ヘキサギア レビュー。 ヘキサギア ボルトレックスのレビュー

ヘキサギア プラモ・エキシビション:パラポーン・LAT ミラー

ヘキサギア レビュー

ヘキサギア アーリーガバナー Vol. 3 レビュー コトブキヤヘキサギアシリーズに女性型のアーリーガバナーVol. 3が登場。 価格は2,640円です。 付属品は交換ヘッド3種、握り手、持ち手、ピース手、 武器接続ジョイント2種、アサルトライフルA、アサルトライフルB、ハンドガンが付属します。 現代兵士風のアーリーガバナーですが今回は女性型のVol. 3がキット化されました。 こちらも他のアーリーガバナー同様現代風のデザインに纏められていて他のアーリーガバナーと組み合わせても違和感のない物になっています。 同じ素顔が見えるタイプのガバナーで女性型だと 以前発売されたはアイプリントがありましたが こちらは交換頭部が複数あるためか全て無塗装となっています。 関節はABSが使われていて手首はPVC製。 このあたりは今までのガバナーと変わりません。 ただ男性型のガバナーと比べると関節がかなり細く細かいパーツも多いので組み立てには気を使う所があります。 配色は基本的な部分こそ分けられていますが、頭部を始め、ベルトやグローブ、膝パッドなど 細かい部分の多くは塗装で補う必要があります。 頭部アップ。 今回は4種類の頭部が付属します。 左からベレー帽着用、イヤーマフ着用、シューティンググラス着用、シューティンググラス非着用頭部となっており 瞳などもきちんとモールドされていますし、前髪などもかなりシャープで雰囲気は良いです。 ただその分単色成形で色分けされておらずそのままだとちょっと色の足りなさが目立ちます。 胴体はベストの細かいモールドやベルトの塗装が必要です。 裏側のヘキサグラムも肌色なので気になる場合は交換するか塗装が必要。 また腰には結構目立つ肉抜きがありました。 腕部は平手やピース手などもあり肘も細く作られています。 手首のグローブはモールドがありますが色分けはされていないので塗装が必要です。 上腕にはロール軸があり手首はPVC製のBJです。 脚部もシワのモールドなどは自然ですが膝パッドなどの塗装が必要です。 股関節はBJで太ももにはロール軸があります。 またブーツ部分でもロールが可能。 足首は前後にスイングできますが、ロール軸が無いので接地は良くありません。 可動範囲など。 あまり曲げすぎると隙間が見えますが胴体のスイング幅は広く、首も柔軟に可動します。 肘は1軸なのでそこまで深く曲がりませんが90度以上は曲がります。 肩は軸関節なので肩軸の前後スイングはできません。 脚部は足首のロールが無い事以外はまずまず動きます。 ただ膝は100度ほどです。 続いて各武器の紹介です。 こちらはハンドガン。 1パーツで小さいので保持には困りません。 他の武器もですがかなり小さく1パーツのため銃口は開口されていません。 武装はP90やM4カービンのような現実の武器に似たデザインが採用されています。 こちらはアサルトライフルA。 専用のジョイントパーツを使う事で背面のヘキサグラム(3mm穴)に装着する事ができます。 胸部が干渉しやすく、肩のスイングも無いので両手持ちは結構ギリギリな所があります。 こちらはアサルトライフルB 1パーツですがモールドは細かく肉抜きもありません。 こちらもジョイントを使う事で背面に装着できます。 女性型なのもあり手首も細いので武器を持たせるとちょっと不安定な所はあります。 個体差もあるかもしれませんが、肘や股関節も通常のガバナーより取れやすい印象がありました。 また全ての武器は単色なので塗装が必要です。 との組み合わせ。 こちらはサイズもピッタリで良く似合います。 小柄でシンプルなガバナーのため、狭い系に座らせても余裕があります。 ただ腕が短いので、背もたれにぴったりくっつけると操縦桿の長さが足りなくなる場合があります。 に乗せて。 肘などの作りが変わり、ミラーなどより肩幅や肘が細くより女性らしいシルエットになりました。 以上ヘキサギア アーリーガバナーVol. 3 レビューでした。 現代兵士風のアーリーガバナー初の女性型となるVol3。 シャープで細かいパーツが多く、関節なども繊細なのでやや取り扱いが難しい所はありますが よりリアルなプロポーションになり綺麗なシルエットになっています。 ヘッドパーツはモールドも細かく、4種類もあるのが良いのですがどれも単色なので 頭部だけでも塗装すればより飾り映えのする出来になると思います。

