「Calc」などがある。 の「Google Sheets」(日本名はGoogleスプレッドシート)のようにWebブラウザなどからインターネットを通じて利用するネットサービスなどもある。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

初心者でも簡単!エクセルファイルをスプレッドシートに変換する方法

スプレッド シート

こんにちは!NexSeedエンジニア留学講師の一戸です。 えりてぃと呼ばれています。 本日はプログラミングとはちょっと違いますが、皆使えると便利なGoogleスプレッドシートの関数を紹介したいと思います。 まず、Googleスプレッドシートについて説明なのですが、Excelと酷似している、オンラインで使用できるGoogleが開発したツールになります。 Googleアカウントを持ってさえいれば、インターネットさえ使えれば利用できるので、気軽にExcelのような表やグラフを作成することができます。 今回はGoogleスプレッドシートの関数を紹介することで、Googleスプレッドシートというツールの虜になっていただければ幸いです! では早速いってみましょう。 Googleスプレッドシートで使える超便利な関数 1. GOOGLETRANSLATE なんと!google translateが関数で使えます。 英単語やフレーズをたくさん調べたい。 でも一回一回GoogleTranslateで検索するのは面倒… そんなときにとても便利です。 ちなみにこちらの画像は、パソコントラブルの記事を書くときに使ったリストです。 もちろん不正確な翻訳も有るので記事では微修正していますが、一気に翻訳が出てくるのはとても便利です。 こちらは日本語を英語に翻訳している例です。 IF もし〜だったらというプログラミングでおなじみの書き方。 GoogleスプレッドシートではIF関数というものを使って同じ処理が作れます。 こちらは80以上なら合格、それ以下なら不合格と表示される例です。 IFERROR たまに割り算の母数が0になっていて割り算エラーが出る時ってありますよね。 そんなときに使えるのがIFERROR関数です。 エラーが出たときに別な値を表示してエラーの状態をなくすことができます。 この例ではエラーが発生したら0を表示するようにしています。 SUM 合計を計算する関数です 5. AVERAGE 平均を計算する関数です 6. ROW データに通し番号を付けたい場合に便利です。 NOW 現在日時を返す関数です。 毎日当日の日付をシート内で知りたい時便利です。 ARRAYFORMULA 本来、複数のセルに指定しないと表示されない関数を、先頭だけ指定することにより他の行へ適用できる関数です。 この例では式はD4にしか記載されていませんが、D4からD15まで値が反映されています。 すべての行に関数を適用するよりもシートが軽くなります。 おすすめ関数。 ISURL URLが有効かどうか調べる関数です。 ブログを別ドメインへお引越しした時や、古い記事のリンク切れがないかなどをチェックしたいときに便利です。 SPLIT 区切り文字を指定して分割することができます。 JOIN SPLITとは逆に連結文字を指定して複数文字を連結することができます。 この例では住所をスペースで連結して作っています。 UNIQUE 重複データを取り除くことができます。 例では渋谷-セブンイレブンの組み合わせ行が存在するので取り除かれているのがわかります。 FILTER 範囲内から条件に合致したデータだけを取得する関数です。 例ではファミリーマートのデータだけを抽出しています。 TRANSPOSE 行と列の縦横を入れ替えることができます。 入れ替えたほうが見やすい表になる場合などに便利です。 WEEKNUM 日付を指定するとその年の何週目なのか数字を返してくれる関数です。 週数計算をしたいときには地味に便利です。 例でみると9月14日は37週目になることがわかります 16. EXACT 2つの文字が合致しているか調べる関数です。 目視で判別しづらい文字が多くある場合活躍します。 VLOOKUP 検索結果に一致した行の特定列のデータを取得する関数です。 例では検索範囲内で得点が100の人の姓を取得しています。 4番目に指定しているfalseは「行の並べ替えを行ってるかどうか」という意味なので並べ替えをしていない場合はfalseと指定しておけば大丈夫です 8. ARRAYFORMULAと合わせて使用すると非常に便利です。 IMPORTHTML 個人的にイチオシの関数です。 テーブルタグで表現されているWebサイトの情報をスプレッドシートに取ってこれます。 ちなみにこちらが取得してきたWebページです。 超絶便利です。 IMPORTRANGE 複数のシートを読み込んで使用できます。 バラバラに管理してる情報をまとめたいときに便利です。 例ではパソコントラブルのシートが有り、キー指定でimportしています。 IMAGE Web上の画像をスプレッドシート内に表示することができる関数です。 今回の例ではこのメディアのロゴを表示してみました。 Webで表示されてる画像と同じものを常に使用したい場合、便利です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 これらの関数を覚えて、ぜひ作業効率・時短に活用頂けると幸いです。 NexSeedでは、プログラミングと英語を学べる「エンジニア留学」を提供しています。

次の

【スプレッドシート】ファイル全体をコピーする方法と、シートをコピーする方法

スプレッド シート

表計算ソフトとは、主に大量の数値データの集計や分析などに用いられるアプリケーションソフト。 縦横に並んだマス目()の広がる表を用い、各セルにデータや計算ルールなどを入力・設定していくと、ソフトウェアが自動的に計算や処理を実行し、所定の位置に計算結果を代入したり、グラフを描画したりしてくれる。 このマス目の並んだ表のことを「スプレッドシート」(spreadsheet)あるいは「」(worksheet)と呼び、表計算ソフト自体をスプレッドシートと呼ぶこともある。 計算ルールには特定範囲の合計や平均を算出するといった単純なものから、数学的なや統計関数、財務関数などが利用でき、数値を扱う関数以外にも、日付や時刻を扱う関数や論理式を扱う関数、文字列操作関数、特定の条件を満たす値を数え上げる関数など、様々な種類がある。 表に貼り付けるように矩形の領域を設けて内部にグラフを描画する機能があり、特定の範囲のデータを対象にして折れ線グラフや棒グラフ、円グラフ、などを描くことができる。 セルの内容を変更すると、追随してすぐにグラフに反映されるようになっていることが多い。 行や列の先頭のセルに項目名を記載したり、表やセルに枠線や背景色、、表示形式などを設定して見栄えを整える機能もあり、そのまま印刷して資料やなどとして用いることができる。 パソコン向けの表計算ソフトとしては、Microsoft社のの一部として提供される「」(マイクロソフト・エクセル)が最も有名でが高いが、他にもの「Numbers」、OpenOfficeやLibreOfficeの「Calc」などがある。 の「Google Sheets」(日本名はGoogleスプレッドシート)のようにWebブラウザなどからインターネットを通じて利用するネットサービスなどもある。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の