ホンダ ニュー アコード cm 曲。 【出演者もCM曲も完全網羅】1997年~2002年 ホンダ・トルネオ(Torneo)

Panic! At The Disco(パニック!アット・ザ・ディスコ)の“ハイ・ホープス”が Honda自動車〈アコード〉CMソングで話題

ホンダ ニュー アコード cm 曲

・初代 E-CF4系 1997年~ 『登場』篇 オールニューVTEC、全身ツーリングネオ。 トルネオ、誕生。 新しいロングドライブが始まる。 キャッチコピー TOURING-NEO CMソング オリジナル曲 by 内山肇 ナレーション 浦 一弘 ロケ地 アメリカ デスバレー 撮影車両 SiR ボディカラーはスーパーマリンブルーパール ・初代 E-CF4系 1998年~ 『複葉機』篇 飛ぶように、自由。 "Torneo!" 発見、ロングドライプレジャー。 ホンダ・トルネオ。 キャッチコピー 発見、ロングドライブ・プレジャー。 CMソング オリジナル曲 同上 by 内山肇 出演者 Courtney Cross ナレーション 最上典悦 ロケ地 アメリカ ロサンゼルス郊外 ・初代 E-CF4系 1998年~ 『複葉機B』篇 飛ぶように、自由。 "Torneo! " セダンは、新しい快感を身につけた。 発見、ロングドライプレジャー。 ホンダ・トルネオ。 キャッチコピー 発見、ロングドライブ・プレジャー。 CMソング オリジナル曲 同上 出演者 Courtney Cross ナレーション 最上典悦 ・初代 GF-CF4系 1999年~ 『ジェットプレーン』篇 "Torneo! " 快感、VTECツーリング。 ホンダ、ニュートルネオ。 キャッチコピー 快感、VTECツーリング。 CMソング オリジナル曲 同上 出演者 OPALU ANCHER(女性パイロット) ナレーション マーク大喜田 ロケ地 アメリカ フロリダ州・キーウエスト 7マイルブリッジ ジェットプレーンはL. ユーロR誕生。 ホンダニューアコード、ニュートルネオ。 キャッチコピー すべてのタイプが新しくなった。 CMソング オリジナル曲 ロケ地 スペイン アルメリア 撮影車両 2. 2 EURO R ボディカラーはナイトホークブラックパール.

次の

ホンダ《アコード》CM曲「High Hopes」収録! パニック!アット・ザ・ディスコ『Pray For The Wicked』が今また話題に

ホンダ ニュー アコード cm 曲

会社名 ホンダ CM放送時期 2019年5月~ 曲名 『Right and Left』 歌手 Survive Said The Prophet(サバイブ・セッド・ザ・プロフェット) ジャンル 邦楽 楽曲の入手 可(2018年発売、アルバム『s p a c e [ s ]』に収録、単体購入も可能) ホンダ『ニューシャトル(NEW SHUTTLE)』のCMで使われてる『Right and Left』を歌うのはSurvive Said The Prophet(通称『サバプロ』)! CMでは、2018年以降のメジャーデビューやタイアップソングで人気急上昇中の サバプロがメジャーデビューした4thアルバム『s p a c e [ s ]』の収録曲『Right and Left』が起用され、その神がかり的なオシャレさで話題です。   会社名 トヨタ CM放送時期 2018年11月~ 曲名 『With you』 歌手 MY FIRST STORY(マイファーストストーリー) ジャンル 邦楽 楽曲の入手 可(2018年10月17日発売、オリジナルアルバム『S・S・S』の収録曲) トヨタ『C-HR』のCMで起用された『With you』は、CM経由で• このワンオクっぽい曲は誰の曲? と大変話題になりました。 マイファス(MY FIRST STORY)のボーカルの Hiro ヒロ さんの実の兄は、ONE OK ROCKのボーカルTaka(タカ)さん! 実際ワンオクに似てるのは当然で、Hiro ヒロ さんが敢えて楽曲の雰囲気や歌い方を似せて、ある意味『勝負』してるという特徴があります。 楽曲やアーティストの詳細 会社名 トーヨータイヤ CM放送時期 2019年4月~ 曲名 『Straight Like A Shooting Star』 (CMオリジナルソング) 歌手 Nobuaki Tanaka(ノブアキ タナカ)さん ジャンル オリジナルソング 楽曲の入手 不可 アップテンポなBGMに合わせ、陽気な感じが印象的なこちらのCMで使われてる曲は、Nobuaki Tanaka(ノブアキ タナカ)さん作曲のオリジナルソングです。 『Straight Like A Shooting Star』というタイトルこそついてるものの、楽曲の発売はされておらず、CMの中でのみの視聴になります。 ですが、こちらの楽曲は残念ながらCMオリジナルソング。 楽曲のタイトルや単体でのMV、リリース予定などはありません。 楽曲やアーティストや出演者の詳細 会社名 トヨタ CM放送時期 2018年1月~ 曲名 『Take me away』 歌手 デニス・デ・ラインメーカーズさん(運転手の男性) セベリン・カイロンさん(助手席の女性) ティエリー・アクルンジザさん(2列目左の男性) グエン・ニコライさん(2列目右の男性) アドリアン・ヴァン・デ・ヴェルデさん(3列目左の男性) アマリリス・イッターリンデンさん(3列目右の女性) ジャンル ボイパオリジナルソング 楽曲の入手 不可 トヨタ『レクサスRX』のCMで起用された『Take me away』は、海外のボイパの方を集めて制作されてCMオリジナルソング。 2018年から頻繁に目にして、すごいインパクトなCMであるだけに、 楽曲のリリースがないのは残念ですね。 歌詞に『シエンタ』って入ってるし、想像はつきますが、 配信リリースなどは現状行われてない楽曲になります。 楽曲やアーティストの詳細.