次の

ヘキサギア アビスクローラー レビュー

ヘキサギア レビュー

どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。 まぁ論より証拠。 とりあえず画像を見て下さい。 〈ターンテーブル〉 ね?めちゃくちゃカッコ良くないっすか? 僕は基本的にスマートでスタイリッシュなロボより、どちらかと言うと重厚でミリタリー色の強いロボに魅力を感じるんですよね。 前にも書いたと思うんですけど、フロントミッションのヴァンツァーみたいなロボが大好物です。 そういった意味でヘキサギアのバルクアーム系やスケアクロウはめちゃくちゃカッコいいと思うんですが、中でもこのランバージャックは最高にカッコいいですね。 追加装甲とホバーユニットで、下半身がボリュームアップした事と、新規パーツの頭部と胸部装甲のデザインがカッコいいというのがその主な要因になるんですが、それ以外にも専用武器の「スラッガーブレード」がこれまたカッコいいんですよ。 その専用武器のスラッガーブレードを持たせるとこんな感じです。 〈ターンテーブル〉 ホバーで高速移動しつつこのブレードで敵を叩き斬る! いやーまったく妄想が捗る捗るw 素晴らしいのは何も見た目だけじゃないですよ。 上に書いた自己中ランクの中にはもちろん「組み立てやすさ」も含まれているんですが、このキットはその点においても申し分無く、箱や機体の大きさに反して約3時間ほどで組めてしまいます。 スネ装甲とホバーユニット。 ホバーを装備する仕組みですが、下画像のように足に直接履かせる感じです。 あとはこの状態で脚に接続するだけの単純な仕組みですね。 これがなかなかガッチリと固定されるので、ホバーを外す時は裏側からドライバーか何かで4つのピンを押してやると外しやすいです。 ヘキサギアは世界観 設定 もしっかりと作られているし、マジでどこかのゲーム会社が目を付けてくれないですかね。 フロントミッションがもう完全に終わったんで、硬派で重厚なシナリオのロボゲー枠がガラガラに空いてますよ。 あ、バンナムとスクエニは絶対に無しで。

