子育て 試し読み。 子育て・家族BL【特典付き】 1巻(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

まんが王国 『男社会がしんどい ~痴漢だとか子育てだとか炎上だとか~』 田房永子 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

子育て 試し読み

「男社会がしんどい ~痴漢だとか子育てだとか炎上だとか~」のあらすじ ストーリー 働けなくて苦しい、働かなきゃいけなくて苦しい…。 保育園不足問題のときも、コロナのときも、国は助けてくれない。 性犯罪の裏にも被害者を黙らせる、都合のいい法律があった。 私たちに理不尽を押し付けてくる日本。 根付いた男社会。 第12話 「保育園が足りない問題」の奥に潜むもの第13話 土の中にいた母たちの時代第14話 女同士を対立させ根本的な問題から目を逸らせる第15話 「保育園落ちた日本死ね」の正しさ第3章 男の利権をつぶすおばさんに仕立て上げられ炎上第16話 コンビニの成人誌コーナーはおかしい第17話 女性を虐 ルビ:いじ める性的ジャンルが「健全」とされる男社会第18話 伝え方を変えてみたら大変なことに第 略 働けなくて苦しい、働かなきゃいけなくて苦しい…。 保育園不足問題のときも、コロナのときも、国は助けてくれない。 性犯罪の裏にも被害者を黙らせる、都合のいい法律があった。 私たちに理不尽を押し付けてくる日本。 根付いた男社会。 第12話 「保育園が足りない問題」の奥に潜むもの第13話 土の中にいた母たちの時代第14話 女同士を対立させ根本的な問題から目を逸らせる第15話 「保育園落ちた日本死ね」の正しさ第3章 男の利権をつぶすおばさんに仕立て上げられ炎上第16話 コンビニの成人誌コーナーはおかしい第17話 女性を虐 ルビ:いじ める性的ジャンルが「健全」とされる男社会第18話 伝え方を変えてみたら大変なことに第 略.

次の

まんが王国 『男社会がしんどい ~痴漢だとか子育てだとか炎上だとか~』 田房永子 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

子育て 試し読み

「男社会がしんどい ~痴漢だとか子育てだとか炎上だとか~」のあらすじ ストーリー 働けなくて苦しい、働かなきゃいけなくて苦しい…。 保育園不足問題のときも、コロナのときも、国は助けてくれない。 性犯罪の裏にも被害者を黙らせる、都合のいい法律があった。 私たちに理不尽を押し付けてくる日本。 根付いた男社会。 第12話 「保育園が足りない問題」の奥に潜むもの第13話 土の中にいた母たちの時代第14話 女同士を対立させ根本的な問題から目を逸らせる第15話 「保育園落ちた日本死ね」の正しさ第3章 男の利権をつぶすおばさんに仕立て上げられ炎上第16話 コンビニの成人誌コーナーはおかしい第17話 女性を虐 ルビ:いじ める性的ジャンルが「健全」とされる男社会第18話 伝え方を変えてみたら大変なことに第 略 働けなくて苦しい、働かなきゃいけなくて苦しい…。 保育園不足問題のときも、コロナのときも、国は助けてくれない。 性犯罪の裏にも被害者を黙らせる、都合のいい法律があった。 私たちに理不尽を押し付けてくる日本。 根付いた男社会。 第12話 「保育園が足りない問題」の奥に潜むもの第13話 土の中にいた母たちの時代第14話 女同士を対立させ根本的な問題から目を逸らせる第15話 「保育園落ちた日本死ね」の正しさ第3章 男の利権をつぶすおばさんに仕立て上げられ炎上第16話 コンビニの成人誌コーナーはおかしい第17話 女性を虐 ルビ:いじ める性的ジャンルが「健全」とされる男社会第18話 伝え方を変えてみたら大変なことに第 略.

次の

子育てはもう卒業します

子育て 試し読み

Posted by ブクログ 2019年11月14日 一昔前の四大卒女性の葛藤は、大きく共感できる。 物語中のお母さんたちより少し年下の私でも、就職活動で男女差別を感じたものだ。 私は結婚後も出産後もフルタイムで仕事ができている。 時代もあるけれど、恵まれた環境にいることにいつも感謝している。 3人の子育てや家庭の問題も、つい自分のことと照らし合わせて感 情移入することが多かった。 お互いをよく分かっている親友同士でも、自分の不満に埋もれると、隣の芝が青く見えるところも、大きく頷いた。 どんなことでも、渦中の時は、目の前の事に必死で、その時のベストを尽くしている。 でも、あとで振り返ると「そんなにムキになることもなかったな」って思うものだと思う。 中学受験の勉強をする娘の隣でこの本を読みながら、10年後に読み返したら、どう思うかな?と考えていた。 Posted by ブクログ 2018年10月09日 学生時代の仲良し3人組がそれぞれ就職、結婚、出産をし、家族のことやこどもの進学、就職などに直面するリアルな物語。 フィクションなのだが、本当に喫茶店の女性たちが話していそうな実体験そのもののようなエピソードばかりで、一気読み。 関わりがないひとには全く面白みがないかもしれないし、これといって大きな問 題は起きないので事件性もないのだが、最終的にはほっこりさせられました。 これまで接点のなかった作家さんでしたが、『老後の・・・』と本作を読んで、彼女の作品、全部かたっぱしから読みたい! 買うか、借りるか、迷っているところです。 Posted by ブクログ 2020年03月29日 この小説の主人公格の3人の女性は、1950年代後半の生まれ。 おそらく、著者である垣谷美雨さん自身の体験を3人に投影して書かれたのだと思う。 3人は、それぞれ北海道、高知、福岡と地方で高校時代を過ごした後、東京の四年制大学に入学して知り合う。 3人が所属する文学部は当時、四年制大学進学希望者の女子が殺 到する学部で偏差値が最も高かったらしい。 彼女達が入学した頃は、70年代半ば過ぎ。 バブル景気がくるのは、80年代で、雇用機会均等法が施行されるのも86年、彼女達の就職が困難を極めたのも肯ける。 80年代初期でさえ、女性の大学進学率が同年代の1割、短大は2割だったそうだ。 3人はいわば時代のパイオニアであるが、社会はまだ受け入れ体制が出来ておらず、企業の採用条件には「女子は自宅通勤に限る」という厳しい文言が添えられていた…。 一回り下の世代である自分が就職した頃も、まだ「女子は、自宅通勤に限る」は生きていたし、会社にいた女性社員は、雇用機会均等法以降のバブル期入社の人たちと、一部の高卒雇用の大先輩達で、この小説の世代の女性社員はほとんどいなかった気がする…採用数も少ない上、寿退社が当たり前だったからだろう…。 そんな時代を必死にもがきながら進んできた、3人それぞれの半生が綴られているのだが、今の時代から見れば「専業主婦で生活出来るなんて贅沢」とも言える。 確かに3人とも最上位層の暮らしをしているので、就職氷河期世代以降の人達からの共感性は、残念ながら薄いかもしれない…。 80年代以降、世の中の流れは速く、バブル、バブル崩壊、就職氷河期、超氷河期、リーマンショック、そして大震災を始めとする相次ぐ自然災害に新型コロナウィルス。 人間社会を取り巻く環境は、希望に溢れているとは言い難い。 3人が最終章で「子育て反省会」をするのだが、今まで妻、嫁、母という肩書に縛られ、自分らしさを失っていた彼女達が、子育てに区切りをつけ、自分の人生を楽しもうと語り合う。 その中で「私たちの頃は四大女子には厳しかったけど、今は誰にでも厳しい時代だよ」と言っているが、この言葉だけは本当に共感できる。 2020.

次の