年収 550 万。 世帯年収の平均は約550万円!?年齢別・状況別の金額をチェック

さらば独身ライフ!年収500万円で結婚したら生活がこう変わる!

年収 550 万

40代以降でも役職者でないと厳しい 多くの企業では、 一定の役職に就かないと年収600万円には届かないみたいですね。 大企業ならば係長で年収600万円を越せる可能性が高いですが、中小企業ならば課長になっても年収600万円を越せないケースも。 そして、企業規模だけではなく業種にも大きく左右されるでしょう。 このように、40歳を過ぎても600万円を下回るケースは頻繁にあるのです。 実際、40代の平均年収をチェックすると、400万円台がボリュームゾーンとなっています。 なぜ年収600万円は憧れの的なのか? 年収600万円でも十分な幸福度 次の折れ線グラフは、アメリカのプリンストン大学が調べた『年収と幸福度との相関図』です。 手元に残る金額が多いとはいえ、せっかく稼いだお金の半分近くも徴収されるのは、人によっては大きなストレスになるそう。 住民税に関しては一律10%なので、収入によるストレスの差はそれほどありません。 ちなみに、高所得者が法人を設立したり海外移住したりするのは、節税対策の一環といわれることがあります。 家庭を意識する30代以降は特に憧れる 一人暮らしで年収600万円も稼げれば、比較的ゆとりのある生活ができると思います。 ところが、家庭を持って住宅ローンや子どもの学費などの問題が出てくると、「年収600万円でギリギリ」という声が圧倒的多数に。 実際、年収600万円を一つの目標にして共働きしている世帯はとても多いです。 年収600万円の生活水準 手取りは30万円前後 上図の通り、考えられる方法は主に5つです。 異動や転勤の可能性こそありますが、 収入が伸び悩むリスクは最も低いと思います。 しかしながら、大企業のなかには、新卒採用以外でほとんど人を採らないというところがあります。 学生が大手企業を目指すのはもちろん、社会人が大企業への転職を目指すのも かなりの難関といえるでしょう。 600万円どころか、 年収数千万円も夢ではありません。 ただし大手企業に入るのと同じく、こちらもかなりの難易度。 しかも、難関資格を取得しても絶対に稼げる保証はないんです。 最近では会社員の副業が浸透しつつあり、『NISA(少額投資非課税制度)』のスタートなどを受けて投資に対する関心もちょっとずつ高まっているからです。 NISAについては、『』で確認できます。 とはいえ、投資にしても副業にしても、リスクは他の選択肢よりも大きくなる傾向に。 投資であれば、価格変動リスク・信用リスク・流動性リスクなど、さまざまなリスクがついて回ります。 副業の場合は、バレたらクビ・詐欺に遭う・時間ばかり奪われるなどのリスクが考えられます。 平均年収は業界ごとで大きく異なりますので、比較的給与水準が高い業種で働くのは"現実的"なやり方でもあります。 第一位:IT プロフェッショナルとしてのスキルを身に付ければ、 早いうちから年収600万円を狙えるのは事実です。 特にエンジニアは給与が高いことで有名です。 大手企業の新卒で初任給1000万円の企業もあるほどです。 第二位:金融 外資系金融機関、完全歩合制の営業職、運用(ディーラーやアナリスト)は、 若いうちから高い給与が狙えることで有名ですね。 入社難易度が高い&離職率も高いというデータこそありますが、自分自身の成長を感じやすい環境でもあるそうです。 金融=高収入は、これからも続くのではないでしょうか? また、以前は新卒採用以外で人材を募集することがほとんどなかったメガバンクについても、関連企業を含め中途採用がやや増加傾向にあります。 大手企業へ転職するチャンスは早々ありませんから、 積極的に狙ってみてもいいかもしれません。 第三位:建築・不動産 一人当たりの業務量が多く、事務職が営業を兼ねる場合もある業種。 また、建築・不動産は休みが少なく、土日出勤もしばしばあるとのこと。 ノルマを越えればインセンティブがたくさん貰えるチャンスですが、その代わり賞与が少ない(またはない)会社も多いようですね。 目的意識が高い人から特に人気を集める業種です。 第四位:コンサル コンサルティング会社は、高給のイメージが定着していますね。 特にコンサルランキングで上位に入るような外資系戦略コンサルは、 1,000万円の大台を超える社員がほとんどです。 それほど人材募集が多くない少数精鋭の戦略コンサルもありますが、定期的に採用活動をしているコンサル会社もたくさんあります。 コンサルへの転職を目指すなら、ハイクラス層向けのサービスを展開している.

次の

年収550万円の生活水準ってどれくらい?フリーランスも!稼ぐ女性のキャリアや家賃、リアルレポート

年収 550 万

「年収が上がる見込みがない…」 「交渉しても給与を見直そうとする姿勢がない」 このような会社に勤めている場合、早めに見切りをつけて年収が高い会社に転職することも大切です。 世の中にはあなたと同じ業務をしていていながら、もっと高い給料をもらっている人もいます。 もっと待遇の良い会社に移ることは、会社員として働くあなたの権利です。 全く悪いことではありません。 少しでも不満があるのなら、現状と将来を変えるために、今よりも給料が高い会社を探してみてください。 「でも、何から始めたら…」と悩んでしまう場合は、まずは転職エージェント(キャリアアドバイザーがサポートしてくれるサービス)に登録してみるのが賢い選択です。 転職エージェントなら、無料で転職の相談に載ってもらえますし、あなたの希望に合う求人をコンサルタントが厳選して紹介してくれます。 もちろん、本格的に転職を考えていなくても大丈夫なので、少しでも転職を考えているならば登録してみてくださいね。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

次の

完全版!年収500万円の手取り・税金(所得税・住民税)から生活スタイルを解説!貯金額や割合、年収500万円の職業なども紹介します

年収 550 万

ひとえに年収500万円といっても、住むエリアや家族構成によっても変わってくる人の生活。 将来を考える上でやっておいたほうがよいこととは何でしょうか? 最後に 将来を考える上で抑えておいたほうがよいポイントをいくつかご紹介します。 ライフプランを考えることは、夢や目標の実現のために、さらなるステップアップを目指す全ての人々の役に立ちます。 自分を含め家族の年表を作成する• 家族毎の支出の多いタイミングを(入学、マイホーム購入、結婚、引退後)などを記載して必要な金額を把握しておく• 支出の多いタイミングが重なる時期を把握しておく 上記を行うことで自分が今後どんなタイミングでどれくらいのお金をつかう必要が出てくるのかが大まかに把握できるはずです。 ただ、あくまでも目安ですし正確ではありません。 さらに詳しく将来の設計をしておきたいという場合は、保険会社などに相談してライフプランの設計をしてもらうこともできます。 楽天の保険アドバイザーに無料で相談することができます。 全国対応で、ご希望の相談場所まで来てもらえます。

次の