次の

「ヘキサギア アーリーガバナーVol.1」レビュー

ヘキサギア レビュー

ここからは、実際に買われた人じゃないと分からない内容に成るかもしれません。 申し訳ありません。 ただ、今回の『レイブレード・インパルス』は、組み立て説明書の改善版がPDFで出ておりまして… それを見て頂ければ、大体の雰囲気が分かります。 何でも画像が見ずらかったようで 少し画像が明るく成っているようです。 【】の中の数字や文字は、組み立て説明書の番号や場所を示しています。 【1 の真ん中】 頭部のタイヤは、小さい方のタイヤ1を使う。 間違う人いないかもしれないが…。 【12】 左右の10と8のパーツはハメにくい。 10と8の中のジョイントがグラグラ動くからだ。 あまり入りにくいようならジョイントを外して ジョイントと10または8の接続部分、 ジョイントと11との接続部分に 直にジョイントを差し込み、何回か動かしてみる。 良い方法は見つからなったが、 それをそれぞれで何回かやってみて何とか ハマった。 【27の右】 上のパーツをはめ込む時 矢印の一つのポッチリだけでなく、 その奥の二つポッチリも 上のパーツにハメる 一番おくのポッチリをハメるとき ハメにくければ上の26のパーツを左右に少し 開いてからハメると入れやすい。 【40の右】 ア17とア21が入りにくいときは 何回か反対側から出し入れしてみる。 A1 6とかも代用できる。 ティッシュを二枚ほど重ねて掴むと 回しやすかった。 【46】 45右の右のパーツの向きに注意。 【51真ん中】 48をハメるときにイ2を入れるが 入りにくいときは 48のイ2側を少し外してイ2に近づける。 以上です。 作っておられて 困った方の参考になれば嬉しいです。 作っていて独特の面白いプラモデルだなと思いました。 『ヘキサグラム』って六角形の物… まあ、ぶっちゃけ書けば ポリキャップ …が中に組み込まれているのですが、 その構造が面白かったですね。 ああ、こんな風に六角形を使っているんだ!…とか思いながら作るのは新鮮でした。 普通の丸い穴の接続部分もあるのですが…。 これをレゴのように自分で組み直して、 新しいヘキサギアを作り上げて行くには、慣れやコツや 財力が必要かもしれませんが… 複雑な形のブロックを組み合わせて何かを作るのも楽しそうですね。 あと、込み入ったデザインを作り上げて行くのも楽しかったです。 それでは、完成した『レイブレード・インパルス』を紹介して行きます。 左右の前足にそれぞれ二本ずつ付いているのですが… 発振状態に出来るクリアーパーツは二本しか付いていませんので、1セットでは四本全て発振状態にが出来ません。 ご注意ください。 コイツを忘れていました。 操縦者…通称ガバナー…を乗せてみますね。 それではガバナーを乗せて、もう一回りさせてみます。 バイク形態の『ビークルモード』に変形させて一回りさせてみます。 公式のプレイスタンドも2017年12月頃出るようですね。 でも、まあ ネコ系のマシンなので きっと昼寝も好きな筈w バッチリの戦闘ポーズも良いですが… ときには、こんなのも良いですよね。 w 正直、ガバナーだけを作ったときは、食玩で頑張っている『装動』シリーズや 『ミニプラ』があるので 大きさも半分だし、ちょっと割高かもなぁと思ってました。 ただ、食玩はバンダイが異常に頑張っているのが嬉しいですけど 普通じゃないので、それと比べるのも酷かなぁ って気もします。 何より、『壽屋』のプレモデル…って元々 そんなに安くない。 )その代わり、独特の商品展開で満足させてくれるメーカーだと私は思っているので 値段だけで評価しちゃうのは可哀そうな気がします。 そして、ガバナーの真価は、その乗り物であるヘキサギアに乗せてなんぼなので… これを作ってからが本当のガバナーのレビューでもあるな と思ってました。 やはり その考えは正解でした。 デザインがピッタリ合うのです。 当たり前でしょうけどw そして、ガバナーを乗せることで ヘキサギアの世界が広がります。 このガバナーは、どっから来たんだろう? 今、戦闘中かな? 故郷では、愛しい人が待っているのかな? お腹すいてないかな? 仲間は後に続いているのかな? このガバナーはリーダーなのかな? …などなど。 要するに、ガバナーをセットで組み合わせることで その世界感が より楽しめるように思いました。 ちょっと高価ではありますが… それを補って余りある世界観を楽しめる 大人向けのオモチャだと思いました(微笑) これからの展開に期待です。 本当は、このレイブレード・インパルスをロボット形態にしたかったのですが…それには もう少し時間が掛かりそうです。 まあ 気長に楽しみます(微笑) ちなみに公式ブログで そのロボット形態の作例が出てました。 だがしかし。 格好良いですね(微笑) それにロボット形態も良いですが… 今は さぼったシーンを作るのが楽しく成って来ている自分がいます(微笑) あなたが ヘキサギアの世界を より楽しめるように成るために これからも自分が感じたヘキサギアの魅力を投稿して行きます!!.

次の