次の

Panic! At The Disco(パニック!アット・ザ・ディスコ)の“ハイ・ホープス”が Honda自動車〈アコード〉CMソングで話題

ホンダ ニュー アコード cm 曲

新型アコードは「若い世代が憧れ、既存のお客さまに共感していただける大人なセダン」 開発の背景や採用される技術については、本田技術研究所 オートモービルセンター 開発責任者 宮原哲也氏が解説。 ただ、宮原氏は「言葉を返すと特徴がない、やもするとつまらないクルマだと思われてしまっていた。 新型アコードのコンセプト ダイナミクス性能においては、開発に先立ってスタートしたプラットフォームの基礎研究プロジェクトから、人の居住性、使い勝手、運動性能のあるべき姿をゼロから追求。 安定した走りの鍵となる低い重心高と、余分な挙動変化を少なくする慣性モーメントの低減を軽量高剛性な構造で成立させ、走りとデザインの圧倒的進化をもたらす低重心・低慣性の新しいプラットフォームを設計。 完成車の重量は前モデルに対して50kg軽くなったという。 ボディは現行モデルに比べて、多くの超高張力鋼板を使用することで軽量化と車体の剛性アップを実現。 構造用接着剤を多用したことで、高剛性化とドライブフィールの向上に貢献するとともに、5%の軽量化を行ないながら、曲げ剛性は24%アップ、ねじり剛性を32%アップさせた。 新型アコードのボディについて 新開発されたシャシーは、最新の技術を採用して軽量・低重心・低慣性に大きく貢献。 フロントサスペンションはA型アームからL型アームに変更して、操縦安定性と乗り心地を安定させるとともに、ロードノイズ低減と、NV性能を向上。 サスペンションのジオメトリ、ロアアームの軽量高剛性化、サブフレームと車体の適切な高剛性化を徹底的に研究して大幅な性能向上を果たし、軽快な走りと快適なNV性能を両立させている。 また、よりスポーティに、より快適に、ドライバーの気持ちや使用シーンによって走りの選択ができるよう、ホンダの独自技術「アダプティブ・ダンパー・システム」をアコードとして初採用。 このシステムは車輪速信号、前後左右の加速度、ステアリングの舵角といったセンシング情報を用いて、電子制御によって適切な減衰力制御が可能となる。 これにより、通常のダンパーではできないようなスポーティな走りと快適な乗り心地を実現したという。 走行モードは「スポーツ」「ノーマル」「コンフォート」の3つのモードが選択でき、アダプティブダンパーだけでなくパワートレーンのセッティングも変化。 さらに、ステアリング特性やアクティブサウンドコントロール技術によってエンジンサウンドも演出される。 ステアリングシステムはデュアルピニオン式EPS構造と、舵角に応じて切れ角を変化させるVGRを採用。 舵角の少ない高速道路などではスムーズな走行ができ、舵角の大きい駐車場などでは取りまわしを向上させた。 さらに、ひとクラス上の静粛性を実現するため、遮音性能も向上。 ボディ10か所にスプレー式発泡ウレタンフォームを適用したほか、インシュレーターの見直しや、遮音ガラス、ノイズリデューシングアルミホイールなどを採用。 室内に設けたマイクを通じてノイズの周波数を特定し、逆位相の音をスピーカーから放射することでノイズを打ち消す「アクティブノイズコントロール」も改良され、ホンダ初の3マイクタイプを採用。 ドライバーの耳の近くにマイクを新設することで、運転席まわりのノイズ周波数をより高精度に特定可能とした。 NV性能について パワートレーンは、前モデルの「Sport Hybrid i-MMD」をさらに改良進化させた「e:HEV」を採用。 ロングバッテリーモジュールの開発や、内部構成部品の移動、冷却効果の向上により、PCU(パワーコントロールユニット)、IPU(インテリジェントパワーユニット)ともにサイズダウンを実現した。 搭載する直列4気筒DOHC 2. IPUに蓄えた電気エネルギーを用いて走行用モーターを駆動し、減速時には回生も行なう「EVドライブ」、エンジンと走行用モーターを併用する「ハイブリッドドライブ」、エンジン出力のみで走行する「エンジンドライブ」の3種類の走行を可能とした。 株式会社本田技術研究所 オートモービルセンター エクステリアデザイン担当 森川鉄司氏 エクステリアデザインは、新型アコードの開発初期に新しいプラットフォームの運動性能を確認できるテスト車が完成した際、デザイン部門の主要メンバー10人ほどが北海道のテストコースに集まり、実際にテスト車に乗って感じたことをベースに「進化した走りを体現できるデザインにする」という思いを共有することから開発をスタート。 新型アコードのスタイリングは、ロングホイールベースによる伸びやかなプロポーションをベースに、力強いノーズ、スリークなキャビン、ワイドなスタンス、それと豊かな抑揚面とシャープエッジで構成されたダイナミックカーブなどが特徴となる。 ホイールベースは2830mmで従来モデルに比べて55mm長くなったが、最小回転半径は従来の5. 9mから5. 7mに縮小した。 株式会社本田技術研究所 オートモービルセンター インテリアデザイン担当 清水陽祐氏 インテリアは開放的なコンサートホールをイメージして、「コンサートホールのドアを開けた瞬間に広がる開放的な視界」「何曲演奏されるのだろうというワクワクした高揚感」「演目が始まると意識がそこに集中してほかに何も気にならなくなる豊かな臨場感」「終わってからも続く心地よい気持ちの余韻」といった時間の流れや人の気持ちをストーリーとして置き換え、「上質な空間で、気持ちよく走る体験」をデザイン。 クルマと人をデザインとして結びつけ、乗車体験を一連のストーリーとするようなインテリアとした。 まず、気持ちの高揚感を広い視界で表現。 Aピラーを後方にしたことで従来モデルより視野角を10%向上。 ドアのベルトラインがインテリアからエクステリアのフードへと続くことによって、車内にいながら外への空間の広がりを感じられるようにした。 加えて、この連続感はクルマを運転する上で、車両感覚を直感的につかみやすい重要なポイントでもあるという。 インストルメントパネルは水平基調とシンメトリーに徹底してこだわり、空間の広さやタイムレスな美しさ、上質で落ち着きのある空間を演出。 フローティングタイプのセンターディスプレイを採用することで、薄型ですっきりとしたインパネとして、細部の加飾や使いやすさだけでなく操作感に至るまで、ひとクラス上の質感を目指して作り込みを行なったという。 ヒューマンインターフェースも刷新され、新開発のTFTメーターとディスプレイオーディオに加え、ヘッドアップディスプレイも採用。 ヘッドアップディスプレイの表示は豊富なバリエーションが用意され、好みに応じて選択可能とした。 ヘッドアップディスプレイ表示は好みに応じて選べる また、意のままにクルマを操る臨場感ある豊かさを「人とクルマの重要な接点であるステアリング」「運転以外の操作を行なうスイッチ類」「乗員をきちんとサポートするシート」の3つで表現。 ステアリングは、新型アコードの持つ軽快で力強いドライバビリティを表現するため、ダイナミクスのエキスパートドライバーと、どういった断面だと気持ちよく走れるのか、試作品を何度も交換しながら形状を追求。 その結果、ステアリングのどの位置を握っても、アコードの高いドライバビリティを感じられるステアリングになったという。 スイッチのインターフェースは、ホンダの瞬間認知、直感操作という思想を継承しながら、ボタンの触感や操作するときのクリック感、光の演出を加えることで、使いやすさだけではない人の感性に響くデザインとした。 シートはクラフトマンシップを感じさせるレザー表皮を採用。 シート幅を広げ、背もたれの長さを125mm延長するとともに、シートの中のウレタンの硬さを部位によって変えることによって、しっかりとしたホールド性と心地のよい座り心地を実現した。 前席ヒップポイントは従来モデルに対して25mm下げ、スポーティで疲労感の少ない運転姿勢としたほか、フロントシートを片側10mmずつ車両中心に近付けてレイアウトすることで、ゆとりある肘まわりの空間を創出した。 リアシートはホイールベースの延長によって膝まわりの空間が拡大。 クーペライクなフォルムでありつつ、頭まわりの空間をしっかり確保した。 さらに、リアシートバックを先代に比べてわずかに寝かし、中間あたりで起こしてくることによって、リラックスした姿勢で長時間乗っても疲れない空間とした。 荷室容量は骨格の見直しに加え、IPUを従来のリアシート背面から後席下へ移設することで、従来モデルに比べて+149Lの573Lを確保。 5インチのゴルフバッグを4つ載せられるほか、リアシートバックを倒すことでトランクスルーも可能とし、ハイブリッドセダントップの容量を実現した。 本田技研工業株式会社 商品ブランド部 商品企画課 古川博朗氏 新型アコードの位置付けについては、もう1つのグローバルブランドである「シビック」、2019年に発売されたハイブリッドセダン「インサイト」の上級となり、「ホンダのコアモデルとしてブランドを牽引していく」と紹介。

次の